商品カテゴリー

低電位水素茶製造ボトル『還元くん』(1)
おすすめ健康食品(4)
青パパイヤ発酵食品『カリカセラピ』(3)
プロポリスとすし乳酸菌配合『プレキャンディ-』(1)
【天然の優れた抗菌性、消臭効果】天然繊維「竹布」(4)
「隕石」美顔ローラー メテラ(1)
菅原由香子「無添加YSラボ化粧品」(1)
秋山峰男アートセラピーの世界(70)
チャクラタペストリー(3)
おすすめスピリチュアルCD(9)
真砂秀朗(1)
春原恵子(2)
吉野大地(3)
ウォン・ウィンツァン(3)
セミナー収録DVD 大好評シリーズ(220)
青木秀夫(1)
舩井勝仁(4)
June(ジュネ)(3)
村松祐羽(2)
鈴木南水子(2)
徳永瑞子(1)
高島康司(9)
赤塚聖書塾第3クール(7)
赤塚聖書塾第2クール(8)
赤塚高仁(1)
岡田能正(2)
川田薫(7)
畑アカラ(2)
秋山佳胤 ゲスト編(11)
秋山佳胤 Part1(25)
山田征(5)
山川亜希子(2)
いときょう(2)
いときょうzoom講演会(3)
いときょうzoom講演会 後半(5)
いときょうzoom講演会 前半(6)
いときょう出版記念(2)
いときょう第5クール(1)
いときょう第4クール(4)
いときょう第3クール(5)
いときょう第2クール(4)
いときょう第1クール(8)
羽賀ヒカル(3)
菅原由香子(1)
堀大輔(3)
戸練ミナ(1)
片桐勇治(3)
エイヴリ・モロー(1)
清水義久 包み込み(10)
清水義久 高次元気功(2)
根本和哉(1)
大島直行(1)
八木龍平(1)
吉野信子 第2クール(6)
吉野信子 第1クール(7)
長典男(10)
光田秀(2)
植原紘治(21)
保江邦夫(13)
今野華都子(1)
深田剛史(1)
おすすめ書籍(35)
舩井勝仁(1)
Kan.(5)
June(ジュネ)(1)
青木秀夫(1)
丁 泰丹(1)
岡田能正(1)
村松祐羽(2)
井上和幸(1)
吉野信子(1)
いときょう(6)
サトウチカ(1)
秋山佳胤(2)
赤塚高仁(5)
山田征(2)
遠藤夕幻(1)
矢山利彦(1)
葦原瑞穂(3)
会報誌(16)
2019年7月号~12月号(6)
2019年1月号~6月号(6)
話題シリーズ(4)
にんげんクラブBOOKS(1)

ストア内サーチ

キーワードを入力

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

ワンクリック・ショッピング

一度ご登録いただくと、次回からのお買い物の際に住所などの入力が省けて便利になります。にんげんクラブ会員専用ページとは異なります。

ログイン

ログイン情報の記憶  

TOP > おすすめ書籍 > 井上和幸 > 【書籍】お能健康法 すり足と呼吸で身体がよみがえる!

【書籍】お能健康法 すり足と呼吸で身体がよみがえる!

【書籍】お能健康法 すり足と呼吸で身体がよみがえる!
  • NEW
  • オススメ
能楽師が伝える日本人の心身能力の高め方
子どもからご年配の方まで誰でもできる!
省スペースでできる!

能楽師が伝える日本人の心身能力の高め方。
子どもからご年配の方まで誰でもできる!
省スペースでできる!「健康能楽」は、
世阿弥が意図していた「寿福増長」を
現代の私たちが叶えるための実践法です。
お家の中で少しの時間を使って
試してみてください。
現代を生きる私たちの
身体と心を整える秘訣が詰まっています。

★★井上和幸氏のサイン入りです!!
商品種別価格個数
書籍 にんげんクラブ会員/一般共通 ¥2,070

※価格は、税・送料込です

カゴに入れる

井上和幸プロフィール

【書籍】お能健康法 すり足と呼吸で身体がよみがえる!
観世流能楽師。能楽協会会員。
京都梅若会所属。緑幸会主宰。京都市在住。
昭和45年角当行雄師に入門。
55世梅若六郎師・ 56世梅若六郎師(現・実玄祥師)に師事。
シテは70数番。
昭和59年7月21日 指導していた京都市南勤労青少年ホーム
「謡曲・仕舞 サークル爽諷」が優良クラブとして
「労働大臣(坂本三十次)表彰」受賞
平成30年3月26日 一般社団法人日本能楽会「功労者表彰」受賞
緑幸会HP https://www.ryokukohkai.com/

お勧めです

【書籍】お能健康法 すり足と呼吸で身体がよみがえる!
著者は若いころ演劇を志していました。
もともと体が弱く、大きな声も出ないので発声練習のためにと
勧められたのが謡(うたい)でした。
日々練習していくうちに能の世界に誘われ、
この世界では例外的に遅い初舞台を踏みます。
心も体も健康になり、周りの人が能の力に癒される
不思議な体験もたくさん目にしました。
「お能が私たちの日常生活を活性化し、心と体の健康に役立ち、
幸せな人生を叶えるための身近な手段になる」
ことを伝えることが、お世話になった方への恩返しになると
活動されています。

能を観るというのは自分自身の魂の癒しです。
死に対する恐怖に向き合わずして
本当の意味の心の安らぎは生まれません。
今は病気になったらキャンセルしますが、
もともとは病気だからこそ観に行くものだったそうです。
その場に身を置くことでその人の持つ自然治癒力が目覚め、
身体が癒されていく。
それでも治らなければ医者へ行く。
ギリシャ演劇もそうでした。
円形劇場はいわば人々の医療センター。心を癒せば大体治る。
演劇を観ても治らなければ医者へ行くという感じだったそうです。

近代西洋医学では「病」を定義し、闘い倒すことが至上命題です。
そこには限界があります。
伝統医療では「健康」を最初に決めます。
そこに向けて自分が主体となり「調和」を目指します。

日本では心や体に関する知恵を医療の次元ではなく
「道」や「美」という次元へと高めてきた文化があります。
自分の体を戦場ではなく調和の場と捉えました。
とくに能楽では死者の思いを受け取り、
共に悲しみ共に泣き、魂を鎮めてきました。

現代医療が忘れかけている人間や生命の本質を
静かに語り掛けているようだと、医学博士が語ります。
誰でも省スペースで実践できる図解付きです。
ぜひお読みください。

お客様からの声

▲ページTOPへ