サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

インナーチャイルド


 年末で慌ただしく、原稿を貯めてしまいました。実は、正直に書くと本格的
に心身の余計なものを手放す治療法(施術者である先生との約束ですので
具体的に書けません)に挑戦していて、好転反応で現実世界の調子が心身
ともにあまり万全ではなく、本の執筆やザ・フナイの対談記事の執筆もない
ので本当は余裕のはずだったのですが、予定通りに消化できずに貯まって
きて焦っています。 

 先週は酔っ払って転んでしまい、救急車で運ばれる事態まで起こってしま
いました。病院では、「擦り傷ですから絆創膏でも貼っておいてください」と言
われましたのでご心配には及びません。もちろん酔っ払ったことが原因なの
ですが、この怪我も治療の成果だと実は思い、前向きに受け止めています。
それでも、やっぱり影響があるのか、それとも治療の効果が出ているのか、
いつになくよく眠れていて、これも予定を消化できない大きな原因になってい
ます。

 さて、面白いのは、好転反応の影響でインナーチャイルドが出てきました。
インナーチャイルドの話はへそ道を受けた赤塚高仁さんの話がすばらしい
ので、すこし長くなりますが、へそ道の創始者入江富美子さんのブログをお
読みいただければと思います。本当に感動しますよ。

 残念ながら、私のインナーチャイルド話は全然感動的ではありません。治
療を受けている時、先生から「もしかしたら、インナーチャイルドが出てくるか
もしれません。その時は、どんなことでもインナーチャイルドの言うことを聞
いてあげてくださいね。例えば、お昼ごはんに何かを食べたいと言われたら、
それを食べてあげてください」と言われました。

 素直というか誘導尋問に弱いというか、その後すぐにインナーチャイルドが
出てきて「ラーメンが食べたい」と言うではないですか。昨年の「舩井☆SAKI
GAKEフォーラム」の舞台で増川いづみ先生に脱肉食宣言をしてから、ほと
んどラーメンは食べていなかったのですが、インナーチャイルドが食べたい
と言うのだから仕方がありません。治療が終わった後、「どうせならどのラー
メン屋に行って食べたいかまで聞いてやろう」と思い立ちました。

 治療が終わったのが朝の11時過ぎだったので、目につくラーメン屋さんは
まだオープンしていませんでした。電車に乗って有名店に行くほどの時間は
なかったので、ラーメン店の場所も彼に任せることにしました。そこを右に曲
がれという様な指示に従って歩いて行くとなぜかコンビニに入れと言います。
コンビニでカップラーメンを買って会社で食べろということなのかと思ったの
ですが、それなら会社の近くのコンビニで買おうと思って、ちょうど必要なも
のがあったので、それを買って外に行こうと思うとあるカップラーメンに目が
行きました。

 それは、昨年の脱肉食宣言をする前に「これが最後のラーメンだ」と思って
わざわざ食べに行った有名ラーメン店のブランドを商品化したものだったの
です。インナーチャイルドは私の分身だから当たり前かもしれませんが、そ
のことを覚えていて久しぶりのラーメンはどうしてもそれが食べたかったよう
です。でも、私のスケジュールも分かっている彼はなんとコンビニで擬似的
に食べられることまで知っていたのです。

 そして、よく見てみるとそのコンビニはイートインコーナーがあるではないで
すか。スーツ姿のいいおっさんがコンビニのイートインコーナーでカップラー
メンを食べるのは、かなり恥ずかしかったのですが、長い間封印してきたイン
ナーチャイルドとのコミュニケーションを大切にするために、がんばって(?)
おいしく食べさせていただきました。

 ところが、それでは満足できなかったのか、困ったことにその後もまるで意
地のようにラーメンが食べたいという声が聞こえてきます。こうなってくると、
もうインナーチャイルドというよりは、肉を食べないことで好きだったラーメン
が食べられなくなったストレスが表面化してきたものなのかもしれません。

 いずれにしても、1週間ぐらいたったところで、ようやく「もういいよ」という声
が聞こえてきて、ちょっと食傷気味になっていたラーメン漬けからやっと開放
されました。

 この原稿を書いていて、コンビニで食べたカップラーメンの元になっている
お店にはまだ行っていないことに気がついてしまいました。並んでまでラーメ
ンを食べるのはポリシーに反するのですが、せっかくですから時間を見つけ
て行ってみたいと思います。それを食べたら、「ラーメンの食べ過ぎは身体に
よくないからしばらくやめような」と言ってみようかな。

 すっかりラーメンの話になってしまいましたが、来年はとても厳しい年になる
と思います。だから、なるべく早いうちにインナーチャイルドの解放に取り組ん
でいただいた方がいいと思います。そうすると、最初は長年の抑圧を解かれ
たインナーチャイルドに振り回されるかもしれませんが、やがてやるべきこと
をきちんと教えてくれるようになり、かなり上手く生きられるようになりますよ。



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや