サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

魔女・モナの物語


 もうすぐ、にんげんクラブの会員の皆様に届く会報誌の8月号で山元加津子
さん(かっこちゃん)と一緒に講演をさせていただいたことを書かせていただき
ました。かっこちゃんは日本の宝であり、私たち日本人が大切な役割を持って
いるということに気がつくように、神さまがかっこちゃんという神さまなのか宇
宙人なのかは分かりませんが、貴重な人を現在の日本に派遣してくれている
のだという趣旨のことを書かせていただきました。

 本気でそう思っている証拠に、かっこちゃんとの講演会では珍しくことのほか
緊張しました。ただ、にんげんクラブのことを知らない人もたくさん来るというこ
とを聞いて、百匹目の猿現象の話を久しぶりにさせていただいたことと、ヒプノ
セラピストのSORA KEIKOさんが参加してくれていたことがきっかけで変性意
識のことを話したのですが、それがにんげんクラブを知らない人にも上手く伝
わって、きっちりとかっこちゃんのティーアップができてホッとしました。詳細は
会報誌を楽しみにしていただければと思います。

 ちなみに当日、懇親会の席までかっこちゃんとご一緒させていただいたので
すが、うれしかったのは携帯電話の番号を教えていただけたことでした。ショー
トメールやLINEでメールの交換をさせていただけるようになったのです。

 ティーアップの講演の中でかっこちゃんが書かれた童話『魔女・モナの物語
(三五館)の話をさせていただきました。私はかっこちゃんの本の中で実はこの
お話が一番大好きだというお話をさせていただいたのです。

 多分、モナはかっこちゃん自身のことです。中学生のモナは魔女になりたくて
進路希望の用紙に将来の希望を「魔女」と書きます。そして、理解のある先生
のおかげで夏休みに魔女修行の旅にでることになりました。金魚や犬がモナと
話をしたりして不思議な展開で話は進んでいくのですが、そこは童話なので違
和感なく読み進んでいくことができます。私にはその展開が実は真実の事であ
り、かっこちゃんはそのことをよく知っているのですが、ノンフィクションとして上
手く伝えることができないので、童話というフィクションでそれを伝えようとされ
ているということがとても感じられました。

 この物語を読んで、私はかっこちゃんは宇宙人に違いないと確信しました。
それぐらい本質的なことを伝えている大事なお話なので、皆さまにもぜひ一度
お読みいただければと思います。

 先日、かっこちゃんからなんと『魔女・モナの物語』の続編『魔法の国エルガ
ンダの秘密
』(青心社)を送っていただきました。続編があったことは知らなかっ
たので大喜びで早速読ませていただきました......、と言いたいところなのです
が、実はなかなか読めませんでした。自分でも不思議だったのですが、この
物語の意識レベルが高すぎて十分な準備ができていなければ読めない本の
ようです。そして、なんとか読み終えたいま、やっぱりとても本質的な真実を
伝えてくれている本であることを確信しています。

 この本はAmazonのKindleという電子書籍サービスでも購入することができ
るようですし、電子書籍ならついでに『満月音楽会: 別冊・魔女モナの物語
もダウンロードできます。もちろん、私は早速「満月音楽会」も読ませていただ
きました。まだまだ魔女モナのシリーズは続いていく予感がしますが、もしか
するとかっこちゃんは読者である私たちの心のレベルがそこまで来るのを待っ
ているのかもしれませんね。

 このウィークリーレポートを書くタイミングのいまが、私にとっては『エルガン
ダの秘密』を読むちょうどいいタイミングであったことが分かります。話が急に
変わって恐縮ですが、このままで行くともうすぐ金融経済的にはとても大変な
ことが起こる可能性が極めて高くなっているようです。どんなことが起こるの
か、専門家の人でも分からないぐらいに大変なことが起こる可能性が高いと
いう話を先日聞きました。

 私は何とかそんな事態になることを防ぎたいと思っていますが、どうもいま
までと同じやり方を続けている限りそれを回避するのは大変困難なようです。
ここで一気に精神レベルを上げ、新しいやり方を選択していく必要があると思
われるのです。

 具体的には、魔女モナの物語に書かれている本質的なことを理解すること
ができれば、私たちの精神レベルは格段に上がって大難が襲ってくることも
防げるのかもしれません。そして、万が一大難が来た時の対処方法も精神レ
ベルを上げておくことしかないと思うので、やっぱり『魔女モナの物語』はいま
がまさに読むべきタイミングだと思います。


 さらに、「舩井フォーラム2016」に出演してくださる旺季志ずかさんの『臆病
な僕でも勇者になれた七つの教え
』(サンマーク)にも同じことが書かれてい
て、やっぱりフィクションでなければいまの私たちには伝わってこないようです。
自分の文章で伝えられないことには忸怩(じくじ)たる思いがありますが、ぜひ
読者の皆さまにはこれらの本をお読みいただき、大変な時代を生きる知恵を
身に付けていただきたいと思います。


         

 
にんげんクラブ会報誌 2015年8月号のインタビュー「びっくり現象から学ぶ」は、
山元 加津子さんです!!

『本当は私たちはみんな何をすればいいのか知っている』
8月号90.jpg




カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや