サイトマップ

特別情報

僕が地球にやって来たワケ 第10回

最近思うこと


 この冊子が皆様のお手元に届く頃には元号も変わり、ちょうど新緑の
爽やかな空気も相まって、日本全体が気分も新たに動き始めていること
でしょう。

 「令和」という元号については、2人の学者の先生の正反対の解釈が
面白く、興味深く拝読しました。1人目は、元号を考案されたと噂の
国際日本文化研究センター名誉教授 中西進先生です。「令和」の漢字
2文字は、『万葉集』の巻第五の中に歌われている梅の花を歌った32首
の序に使われていますが、中西先生は、昭和59年の著書『萬葉集 全訳注
原文付』の中で次のように訳しています。
「時あたかも新春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、
梅は美女の鏡の前に装う白粉(おしろい)のごとく白く咲き、
蘭は身を飾った香の如きかおりをただよわせている」

 中西先生は、「令(うるわ)しく平和に生きる日本人の原点です」との
コメントを出していますが、もう一方で、東京大学教授の品田悦一
(よしかず)先生は、「新しい年号が『令和』と定まりました。典拠の
文脈を精読すると、〈権力者の横暴を許せないし、忘れることもできない〉
という、おそらく政府関係者には思いも寄らなかったメッセージが読み
解けてきます」
となかなか刺激的な緊急寄稿をされています。品田先生は日本の古代文学
の研究者で、万葉集の専門家です。前述の寄稿は、精読と考察に字数を
割いた丁寧な長文なので、ここでは引用を割愛しますが、インターネット
で品田先生のお名前と新元号を組み合わせて検索していただくと、すぐに
エッセイのテキスト全文が出てきますので、ご関心のある方はそちらで
ぜひお読みください。私は中西先生の解釈に確かなものを見つつ、
品田先生の知性に裏打ちされた独特の感性にも、共感できるところが
あるような気がしています。

蠱惑(こわく)的な夜桜の下で


 お話は変わりますが、4月の頭に毎年、夜桜能が開催されています。
会場は靖國神社能楽堂です。3日にわたり、東京最古の木造能楽堂で
夜桜を楽しみながら能を楽しむという趣向で、今年で27回目になる
老舗の行事です。2019年の日程は4月2日〜4日で、午後6時半の
開始でした。

 梅若実さんの能、野村万作さん、萬斎さんの狂言など伝統芸能が好き
な人も、そうでない人も心そそられる演目が並びます。毎年1000席
ほどのチケットがすぐに売り切れるようです。ただ、雨天の場合は、
都内の劇場に場所を移して上演されると決まっていて、この時期の雨は
案外多く、当日晴れて能楽堂での開催が決行されても、途中から雨模様
になると雨合羽が配られるそうで、これもまた風情がないので、かなり
お天気に一喜一憂するイベントです。

 最初に火入れ式というセレモニーがあります。神前から移した御神火を
分けて、松明(たいまつ)に火をつける「火入れ式」です。こちらの
火入れは、毎年著名人やスポンサー企業から選出された「火入れ奉行」が
務めますが、今年は私が拝命されるという名誉に与りました。開演時間に
なると、照明が全部落ちて、舞台も客席も、一瞬にしてさっと漆黒の暗闇
に包まれます。4人の火入れ奉行が裃(かみしも)姿で松明を携えて
登場し、本舞台の左右に設置された薪に御神火を灯します。私は学者の
宮台真司先生と田中研之輔先生、それにタリーズコーヒージャパン創業者
で元政治家の松田公太先生とご一緒させていただきました。その日の
湿度や温度、風の向きによっては、なかなか点火しなかったり、激しく
大きい火になり過ぎるような話を聞いていましたので、せっかくの機会、
どうせなら美しい火を灯してみたいと、珍しく少し緊張しながら、気合を
入れて臨みました。

 厳粛な気持ちになる、という瞬間は、人生でそんなにないものです。
冠婚葬祭や、はたまた大きい仕事などでは、責任感や当事者意識が入って
くるもので、「厳粛」というゾーンに入ったことは、ほとんどない気が
します。

 もちろん今回も、誠実な気持ちで奉行をさせていただきましたが、
本当に時空ごとタイムトリップした気持ちを味わいました。普段、精神
世界や物理学のプロの方と接していて、一般の方よりは次元上昇の実感
とか、時には空間移動だとか、日常生活ではあり得ない世界を見ることが
あるのですが、今回感じたものはもっと深く自分の内面にアプローチする
世界でした。

「恋の重荷(おもに)」


 先ほど書いた火入れの儀式の後は、格調高い薪能(たきぎのう)が
上演されます。ライトアップされた夜桜のもと、かがり火に浮かぶ
能舞台で当代一の能楽師が舞うさまは、まさしく幽玄の世界といえます。
私は能を劇場でしか観たことがありませんでしたが、アテンドしてくだ
さった方によると、もともと能は野外で行うのが通常でしたから、薪を
焚く野外での能演は一般的なことではあるそうです。 梅若実さんの
「恋重荷」という演目が、心に残りました。極めて簡単にあらすじを
書きますと、舞台は菊を愛好する白河院の庭、菊の世話をする山科の
荘司という者がいました。荘司は白河院の女御(にょうご)の姿を見て、
恋心を抱きます。その想いを知った女御は、使者を通じて、ある課題を
クリアしたら私の姿を見せてあげましょうと荘司に伝えます。それは
指定の荷物を持つこと。普段から重労働に慣れている彼は自信たっぷり
に挑戦しますが、びっくりするほど重い荷は持ち上がらず、失敗した
彼は恨みを胸に自死を遂げます。最初は霊となって女御を苦しめようと
しますが、途中から彼女の想いの深さから守護神に変身するといった
ようなお話でした。現代の風潮だと、さらっとした距離感が好まれ、
何かにつけて重いのは嫌われますが、人の想いの深さというのは軽重
ではないのだと、心に響く物語でした。


戦争歌の歌詞に隠れた想い


 「同期の桜」という歌、どのくらいの読者の方がご存じでしょうか。
有名な海軍挽歌ですが、1番の歌詞「貴様と俺とは同期の桜 同じ
兵学校の庭に咲く 咲いた花なら散るのは覚悟 みごと散りましょ
国のため」は覚えていらっしゃる方も多いでしょう。私は夜桜能の空間で、
最終5番の歌詞を、記憶の底から思い出し、涙が止まらなくなりました。
その歌詞とはこうです。「貴様と俺とは同期の桜 離れ離れに散ろうとも 
花の都の靖国神社 春の梢に咲いて会おう」筆舌に尽くし難い葛藤の上に
ある強い心の絆が伝わってきます。軍隊の同じ釜の飯を食べた同期、明日
にはそれぞれが任務の地に赴き、国のため命を懸けて散る前提で戦う......。
その前提で出会った仲間です。共に訓練を受けた同期にしか分からない悩み、
葛藤、不安。その気持ちを分かち合ったとて、すぐに離れ離れになる関係
です。だからこそ距離感も難しかったでしょうが、その頃の兵隊さんは、
「明治・大正生まれの男」。あの時代に生まれた人々の特有の意志の強さ。
決してぶれず、自分を見失わず、言動や行動は大げさに発散せずに、同期
の友を思う心が、前述の5番の歌詞になったと思うと、その尊さ、貴さに
肅然(しゅくぜん)とした想いを持ちました。

 そして、靖國神社の隣、遊就館に常設展として展示されていた中川
州男(くにお)陸軍中将(任期当時は大佐)の英霊のことを思い出し
ました。中川大佐はこのコラムでも取り上げさせていただいたことの
ある昭和19年、ペリリュー島をめぐる日米の戦闘の日本軍の指揮官
です。米軍が「2、3日で陥落させられる」と考えていた戦いは、
中川大佐の率いる日本軍の粘りで74日間にも及びました。最後は
割腹を遂げました。

 死闘のトップとは言え、中川大佐はとても穏やかな家庭人で、妻には
「永劫(えいごう)演習に行ってくる」とだけ伝えて任地に赴いたそう
です。「永劫演習」というのは、生きて帰還が望めない戦場のことです。
皆様にも機会があれば中川大佐の逸話を読んでいただきたく思いますが、
昨年ぺリリュー島で中川大佐のことをたくさん聞いた私は、この靖國
神社の桜の下に彼も眠っているのだと思うと、また涙がこみ上げてきま
した。

春の梢に咲いて会える


 今回のコラムは、読み方によってはかなり感傷的な内容になりました。

 この夜桜能以来、私は靖國神社に眠る、物言わぬ英霊を思うとき、
すっかり涙もろくなっています。「令和」から後、永遠に戦争が起こって
ほしくないと思う気持ちは、私の中で変わりません。しかし、今回靖國
神社で大事なお役目を果たさせていただき、これからの人生、命を投げ
打つことを厭わないくらい、真摯で果敢に生きてみようと。

そんなふうに命を燃やし尽くすように生きたなら、この桜の下に帰れ
るんだという厳粛な気持ちで国のために命を散らした英霊たちの思いが
多少なりとも分かるようになるのかなと感じています。

 靖國神社に来ると親友の赤塚高仁さんのことを考えます。私が同期の
桜を思い出して、英霊たちも夜桜になって私と同じように人間国宝の
幽玄な能舞台を観ていることを感じられるようになったのは、間違い
なく赤塚さんのおかげです。いつか、赤塚さんが火入れ奉行をされる
日が来ればいいなと思います。この国を命を懸けて愛し、守ろうとして
生きている赤塚さんなら堂々と務めてくださることでしょう。

 そして、そんな赤塚さんの気持ちが伝わり、夜桜能を楽しんでいる
大勢の皆さまにもそんな英霊のことを少し感じていただけるようになれ
ば、日本はもっといい国になれるのかなと思ったりしています。

人間万事塞翁が馬

こんにちは。
平成から令和に変わり、あっという間に5月も後半ですね。

ブログの更新がなかなかできずにおりましたが、
満身創痍・・・な感じでなんとか生きております(苦笑)。

風邪が治ったと思ったら、ストレスからか全身蕁麻疹になってしまい、
毎日痒みと格闘しております。
痒みをとる薬を飲むと、日中眠くて眠くてたまらなくなるので、
薬はなるべく飲まずに、痒さに耐えております。

たいした運動などはしていないのに、なんでこんなに疲れているのだろう・・・と
ボーっと思っていたら、今度は足の指を壁にぶつけて、骨折してしまいました。

つい先日までは家の中を歩くだけでも痛かったので、
育児をしながら身動きができず、とっても大変でした。
今はなんとか、近所のスーパーくらいまでなら、
痛いながらもゆっくりと歩くことができるようになりました。


なんだか弱り目に祟り目、というような感じで、
今は下がり気味な運気(?)を、いろいろと改善すべく、
少しずつ物を減らしたり、掃除をしたりしています。
ゴミ袋に不用品を詰め込んだら、少しだけスッキリしました。

長い人生、周期的にこういう時期も、ありますよね。


ところで、足の指を骨折したのは、悪いことだけでもなくて、
先月までは、不眠症でなかなか眠れなかったのですが、
骨折したその日から、なぜかすごくよく眠れるようになりました。

その日はさすがに痛くて心が凹んで、もう・・・・寝る・・・・。
と泣き寝入りのような感じだったのですが、
久しぶりにぐっすり寝たなぁ~~、と翌日に思いました。
そして翌日からも、すごくスッキリと寝られるのです。

ひょっとすると、足先から毒のようなものが抜けたのかもしれません。

それから、先日夫とささいなことからすごい夫婦喧嘩に発展してしまって、
たけちゃんがびっくりして大泣きするほどに声を荒げてしまった自分にも自己嫌悪で、
もう絶対に実家に帰ってやる!とまで思ったのですが、
足が痛いのでまず空港や新幹線の乗り場まで歩けない・・・・
ということで、実家に帰るのを断念しました。

足が痛くなかったらたぶん本当に実家に帰ってより面倒なことになっていたと思うので、
あの時足が痛くて助かったなぁ~と仲直りをした後に心から思いました。

一見悪いことや不幸のように思えることも、
決してそういう一面だけではなくて、
後にいろいろな気づきになったり、その不幸のおかげでじつは幸せになったりと、
いろいろな面があるなぁと思います。
人間万事塞翁が馬、ですよね。

私も今はいろいろと身体に疲れと不調が出ていますが、
あまり気にせずに、惑わされずに、日々を機嫌良く大事に過ごしたいと思います。

拙い文章を、お読みいただきありがとうございます。


美しき緑の星(La Belle Verte)

美しき緑の星

美しき緑の星
La Belle Verte

コリーヌ・セロー(著)
広本正都子(訳)
増川いづみ(推薦/解説)
滝沢泰平(推薦/解説)
ヒカルランド(刊)

スピリチュアル世界で話題騒然となった映画の
ノーカットシナリオ版です。

愛と調和の星からやってきたお母さんの奮戦記です。

地球って、なんでヘンな星なのでしょう。
もう気が付かれている方もたくさんいるかと思いますが
実は普通にしている日常を根底から覆えす必要があるのかもしれません。

この映画の中には様々なメッセージが盛り込まれていることに
気が付くとそこに行きつきます。

多くの人々が持っている不安や、疑問を引き出し
私利私欲に流されている人々に警告をし、
接続解除をすることで覚醒を促しています。

フレームがかすんでいるような画像を思い浮かべながら
まるで映画を観ているような感覚で
あっという間に読んでしまいました。

大地画像①.jpg

コリーヌ・セロー氏はフランスのパリ出身で
映画監督、脚本家、俳優など様々なジャンルで活躍されています。
映画の代表作は「赤ちゃんに乾杯!」
アメリカで「スリーメン&ベイビー」としてリメイクされています。

はじめに滝沢泰平さんのメッセ―ジが、
終わりは増川いづみさんのメッセージで締めくくられています。
お2人のメッセージも必読です!

是非、お手に取りお読みください!

                     (江尻みゆき)

愛ってなんだ!


 2014年1月に出させていただいた『にんげんクラブからのメッセージ
舩井幸雄が一番伝えたかった事』
(きれい・ねっと)という著書があり
ます。ちょっと読み返してみると、いまから考えるとかなり稚拙な文章
を書いていて恥ずかしくなってしまうのですが、この本の大きなテーマ
の一つは私のような中高年男性(別に限定する必要はないのですが、
一番分かっていないという自覚があります)に「愛とは何か」を伝える
ことでした。

 本書を読んで恥ずかしくなる理由は、文章が稚拙なこともありますが、
この頃はいまならたぶん書かないような自分のプライバシーをかなり
突っ込んで書いているのです。それだけ、当時の私は愛とは何かという
ことが分からなくて、真剣に悩み試行錯誤をしていたことがよく分かり
ます。もちろん、いまも分かっているとは言えませんが、開き直った
わけではないけれど、私は私なりに中年のおじさんとして愛を理解して
いればいいのだと思うようになりました。

 この本のことを思い出したのは、まさに5、6年前の私のように、
「愛ってなんだ!」と真剣に悩んでいる若者に出会ったからです。


WR190515-2.jpg  WR190515-1.jpg

 先日、熊本の三角(みすみ)にあるサイハテというエコビレッジに
行ってきました。持続可能な社会の実現を模索して、ヒッピーのような
暮らしをしながら「『電気、ガス、水道、政治・経済がストップしても
笑っていられる』"楽園"を目指して」がコンセプトのエコビレッジです。
意識が高く、平和を絶対的に志向しているステキな若者たちの集団です。

 私は今回が2回目の訪問になりますが、前回はざっとビレッジを案内
していただいたのですが、今回はポッカリと時間が空いたこともあり、
じっくりと村の人たちとお話をさせていただく機会をもらえました。
友人に連れられて行ったのですが、彼がサイハテの近くのやっぱりエコ
意識が異様に高い料理人が作るビーガンのお弁当を注文して、それを
お土産に持って行って、私にサイハテの本質を理解できるようにしよう
という企画でした。


WR190515-3.jpg  WR190515-5.jpg

WR190515-6.jpg  WR190515-7.jpg

WR190515-8.jpg

 お弁当というよりは、芸術作品のようなメチャクチャ美味しいお昼
ご飯をいただきながら、自由に語り合いました。私と連れて行って
くれた友人は、二人とも文系人間のくせにいま物理にハマっています。
ハマっているというよりは『いざ高次元世界へ』(きれい・ねっと)と
いう著書がある周藤丞冶さんに物理の最新理論を教えていただきながら、
新しい世の中の方向性を物理的な観点から考えているのです。そして
この時、そんなことは事前に何も言っていないのに、私たちの対応を
してくれた若者がいきなり超ひも理論の話を始めたので驚きました。

WR190515-12.jpg

 彼の名前は香取ヒロシさん。ネイティブ並みに英語を使いこなす専門
家で、その流れで言語学についてもかなりの知見をもっていらっしゃい
ます。世界の言語は3つか場合によっては4つに分類されるそうですが、
そこから展開していく彼ならでは文明論を楽しく聞かせていただきま
した。そして、超ひも理論はブライアン・グリーン著『エレガントな
宇宙
』(草思社)を読んで自分のものにしたようです。

 ユニークなのは、超ひも理論から愛が何かということが分かったと
いうのです。その辺りは彼が電子書籍で出版している小冊子に書いて
あるというので、興味がある方は彼のHPからダウンロードしていただ
ければと思いますが、なぜかそれをじっと聞いていた多分20歳代前半の
若者が「愛ってなんですか?」とずいぶん時間が経ってから聞いてきま
した。私も美味しいご飯を食べてかなり気分も乗ってきたので、
ヒロシさんと一緒にいろいろなことを彼と話しました。

 多分、最近の個人的な体験でいろいろ思うところがあったのか、
彼はちょうど私たちが居合わせた場所にいた、サイハテの子どもたちの
ひとり、小学1年生の女の子に、「愛ってなんだ!」としゃがみこんで
彼女に目線を合わせながら尋ねました。そうすると、その子が「愛は
目の前にある!」ととても秀逸な返事をしていました。
びっくりしました。あまりにも本質的なことを1年生の女の子が大人に
対して応えていて、サイハテで育っている子どもたちはこんなに本質的
に育つのかと感動しました。

WR190515-9.jpg  WR190515-11.jpg

 そして、ダメ押しでその子は、大人の了解をもらいながら花壇の花を
摘んでそれを生けて、「これが愛なの!」と示してくれました。完全に
やられました。サイハテは正直に言うと、都会で軟弱な生活をしている
私にはかなりハードルの高い場所ですが、覚悟を決めて一度訪ねてみら
れてはいかがでしょうか。

WR190515-10.jpg

 イスラエルのキブツが世界で唯一成功しているエコビレッジの姿だと
思っていましたが、真逆の意味で本質的に自然で自由でサバイバルな
コミュニティができています。オープンハート、オープンマインドで
出かけていけば絶対に感動すると思います。


令和の時代


 長い長いと思っていた10連休も終わってしまいました(この原稿は
連休最終日に書いています)。連休中は都内で出かけはしましたが
ずっと東京にいて、こんなにのんびり何もしなかった時間は久しぶり
だと思います。

 10連休になったのは、天皇陛下のご即位があったからですが、
何度も書いたような気がしますが、日本のリーダーは総理大臣という
よりは天皇陛下であり、それゆえ新しい元号になったことで時代も
大きく変わっていくのだと思います。

 上皇陛下の徳がとんでもなく高いということについて異論のある
方はほとんどいないのではないでしょうか。被災地に赴かれた際の
お姿をテレビなどで拝見しているだけで、涙が出てきてしまいます。
激動の昭和時代を体験し、昭和天皇の後を受けて日本という国を
平和で安定した国に導いてくださったのは、上皇陛下の人間性の
高さのおかげだと思います。本当に、この時代に日本に生まれて
よかったと思います。

 新しい天皇陛下は1960(昭和35)年のお生まれで、親しい人では
小川雅弘さんや兄などと同い年であられ、私から見れば同年代を
生きてこられました。少し年上の赤塚高仁さん(昭和34年生まれ)の
ブログを見ていると昭和と平成の時代を30年ずつ生きてきたことが
書かれていて、私たちの知っている昭和の時代はすでに経済成長を
している時代であり、そういう意味では激動の時代を生の体験で
知っていらっしゃるわけではないと思います。

 ここからは論理が飛躍しますが、上皇陛下はある意味では昭和の
激動の時代の贖罪を運命づけられていました。

 先の戦争では、国内外で多くの方が亡くなりました。昭和天皇が
行けなかった沖縄へ何度も行かれたのをはじめ、太平洋の激戦地で
あるサイパンやパラオのペリリュー島にも行かれ、多くの犠牲者に
対する慰霊を続けてこられたのもそれを体現されていたからだと
思います。そして、象徴である陛下が贖罪を運命づけられていたと
いうことは、平成の時代は日本という国全体も贖罪を運命づけられた
時期だったと考えてもいいのではないかと思います。

 それに対して新しい天皇陛下は、上皇陛下がなされてきたことを
受け継ぐことはもちろん大切なことですが、それに加えて、新しい
力強い日本をクリエイトしていき、そのことによって世界の発展や
平和に貢献するというお役目を持たれているのではないかと思います。

 「令和」という元号が決まった過程があまりにも安倍総理主導だった
ことに異議を唱える意見も聞きましたが、日本国憲法と皇室典範という
決まりの中で実質的に内閣が決めていかなければ仕方がない現実がある
と感じますので、私はそれほど大きな問題はないと思います。

 それよりも、令和という文字や音に込められた力を素直に受け止めて、
力強い日本を作りあげていく天皇陛下の天命を、国民として共に感じて
いければいいのではないかと思っています。

 世界的にみてもインターネットやSNSという新しいメディアの発展で、
大きな真実が分かるようになってきました。もちろん、フェイク
ニュースもたくさん流れてくるので気を付けなければいけませんが、
経験値を積んでいくことで的確な情報を掴み、それを自分の言葉に
変換していくことができるようになってきていると感じます。

 明治以降の近代日本は、生き方を「どこか遠くにいる誰か偉い人」に
決めてもらっていた時代だと感じます。その背景には近現代を作ってきた
西洋主導の帝国主義、民主主義、資本主義の考え方があるのですが、
自我の確立をしなければ何も始まらないという民主主義のすばらしい
点はしっかりと取り入れながら、特に近年になって弊害が目立つように
なった金融強欲資本主義からの脱却を日本が主体となって成しとげて
いかなければならないのだと思います。

 西洋社会は自我の確立ができていますが、それだからこそ、自我の
ぶつかり合いが一番うまく機能する民主主義、資本主義の枠を超える
ことが難しいという側面を持っているように思います。神道や仏教
などの東洋の考え方は自我の確立ができにくいという大きな弱点は
あるものの、より上位概念である組織、社会、世界、宇宙と一体化して
生きていくという感覚が自然と身についていて、これからの世界や
社会のあるべき方向はこの東洋的なアプローチから生まれてくるのだと
思います。

 西洋的な合理主義と神道や仏教の曖昧な概念を無理なく統合して
とらえる能力があるのが日本の特性だと考えると、自我をしっかりと
作って、「どこか遠くにいる誰か偉い人」からの頸木(くびき)を
外れ、自我を一旦確立した上でより上位の集合意識と一体化していく
ことが、令和の時代の日本人のとるべき道ではないかと思います。

 日本人はお母さんやおばあさんから教えられた「お天道様が見て
いるから悪いことはするな」という感覚がしっかりとDNAに刻まれて
いるのではないでしょうか。これは、人間や社会のメタ(上位)概念
として自然を意識している証拠だと思います。

 大自然に守られていることへの感謝をベースにしながら、今度は
いろいろなテクノロジーを使って、大自然から搾取するのではなく
大自然に対して貢献する方向に社会を作り替えていく、そんな令和の
時代を天皇陛下と共に作りあげていきたいと思います。

カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • Kanさんに訊く Vol.1
  • Kan.ワークプログラム2017DVD
  • Kan.ワークプログラム2016DVD
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや