サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

聖書から日月神示へ


 先週の原稿は痛風でひどく痛い状態を我慢して書いたので、「痛いという叫び
しか伝わってきませんでした」という少し辛口(?)の感想を読者の方からいた
だきました。今はどうかというと、おかげさまでまだ少し痛みはありますが、なん
とか靴が履けるくらいに改善しました。車いすには乗るし、大阪出張にはスリッ
パで行くし、懇親会の途中で気を失いそうにはなるし、本当にいろいろ経験させ
ていただき学ばせていただきました。

 けがの功名というのでしょうか。痛風で苦しんでいる間に、とてもすごい人たち
とご縁をいただきました。絶妙なタイミングで不思議な能力をお持ちの方にたく
さんお会いすることができて、セルフヒーリングの方法を教えていただいたり、い
まだから気づける大事なアドバイスや重要なメッセージを受けたりと、本当にい
まが大変革期であり、それについていくためには肉体的な面でも精神的な面で
も大きく変容していく必要があることを実感しています。ただ、いただいたアドバ
イスを総合すると、変容が必要だということも思い込みなので、もっと変容できる
と「すべては、あっさりうまくいく」の境地に至るようです。

 ゴールデンウィークに行ったイスラエルの旅から帰国して読み始めた聖書は、
以前ご報告したとおり7月下旬の「イスラエルバーチャルツアーin愛媛」の時に
読み終わりました。

 新居浜でのバーチャルツアーは本当にすばらしいツアーになりました。ある意
味、実際にイスラエルに行っても味わえないようなあの場だけの気付きにあふれ
たイベントになったと感じています。主催者の近藤千恵子さんがほとんど修正し
ていないDVD(7枚組)を送料込み6,000円で販売されているようです。興味があ
る方はフェイスブックで近藤千恵子さんを検索してお申込みください。

 聖書を読んだ後は論語と古事記に並行して挑戦しました。論語は加地伸行先
生全訳中の『論語 増補版』(講談社学術文庫)を読み、古事記は赤塚高仁さん
の推薦で竹田恒泰先生の『現代語古事記: 決定版』(学研パブリッシング )を読
ませていただきました。聖書は分量が多く、予備知識も少ないので毎朝15分ず
つ読むという読み方で3ヶ月近くかかりましたが、論語や古事記は短いものです
し、いろいろと知識もありますので、短時間で集中して読むことができ、今朝読み
終わりました。

 それにしても、ずいぶん長い間私には無理だと諦めていたのに、こんなにあっ
さり読み終えることができて不思議に感じています。難しいと思ったら無理をせ
ず、毎日時間を決めて少しずつ読んでいく読み方はとても有効だと思うので、ぜ
ひ挑戦していただけたらと思います。また、専門家からアドバイスをしていただけ
たおかげさまで、私にぴったりの上記2冊を読むことができたのが、とてもありが
たかったです。

 そして、次は何に挑戦しようと考えて思い至ったのは「日月神示」でした。ある
友人からは「聖書や論語、古事記などは本質をもちろん伝えているのだけれど、
長い年月が経つ間にそれに関わってきた人間の思いによって変質している部分
もある。それに比べて日月神示は比較的新しいものだし、中矢先生が紹介して
有名になるまで広がっていないので純粋性が保たれて本質が伝わっているよう
に感じる」と話してくれたのを思い出しました。

 実は中矢先生との共著を出す準備をしていたのですが、なぜかなかなか進行
しませんでした。不思議だなと思っていたのですが、私が日月神示の世界を理
解していないのに共著は無理なのだという当たり前のことに思い至りました。挑
戦するのは、もちろん岡本天明先生著、中矢伸一先生監修の『完訳 日月神示
(ヒカルランド)です。私はヒカルランドが出版する前、中矢先生が独自に出され
ていた頃に中矢先生からいただいていて、意味も分からずにではありますが、
一度音読で読了したことがあります。

 今度は聖書のように毎朝すこしずつですが、それでも内容をある程度は理解し
ながら読んでいこうと思っています。中矢先生が6月に出版された『日月神示 
覚醒と実践
』(徳間書店)は、本当にすばらしい本です。中矢先生や父の書いた
ものからの知識はありますので、古事記や論語ほどは簡単ではないと思います
が、聖書よりは読めるのではないかと思っています。

 お盆にお休みいただき、これから家族でヨーロッパに行ってきます。この原稿
は羽田空港の国際線のラウンジで書かせていただいているのですが、ゴールデ
ンウィークのイスラエルの旅から始まった本質を原点に探す旅は、今度のヨー
ロッパ旅行(久しぶりの先進国への旅です)でバージョンアップできるように感じ
ています。オーストリアから読み始める日月神示が何を教えてくれるのか楽しみ
にしています。

 中矢先生には「舩井フォーラム2015」で「今こそ歴史創造者魁(SAKIGAKE)
たらん
」というテーマでお話しいただくことになっています。金融システムの崩壊
や人類の総数が激減するなどの大峠がまもなくやってくる可能性があると、中矢
先生は警告され続けています。そして、その大峠の後には地球の文明の中心は
日本にやってくるし、その動きがすでに始まっていることを中矢先生ならではの
情報網によって明らかにしていただきます。

 舩井幸雄の精神を私以上に本質的に引き継いでいただいている中矢先生のお
話が、今から本当に楽しみです。

フォーラムバナー_240x80.png


         



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや