サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

龍と鳳凰の水晶


 珍しく過去にさかのぼって先月はじめのことになるのですが、高知に
行ってきました。目的はいくつかあったのですが、盟友である小川雅弘
さんに2日間ずっとアテンドしてもらって、とても楽しい旅になりました。

最近、つくづく感じるのは、やると言ったら必ず実行に移す小川さんの
素晴らしさと、それを後ろでコントロールしている村中愛さん(メシア
メジャーさん?)の本質的なすごさです。実際に、講演会などでも村中
さんが登場すると雰囲気が一気に変わります。

 敬虔さというのとは違うのですが、そこに一緒にいるだけで限りない
愛が感じられて、それがきっと人気の秘密なのだろうと思います。私は
いつも村中さんに「スターになってくださいね」とお願いしているので
すが、私は普通の主婦だから勘弁してほしいとおっしゃって、必要以上
には決して前に出ようとされません。その辺りのバランス感覚が信頼で
きる最大のポイントでもあるのでしょう。

しかし、時々かなり強烈なこともおっしゃいます。例えば、赤塚高仁さ
んは5月末に、村中さんからしばらくの間は禁酒だと言われたのですが、
その言葉はなぜか赤塚さんの気持ちに深く響いたようで、もっか3ヵ月
近くの禁酒が続いています。赤塚さんによると、今上陛下が退位される
まではやめる決心をしているようですので、1年半以上続くことになり
ます、すごい影響力ですね。

 今回の高知旅行の一番大きな目的は、村中さんのショップ「あいラブ
ストーン」
で水晶の龍を購入することでした。東京の会社で村中さんと
お話ししている時に、会社のことで少し困っていることがあると相談し
たところ、安い物でも構わないので水晶の龍を購入したら良い方向に動
きますよ、というアドバイスをもらいました。

wr823-1.jpg   wr823-3.jpg


それぐらいなら簡単にできるなと納得をして、「今度高知に行く機会が
できたら購入させてくださいね」とお願いをさせていただきました。
それで、龍を探すために他の用事を作って高知まで出かけていったので
す。

wr823-2.jpg   wr823-4.jpg


とっておきの水晶の龍たちをいろいろ見せていただいて、正直かなりの
予算オーバーでしたが、気に入った龍と鳳凰の水晶がありましたので、
買ってきました。


wr823-5.jpg   wr823-6.jpg

そうすると、その問題が解決しただけではなく、他のいくつかの問題も
ドンドン解決していって、逆に気を引き締めなければいけないと怖さを
感じるぐらい、いろいろなことが上手く回るようになってきました。
小川さんが素直に何でもやるのは、このようなことがドンドン起こって
いくからかなのだろうなと納得できました。

wr823-7.jpg


村中さん、小川さんの龍と言えば面白いエピソードがありました。
5年ぐらい前のことですが、岐阜県の恵那山に行ってくるといいですよ
というメッセージをいただきました。恵那山だけではなく、アフリカの
ビクトリア湖とイースター島のカルデラ湖にも行ってくるという話にま
でなってしまって、イースター島は勘弁してもらったのですが、なんと
ビクトリア湖まで小川さんと行ってくることになりました。

その時に、受けた教えに「考えるな、感じろ」ということがあります。
私は自分が経験もしていない目に見えないできごとを解説できてしまう
という困った特技があります。でも、小川さんと二人だけではいろいろ
不安だった私がアフリカへの旅に同行してもらったスピリチュアルな能
力が半端ではない友人から、「自分が体験していないことを解説しても、
鼻をかむティッシュぐらいしか役に立たないのでやめた方がいい」とい
うきつい言葉をいただいたのです。だから、頭でいろいろ考えるよりも、
まずはスピリチュアリティを感じることが大切だという教えでした。

 ところで、残念ながら二年前にお亡くなりになった島村不二夫さんに
は、生体エネルギーのことでとてもお世話になりました。島村さんは
イスラエルに一緒に行かれたことがきっかけになって、赤塚さんとも大
親友の間柄でした。

wr823-8.jpg   wr823-9.jpg


島村夫妻と赤塚夫妻で毎年8月15日の諏訪湖の大花火大会にいっていた
のですが、今年は私ときれい・ねっとの山内尚子さんも一緒に花火を見
に行って、島村さんの供養をしませんかとお誘いをいただき、赤塚さん
ご夫妻と島村さんの奥様と5人で、はじめての大花火大会を楽しませて
いただきました。すごい迫力で本当にすばらしかったです。
詳細は山内さんが舩井幸雄.comの「私から見た舩井勝仁」というコラム
で紹介してくれています。

 実は、その諏訪湖に恵那山やビクトリア湖に行く前に行って、そこに
いる龍を連れていきなさいというミッションをもらっていました。その
ために諏訪湖畔でいろいろなご神事をしなければいけなかったのですが、
その時のことを思い出したのです。

恥ずかしかったので夜になってからやろうということにしたのですが、
たまたまその日は小さな花火大会をやっていて、衆人の中でやらせて
もらうことになってしまいました。私だけなら躊躇していたでしょう
が、そこは小川さんのことですので、何事もなかったように周りの目を
気にすることなく指示通りご神事をこなしていました。

 龍が一緒にいるのかどうかは私には分かりませんが、どうも最近の
不安定な天気は龍が自由に動き回っているからではないかという友人も
いて、そういう意味ではいいことなのだろうなと思っています。
雨が降るとお金とご縁ができますので、チャンスでもあります。

そんな具体的なメッセージを届けてくれる、村中愛さんと小川雅弘さん。
9月23日の横浜の「舩井フォーラム2017」でも、その時に必要な
メッセージがいただけると思います。
ぜひ楽しみにお越しくださいね。

画像入りbnr450.jpg



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • zoom寄合
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや