サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

ヤセの呪縛が解けた

皆様こんにちは。こだまゆうこです。
北海道に行ったり、講演会をしたりで、なかなか会社に出社できなくて、ブログを書くのが少し遅くなってしまいました。

この間に、いただいたメールにも満足に返信できなかったりして、
これからは移動先でも仕事ができる環境を整えないといけないかなぁと思っています。

とはいえ、移動先にもパソコンを持って行ってしまうと、
パソコンがないからこそ旅先では心が休まるという今の現状を壊すことになり、
どこに行っても心が休まらないかもしれないとも思います。
(ちなみに私、乗り物酔いをしやすいので、移動中には基本的に仕事できないです (´Д`。))

どっちがいいのか、悩みどころですね。


はてさて、全く話題は変わりますが、
最近は、会う人会う人に、「太った?」と聞かれます。
なんだかそれが正式な挨拶かのように、多くの人から聞かれます。

たぶん太ったのでしょうけれど、体重を測らないのでよくわかりません。
鏡や写真で自分の姿を見ると、あきらかに以前より太っているなぁとは思います。

食べる量はたぶんほとんど変わっていないと思うのですが、
なぜだかどんどん太っております。


で、日本人女性は特に、ちょっとでも太っていると、ヤセなきゃ、と思うようです。
太ることを、ネガティブにとらえる人が、けっこう多いのです。

ということで、私に「太った?」と聞いてくる人は、
冗談まじりにからかう人か、残念そうに聞いてくる人かのどちらかなのですが、
いつも私はそれを面白く聞いています。

まったくショックではなく、太ったと言われることが、とても面白いのです。


なぜなら、私は幼少期に虚弱体質で、本当にガリガリな子供でした。
体型をゴボウとかトリガラとか、そういう表現しかされたことがありません。

三食かかさずけっこういっぱい食べるのに、いつも誰よりもやせていました。

20代のころは、164センチくらい身長があるのに、体重は38キロくらいでした。

そんな体型だったので、通常つくべき筋肉も脂肪もついておらず、
運動は全くできないし、すぐに病気になるし、疲れるし、いつも寒くてよく震えていました。

しかし、当時の私はそんな体型を変だとは全く思っておらず、
ヤセているのはかっこいいと思っていました。

なぜならテレビや雑誌に出てくるモデルさんは、みんな痩せていたからです。

そして、会う人会う人がみんな
「ヤセているからいいね。うらやましい」とか「太ったらダメだよ。」
という言葉を本当に小さなころから私にかけ続けたからです。


そういう言葉を言う人が、本当に心から羨ましかったのかは、正直わかりませんが、
すなおな私はそのまま言葉どおりに受け止めて、
みんなはヤセているのをうらやましがるのだな、とヤセの呪縛にかかっておりました。


さて、そんな私でしたが、
この年になって太り始めました。

食べる量は変わっていません。

どうして太ったのでしょう。

年をとったから代謝が減ったのかもしれませんし、
いつの間にか食べる量が増えている可能性もあります。

でも一番の思い当たることは、「ヤセていても、太っていても、どちらでも私はすばらしい」
という認識ができたからだと思います。
自己肯定感が強くなったら、ヤセの呪縛が解けたのですね。

太ってみたら、あんまり寒くないし、健康的になって実はとっても快適です。
今はこんなに快適なのに、
「やせていることはいいことだ」みたいな呪縛にかかっていた昔の私が、とてももったいないです。


以前の私ならば お肉のたっぷりついたウエストは許せなかったでしょうけれど、
今は おお!古代の彫刻のような体型になってきてかっこいいな!と思えます。
たぶんもっと太ったら インドの聖者みたいでかっこいいな!と思うことでしょう。

フラダンスを踊る人や、ベリーダンスを踊る人も、ちょっと肉がついているくらいのほうがかっこいいですよね。

そりゃあたしかに、太っていることによって、
著しく健康が損なわれたり、飛行機の座席に座れなくなったり、和式トイレが使えなくなったり、
ってことが起こると、それはちょっと困るでしょうけれど、
健康で、日常生活に不便なことがなければ、
太ってたってヤセていたって、どっちでもいいじゃないですか。


今週は、北海道に行ったり、アンマの抱擁を受けてきたり、いろんな変化ががあったというのに、
なんでこんな一見どうでもいい話題を書いているのか自分にもさっぱりわかりませんが、こんな記事になりました。

たぶんかつての私だけでなく、日本中、世界中で、ヤセの呪縛が蔓延しているんでしょうね。


そろそろ、不自然にダイエットするのやめませんか?

そしてヤセているほうがかっこいいという思い込みにちょっと疑問を持ってみませんか?


というような問いかけを、なぜか書いてみたくなりました。

てなことで、今週の謎の記事を終わります(人´∀`).☆.。.:*・



月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや