サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

紅葉


 11月下旬だというのに
気温が20度を超える日があったりしますし、
逆に真冬並みの気温になったりと
不思議な天候が続いています。
温暖化のせいだという話もありますし、
地球のサイクルで激変期がやってきていて、
やがて温暖化ではなく
寒冷化していくという話もあります。

何が真実なのかは私にはわかりませんが、
いままでの常識が通用しなくなったのは
間違いないのかもしれません。
私たちは日々の営みを続けながら
新しい現実に対処していくしかないので、
それに適応できるように
受け入れていくしかないのだと思います。


 一時は第三次世界大戦にまで
突き進むのではないかと思われた
ガザでの紛争も、
4日間の休戦が実施されて
お互いの人質が解放されています。
国の一番大事な役割は
国民の命を守ることなので、
イスラエルはそれを最も大事にしている
国のひとつなので
弱さは見せないとは思いますが、
解決に向けて進んでいくのだと思いたいものです。

ウクライナでの紛争にも
めどがつけばいいなあと思いながら、
戦争を選択しなくてもいいように
私たちの精神性を高めていくことに
挑戦しなければいけないと思っています。

世界平和を訴えている人が
戦争を起こしているのでは、
という気がする時があります。
対立ではなく、
融和を優先できる世の中を
作っていかなければなりませんね。


 平和を作っていくためには、
まずは家族の中の平和が大事だ
という話しを聞いたことがあります。
そして、そのためには
自分の心の中の平和を続けられるように
努力しなければいけないのだと思います。
なかなか難しくて、
時々怒ってしまいますが、
どうすれば
内なる平和が続けられるようになるか
考えてみたいと思っています。

いろいろなテクニックを学んできましたが、
最近はどうも
卓効がある方法が増えてきたように思います。
最近の『ザ・フナイ』の紙面上で
対談している人たちは、
明るい未来しか見えていない
達人たちが多くなってきました。
どうも、簡単にできる
すばらしいメソッドが
確実に増えているように感じます。


 定期購読していただいている方のところには
そろそろ届き始めていて、
書店では来月3日ぐらいから並びはじめる
1月号では、
『思考のレッスン』
(ビジネス社)を
今年出された
大石洋子先生と対談させていただいています。
大石先生は一般社団法人思考の学校
理事長でいらっしゃって、
ここでの手法は
まさに卓効があるというお話を
聞かせてくれています。
そして、世の中は実は
どんどん良くなっていて、
来年もますます素晴らしい年になる。
ただ、私たちは
自分で苦しみを作り出すのが好きで、
それで成長できるので
いいことなのだが、
そろそろ多くの苦しみの原因は
自分が作り出しているということに
気がついてもいい頃ではないでしょうか
というお話をしてくれています。


 2月号では
続編を掲載させていただく予定ですが、
かなりスピリチュアルな内容になるようなので、
ぜひ楽しみにしておいていただければと思います。

世の中はだんだん良くなっているとすると、
異常気象と呼ばれている気候変動も
ポジティブに受け止めていけばいい
ということになるのではないでしょうか。
環境に配慮して
二酸化炭素をなるべく出さない生活を
目指していくのは
とてもいいことなので
続けていけばいいと思いますが、
それだけではない
より根本的な対処方法を探し求めていくことも
大事なような気がします。
そして、
環境が変わったことによって
起こっている良い面にも
目を向けていきたいなと思っています。


 今日は、横浜まで出かける予定があるので、
この原稿は自宅で書いています。
東京の都心のマンションに暮らしているのですが、
私の書斎からは
きれいな紅葉が楽しめます。
ここに30年近く住んでいますが、
こんなに紅葉が美しいのは
はじめてです。
人工的に作られた緑ですが、
都心にあるにしては
広葉樹が植えられていて、
開発されて40年ぐらいになるので
環境はとてもいいのですが、
この時期になると
毎年落ち葉の掃除が大変で、
掃除などの管理してくれている方には
いつもありがたいなという
感謝の気持ちを感じています。

普段の年はそれが気になるぐらいで、
ここまで鮮やかには色づいていないのですが、
家に居ながら楽しめるのは
本当にありがたいことだなと思っています。


 マネーとスピリチュアル研究会
来年も
マネスピとして
続けさせていただくことになりましたが、
今月の会で、
お金は実は
愛の光を届けることができる
エネルギーなんだという
故・竹田和平さんの教えをお伝えすることができ、
それが頭で理解するのではなく、
腹落ちすれば
使いこなせるようになるのではないか
という話しをさせていただきました。

だいぶ前に
交通事故でご主人を亡くされたという方から
感想をいただいたのですが、
損害賠償でもらったお金が
いままで憎たらしいと思っていたけど、
亡くなったご主人が届けてくれた
愛の光だったんだと
気づくことができましたと
書かれていました。


 どんなに痛ましい経験であっても、
私たちは時間を友だちにして
前向きにとらえることが
できるようになっていくのですね。
無理のない範囲で
ポジティブにとらえていくことができれば、
内なる平和を取り戻すことができて、
やがて世界平和が実現していくのだと思います。



カテゴリー

月別アーカイブ



  • メルマガ登録(無料)
  • zoom寄合
  • にんげんクラブストア
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや