サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

インターネットの世界に潜む魔物たち

にんげんクラブの皆様こんにちは。熱海在住のこだまゆうこです。

寒い日や暑い日がかわるがわる訪れるような妙なお天気が続いていましたが、
熱海の山の木々も、ようやく紅葉してきました。
熱海オフィスでは、最近の少し寒い日にはサンラメラを使うようになりました。
もうすぐ冬がやってきますね。


ここ二年ほどは、テレビを見ない生活をするようになって、テレビ中毒からはようやく解放されたかなぁと思っているのですが、その代わりに今は人様に自慢できない習慣ができてしまいました。
それは、パソコン中毒です。

船井会長の10月31日のブログでは、パソコン、スマホ、携帯電話をできるだけやめよう、と書かれています。
テレビを見ない私は、まさにパソコンの虜になってしまって、
たまに生活に支障が出ることがあります。

(と言っても、幸か不幸か、私は軽めの電磁波過敏症なため、パソコンを長時間触っていると、手が痺れて頭はクラクラ、酷い時にはしばらく立てなくなってしまうので、一般のパソコン好きな方よりは、パソコンと接する時間は少ないかもしれません。)

もちろん、パソコンのすばらしさ自体を否定するつもりはありません。

パソコンの登場によって、様々な情報が公開されるようになったし、
日本から遠く離れたドイツでの生活では、パソコンに本当にお世話になりました。
ボタン一つで日本の読みたい本がドイツまで届くし、ホテルの予約も、電車の予約も、
すべてインターネットで手続きができることは、ドイツ語のできない私にとっては、
非常にありがたいものでした。

遠く離れた家族とも毎週のようにテレビ電話で話すことができましたし、
にんげんクラブの会議やインタビューなどにも参加することができて、
一昔前では考えられないような便利さを感じました。

そして今、ドイツから日本に帰国して、
人よりも動物と遭遇する確率のほうが高いくらいの山奥に住んでいる身としては、
どこでも自由に買い物ができるインターネットはなくてはならない存在です。

パソコン、インターネットが今ほど発達していなかったら、
たぶん熱海での田舎暮らしはできなかっただろうと思います。


そのようにパソコンを毎日たくさん使っている私ですが、たくさん使っているだけに、
パソコンの良い部分も、悪い部分も身にしみてわかってきます。

良い部分は先ほど言ったとおりたくさんあります。

悪い部分はと言うと、まず体に悪いことです。
そして、精神にも悪いようです。


誤解を恐れずに感じていることを書くと、パソコンには魔物が潜んでいるだろうと個人的には思っています。

世の中には、神界、霊界、幽界、現界、と分れていて、私たちは現界に住んでいます。

この中の幽界には、自縛霊や魔物など、私たちにとり憑いたり、そそのかしたりして、世の中を悪い方向に進めようとする、たちの悪い霊魂が住んでいるようです。
より良く生きるには、いかにこの幽界の存在とアクセスせずに生きるかは、
とても重要だと思います。


さて、インターネットの登場によって、これらの世界の他に、
私たちは現界の地球よりもずっと広くて複雑な「インターネット仮想現界(以下、ネット界)」を作ってしまいました。

あたり前ですが、そこは私たちが住んでいる本当の世界ではありません。
ネット界でどれだけモテてヒーローになれても、どれだけ自由に振舞えて居心地が良かったとしても、それは本当の世界ではないのです。

ネット界では、様々な有益な情報を見ることができるし、
たくさんの人たちと友達になり繋がれることができるけれど、幽界同様に魔物が住んでいます。


その魔物たちは、私たちの魂「・」を体「○」から抜け出させ、
ネット界にずっと居続けるように、ささやき続けます。
そうして長時間ネット界にいた魂は、気付けば、いつも魂が体から抜け出た状態で、
現界の生活をするようになってしまうのです。

ネット界の魔物にとり憑かれ、ネット界にい過ぎたために、現界での生活はおざなりになって、
頭がおかしくなってしまった人を、私は何人か知っています。


インターネットの魔力を、私の経験談でたとえ話をしてみます。
ドイツに住んでいた頃に、はじめの2ヶ月近く、インターネットが繋がりませんでした。
インターネットのない生活を送っていたある日、ネットカフェで2時間ほど集中してネットサーフィンをしました。2時間たって、お会計を済ませて外に出た瞬間に、金髪、青い目の外国人の多さにとてもびっくりしたことがあります。
びっくりした後に、そこはドイツであり、そこでは自分が外国人だということに気がつきました。
この体験は、私にとって強烈に印象に残りました。

というのも、その時はすでにドイツに住んでから1ヶ月くらいたっていたし、
ドイツのネットカフェはさほど仕切りがないので、隣でネットをしている人たちもみんな外国人、
お会計を済ませてくれた店員さんももちろん外国人という状況の中で、
ネットカフェから一歩外に出るまで自分がドイツにいるということを完全に忘れていたということが、とてもショックだったのです。

お会計では日本円ならぬユーロを払い、「ダンケ(ありがとう)」とドイツ語でお礼まで言って店を出たというのに、ドイツにいることを忘れてしまうなんて、ぼんやりするにもほどがあります。
あの時の私は、完全に魂が体から抜け出た状態だっただろうと思うのです。

この経験から、たったの二時間で、自分がどこにいるのかもわからなくなるような魔力のようなものが、インターネットにはあることが、よくわかりました。


パソコンや携帯電話がなかった頃の時代を思い出してみると、

今よりもっと、上手に文字が書けたのではないだろうか。
今よりもっと、漢字を知っていたのではないだろうか。
今よりもっと、人と人との関係が親密だったのではないだろうか。
今よりもっと、物事が単純ではなかっただろうか。
今よりもっと、ストレスや疲れが少なかったのではないだろうか。
今よりもっと、地に足がついていたのではないだろうか。

と、様々なことが思い浮かんできます。

そして何よりも、

今よりもっと、日々の記憶が鮮明だったのではないだろうか?


と思えてしまいます。

ネット界に長い時間居過ぎると、現界でたとえ美しい町を歩いていたとしても、
あまり感動しなくなります。
ネット界の中でネットサーフィンをするように、美しい景色の記憶がサーっと流れて消えてしまうのです。

と、長々と書いてしまいましたが、
パソコン、インターネットのすばらしさをすべて否定するのではなく、なるべく使用時間を減らして、上手につきあっていきたいと思っています。


ところで、パソコンを見なくなって空いた時間には、何をすべきでしょうか。

今の私の目標は、断然「土いじり」を習慣化させることです^^!

家庭菜園でも、お花を育てるのでも何でもいいので、土に触れる時間を増やすと、
インターネットで得られる情報とはまた別の、もっと価値の在る情報を、
指先からダウンロードできるのではないか(笑)、と思っています。

と言いつつ、このブログの文章はパソコンや携帯から見るものなのですが・・・・(苦笑)。

願わくば、皆様の少なくなったパソコンとのおつきあいの時間の中ででも、
読んでいただけるような価値ある文章を書けるよう、日々精進して行きたいと思っています^^!



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや