サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

親友たちとの大事な時間

 伊勢に行って来ました。案内してくださったのは『聖なる約束』を一緒に書いた
赤塚高仁さん。最近の私の書いたものや講演の中で一番名前が出てくる親友
です。日曜日の夕方、駅まで迎えに来てくれて赤塚建設さんのゲストハウスで
あるログハウスへ。奥様が美味しい炭火焼きやお鍋やお刺身をご用意してくだ
さって、お酒もドンドン進んでいきます。

 今回の伊勢訪問の目的は、赤塚さんが「姉さん」と呼び、親しみの中にも尊敬
というよりもむしろ畏敬の念を強く抱いている今野華都子先生を今野先生のや
まとこころの道場にお訪ねして、今野先生の本の出版の企画を進めることです。
本を出していただくのはきれい・ねっとの山内尚子さん。昨年に引き続いて10月
17日(土)、18日(日)に開催する舩井☆SAKIGAKEフォーラムのプロデューサー
を今年もお願いしようと考えている、赤塚さん同様に私の大事な友人です。

 赤塚さんや山内さんとはずいぶん昔から知り合いなのですが、親友といえるぐ
らい仲良くなったのはどちらも最近のことです。赤塚さんとは昨年赤塚団長の下、
今野先生や滝澤泰平さんなども一緒にイスラエルに連れて行ってもらいました。
そして、そのイスラエルの話を共著として『聖なる約束』にまとめ、昨年の11月
15日にはいろいろな方にご協力いただいて出版記念講演会を京都のKBS
ホールで開催させていただきました。そういった流れの中で、本当に腹蔵なく
語り合える私にとっては一番大事な友人となったのです。

 山内さんは、にんげんクラブの大事なメンバーですし、最近私から大下伸悦
先生にお願いして名称を「夢を持って楽しく生きる会」に変えていただいた「幸塾」
や、大下先生が中心になっている文化文芸団体「新日本文芸協会」の中心メン
バーですので、ずいぶん前から知り合いではあったのですが、正直に言うとずい
ぶん苦手意識がありました。ビジネス社会で生きてきた私の感性と違う理屈で動
かれていることに違和感があったのですが、私の大失敗から急速に親しくなりま
した。

 それは、一昨年の名古屋で開催したミロクフェスティバルにお客様が集まらずに
大失敗したことが原因でした。ここで詳細を書くことはやめておきますが、赤塚さん
を改めて紹介していただくことになった澤田升男先生のグループの皆様にも多大な
ご迷惑をかけてしまいました。

 山内さんとの事件は、そのミロクフェスティバルの打ち上げの時に起こりました。
持病の痛風が発症していた私は珍しくお酒を飲まないでいたのですが、一次会の
席に山内さんから電話がかかってきて、絶対に二次会に来てほしいといいます。
そこで、二次会に行ってみると山内さんも手術を受けた直後でお酒を飲んでおらず、
お互いにシラフで話すことになり、山内さんは「こんなことをしていたら、舩井先生が
大事にしてきたにんげんクラブがダメになる」と真剣にアドバイスをしてくれたのです。

 私の悪い癖は、やりたいことがあるという人がいたら、無責任に任せてしまうこと。
イベントの主催者としての最低限の心構えを説かれて、それ以来にんげんクラブの
主なイベントのプロデュースを任せるようになりました。再度、東京まで来ていただ
いて話してみてよく分かったのですが、私がにんげんクラブでやりたいことというか、
やらなければならないことだと思っていることを、私以上に上手く表現してくれて、
ああこの人は私の思いを分かってくれているのだ、と感じたからです。

 そして、立て続けに『にんげんクラブからのメッセージ 舩井幸雄が一番伝えた
かった事
』、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき先生との共著)、『いのちの革命
(柴田久美子先生との共著)、『聖なる約束』(赤塚高仁さんとの共著)、
SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一との共著)を出していただいたのです。
特に、『舩井幸雄が一番伝えたかったこと』と『聖なる約束』は山内さんでなければ
絶対に作れなかった本だと感謝しています。

 面白かったのは、今野先生を訪ねることに対して赤塚さんが本当に緊張していた
ことです。しかし、まず道場に伺うとその足で伊勢神宮の内宮にご参拝させていた
だいたのですが、その時に神様との対話を真剣に続けられている今野先生の真摯
なお姿を拝見したり、道場での真剣かつ濃密な対談の中で、私も赤塚さんが何を
そんなに緊張していたかが本当によく分かりました。でも、また悪い癖が出て、気楽
にとてもすごいことを今野先生に対してお願いしてしまったようです。

 帰りの車の中で、赤塚さんが「私から姉さんに何かをお願いすることはあり得ない
ことなんや。でも勝仁さんが思いついたんやからこれはやらなければあかんのや」
とつぶやいていたことが印象的です。また、とんでもないことをやらかしたみたい
ですが、二人の親友のおかげで、雨降って地固まるになったようです。本当に感謝
したいと思います。

 さて、話はまったく違いますが、にんげんクラブ大阪の濱田幸代さんが仲人士
なられたようです。濱田さんはストレートに自分の気持ちを関西のにんげんクラブで
表現してくれるので、小原さん、小山さん、飯塚さん、川端さん、大空さん、それに
山内さんなどにんげんくらぶ関西の個性の強い主力メンバーの中でも、極めて
特徴的な輝きを放っています。

 勇気を持って、私に婚活の仕事をすることになったとメールを送ってくださいました。
濱田さんにしかできない仕事だと確信されているようです。いい結婚をしたいと考え
ている方は気楽に連絡してみてください。新しいにんげんクラブの一面がみられる
のだと思います。


         
   




カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや