サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

エネルギーを交換する

こんにちは船井勝仁です。
 
先日、船井メディア主宰のヒューマンカレッジという勉強会で講演させていただく機会がありました。
船井幸雄の代役での講演で、かなり緊張したのですが、すばらしい聴衆の方に恵まれ、
おかげで無事にお話させていただくことができました。
 
アンケートを読ませていただき、好評だったのがエネルギー交換の話なので、
今回はその話をご紹介させていただきます。
 
最近、物質的な目に見える世界を超えた、エネルギー的な目に見えない世界に対する
興味が強くなってきました。矢山利彦先生の武士道氣功や天野聖子先生の自問自答法を
学ばせていただき、知識だけではなく、体験としての目に見えない世界を感じることも
まだまだ少しですができるようになってきました。
 
そして、以前だったらとても参加しなかったようなスピリチュアルなセミナーのお誘いをいただくと、
うれしくなってドンドン参加するようになりました。
 
そうすると、不思議なことに、周りの人とのエネルギーの準位を比べることができるようになりました。
誰から私がエネルギーをいただいており、誰にエネルギーを差し上げているのか
分かるようになったのです。
 
とてもビックリしたのは、どんなに個人的なエネルギーの強弱があっても、親子関係は
特別のようで、子どもと私を比べると明らかに私が子供たちからエネルギーを奪っていました。

そして、もしかしたらと思い、父と私を比べてみるとなんと本当は私が父にエネルギーを
差し上げなければいけない関係にあると気づいてしまいました。
 
4月21日のブログで親孝行が大切だと書いたのは、実はこのことなのです。
 
 
当日、ちょうどとてもきれいな三保の松原のキラキラ輝くエネルギーをいただいてきたので、
ホ・オポノポノのように自分の中にいる父に対して、そのキラキラ輝くエネルギーを
注ぐようなイメージでエネルギーを送り続けていました。
 
そして、実はそれが大きな間違いで、多分痛風の発作が出てしまった直接の原因になったようです。
 
少し解説すると、ザ・フナイに波動ジャンキーというエッセイを連載いただいており、
9月のにんげんクラブ全国大会の講師をしていただくことになっているピュア・サポートグループの
小山敬子先生にお会いする機会があり、得意になってエネルギーの準位が
分かるようになったことと、親子関係が特別であることが分かったことをお話ししました。
 
小山先生もまったく同意してくださり、本当に疲れた時はお子さんと触れ合うことで
癒されているというお話をしてくださいました。
 
そして、同時に一方的にエネルギーのやり取りをすることの危険性を教えてくださり、
意識してやる時はエネルギーを差し上げるのではなく、交換させるという気持ちでやらなければ
大変なことが起こるかもしれませんよと言われてしまいました。
 
そんなこともしらない私はいい気になって、(私が言うのも変ですが)あんなに強い父に
傲慢にもエネルギーを分けてあげようと思い、それを実行してしまったのです。
 
そして当然の結果として普段の不節制が原因で私の弱点になっている痛風の発作という
現象が起こってしまったようです。エネルギーを交換するということが分かっていれば、
その強い父のエネルギーを私も返してもらうことができ、元気になっていたはずなのですが・・・。
 
本当に痛い目に合いましたが、エネルギーの交換(循環)することを知って、
準位の高低は大きな問題ではなく、誰とでも氣を高めあうことができるということを
学べたことはとても良かったと思っています。
でも、本当に痛かったなあー。



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや