サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

高千穂弾丸ツアー(2)

こんにちは。船井勝仁です。
 
四魂の窓は出口光さんが心理学(光さんはアメリカの大学で心理学の博士号を取得し、
日本の大学で教鞭を執っていました)と神道の一霊四魂の考え方をミックスしてつくったものです。
 
2つの簡単な質問、あなたはどちらかといえば、情熱的(HOT) ですか冷静(COOL)ですか?
あなたはどちらかといえば合理的(DRY)ですか情緒的(WET)ですが?
に応えると自分の魂が四魂の内どれが強いかが分かります。
 
四魂.jpg
作成:NPO法人日本心理カウンセリング協会、株式会社メキキ 代表取締役 出口光
 
  
これで、人間関係革命が起きるというのが光さんの持論です。
例えば、勇の魂の社長さんが会議を主宰し、それぞれのタイプの人が社長の話に
なるほどとうなずいていたとします。勇の社長は「なるほど」と聞くと、
「なるほど、それは実行可能だ。すぐにやろう。」という意味にとります。
しかし、魂が違うと聴き方が異なります。
 
愛の魂:「なるほど、こういう意見を言える社長はステキだ。」
親の魂:「なるほど、社長のような考え方もある」(社長の発言の後、専務が正反対の意見を
                              言っても専務の意見にも「なるほど」と言います。)
智の魂:「なるほど論理は合っている。(僕の意見は違うけどね)」、という具合です。
すぐに実行してくれると思っている社長からみれば何をやっているのだということになります。
 
  
でも、そういう聞き方をしていることが分かれば、部下に以下のように頼めばいいことが分かります。
 
勇の部下に:このプロジェクトの目的を達成するためには君がやってくれることが大切だ。
愛の部下に:私は君のことをとても評価している。だからこの仕事は君にやって欲しい。
親の部下に:うちの会社でこの仕事を任せられるのは君だけだ。
智の部下に:このプロジェクトの本質を理解できるのは君だけだ。
 
詳しくは出口光さんの著書「ココロの相性がわかる 四魂診断」「聴き方革命
人の心が手に取るように見えてくる」をご参照ください。
 
 
さて、やっと本題の高千穂の話に入ります。千人の蔵という古い石蔵を移築した
ステキなカフェでおいしくてエネルギーにあふれたおそばの定食をいただいた後、
くしふる神社に向かいました。
 
101201-3.jpg 101201-4.jpg
千人の蔵にて                        くしふる神社前にて 
 
  
ここは天孫降臨が行われた場所という説があります。昔は神殿もなく、山の峰自体が
ご神体だったということですが、今は立派な神殿が立っています。
鳥居に入る前からすごい氣を感じました。
 
神殿の周りを回ることができ、通常は左回りに回るようですが、私は右回りに回ってみました。
とても、抵抗感があったのですが、2周目はずいぶん回りやすくなりました。
これも左回りの「うず」を右回りに変えることなのかなあひとりで納得していました。
 
次はくしふる神社のすぐそばにある高天原遙拝所に行きました。
ここは青木勇一郎さん一番お勧めのパワースポットです。
天孫降臨した神々が高天原の神々と交信をした場所ということです。
 
にんげんクラブ代表会員の川島伸介さんと、勝塾の番台をやってくれている
田中清一郎さん(Seiさん)が川島さんが香取神宮から持ってきた木刀を奉納しました。
そして、その剣に天から新しいメッセージを授かったようです。
 
青木さんはご自分のブログで大政奉還だったと言っています。
剣は武(資本主義)を象徴し、その考え方を天にお返しし、新しい剣(大下流水先生流に言うと、
新しいエ次元というかミロクの世の言霊をつくるための最初の装置)をいただいたのかもしれません。
 
その後、天真名井という神々が使った井戸に行き、新しいエネルギーをいただいた剣を
その水できれいにしました。青木さんには剣に残っていた古いエネルギーを完全に洗い流すために、
必要だったように感じられたようです。
 
101201-5.jpg
 
 
最後にくしふる神社と同じ山の反対側にある荒立神社に行きました。
荒立神社では、私に青木さんをご紹介してくださったハガレックスの平野豊宏社長から
ご紹介いただいて、今回のツアーの現地での案内をしてくださった、高千穂の郷の
案内人・高藤文明さんがわざわざ宮司さんに頼んでいただき、神殿の中に入らせていただきました。
そこで、青木勇一郎さんが「(みんなが幸せに)成る」というメッセージを神様からいただいたそうです。
 
 
その後、ゆっくりする間もなく福岡空港にあわてて引き返し、東京に帰りました。
レンタカー屋さんの閉店の時間に間に合わずに、電話をして待ってもらったり、
新幹線で大阪まで行く山内編集長を博多駅まで送る時間がなくなり、
地下鉄で移動してもらったりとドタバタはいっぱいありましたが、この短時間で
必要なことがすべてできたすばらしい弾丸ツアーでした。
  
でも、次回はゆっくりと神話の里を楽しみたいと思います。
 
 
101201-1.jpg
高千穂弾丸ツアー参加の皆さんと



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや