サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

倭姫宮

 週末、伊勢に行ってきました。土曜日に三重県津市の赤塚建設のログハウ
スで伊勢修養団の武田数宏所長の『伊勢の杜にようこそ』(きれい・ねっと)の
出版記念お話会に出席させていただくことになっていて、津まで行くのだから
久しぶりに神宮に参拝をさせていただこうということになったのです。いつもは
内宮だけの参拝になってしまうことが多いのですが、ちょっとがんばって早起
きして外宮と内宮の両方を参拝してきました。

伊勢の.jpg


 外宮へは久しぶりの参拝でした。JRか近鉄の伊勢市駅から徒歩10分弱ほ
どで行けるのですが、内宮に比べると遅れ気味だった街の整備も少しずつ進
んでいるようで、きれいになった参道を歩いていると、なんだか少し嬉しくなっ
てきました。内宮や門前町の賑わいはご遷宮の時ほどではないのかもしれま
せんが、暖かな週末だったこともあり、家族連れや若いカップルなどの参拝も
目立ち、日本が少しずつでも確実に良い方向に向かっていることが感じられ
たからかもしれません。

 伊勢にご一緒したきれい・ねっとの山内尚子さんが外宮から内宮に向かう
タクシーの中で倭姫(やまとひめ)様が気になると突然言挙げされました。神
様からの司令に対しては二つ返事(「はい」か「Yes」)なので、内宮の帰りに
駅に向かう途中でタクシーの運転手さんに倭姫宮によっていただき参拝させ
ていただくことにしました。

 『伊勢の杜にようこそ』の中から倭姫さまのくだりを引用させていただきます。


(引用開始)

 こうして、伊勢の神宮は、現在の場所に二千年前から鎮座しています。
 倭姫命は、二十年以上の歳月をかけ、ご苦労を重ねて、天照大御神の静
まる地を求め歩きました。昔のことでありますから、その行程は大変なもの
であったと推測することが出来ます。

  黒(きたなき)心 なくして 丹(あか)き 心をもちて
  清く潔(いさぎよ)く 斎(ゆまわ)り 慎(つつし)み 左の物を右に移さず
  右の物を左に移さずして 左を左とし 右を右とし
  左に帰り 右に廻る事も 万事 違(たが)う 事なくして
  大神に仕え奉れ 元(はじめ)を元とし 本(もと)を本とする故なり

 この倭姫命の言葉は簡単で明瞭ですが、生きるための指針となるものと
思います。倭姫命が大役を果すためにしっかりとした信念を持っていたこと
をうかがうことが出来ます。

 皇大神宮ご鎮座の後、倭姫命は、神嘗祭(かんなめさい)をはじめとする
年中様々な祭りを定めました。大神の奉仕者の職掌を定めたり、神田や祭り
に欠かす事の出来ないご料品を作るための神領の選定など、神宮の祭祀と
経営の基礎を確立したのです。

 大きな功績を残された倭姫命の御徳をお慕いする多くの皆様の思いを受け
て、大正十年、倭姫宮(やまとひめのみや)が祀られました。伊勢神宮の宮々
の中でも、人間がお祀りされているのは、唯一倭姫宮だけです。

(引用終了)


 内宮周辺の喧騒に比べると、倭姫宮は参拝する方もまばらで大変静かな
時を過ごすことができました。日本人の心の拠り所となる皇大神宮の基礎を
確立された倭姫の業績に思いを馳せながら、来るべき女性性が中心となる
世の中のあり方を感じることができる貴重な体験になりました。

 伊勢の神域についての説明を『伊勢の杜にようこそ』から引用します。


(引用開始)

 伊勢の神宮は、日本人の魂のふるさとと言われます。
 お伊勢さんと親しまれていますが、実は伊勢の神宮とは正式な名称では
ありません。正しくは「神宮」です。皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)を
中心に、別宮十四社、摂社、末社、所管社を合わせた百二十五の社を総称
して神宮と呼ぶのです。

(引用終了)

 武田所長は修養団の講師として年間に数万人の人に対して研修を行って
います。修養団は正式名称を公益財団法人修養団といい、10年前に行われ
た百周年の記念行事には天皇皇后両陛下がご臨席になられ、先月に行わ
れた百十周年の記念行事には皇太子ご夫妻がご臨席されるような公的な機
関です。

 修養団の理事、伊勢青少年研修センターの所長として公的な立場をこなし
ていらっしゃる武田所長のご講演やご著書は、本当に清々しくてただただ心
が洗われるものでした。赤塚高仁さんとは二人だけの忘年会を毎年やってい
るほどの親友でいらっしゃり、ある意味では闇を抱えてそれを伝えている赤塚
さんとの対局にいらっしゃる武田所長の魅力に魅了されたすばらしい週末で
した。

 倭姫命のすばらしいご神徳が現代の武田数宏所長に引き継がれていること
はすごいことですね。また、6月ににんげんクラブの皆様と修養団伊勢道場を
訪れられることが楽しみになってきました。

伊勢.jpg

 
<おしらせ>

 【悠久の伊勢に学ぶ会】

修養団伊勢道場を訪れる、日程が決まりましたので、お知らせします!!

平成28年 6月15日(水)~6月17日(金)


※詳細が決定次第、にんげんクラブよりお知らせいたします。
 お楽しみにお待ちください!!
 



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや