サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

イケメンには鳴かない

株式会社にんげんクラブがスタートして、小川雅弘社長が時々、東京の事務所に来てくれる
ようになりました。小川社長が来ると、私が普段使っている机を使ってもらうのですが、右を
見ると船井メディアの人見ルミ常務がいますし、左を見ると本物研究所の佐野浩一社長が
います。私の席を船井メディアの中に移し、本物研究所との間に扉を付けて行き来が楽に
できるようにしたのですが、各社の幹部が隣同士に座ることによって、コミュニケーションが
格段に良くなりました。

小川社長も早速、いろいろな人とコミュニケーションを図り、新しいにんげんクラブのあり方を
探っています。先日は9月22日、23日の「船井幸雄オープンワールド2012」の会議にも出席
していただきました。その場での発言は控えていたようですが、後で話をすると、私たちに
とっては当たり前になっていて、疑問にも思わなかったことに対して、「なぜそうなっているの
ですか?」という疑問を投げかけてくれて、やっぱり新しい人に入ってもらって、常識を破って
いくことの必要性を改めて感じました。

熱海まで行って、会長にも会っていただきました。10年以上前のことですが、「船井会長の
追っかけをしていました。」というぐらい、親しくしていましたので、会長も懐かしかったよう
です。小川社長の方針は船井幸雄情報をもっともっと増やし行くことと、支部のあり方を
見直して行くこと、経営者層にもにんげんクラブの活動を広げていくことなどです。具体的に
は、9月の船井幸雄オープンワールドを目処に発表していきたいと思いますので、楽しみに
していてください。

会長も元気になれば、もっとにんげんクラブに情報を出していきたいと言っていました。
会長離れをするのが、にんげんクラブの方針だと思っていたのですが、退会された方に
理由をお聞きすると、船井幸雄の情報が少ないということが多く、小川社長からお願いする
と、会長もまったく異議はないようなので、私の思い込みだったのかもしれません。どちらに
しても、小川社長という素晴らしい人に一緒にやってもらえることになったことで、これからの
にんげんクラブが楽しみになってきました。

会長と面談したあと、庭にあるちょっとしたパワースポット(?)をご案内したのですが、そこで
不思議な事に気がつきました。熱海の事務所は会長の自宅に隣接しているのですが、普通
なら知らない人が来ると、犬のゴン(川上犬という甲斐犬の一種で、野生動物の本能を残して
います)がものすごい勢いで鳴くのですが、小川社長が来てもまったく騒ぎません。それどころ
か、私がゴンの体をなぜているときには、横にいても知らんふりです。

母にそのことを報告すると「今まで不思議な事に二人の人に鳴かなかったことがある。それは
二人ともものすごいイケメンだった。」と言っていました。ゴンという名前ですが、女の子なの
で、イケメンには弱いのかもしれません。小川社長は先月、ブータンに行ってこられたので、
「きっと、龍を連れてきているので、龍が黙らせてくれているのですよ。」と言っていました。
確かに、最後に急に気がついたように鳴き始めたので、ゴンには龍しか見えていなかったの
かもしれません。

翌日は、東京でサイマーさんというインドの聖者の講演を聞きに連れて行ってくれました。
Pちゃんを買ったことが縁で、サイマーさんと縁ができ、アメリカやインドのサイマーさんの
アシュラムにも行ったことがあるそうで、当日、会場に行っても小川さんの知り合いばかり
でした。26歳の時に、四国運輸という会社の社長になってから、一度も赤字にしたことがない
という名経営者でありながら、犬には鳴かれないし、インドの聖者と知り合いだし、本当に
不思議な人です。
やっぱりにんげんクラブに必要な人だと確信したエピソードを今回は紹介させていただきました。





月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや