サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

感動

こんにちは船井勝仁です。
 
この週末、上杉祥三作・演出の「アセンション2012」というお芝居を観てきました。
幸塾GOPが上演に多大に関与しており、厚かましくもアフタートークショーのゲストとして
参加させていただきました。
 
幸塾の大下流水先生は、昨年8月の幸島ツアー、12月のヒマラヤ聖者の講演会、
そしてこの「アセンション2012」で岩戸が開かれることを確信されているようで、
何らかの形で少しではありますが参加させていただけたことを、とても光栄に思っております。
 
このお芝居は、上杉先生が父にお会いいただいたことがきっかけで、父が著作で
紹介している本を500冊以上読破されて、この芝居をやることが自分の使命だという
強い思いで創作されたお芝居です。
 
霊能者、輪廻転生、日月神示、2012年のマヤ暦、体脱科学、日ユ同祖論、
感謝の大切さ、パワースポット、艮の金神、岩戸開き、言霊・数霊、自動書記、
百匹目の猿現象等の有意の人が今知っておくべき題材を随所に散りばめながら、
広島の原爆をもう1つのモチーフにして反戦と平和を訴える、とても感動するものでした。
 
 
にんげんクラブの方も多数ご参加いただいていましたが、見えない世界のことは知らないが、
演劇に興味があって観劇されている方も多数来られていたようです。

上杉先生の奥様でとても重要な霊能者の役を演じられた長野里美さんはとても著名な女優ですし、
NHKの朝のテレビ小説の主役も務められた古村比呂さんも出演されていたので当然かもしれません。
 
見えない世界に対して知識のない人たちに、上記のようなテーマがすべて
織り込まれたお芝居を観ていただくのですから戸惑いが起こるのも当然です。

テレビの世界では原爆という言葉が出ると視聴率が下がるといわれていて、
輪廻転生はNGワードだそうです。
だから、上杉先生はこの芝居を、覚悟を持って書きましたとおっしゃっていました。
 
 
幕間が終わって第二幕がはじまるとお話は急展開します。
休憩時間には「訳がわからない!」というちょっと批判的な感想も耳に届いてきたのですが、
会場いる観客がどんどん芝居に引き込まれていくのが感じられるようになりました。
 
そしていつの間にか会場全体が感動の渦に巻き込まれていました。
私も魂が何度も揺さぶられるのを感じましたし、何度も涙してしまいました。
 
活字や講演などでは見えない世界のことが伝わらない人にでも、演劇の持つ感動力で
伝わっていったのです。
上杉先生はこのお芝居を通じて演劇人としてご自分のアセンションのテーマを
見事にお伝えくださいました。
 
有意の人がそれぞれ自分の分野で本当のことを伝えることができるということが分かった、
とてもすばらしい経験をさせていただきました。
 
 
霊能者でもなく宗教的なことに抵抗がある普通の人である主人公が
最後に心の底から言えた言葉を紹介します。
 
私も父に抵抗していて、数年前までこの主人公のように本心から
新しいミロクの世をつくるためのムーブメントに参加することができませんでしたし、
このセリフを、心をこめて言うことができなかったからです。

自戒も含めて気持ちを込めて綴りたいと思います。
 
 
今、このすばらしい日本に生まれてきたことを心から感謝します。
神様、ありがとうございました。



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや