サイトマップ

特別情報

社会に裨益(ひえき)する医者になる


 おかげさまで健康な身体を両親からもらったようで、
大きな病気をしたことがありません。
無呼吸症候群(簡単に言えば酷い"いびき"です)の
検査入院を1泊したことはありますが、
他に入院の経験もありません。
だから気軽に言えるのですが、
病院やお医者様に行くのは
あまり好きではありませんし、
薬もできれば飲みたくないと思っています。


 ただ、日ごろの生活態度は
あまり褒められたものではありません。
お酒を飲み始めると
酔っぱらうまで飲んでしまうことが多いですし、
私は飲むと食べたくなる方なので
それに伴って
体重も過去最高値近辺で
高値安定を維持しています。
運動はほとんどしませんし、
コロナ前は
せめて通勤には電車を使って
1駅前で降りて歩こうぐらいは実践していたのですが、
ここ1年ぐらいは
車で通勤するようになり
そうすると歩くこともほとんどなくなりました。

幸いにも
美味しいものを食べに行こうと
誘ってくれる友だちがたくさんいて
日本全国の美味しいものを食べ歩いています。


 何が言いたいかというと、
生活習慣病になるような
典型的な生活を送っているのです。
だからその報いとして
痛風の発作が起こるようになってしまいました。

本物研究所で取り扱わせていただいている
クロガリンダというサプリメントを
愛用するようになって、
しばらく発作が出なくなっていたのですが
今年はなんと2か月連続で
発作が起こってしまいました。
クロガリンダやその他
愛用させていただいているサプリや
身体によいとされる本物商品は
効果を上げているという確信があるので
ストレスのコントロールを含めて
生活改善に取り組まなくてはいけないと思っています。


 5年ぐらい前のことですが、
痛風の発作が出た時に
かかりつけの医院に診てもらいに行きました。
正直に言うと
痛み止めと尿酸値を下げる
薬の処方箋をもらいに行くつもりだったのですが、
そのためには
血液検査などの検査が必要になります。
その数値を見て
お医者様が血圧も高いので
その治療もしましょうかとおっしゃいました。
変な知識があるので
降圧剤を飲み始めると
やめられなくなると聞いていたので、
なるほどこうして病気が作られるのだなと思って
それ以来そのお医者様に行くのを止めてしまいました。
そして、かかりつけのお医者様が
いない状態になったのです。


 最近は、いざという時に
それでは困るだろうというアドバイスで
いいお医者様を紹介していただいて
定期的に通ってはいますが、
私の医者嫌い(?:本当は薬嫌い)を
理解してくれているので、
薬の処方などはめったにされないのがポイントです。

ただ、ではちゃんと診てもらっている
先生がいないかというと
そんなわけではなくて、
静岡県富士宮市郊外(ほとんど山の中)にある
青木クリニックには
不定期ですが、結構な頻度で通っています。


 青木クリニックの院長は
青木秀雄先生。
71歳になられますが、
同じ高校の大先輩である
作家の芹沢光治良(せりざわ こうじろう)先生を
大尊敬されて、
先生が小説などにかかれる神の世界を
医療に活かしていらっしゃいます。

青木先生は
「病気を治す医者になる」活動を
続けられています。
当たり前のことのように聞こえますが、
現代人が苦しんでいるのは
医療や薬で治らない難病で、
症状を抑える対処療法はありますが、
根本的な治療をする方法はないというのが
医学界の常識です。
でも、医者は本来病気を治すのが役割だ
という信念の下、
どうしたら病気が治せるかを
追求し続けていらっしゃいます。


 そんな青木先生が
『「バイオサンビーム」で病気が治った』(風雲舎)
という本を上梓されました。

病気が治った72.jpg

病気を治すために
青木先生が使っている手法のひとつが
矢山利彦先生
(父が一番信頼していたお医者様で、
まるで弟分のような存在でした。
矢山先生と本物研究所の佐野浩一社長と私が対談した
「舩井幸雄の魂がいま語りかけてきたこと」(ヒカルランド)
という書籍がありますので、
よければお読みください)
のバイオレゾナンスです。

04241101_5ade8ff3f4170.jpg

その矢山先生が冒頭のオマージュ
(尊敬、敬意:本書に対する賛辞です)で
「ここまでリアルを公開していいの!?」
と叫んでいるぐらいの
開けっ広げの内容になっています。


 青木先生は私の生活習慣病
(本当は生活習慣を変える気がないから重症です)
を本書に書かれているような内容で
何とかしてくださいます。
青木先生によると
痛風の発作も現象としては痛風だが、
もっと別の原因があるという見立てで
漢方の処方はしてくださいますが、
主にバイオサンビーム
(詳細は本を読んでくださいね)を使って
本当に治ってしまいます。

もちろん、生活習慣が変わっていないので
また再発してしまうのですが、
青木先生のお顔を見られると思うと
片道3時間半のドライブが
楽しくなってくるから不思議なものです。


 病気を治すお医者様として
「社会に裨益する(役に立つ)医者となる」
(第一章のタイトル)
を実践している青木先生の
すばらしいご本を
ぜひお読みいただければと思います。

話しのツボ


 先週の話は
先生の種類は3種類あって、
ティーチャーとガイドとメンターだ
という話しでした。
それぞれ、知識、経験、生き方を
教えてくれる先生ですが
お金の分野の私のメンターは
間違いなく故・竹田和平さんです。

和平さんと知り合った経緯は
多くの人のご縁ですが、
直接的には3人の鼎談本
所得5倍増なんて簡単なこと!
智徳主義【まろUP! 】で
《日本経済の底上げ》は可能

(ヒカルランド)
を出した小川雅弘さんが
私の背中を押してくれたのだと思います。


 和平さんはお金だけではなく、
多くの若い人脈をくださいました。
それは、私も彼らと同じ
和平さんの弟子だったので、
弟子仲間で集まる機会があり、
そこですばらしい人たちとの
出会いがありました。

そんな得がたい素晴らしい仲間のお一人が
出版プロデューサーの
山本時嗣さん(時ちゃん)です。
時ちゃんと親しくなったきっかけは、
赤塚高仁さんのベストセラー
お父さん、日本のことを教えて!
を出版するための
プロデュースを頼んだことでした。

 これという人とのお付き合いを大事にして
人脈づくりの名人である赤塚さんは
時ちゃんのプロデュースした作家の先生たちと
次々と親しくなっていって、
お互いの著書を紹介し合う仲になっていきました。

時ちゃんプロデュースの作家さんたちは、
赤塚さんが大好きな
表面的にお金儲けをするために生きているのではなく、
しっかり伝えなければいけないものを持っていて、
それを伝えていくことで
世の中に貢献することを
使命にしている人たちばかりだからだと思います。


 いつしかそんな仲間の輪に
私も入れていただけるようになり、
最近、時ちゃんがプロデュースした本のPR動画に
私も参加させていただけるようになりました。

最初は、
宇宙一願いが叶う"引越しの魔法" 」の
山田ヒロミ先生です。
ヒロミ先生とは、
赤塚さんと京都の町を徘徊している時に
偶然にお寿司屋さんで会うという
必然の出会いもあり、
ご縁を感じていますが、
引き寄せの法則を元にした
コンサルティングの実力は
並外れたものがあります。
オンライン対談で
同級生であることも判明して、
ますます親しみを感じています。


 読者の皆さんが
これを読まれている時には、
対談は終わっている予定ですが
次はヒロカズマさん です。
和平さんの会でお会いすると、
とても強烈なオーラを感じる
素晴らしい人だとは思っていましたが、
新著の
これからやってくる素晴らしい世界の話」を読んで
心の底から感動しました。
ヒロさんが本当に
自分のエゴがほとんどなく
他人のためだけに生きている人だ
ということを感じられたからですが、
いまの若い人には
こんな素晴らしい方が何人もいることを知ると、
私は旧世代の人類だなと感じるときがあります。


 そして、明日7月22日(祝)に
お話をさせていただくのが
「話すツボは7つ
 営業担当者がいなくても
会社を成長させる社長の極意」の
こささやすしさんです。
小笹さんは、和平さんの弟子の中では
一番親しくさせていただいている人で、
本書を読ませていただくと
実は私も登場させていただいていることが分かります。
そして、こんなに親しくさせていただけるようになっているのは、
小笹さんが
私の7つのツボを
見事に押しているからだということが
改めて分かりました。


 小笹さんも私よりはお若いのですが、
よく考えてみると
借り勘定しかありません。
それを嫌味なくやられるノウハウが
本書には惜しげもなく書かれていますので、
人間関係で悩んでいる方や、
営業を頑張りたい方、
もしくは向上心があって
世のため人のために貢献したいと思っている方は
ぜひ以下の告知をご覧いただいて
動画配信を
できれば生でご覧いただければと思います。

(見逃した方や、
後からメルマガ等で読んでいただいている方は
YouTubeでの配信でご覧いただければと思います)

【出版記念対談ライブ】告知文
7月22日の夜、
日本話すつぼ協会 会長の
こささやすしさんと
YouTubeで対談をします!
こさささんは、7月5日に
「話すツボは7つ
〜営業担当者がいなくても
会社を成長させる社長の極意〜」
(ビジネス社刊)
を出版されました。
今回の本のテーマは「コミュケーション」。
タイトル・帯には
「〜営業担当者がいなくても・・・」
と書かれていますが
営業マンじゃなくても
コミュニケーションは大切ですよね。
コミュニケーションは人間関係の要。
その大事なポイントを
こさささんと一緒に語り合いたいと思います。
7月22日(木)20時〜、
YouTubeに是非観に来てください。

https://www.youtube.com/watch?v=IPgVBqneYJs

 みなさん和平さん繋がりだけあって、
利他の心にあふれています。
和平さんは、いま話題の
「論語と算盤」を書かれた渋沢栄一翁を
本当に尊敬されていました。
和平さんは栄一翁から
成功するのは志と情熱があれば簡単にできるが、
その成功を維持するためには
天命を知らなければならない
ということを学ばれました。
天命は天意ともいい、
これを"あい"と読みます。
天意を知るためには
利他の心と感謝の心を持ち続ければいい
ということを教えてくれました。

 私の世代は、
それはスローガン的な遠い目標だと
感じて生きてきましたが、
いまはそれを実践している人たちが
たくさんいるのですね。
本当にいい時代になってきました。
明るい未来を託せる
友人たちとのご縁に感謝しつつ、
私も新しい世の中のために
お役に立てるようになっていきたいと思っています。

先生の種類


 最近どうも赤塚高仁さんのことばかり
書いているような気がします。
ユダヤに学ぶ「変容の法則」」は名著ですが、
こんなに赤塚さんのことばかり書いていると、
「怪しい」とか「リベートもらってるのか?」とか
いろいろ憶測されるかもしれませんが、
友人である以外特に利害関係はありません。
ただ、7年前に
イスラエルに連れて行ってもらってから
人生が変わったのは間違いありませんし、
それ以降に新しくお付き合いができて
友人になった人は
ほとんどイスラエルで出会った人たちですので、
間違いない
私の恩人であるということは言えると思います。


 赤塚さんは
先生には3種類あるという事を教えてくれます。
出典は
神学博士で国際的な直観医療の第一人者である
キャロライン・メイス博士
アーキタイプカードということを
行動科学研究所
岩田洋治所長に教えていただきました。

赤塚さんは単なるプラス思考ではなく
闇を見ることの大切さをいつも教えてくれますが、
それは洋治先生のお父さまで
行動科学研究所を設立された
岩田静治先生から学ばれたものです。


 そう言う意味では
赤塚さんの教えのバックボーンになっている
大事な要素のひとつになるのですが、
お付き合いが深くなってくると
赤塚さんは惜しげもなく
自分を形づくった大切なものを共有してくれます。

昔の先生は一度講義のためのノートを作ると
毎年それを繰り返し使いました。
だから、基本的には
親しくなっても
それを共有したりしなかったのですが、
これだけ変化の激しい時代になると
自分のノウハウをドンドン人に教えて、
それによって新しいものが入ってくる
余地を広げていくのが
先生のあり方なのだと思います。


 赤塚さん自身は
人々を導くガイドという種類の先生です。
実際に赤塚さんの真髄に触れるためには
一緒にイスラエルに行くのが一番であり、
唯一の方法かもしれません。
イスラエルという地にガイドされることによって、
魚に見えていない水が見えるようになるごとく、
日本人には見えていない大和心が
見えるようになります。
そして、
自分たちが何者かを思い出せるようになると
人生に迷わなくなっていくのです。

歴史と神話を奪われた民族は
例外なく滅ぶというのが世界の常識です。
大和心を思い出す人の数を
一人でも多くすることが
いまの日本にとって一番大事なことなのです。


 私は赤塚さんによる分類では
ティーチャーという先生になるそうです。
主に知識を教える人で、
私の話を聞く人は私を見るのではなく
黒板を見ていることの方が多いのだそうです。

確かに、知識を日々インプットすることに
喜びを感じていますが、
それは講演で話をさせていただいたり、
このような文章を書く機会を
おかげさまで多くいただけるので、
知識をアウトプットする機会があるから
喜べるのだと思います。

私も許容量があまり多くないので、
得た知識はなるべく早くアウトプットすることを
優先させていただいています。
だから、実は
話したり書いたりさせていただきながら
自分の血肉を作らせていただくという
ティーチャーなのかもしれません。


 そして、実は
人に一番大きな影響を与えられる先生が
メンターなのです。
日本にメンターという概念を広めてくれたのは
本田健先生だと私は思っていますが、
父のことも
健さんのメンターだと
おっしゃっていただいていますので、
舩井幸雄もメンターなのかもしれません。

父は忙しい人で、
知識の吸収にも貪欲でしたし、
経営者の皆さまを
海外や国内のツアーにお連れして
ガイドをするのも大好きだったので、
ある意味3種類の先生を
使い分けていたのかもしれません。
私は多少ガイドの仕事はできますが、
メンターはちょっと苦手なような気がします。


 もう一人典型的なメンターは
岩田清冶先生ですが、
静冶先生のメンター分野の
一番弟子とも言える存在が
A(赤塚)K(勝仁)
D(出路)N((山内)尚子)を形成する
大の仲良しの
ヒューマンフォーラム会長の
出路雅明さんです。
私は天外伺朗先生の本で
出路さんの存在を知り
主著である
ちょっとアホ!理論
倒産寸前だったのに超V字回復できちゃった!

(現代書林)を読み、
こんなにおもしろい経営論があるのだと
驚愕しました。
ただ、見た目が怖いので
近づかないようにしていたのですが、
AKDNとして
これほど仲良くなるとは
夢にも思いませんでした。


 出路さんが
メンターとしてのノウハウを
惜しげもなく教えてくれる
オンラインワークショップ
8月1日に開催されます。
私も早速申し込みましたが、
苦手分野のメンターの真髄が
垣間見えるのではないかと
とても楽しみにしています。

ティーチャーやガイドよりも
いま一番求められているのは
メンターなのではないかと感じています。
この変容の時代に大事なことは
きちんと前を向いて進んでいく能力ですし、
それは知識ではなく
習慣力なのかもしれないと感じているからです。
ぜひ、この絶好の機会を
見逃さないでいただければと思います。


日本に巣食う疫病神たちの正体-報道できない危ない情報コレクション-

日本に巣食う疫病神たちの正体

日本に巣食う疫病神たちの正体
-報道できない危ない情報コレクション-
   藤原肇 著
ヒカルランド 刊
(2,200円税込)

世界を舞台に生きてきた著者である
藤原肇氏は、日本で生まれたものとして
江戸っ子の誇りを持ち今に至っているが、
こんな自堕落な形で祖国がゾンビに蹂躙され、
醜態をさらすのは情けなく思っているのだそうです。


若い人たちに21世紀の冒頭が、
いかに狂っていたかを知ってほしいと思い、
歴史の資料として使ってもらい、
わからなければ飛ばして読み、
読み直す時まで待って、
そのうち意味が分かってくる
「読書百遍」をし、
行きつ戻りつして読むことで、
本書のメタ情報を受け止め、
歴史の相似象を満喫してほしいのだそうです。

皇室をめぐるタブーと明治天皇の都市伝説や、
池袋自動車事故とトロンの影、
政界と裏社会・宗教の関係、
私たちの知らない近代史が
盛りだくさん凝縮されています。


「愛の宇宙方程式」とゾンビの透視では
にんげんクラブではお馴染みの
保江邦夫先生のお話が出てきます。

保江邦夫.jpg(photo:保江邦夫先生)

藤原氏は、保江邦夫先生の
愛の宇宙方程式」を読み
保江先生の人生の体験が
自身のものにとても似ていて驚いたそうです。
訓練した創造力が、
右脳と左脳を鍛えて、
左脳を止める能力を身に着け、
呼吸を整えて時に、
直感が生まれるという
保江先生の考えに賛成したのだそうです。

                               
いかに自分が何も疑問も持たず、
考えないで生きてきたのかと痛切に思いました。
今まで日々起きていることの、
うわべだけしか見ておらず、
本質や、背景を知らないで来てしまっている人の方が
多いのではないでしょうか。

「読書百遍」ですね。
わからないところは、
また必ず、後から読むことになるでしょう。

歴史書には収まりません。 
多くの分野を分析し、
日本の失われた年月を振り返り、   
日本が目指す未来の王道楽土とは
どういうものなのであるか
考えてみては如何でしょうか。

是非、お読みください!
    (江尻 みゆき)
 
※にんげんクラブストアでは保江邦夫先生の
 過去に開催したセミナーのDVDを好評発売中です!!
    ↓    ↓
 https://www.ningenclub.jp/ows/products/list.php?category_id=99
 

 

西洋のイデア


 この度の大雨による土石流災害で
舩井幸雄記念館がある熱海市の伊豆山地区が
大きな被害を受けました。
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りすると同時に
被災された方にお見舞い申し上げます。

舩井幸雄記念館がある西山地区は
現場から数㎞離れていて、
山をひとつ越えたところにあります。
家族も記念館も、
多くの皆さんにご心配をおかけしましたが、
この場をお借りして無事を報告させていただきます。
以下に舩井幸雄記念館の発信しているブログを
貼り付けさせていただきます。

http://www.funaimemorial.com/atami-biyori/atami-biyori-1475/


前回、日本の主宰神のことを書かせていただきました。
簡単に言うと
日本人にとって一番大切な神さまである
天照大神のことをもっと知ろう。
そして、その愛を感じるために、
しっかりと学んだうえで
伊勢神宮にお参りに行きましょう
という提案です。

先週も書きましたが、
そのための教科書として分かりやすいのは
赤塚高仁さんの
お父さん、日本のことを教えて! 」であり、
上級編は同じ赤塚さんの
日本よ永遠なれ
だと思います。
幸いにも、日本には赤塚さんのように、
実は結構難しいお話を
分かりやすく導いてくださるガイドがいますが、
西洋の思想について知ることも大事になると思います。


 個人的なことですが、
先週の週末は
ひさしぶりの2日間
何も予定が入っていない休日でした。
お酒も飲まずにしっかりと休養して
体調を整えるために使わせてもらいましたし、
東京都議選の投票には出かけましたが
基本は家にいました。
そこで、まとまった時間がとれたので
原稿のネタを探すのではなく
じっくりと大著に挑戦してみたくなりました。
積読になっている本の中から
佐伯啓思著
近代の虚妄: 現代文明論序説」(東洋経済新報社)
を抜き出して読み始めました。
原稿にするつもりはなかったのですが、
不思議に先週のレポートとリンクしていて、
結局はネタになってしまいました。


 佐伯先生は京大名誉教授の経済学者ですが、
哲学の分野にも造詣が深く
本書はどちらかと言えば
哲学の分野の話がメインになっています。
父の影響で私は物理学に興味があり、
そうすると不思議なもので
新進気鋭の物理学者である周藤丞治さん
(彼の「いざ、高次元世界へ」は名著です)
と知り合いになり、
超弦理論に基づく次元論を
教えてもらうことができました。
毎月2回ぐらい
2年間に渡って彼とミーティングをさせていただき、
その次元論をどう社会に活かすかを考えていたのですが、
その中でどうしても哲学の勉強が必要なことを
痛感するようになりました。


 当たり前ですが、哲学は難しい。
現代(本当は近代と考えた方がいいかもしれません)の
西洋文明を作っている基盤は
聖書とソクラテスやプラトンから始まる西洋哲学です。
聖書の方は、
やはり赤塚さんの
ユダヤに学ぶ『変容の法則』
をお読みいただければかなり理解できますが、
哲学を私に簡単に教えてくれる
本に出会うことはいままでありませんでしたが、
灯台下暗しで
積読になっていた「近代の虚妄」は
本当に分かりやすく
哲学の体系を教えてくれました。


 哲学者が書いた本は、
私には難しすぎるのですが
経済学者である佐伯先生の本は、
ポイントだけを分かりやすく教えてくれるので
肚に落ちた感じがしています。
西洋哲学は
理想であるイデアを追求してきたのですが、
もはやイデアを追求できなくなってきた。
形而上学というアプローチの仕方が
実はこれ以上の追求ができないという
ジレンマに陥ってしまったというのです。


 ニーチェが120年前に
神は死んだと叫んでから
50年を経てヒトラーが出現して
ユダヤ人が虐殺されていきました。
ユダヤ人を虐殺したのは、
ヒトラーやナチスではなく
それを支持する一般大衆のポピュリズムです。
ポピュリズムというのは
ユングのいう集団的無意識が先鋭化した状態のことで、
それがソクラテスを死刑にしましたし、
トランプ大統領を誕生させました。

ヒトラーやトランプ現象が出現した理由は、
ソクラテスやプラトンに始まる西洋哲学が、
ニーチェが見破ったように
もはや機能しなくなってきたからです。


 佐伯先生の定義によると
第一次世界大戦後に近代が終わり、
現代が始まったという事ですが、
近代まではイデアを追い求めることができたのですが、
現代はイデアなき世界、
つまり理想を追い求めるという
哲学が機能しない時代でした。
何とか、それをごまかしてきたのですが、
いよいよ新しい哲学が必要な時代になってきたようです。

そして、そのひとつの選択肢として佐伯先生は
西田幾多郎の「無の哲学」を上げておられますが、
考えようによっては
多神教で八百万の神さまを信仰する
私たち日本人の宗教観でもいいのかもしれません。
それが、先週のレポートだと思って
読み返していただければと思います。


 今回の私の「近代の虚妄」の読み方は、
私の独断と偏見によるものなので
きっと間違っています。
でも、私にとっては肚落ちしているので
それでいいのだと思います。

どちらにしても
現代社会が行き詰っているのは
間違いのない事実なのだと思いますので、
皆さんなりの新しい哲学的なバックボーンを
考えてみるのも楽しいと思います。
私もそんな気持ちで
赤塚本をもう一度読み返してみたいと思います。


月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや