TOP > 書籍 > ホツマツタエ > やさしい ホツマツタヱ

やさしい ホツマツタヱ

やさしい ホツマツタヱ
「ホツマツタヱ」に関する著書を多数執筆されている、いときょう先生。
その中で、もっともわかりやすい、入門書というべきものです。

「ホツマツタヱ」は、縄文時代の文字「ヲシテ」で書かれた、古事記、日本書紀の元になったといわれる歴史書です。
難しいことが書いてあると、思っているかもしれませんが、まずは朗読してみてください。ホツマを声にすると、なぜか遠い昔に帰ったかのような思いになります。これこそがホツマなのです。
だから、難しく考えないで、本著を読んでみてください。
調和を目指した縄文の世界に、浸ってみてください。
  • NEW
  • オススメ
商品種別価格個数
書籍 にんげんクラブ会員/一般共通 ¥2,200

※価格は全て、送料・税込です

カゴに入れる

プロフィール

やさしい ホツマツタヱ
昭和24年7月16日東京に生まれる
早稲田大学第一政治経済学部経済学科卒
乳製品製造会社を経営
ホツマ出版株式会社取締役社長ホツマ塾主宰(東京日本橋で教室を運営)

主な著書(ペンネーム、いときょう)古代史ホツマツタヱの旅全5巻、やさしいホツマツタヱ全訳、日本のかほり「漢字伝来以前にあった古代日本の文字と死生観」、ひのもとのくにうみ物語、真の古代史ホツマツタヱ入門、フトマニの解説、縄文の世界アウワ、縄文の心が今よみがえる「トの教え」

お客様からの声

▲ページTOPへ