サイトマップ

愛媛支部

支部情報トップ

ドキュメンタリー映画「一陽来復」上映会(8/4~10)


こんにちは、愛媛松山の黒田孝子です。
ドキュメンタリー映画「一陽来復」
松山での上映のご案内をさせて頂きます。


◆上映:8月4日(土)~8月10日(金)
 10:00~ (1日1回上映)
◆場所:シネマルナティック 

「一陽来復」 

【舞台挨拶情報】
8/4(土)10:00の回上映後
登壇者:戒田節子(アナウンサー)×ユンミア監督× 益田祐美子(プロデューサー)

「一陽来復」は、
宮城県に震災支援に行かれた尹監督が、自分に何ができるかと思い、
被災された方々の今に焦点を当てて作られたドキュメンタリー映画です。

『震災当時の映像は使っていません。壮絶な経験を抱えて生きている人がいる。
震災がテーマだが、困難に遭遇した時、人はどう生きていくかを教えられた。
タイトル(一陽来復=悪いことが続いた後、物事が良い方向に向かうこと)は
願いでもあり、応援でもある。
多くの方に見ていただき、被災地の今を感じ、想像してほしい
(読売新聞記事抜粋)』

被災された方は、忘れないで欲しいと言っておられます。
香川県で映画を見て、松山でも上映してほしいと願っていました。
やっとやっと上映が決まりました。
いくつもの賞と推薦を貰っている映画です。
中高大学生にも見て欲しいと願っています。
「一陽来復」の映画のタイトルは、
人々の幸せを願い書画家小林芙蓉氏が揮毫したものです。

友人の感想です
「映画は三県の被災地で生きる方々の姿が描かれています。
今の日常がとても穏やかに映されそれぞれのご家族が
自然体で当時を振り返りながら、そしてこれからのことを
感じたままにお話されていました。
本当に自然な日常を映し描いているからこそ、
その中から発せられる言葉一言一言にとても重みを感じました。

ご覧になる方々それぞれに感じ方は違うと思いますが
命がある、生かされているそれだけでいい、
そんな「命と生」に対して意識が変わる映画だと思いました。
「生きる」ということはしんどいと思いながらも、
それでも人と人が支えあい、人は人に救われながら
毎日を過ごし生きていけるということを改めて感じることができる
本当に心に染み渡る素晴らしい映画でした。
私は、今日もまだこうして生かしていただいております。
できることを、生きている限り世のため人のために
ひとつでも多くさせていただきたいとおもいます。」

前売り券を持っておりますので、
黒田までご連絡くださいませ。宜しくお願い致します。

黒田孝子 090-7240-2765


情報募集中!!

愛媛支部のみなさん、情報をお待ちしています。


にんげんクラブまで、お問い合わせください。


〒102-0083
東京都千代田区麹町6-2-1麹町サイトビル6F
TEL:03-3239-8271 FAX:03-3239-0033
E-mail: toiawase@ningenclub.com

支部一覧



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや