サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

風水に従ってみたら・・・・循環はキモチヨイ

皆様こんにちは。熱海のこだまゆうこです。

台風が来ているからか、なんだか一挙に秋が来たような涼しい日です。
一昨日までは半そでだったのに、今朝がたは寒くて長袖シャツの上からフリースを着ました。

気温の変化が激しいと体調を崩しやすいですから、どうかお気を付けください。
それと台風は猛烈な勢いで日本海を北上しているようですが、
被害ができるだけ少なく皆様が無事であることを祈っております。


さて、二つ前の記事に、愛賀真琴さんから風水鑑定を受けた記事を書きました。

それからアドバイスいただいたとおりにちょっとインテリアにこだわってみようと思って、
簡単にできることから、絵を飾ったり、家具の位置を代えたり、
白と茶色ばかりのインテリアをちょっとカラフルにしたりしてみました。

それからほんの一か月くらい経過しましたが、
なんだかいろいろと変化があったのでご報告いたします。


インテリアを代えるついでに、例によっていろいろなものを断捨離しました。

買ってから一か月くらいで飽きてしまった健康器具なども、
九州のお友達にひきとってもらったりしました。


普段だったらそのままゴミ回収センターに持ち込むのですが、
フェイスブックでいる人を募ってみたら、意外にも貰い手が現れてくれました。

そのように自分にとって使わないものを、誰かにひきとってもらうことは、
ただ捨ててしまうことよりも、たまらなく心地よいものでした。


余談ですが、ドイツに住んでいた時に、ドイツの人たちのリサイクル意識の高さに驚いた経験があります。

着なくなった服なども、ホームレスの方たちのためにポストのような箱が町のあちこちに設置してあって、
服がいらなくなった人はそこに服をいれることができて、
ホームレスの方々も、そのポストから自由に服を選んで着ることができるようでした。
屋外で過ごす方々が体調を崩さないように、寒いドイツならではの工夫とも言えます。

それから、家の軒先や道端に、「ご自由にどうぞ」と書いた段ボールの中に、
古本や服や置物などいろいろなものが入っているのをよく目にしました。

それらを見るのはとてもワクワクしたし、微笑ましい気持ちになりました。

ドイツから帰国する際に、引っ越しのために不要になったものたちを、
夜中の3時すぎに家の前の通りに置いてみたところ、30分もしないうちに全部なくなっていて、
その速さにびっくりしたこともあります。

この時も、私が使えないものでもゴミにならず、使ってくださる方がいるんだなと思ったら、
その循環がたまらなく気持ちよく感じました。

これはお金云々のことではなくて、たとえば血液が適切なスピードでうまく流れているというように、
どこかで詰まったり濁ったりせずに、必要なものが必要な人のところに行く、という流れがすごく気持ち良いのです。


あ、ちょっと(だいぶ?)話がズレてしまいましたが・・・・笑。


話を元に戻すと、

風水のアドバイスに従って、いらないものを人に譲ってみたり、

お部屋のテイストを変えてみてすぐのタイミングで、

ご近所さん(年配のご夫婦)宅に家庭菜園でとれた野菜をおすそわけで持っていくと、

ご近所さんは、すごく高級そうな置時計を持ってきて、「これあげる」と突然おっしゃいました。


「え!?いいんですか!?こんなに高級そうなもの・・・・いったいどうしたんですか???」と恐縮していると、


「じつは近々、別荘として使っていたこの家を売却することになりました。

今月末で引き払います。今まで仲良くしてくれてありがとうね。

あなたたちにはとても仲良くしていただいていたので、記念にこれをあげます。」


とのことでした。


えーーー!!!とびっくりして、時計をもらえてうれしい反面、
そんなことよりも、もう近所で気楽には会えなくなると思うととても寂しい気持ちでした。


それから、寂しくなるけれどまた遊びに行きますねとか、
引っ越しで不用品を捨てるなら業者はどこが安いよとか、
いろいろと世間話をしていたら、「そうそう、これもいらないからあげる」「これはどう?いらない?」

などと、話がどんどんはずんでいって、
気づけば結局ものすごい量の家具や食器やお客様用のおふとんや
タオルなどの消耗品をもらって帰ることになりました。

さらに、次の週にも、何度も電話がかかってきて、たくさんのものをもらいました。


こんなにもらっちゃってどうしよう・・・・というような量なのですが、

不思議と、壊れたから買い換えなくちゃな、と思っていたものや、
ちょうど欲しいと思っていたんだよね!!!というようなものばかりでした。

普通はおふとんなどは、他人から譲り受けることは少ないですし、
不要になったら捨てるのが一般的だと思いますが、

ちょうど我が家でもお客様用の布団が必要だったのと、
また別の知り合いでワンちゃんのためにお布団がたくさん欲しいと言っている人がいたので
その方に譲るためにももらえました。


そうして結局、そのご夫婦は、大きな家具や食器なども家を購入した人がそのまま引き取ってくれて、
こまごまとした家具や消耗品などは我が家が譲り受けたので、
ほとんど何も捨てることなく、一軒の家を売却するに至ったのでした。


家一軒分の荷物を、ほとんど何も捨てずに 別の人がそのまま使うことになるとは、
物が有り余っている今の日本では奇跡に近いくらいすごいことだと思いました。

(これが可能だったのはこのご夫婦が普段からすごくきれい好きで
 物に愛情をかけて大事に扱っているからだと思われます)


私たち夫婦はちょうど欲しいと思っていたものがもらえてありがたかったし、
そのご夫婦は、いらないと思っていたものを、捨てずに済んでありがたかったのです。

私はただ欲しいものを貰っただけなのに、
「処分に困っていたらあなたたちが救世主のように現れてくれて助かった」とまで言われ、
ものすごく感謝されました・笑。


ということで、我が家は風水のアドバイスに従ってインテリアを代えて、
いろんなものを処分したら、その何倍もの新たなものが我が家にやってきました。

新たなエネルギーが循環しはじめた、というような感じでしょうか。

なんだか自分の家じゃないみたいに、新しい雰囲気が我が家に漂うようになりました。

ちょっとインテリアを簡単にいじってみただけでも、

毎日目にするものが変わるので、自分のエネルギーもきっと変わるのでしょうね。

とても、嬉しい出来事でした。

それよりなにより、「必要なものが、必要なところに循環すること」  

これってすごく気持ち良いし、いいことですね。

物をいただけたことももちろん嬉しいですが、
物が必要なところに届いたということのほうがよりいっそう嬉しいです。

その流れが世界中に広がっていったら、必要な愛情もエネルギーもうまく循環していくように思います。

さて、私も受け取るだけでなく、受け取った物や愛情のエネルギーを、流せるところに流したいと思います。



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや