サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

ゼロを意識する


 いま流れているコロナウイルスに関する情報は極端なものも多く、
その中にある真実を捉えるのは非常に難しい状況で、混乱してしまいますね。
格段に感染者数の少なかった日本も大都会を中心に感染者が広がっていて、
専門家会議が提唱していたクラスターを把握するという対策が崩壊して
しまいそうになってきました。おそらく皆様がこれを読んでくださっている
時には、緊急事態宣言が出ているか出るのが確実な情勢になっているだろう
と思います。

 この週末は、近所のスーパーに食料品を買いに行く以外は自宅でのんびり
していたのですが、テレビのニュースを見るのは必要最低限にすることに
気を付けていました。普段は日曜日の朝、家にいるときは比較的テレビを
見るのですが、朝夕7時と正午のニュース以外はあえて見ないようにして
いました。油断して大丈夫だと軽視するのは間違っていますが、必要以上に
怖がっても仕方がありません。

 国民としてやらなければならない義務は確認しなければいけませんが、
一日数度のニュースを見ていれば十分だと思いますし、スマホなどを使い
こなせる人はそれも向こうから自然と入ってくるのではないでしょうか。
情報については、こんな時だからこそ、取り扱いに気をつけなければ
いけないと思っています。

 このレポートのように定期的なものや、しっかりと自分の意見を論理
的に書ける月刊誌などに書かせてもらっているものには、ある程度の
自分の意見は書きますが、責任感をもつことなく誰でも簡単に自分の思いや
他人からの情報を拡散させてしまえるのも問題だと感じます。いまは
誰でもが情報発信者になれる時代です。たとえ善意からであったとしても、
もしかすると社会に迷惑をかけるのかもしれないという気持ちもどこかに
持たれていた方がいいのかもしれません。

 この原稿を書いている4月6日(月)の朝時点で日経平均は上げています。
アメリカで感染者数がピークに達して収束する見込みが出たことで
海外勢からの買いが入っていることが原因のようですが、どこか違和感が
ありますね。金融マーケットの中にいる人とそうでない人、さらに都会に
住んでいる人と地方に住んでいる人の間でも情報に対する空気感がかなり
違うように思います。だからこそ、自分独自の考え方を持つ必要があり
ますが、だからといってそれを他人に押し付けるのは間違っているのでは
ないでしょうか。

 政治家の方や医療関係者、また必要な物流や交通を担ってくださって
いる方、そして私たちに貴重な情報を届けてくださっているマスコミの方
などに、いまは感謝の気持ちを持つことが大切だと思うのです。特に、
医療関係の方などには負担がかかり過ぎていて、彼らの健康が損なわれ
ないかとても心配です。いまは、あえていつもと違うことを言いますが、
社会に余計な負担をかけないようにしていかなければと思っています。

 とは言っても、こんな状態で不安な気持ちを募らせないというのも
難しいことです。一般の方向けには、いまはあえて空気感に従うのが
いいのかなと思います。いろいろな意見はあると思いますが、公的な
機関が発表するものや情報番組ではなくニュースが発信する空気感に
従って行動されることが落ち着ける第一歩です。いまのところ彼らが
言っているのは不要不急の外出はできるだけ控えて、なるべく健康的な
生活をして体力や免疫力を高める工夫をすること。やろうと思えば
それほど難しくなくできることが多いと思います。

 もちろん、仕事で外出しなければいけない人や、仕事ができなくなって
大変な目に遭っていらっしゃる方もたくさんおられると思います。
なるべく周囲に迷惑をかけないように気をつけながら、何が自分にできるか、
何を自分はやらなければいけないかを自問して一人ひとりがしっかりと
いまの生活に向き合っていくことが大切だと思います。

 にんげんクラブのベテランの会員様のような上級者向けには、ゼロになる
ことを意識してみてほしいと思います。自分の感情に振り回されないように、
感情のコントロール、クリーニングに取り組んでいただいて、大自然や
大いなるものに対する敬虔な気持ちを持てる環境を作るように努力してみて
いただければと思います。簡単に言えば、ホ・オポノポノのようなことに
取り組むことになりますが、その意味合いをしっかりと納得してから取り
組まれることが大事だと思います。

 大自然は、例えば今回のコロナウイルスを通じて、私たちにメッセージを
届けてくれているのかもしれません。ゼロになって何でも受け入れられる
状態であれば、そんなメッセージを自然と力強く受け取れる可能性が高いと
思います。ただ、ここで気を付けていただきたいのは、情報を発信することが
役割の人たちは最新の注意を払いながら受け取ったメッセージを発信するのだ
と思うのですが、自分の意見を他人に発信するときはとても大きな責任が
発生していることを知っていただきたいということです。

 ゼロになったと思っても、生きているかぎりはなり切れていないことが
ほとんどです。だから、メッセージを受け取ったなら、まずは自分で受け
止めてしっかり消化することが大事なのだと思います。




月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや