サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

「うず」を拡げていく

こんにちは船井勝仁です。
 
先週に引き続きまして、9月11日(土)、12日(日)にパシフィコ横浜の国立大ホールで開催する
にんげんクラブ全国大会」について、この両日に何をお伝えしたいかを書きたいと思います。
 
自画自賛になってしまい恐縮ですが、昨年のにんげんクラブ全国大会は、すばらしい大会に
なったと思っています。極端に言うと船井幸雄の思想の集大成になったのではと考えています。
 
これは参加してくださった皆様や講演してくださった先生方を含めて、有意の人のポジティブな
集合意識で百匹目の猿現象を起こし、資本主義が壊れてミロクの世が来る過程で
必ず訪れる大難を小難にすることができたと考えるからです。
 
これで、岩戸開きのための軸はできたのでないかと思います。
これから必要なのは、有意の人の集合意識でできたその軸(エネルギー)を、
具体的にどう世の中に拡げていくかです。軸となるエネルギーを回転させて
「うず」にしていくことに取り組んでいきたいと思います。
 
その回っている「うず」の事例を、講演をお願いしている先生方のお話から掴み取っていただき、
ご参加いただく皆様のそれぞれが回されている「うず」とのリンクをしていきたいと思っています。
 
 
映画「不食の時代」の上映と白鳥監督のご講演からは、病気という苦難を乗り越えられた方から、
正しく強い「思い」があれば、人間は何でも克服できるし、極端に小食にしても生きていけるのだと
いうメッセージをいただきます。
 
小山敬子先生からは「ザ・フナイ」で連載していただいているエッセイにある通り、
神様の声(ミッション、天律)に従って経営すると、関与する人がドンドン幸せになっていくという
メッセージをいただきます。
 
水澤心吾先生の一人芝居からは、第二次大戦中に命のビザを発給することで多くの命を救った
物語から、65年以上前にすでに「うず」を回していた人の事例に感動できるのではないでしょうか。
 
水にトコトンこだわった結果、生体エネルギーの水に出会い、その思いをいつまでも大事にされて
モノづくりを進めておられるエバメールの飯野由昌社長と、中小工務店という仲間を大事に
することから始め、その過程で生体エネルギーと出会うことで、それがその家に住む人の幸せに
つながる経営というレベルにまで行き着いた住まいネットの澤田升男先生のお話からは、
資本主義の仕組みの中ですでに新しい世の中の仕組みの萌芽を感じさせる取り組みの実例を
お話しいただけると期待しています。
  
そして、船瀬俊介先生のお話からは、石油中心の火の文明から自然と共生する緑の文明に
変わっていく具体的なお話をちょっと怖い真実をふんだんに交えてお話していただくことで、
新しい世の中で実現していくことを感じることができるのではないでしょうか。
 
そして中矢伸一先生からは、今の大きな流れの総括を日月神示やその他の最先端の情報を
ひも解くことで教えていただくことができるのだと考えています。
 
 
船井幸雄はいつものように1日目の講演では、時代の変化と参加されている方からの
エネルギーを受けて、現状を含めて近未来に何が起こるのかを解き明かし、
2日目の最期の講演ではこの2日間の結果、何がどう変わり、それをよりよい世の中づくりに
つなげるためには何が大事なのかについてお話させていただきます。
  
そして、7月3日の関西大会で行ったような、にんげんクラブの支部リーダーの方から
何らかの形でご報告をいただく機会を作り、参加してくださった皆様とより近い立場の方が
どんな「うず」を作っていただいているのか、それが先生方の作っている大きな「うず」と
どうつながっているのかを感じていただけるようになれば、今回の全国大会は成功なのでは
ないかと思っているのです。
 
皆さんもご自分の「うず」を作って持ってきていただいて、9月11,12日の両日パシフィコ横浜に
お集まりいただき、リンクさせていってください。よろしくお願いいたします。



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや