サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

沖縄に行きます

 舩井幸雄は沖縄が大好きでした。昨年の秋には、「舩井幸雄にとって最も吉方位は
沖縄なので、長生きをしたければ沖縄に少々の無理をしても行けばいい」と言われた
ことがありました。その話を聞いて、父が大好きな沖縄だから、小型飛行機をチャー
ターするとか何とかして本当に沖縄に父の居を移そうかと思いましたが、本人に「そ
んなことは嫌や」の一言で却下されました。もしかすると、本当に無理して沖縄に移し
ていればいまでも生きていたかもしれませんし、病気も快方に向かっていたかもしれ
ませんが、本人のはっきりした意志で行かないことを選んだのだから、それはそれで
いいと思っています。

 沖縄といえば仕事の上で忘れられない思い出があるのですが、私が船井総研のセ
ミナーの企画などを担当する部署の責任者をしていた時のことです。当時は、舩井幸
雄の本がベストセラーになっていたこともあり、個人向けのセミナーが好調でした。地
方でも舩井幸雄とゲスト講師(例えば、村上和雄先生などにお願いしていました)2人
で1万円という値段設定で多いところでは800人ぐらいの集客をしていました。

 部署の数字が少し足りなかったので、東京と大阪の追加公演をしたのですが、それ
でももう少し売上が欲しいと思って名古屋でのセミナーの企画を持って父に頼みに行
きました。そうすると父から、「名古屋で個人向けの安いセミナーをやっても儲からん
からやめとけ、商売の基本が分かっとらん」と怒られてしまいました。

 隣の部署にいまでは船井総研の幹部になっている少し後輩がいたのですが、彼は
会長の気持ちがよく分かっており、ほとんど同じタイミングで沖縄のセミナーの企画を
持っていったのです。そうしたら一発OKで、しかも「沖縄の人から高い料金をとっては
いけない。赤字にならない程度でなるべく安い料金設定をするように」という指示をも
らっていました。それぐらい沖縄に対する思い入れがあったのです。

 いまなら、お金儲けだけが目的の私が企画した名古屋のセミナーと、沖縄の人に新
しい世の中の動きを感じてもらうためのセミナーの意味の違いは理解できますが、当
時の私には理不尽な思いが残りました。実際に、父はあれだけ忙しかったのに、年に
2,3回は沖縄に足を運んで、行けばだいたい宮古島の新庄定吉さんの家に行ってい
ました。そして、そこにある大きな石との対話を楽しんでいました。

 その石の前に行って、その時に父が迷っていることを質問すると的確な答えが返っ
てきました。だから父はわざわざ宮古島まで足を運んでいたようですが、その代わり
にいつも蚊にいっぱい刺されて往生していたと言います。

 実は私も父のことを笑っていられないほど沖縄が好きです。なんだかんだ言って、年
に2,3回は沖縄を訪れています。実は今月末も沖縄に行く予定になっていて、せっか
く行くので沖縄支部の豊見山支部長に頼んで、にんげんクラブの寄合を開いていただ
いて、そこでセミナーをさせていただくことにしています。

 今回のテーマは「おじさんに愛を伝える方法」ですが、沖縄のことを皆さんと話し合え
ればと思っています。沖縄の主な産業は基地と観光です。基地関連の収入は毎年約
3000億円ですが、観光収入はそれを上回る毎年約4000億円の規模にまでなってきた
そうです。沖縄観光の特徴はリピーターが多いことで、約8割の観光客がはじめての訪
問ではなくてリピーターということで、父や私が観光ではありませんが、何度も訪れるこ
とを裏付けています。

 今回、沖縄に行くに当たって渡口昇著『必ず儲かる沖縄観光ビジネス』(幻冬舎)と
いう本を読みました。上記の数字も、実はこの本からの受け売りですが、ちょっと工夫
をすれば沖縄の観光ビジネスで利益を出せるポテンシャルが高いことがよく分かりま
す。沖縄は戦後アメリカに占領されていたこともあり、本土と違って団塊の世代の人口
が多くないため、相対的な若者の人口が多く、これからしばらく労働人口が減少しない
という恵まれた環境にあります。

 しかも、沖縄に移住したいという本土の人の数が増えており、上記の本でも著者は
沖縄の方ですが、実際に観光ビジネスで成功している人の大半は本土からの移住者
だという話が書いてありました。人口が増えるということが、経済が発展する上で一番
大事だと言うことは、ベストセラーになった藻谷浩介さんの『デフレの正体 経済は
「人口の波」で動く
』であきらかになりました。
そういう意味では実は沖縄のポテンシャルは日本で一番高いように感じます。

 今回のにんげんクラブの講演のテーマからは少し外れるのですが、はせくらみゆき
さんとの共著『チェンジ・マネー』を出してみて分かったことは、お金には恐怖に基づく
お金と愛に基づくお金の2種類があるということです。どちらもお金には違いないので
すが、前者は不幸を作りますが、後者は幸せを作ります。基地関連のお金が前者で
観光業のお金が後者だと考えると沖縄の未来は明るいと言えるのだと思います。

 沖縄の方で都合がつく方はぜひ下記の寄合にご出席下さい。また、これを機会に日
本で一番ポテンシャルの高い沖縄を見に行くのもいいかもと思われた方も、ぜひご検
討下さい。よろしくお願いいたします。

 
<沖縄寄合(講演会)と懇親会>

日時:2014年 8月 28日 (木曜日)

時間 午後 6時~  舩井 勝仁社長による講演  
    午後 7時30分~ 10時30分 懇親会

会 場:団楽酒場「赤とんぼ」(掘こたつ形式の個室部屋) 
       那覇市東町11-19 1F 
       TEL  0120-489843/098-861-8565 

定員:45人
     (今回は会員限定ではなく、オープンにして誰でも参加できます) 

参加費:3、000円(講演参加費+懇親会費) 

参加申込締切:申し込み先着順で定員に達し次第締め切ります。 

参加申込方法:にんげんクラブ沖縄支部代表の豊見山へ直接メールか、
          携帯電話にお申し込み下さい。
       メールアドレス:tomiyamasusumuhopes@yahoo.co.jp  
       携帯電話番号:090-7469-3389


備 考:駐車は有料駐車場が近く(歩いて2~3分)にたくさんあります。
     [運転代行は「赤とんぼ」さんが手配してくださいます。]

友達やお知り合いの方に声をかけ、一緒に参加しましょう。
勝仁社長の講演を沖縄で聴ける絶好の機会ですよ。
ふるって参加申込みをしましょう!




カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや