サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

芋掘りに行ってきました

こんにちは船井勝仁です。
 
幸塾の仲間たちが中心に作っているGOPグリーンオーナー倶楽部の催しとして
茨城県行方市へ芋掘りに行ってきました。
命仁の田植え、草取り、稲刈りとすっかり仲良くなったGOPの皆さんと
生体システム実践研究会東関東支部事務局長の津島さんが一緒に
今回のイベントを企画してくださったのです。
 
津島さんには15年程前にはじめて佐藤政二先生にお会いした頃からお世話になっており、
生体エネルギーを広める活動の中心人物として活躍していらっしゃいます。
津島さんが経営しているイマジンコーポレーションは農産物の産直事業に取り組んでいる会社で、
千葉県、茨城県の多くの農家と一緒に組合を作って生体エネルギー農法で作られた
さまざまな野菜を家庭にお届けしています。
 
津島さんは今の会社をつくる前に、農家の方たちが始めようとしていた産直の組合の
立ち上げから関わり、事務長的役割をしていました。
朝4時に農家にへ集荷に行き、それを6時までに学校給食用に取引をしてくれた都内の
ある区のセンターまで届け、その後の営業や事務作業などをすべてひとりでこなしていました。
タイムカードを計算してみると1か月の労働時間が400時間を超えていたこともありましたが、
すべてが新鮮で楽しく全く苦にならなかったそうです。
 
その後、独立して今の会社を立ち上げるに当たって、いろいろな農法の研究をしました。
そんな中でたまたま、長野の生協さんが取引をしてくれるということでご挨拶に行ったついでに、
長野県東部町(現在は東御市)の佐藤先生の事務所を訪ねたのだそうです。
津島さんがあらゆる農法についてどんな質問をしても佐藤先生からは的確な答えが返ってきて、
初対面でこれはすごい本物だと思ったそうです。
 
それから3年間、毎月佐藤先生に千葉・茨城まで来ていただき2泊3日で
農家の人たちを集めて勉強会を開催し続けたのです。
このときの勉強が津島さんにとって最大の財産になっているとおっしゃっていました。
 
そんな津島さんのご案内でまずチンゲン菜の畑を見せていただいた後、
いよいよさつま芋畑に到着です。
生体システム農法の資材を通常の5倍も入れており、本当に気持ちのいい畑です。
力を入れなくてもさわっただけで簡単に掘れてしまう様なすばらしい土壌だったので、
楽しい芋掘りはあっという間に終わってしまいました。
 
pic3.jpg pic1.JPG
  
芋掘りの後は、さつま芋を保存している農家の倉庫の見学です。
見せていただいた倉庫で1,600ケースものさつま芋が保存されており、
同規模の倉庫がもうひとつあるそうですからすごい量のお芋です。
 
今月中にはすべての芋を収穫しますが、いい環境で保存することで来年の夏まで出荷できるのです。
変な感想ですが、津島さんと友達になっていれば食糧危機が来ても大丈夫だと思いました。
それから、昼食前だったのですが農家の庭先でふかしたさつま芋を美味しくいただきました。
 
pic2.jpg
 
 
その後、イマジンさんの近くの集会所で、いつもように大変おいしい手作りの昼食をいただきました。
すぐには立てないほどお腹一杯になるまで食べ過ぎてしまいましたが、参加された方の
自己紹介や感想を聞いていると本当に素敵な方ばかりで、とても満たされた気分になりました。
 
その日の夜、親しくさせていただいている料理研究家の中山桜甫先生のキッチンスタジオで
パーティがあり、掘ったばかりのさつま芋を持っていきました。
到着したのが遅かったのでその場では料理できなかったのですが、翌日メールをもらって
「びっくりするぐらい美味しいさつま芋だったよ」、とおほめの言葉をいただきました。
 
また、こんなにサラサラしている土は信じられないともおっしゃっていました。
また、機会があったら津島さんに頼んで畑に癒されに行きたいと思います。



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや