サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

きっと、うまくいく

にんげんクラブの皆様こんにちは。熱海在住のこだまゆうこです。

こちら熱海では、そろそろ筍の旬も終わりかけ、汗ばむような暖かい日々がやってきています。今年も熱海オフィスでは、庭から生えてきたたくさんの筍をいただくことができました。筍ご飯をいただくことが、毎年の春の楽しみです。皆様のお住まいの地域ではいかがでしょうか。

それから、そろそろ虫の多い季節になってきました。ここ数日は、夜中の蚊に悩まされて睡眠不足な日々が続いています。市販の殺虫剤はどうにも好きになれないし、蚊取り線香は犬がいるため、火事が心配・・・・・ということで、毎晩解決策が見つからずにいます。

ところで、すでに蚊や虫に刺されてしまった場合に、とてもおススメなのは神農クリームです。

ほんものやでも販売しているのでご存知の方も多いかと思いますが、このクリームはとにかくなんにでも効果があります。肌のトラブルにもいいですし、傷、筋肉痛、関節痛にもいいです。そのすごさがよくわかるのが虫さされです。やぶ蚊やブヨなどに刺されると、ちょっとやそっと市販のかゆみどめを塗っても、スースーするだけで痒さは全然変わりませんが、神農クリームを塗ると、一時的に患部がグーっと熱くなり、痒みが増します。そこを少し我慢すると、あら不思議、あんなにひどかった腫れがあっという間にひいてしまいます。

虫がたくさんいる我が家では、今では神農クリームが手放せず、1階と2階に一つずつ常備しています。まだ使ったことないわ、という方はぜひお試しくださいませ。


さて、前おきが長くなりました。
先日、二年以上ぶりに映画館へ行ってきました。
面白かったので、今週はその映画についてご紹介したいと思います。

かつての私は無類の映画好きで、小学生の時の将来の夢は「獣医か、映画評論家」と豪語しておりましたが、子ども心は移ろいやすいもので結局どちらにもなれませんでした。
月々のお小遣いは千円だと言うのに、600~700円くらいするSCREENやロードショーなどの映画グラビア雑誌を嬉々として毎月かかさず買っていたあの頃が懐かしいです(笑)。


さて、あんなに好きだった映画も、今は二年以上映画館へ行かなくとも何も感じないようになってしまったのは、年をとったせいでしょうか。もしくは映画や音楽嫌いの船井会長から少し影響を受けているのかもしれません。また、テレビの大きさや性能が昔より良くなったので、わざわざ映画館へ行く必要性もあまりなくなってきたのかもしれませんね。
(ちなみに二年前に映画館で見た映画は、入江富美子監督の「天から見れば」です。)


さて、二年ぶりにわざわざお金を払って見に行った映画とは『きっと、うまくいく』でした。
この映画は先日日本で公開されたばかりのインド映画で、3時間もある長い作品です。期待どおりですごく面白かったです。

学園コメディでありながら、笑いあり、涙あり、歌と踊りあり、青春あり、ラブロマンスあり、社会問題もありと何でも揃った完全なるエンターテイメント映画で、三時間飽きずに見続けることができました。インド映画興行収入歴代NO.1だそうで、ハリウッドなどでも大評判なのだそうです。

楽しみながらも、今のインドにおける競争社会などもよくわかり、いろいろと考えさせられました。(といっても、この映画に出てくる主人公たちは、インドの中でも相当な「勝ち組」に属する人たちの競争の話であって、汚い部分や暗いディープな部分はすべて隠したインド映画です)

また、このインドの若者の元気さ、映画のダイナミックさに対して、日本はどうだろう?ということも考えさせられました。

船井会長の言う、すなお、勉強好き、プラス発想、この三つの特性を持っている人が、ビジネスで成功する人の三条件、というのが非常によくわかる映画でもあります。

インド映画は長いし退屈!という印象は、一掃されると思います。

あらすじは、ネタバレにならないようにあえて書きませんが、見れば必ず元気でハッピーな気分になれる映画ですので、ご興味のある方は、ぜひ映画館へ足を運ばれてはいかがでしょうか。

kitto.jpg
(C)Vinod Chopra Films Pvt Ltd 2009. All rights reserved
(写真は、映画.com のサイトより)



カテゴリー

月別アーカイブ



  • zoom寄合
  • にんげんクラブストア
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや