サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

パワースポット


 土曜日の夜に放映されている、
電動バイクを充電させてもらいながら
旅行をするという番組をよく見ています。
とても人情味あふれる芸人さんが
毎回違うゲストを迎え、
満タンにしても20㎞ぐらいしか走れない
電動バイクを
飲食店や最近では
まったく一般の家庭にお願いして
充電させてもらいながら
目的地を目指すという番組です。
ときどき、頭を使い過ぎて
何も考えなくてもいい番組を
好んで見ることがあるのですが、
家にいるときは家族と一緒に
よく見せてもらっています。

高知県梼原町という山間の町の
未来大使をさせていただいているのですが、
番組がその町を訪れたときは、
ホームページにアクセスが集中して
役場のサーバーがダウンしてしまったそうです。
テレビの社会的影響力が
なくなってきているとよく言われますが、
超一流のタレントを使い
予算をたっぷり使えるテレビ番組の
クオリティと同じものを作るのは素人には難しく、
一時は一世を風靡したネットフリックスなどの
サブスク(サブスクリプション:
あらかじめ一定額を支払うことで
使い放題のサービスを提供する)も
株価が暴落するなど
勢いが止まったと言われています。

大きなトレンドで言うと
新聞やテレビの影響力は
ドンドンなくなっていくと思いますが、
よく考えれば、
新聞でも明治の半ばぐらいから百数十年ほど、
テレビに至っては
放映が始まったのが
昭和20年代後半のことですので
70年ぐらいのトレンドです。
多分、私の世代の若い頃が
テレビの全盛期だと思いますが、
だから私より上の世代は
まだまだテレビが
パスタイム(気晴らし、娯楽)の
大事な手段であり続けるのだろうと思います。


サイバーエージェントの藤田晋社長が
ホリエモン(堀江貴文氏)と共著で出された
「心を鍛える」(KADOKAWA)を
とても興味深く読ませていただきました。
十歳弱私よりも若いお二人は
同世代と言いたいところですが、
残念ながら私のマインドは
ホリエモンが駆逐しなければいけないと
確信されている
昭和世代のもののような気がします。
インターネット業界の
パイオニアであるお二人は、
新しい時代を切り拓く
役割を担っておられるのかもしれませんが、
私は旧世代の幕引きをする
というか看取りをする
役割を担っているのかもしれないと感じています。

藤田社長が
大きな赤字を出しながらも続けておられる
インターネット・テレビABEMA
ときどき私も拝見します。
将棋の藤井聡太五冠の試合を
楽しんだりさせていただくときぐらいですが、
AI(人工知能)による
状況判断が一目瞭然なので、
私のように
駒の動かし方ぐらいしかわからないファンも
楽しめるようになってきました。
将棋や麻雀という
オワコン(終わったコンテンツ)も
こういう形で復活してくるという
トレンドが面白いと思います。

ただ、お二人はインターネット世代ですが、
私の感覚では
AIやメタバース(仮想空間)が
次の時代を担うようになると
時代遅れになっていくのかもしれない
という気がしています。

冒頭の
「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」
という番組に戻ると、
面白いなと思うのは
旅の終点は大体
神社に設定されているような気がします。
いわゆるパワースポットブームで
神社の人気が高いことが
大きな要因なのかもしれません。

旅番組の目玉は
温泉などの宿泊施設とグルメですが、
晩年普通に食べることができなくなっていた
父にとっては
これが一番苦痛だったようです。
最後まで好奇心を失わなかった人なので
紀行番組などを
原稿のネタにしたいと思って見ても、
自分は食べられないような
グルメの紹介ばかりで
腹が立ってくるという話しをしていました。

確かに、私も
旅行に行った時の大きな楽しみは
その地方ならではの
美味しいグルメを味わうことです。
最近はインターネットを検索すると
簡単に美味しい店がわかりますが、
出川哲朗さんではありませんが、
私の世代は偶然に旅の途中で
美味しいものに出会えると
上の喜びを感じます。
でも、病気で苦しんでいる方にとっては
そんなことを書くのも
苦痛になるのだということも
頭の片隅に入れておくことの大切さを感じます。

そして、パワースポットのことも
本当はいい気をもらいに行くのではなく、
自分の最善のエネルギーを
祀られている神様に感謝しながら
置いてくるぐらいの心持ちで
いたいものだと思っています。

このページを読んでいただいている
皆さまの中には、
そんなことは常識だと思っている方も
いらっしゃるかもしれません。
ホモ・サピエンスは長い間、
自然からいただくことばかりに長けていましたが、
そろそろ叡智を集合して
母なる地球にお返しをすることを
真剣に考えた方がいい
時期が来たのかもしれません。

グルメにしてもパワースポットにしても、
それほど大げさなことではなく、
ちょっとした気遣いが大事なのだということを
人気番組から教えていただきました。
感謝です。

 



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • zoom寄合
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや