サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

はじめての講演会、ありがとうございました

にんげんクラブの皆様こんにちは。熱海のこだまゆうこです。
先週のブログで、人との出会いのすばらしさについて、食堂で隣り合った方と話がはずんで取材が決定したことを書きましたが、昨日同じ食堂に行ったら、今度は別の方となぜだか話がはずんで、実はこの本四国剣山に封印されたソロモンの秘宝
の著者だったことがわかりました。


言霊にはいつも興味があるし、最近はなぜだか日ユ同祖論について非常に興味が湧いていたし、来週はピラミッドと四国の謎を解きに高知のPちゃんに会いに行く予定だったので、またまたシンクロ~とびっくりしました。
その方は半年ぶりにその食堂へ食べに来たのだそうです。
なんだか天国から舩井会長がいろいろな方に会わせてくれているような気がしてなりません。


さて、前置きはここまでとして、先日の20日、日曜日には、生まれてはじめての講演会を無事に終えることができました。

熱海という非常に辺鄙な場所で、私だけの講演会だったにもかかわらず総勢9名の方が来てくださって、非常にありがたく嬉しい一日でした。兵庫県の姫路市や千葉県、埼玉県、神奈川県、最も近い方でも静岡県の富士市で、皆さん遠いところを時間をかけて来てくださって、本当に頭の下がる思いでした。

じつは4月20日には、東京や愛知でもにんげんクラブ関係のイベントがけっこうあったので、本来ならばこの日にはやらないほうが良かったのかもしれませんが、どうしてもこの日を記念すべき日としたかった理由がありました。

そもそもこのように講演会を開こうと思ったのは、舩井会長と赤ちゃんが亡くなったことが、大きなきっかけでした。亡くなった二人は、私がどのように生きれば喜んでくれるかなぁと思った時に、講演会をやってみようと思ったのでした。

そこでいつやろうか?と思った際に、赤ちゃんは4月24日に生まれる予定だったから、その前後の土日の日取りの良い日にしよう、と思いました。カレンダーを開いてみると、後半の週はゴールデンウィークにかかってしまうし、前半が良いだろうな、土曜と日曜はどっちが良いかな?と見てみると、日曜日は大安で、さらに復活祭と書かれてありました。

この日はキリストの復活祭を世界中で祝っている日だったし、舩井会長と赤ちゃんの魂も私にとっては復活ということで勝手に決めて、20日に講演をすることにしました。この日にすると舩井会長や赤ちゃんだけでなくキリスト様も祝福してくださるような気がしたのです^^。

このように日取りを決めたのは、講演の一ヶ月半くらい前のことで、それ以上の意味は特に何も考えていなかったのですが、講演する5日前くらいになって、主人が教えてくれて気づいたあることがありました。

というのも、私たちの結婚指輪には、4月20日と刻まれています。
6年前の4月20日に、私たちは結婚式をする予定でした。しかし結婚式の一週間前に突如主人の父が亡くなってしまったために、式を延期することになりました。
そのため、私たち夫婦にとって、結局は何の意味もない4月20日という日付がずっと指輪に刻まれたまま、この6年間を過ごしてきました。
あまりに何の意味もない日付が彫られているので、何度か刻印を彫りなおしてもらおうか?と話題には出たのですが、面倒くさかったこともあって、「まぁ、いいか」とそのままになっていました。

今回新たな出発として講演会を4月20日に開催したことで、ようやく結婚指輪の日付が意味のある数字になったような気がしたとともに、本当はこの日に講演会を開くことも、6年前、もしくははるか昔から決まっていたのではないか、というような気がして、なんだか感無量でした。


そんなことを講演の冒頭で喋ったら、講演開始3分もしないうちから泣きそうになってしまって、こらえるのに必死でした。ここで泣いたらせっかく来ていただいた方々を困らせてしまうと思って、なんとか最後までこらえて、泣かずに講演を終わらせることができました。

講演の内容としては、まだまだ改良の余地がたくさんありますし、緊張もして拙い講演ではありましたが、最後まで泣かずに話しきったことだけは、帰宅後自分で自分をおおいに褒めてあげました^^。

さて、肝心の講演内容は、ブログの中では「右脳型なのでご参加いただいた方のお顔を見て話す内容は変わっていくかもしれません」などとカッコいい(?)ことを書いていましたが、緊張しすぎてアレンジを効かせるなんて全くできず、準備をしていったお話をするのが精一杯でした。

ちなみにこんな内容でお話しました。
当日のレジュメ ↓  ↓

「全人類アセンション完了を目指して」  神様と合体して生きる

2014年4月20日  こだまゆうこ 第一回 熱海講演

1. 簡単に自己紹介

2. 舩井会長との出会い

3. 舩井会長いろいろなエピソード

4. 神様になった舩井会長

5. 最近感じること

6. ヒマラヤ聖者から学ぶ、この世を愛と調和でラクラク生きるテクニック

7. 日本人なら知っておきたい、太陽エネルギーを取り入れる方法

8. 願望実現のウラ技

9. 必要なメッセージは必ずやってくる

10. 大きな困難や悲しみを乗り越える方法

11. 2015年4月12日に東海大地震が来る?

今月参考になった本
「日本人が知って変えていくべき重大な未来」 ゲリーボーネル著 ヒカルランド刊
「時空を超えて生きる」 Kan.著 ナチュラルスピリット刊
「クンルンネイゴン」 マックス・クリスチャンセン著 VOICE刊
「ワンネスの青写真」 アシェイマリマクナマラ著 太陽出版刊
「古神道神下ろしの被疑がレムリアとアトランティスの魂を蘇らせる時」 保江邦夫著 ヒカルランド刊
「医者も知らないホルモンバランス」「続医者も知らないホルモンバランス」ジョン・R・リー著 中央アート出版刊 プロゲステロンクリームを塗るだけで、女性の更年期や子宮筋腫など病気のほとんどが治る。ひまし油湿布も参考に


ご参加いただいた皆様には、「良かったよ」と言っていただけて、はじめてにしてはそこそこの講演ができたかな?と思っています。

講演している最中は、舩井会長がそばで苦笑しながら見守ってくださっているような気がしました。
ときどき「おいおい、そこまでバラすなよ」と怒られてしまいそうでしたが(笑)。

と、こんなことを書いていたら、ちょうどはせくらみゆきさんと、鳴海周平さんが、まさに今、舩井会長の奥様に会いに熱海までいらしていて、私もその場に呼んでいただけることになりました。(ということで、行ってきまーす。)

そして今、一時間ほどお話をして、帰ってきたところです。
お話の中で、舩井会長のメッセージをはせくらさんがたくさん伝えてくださいました。

それがあんまりにも舩井会長が言いそうなことをおっしゃるので、思わず泣いてしまいました。
特に奥様へ向けた舩井会長からの愛のメッセージは涙がとまらないほどに感動しました。

そこでお聞きしたメッセージをまとめると、やっぱり舩井会長は亡くなってからも私たちを大きく包み込んで、ミロクの世へ向けての活動を見守ってくださっているということでした^^。

20日の講演の間は、たしかに舩井会長がいらっしゃるような気がしたし、ご参加いただいた皆様にも「舩井会長がいらっしゃったように感じた」と言っていただけました。はせくらさんの口を通しても、「見守っていますよ」とメッセージを伝えてくださった舩井会長を思いながら、これからも講演活動を続けたいと思いました。


拙い私の講演を聞きに来てくださった皆様、会場には来られなかったけれども陰ながら応援してくださった皆様、こうして今ここでブログを読んでくださっている皆様、皆様がいてくださるおかげで、私は今日もこうしてブログを書き、講演を続けようと思えます。本当にありがとうございます。

ohana.JPG 



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • Kanさんに訊く Vol.1
  • Kan.ワークプログラム2017DVD
  • Kan.ワークプログラム2016DVD
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや