サイトマップ

特別情報

暴落相場とインフレ


 「世界一わかりやすいお金の先生」で
「ザ・フナイ」に
「株式投資はサルでも」という
エッセイを連載してくださっている
土井広文さんは、
貧乏のどん底に陥ったときに
古今東西のお金に関する本を読み漁って、
そこからお金のプロになったという実践派です。

土井さんの講演を聞いて、
実際に証券会社に口座を作りに行く人が
続出するイメージがあります。
私がいくら、
これからはダブルインカムにすることが大事だから
資産運用をしてくださいね、
と話しても
「フーン」という感じで終わってしまうのは、
リアリティがないからだと思いますが、
底を見てきた人の生の声は
強烈な印象を与えます。


 そんな土井さんと8月に
ゆっくりと話をする機会がありました。
土井さんは長期投資をすすめていて、
そんな中でもいい投資信託を見つけて
そこに預けてしまうことが
一番いい投資方法だという
持論を持たれています。

土井さん自身は
割安で放置されている株式の銘柄を
自分で見つけてくることもされているのですが、
それでも投資の基本スタンスは
資金の大半を長期投資の方針の投信を
毎月少しずつ買い増していくという
方式にしているそうです。

ただ、市場で販売されている投信の9割は
買ってはいけないものだ
ということも教えてくれました。

そんな土井さんが
もっとも信頼している投信のひとつが
「さわかみファンド」だ
ということを話してくれました。


 「さわかみ投信」は1996年に
上篤人先生が設立されたもので、
「さわかみファンド」として
直接販売に乗り出されたのが
1999年のことです。
ちょうど、その頃に
当時の船井総研が
最も上顧客向けに毎月開催していた
勉強会の講師として
登壇していただいたことがあったと記憶しています。

いまでも、その頃と同じ運用方針を
貫いていらっしゃるイメージがありますが、
しっかりと投資先候補の企業を調べ、
生活に密着している割安株を選んで
長期投資をする基本スタンスを話してくださいました。

極端に言うと、
いまのように金融不安になって
金融市場全体がクラッシュしているイメージの時は、
思い切ってすべての金融商品を売却してしまい
現金で保有するという
明確な方針を説明してくれました。

通常の投資信託であれば、
プロに委託したものを
現金で持つのはけしからんということになり、
無理にでも投資先を探してしまうのですが、
明確に長期バリュー投資を指向されているので
方針がぶれないというのが印象的でした。


そんな澤上先生が
「暴落相場とインフレ」
(明日香出版)
という著作を緊急上梓されました。

金融マーケットは40年以上にわたる
過剰流動性にあふれているが、
ついに悪性のコストプッシュ型の
インフレに襲われていて
40年分のつけを払うときが来ている。
いますぐに、
すべての金融商品を売り払って
現金化しておくべきだという主張を
まったくぶれることなく展開しておられます。

とても分かりやすく
誰にでもわかるように書かれているので、
特に、あまり金融に対する知識がない人に
ぜひ読んで欲しいと思いました。


澤上先生がすばらしいのは
小難しい金融用語などを一切使わないで、
明確にわかりやすく
まったくごまかすことなく
自説を説明されることです。
金融に携わる人は、私も含めて
アルファベット3文字の略字や、
本人もあまり意味がわかっていない英語を
そのまま用いて説明しようとするので、
そもそも何を言っているのかが
初めからわからない人がほとんどです。

反省を込めて言い訳すると、
自分もあまりわかっていないことを
間違えないように言おうと思うと、
どうしても日本語にせずに
そのまま英語を使わないと
不安になってしまうからなのですが、
実は自分がわかっていないことを
吐露しているに過ぎないような気もします。

それに比べて、
澤上先生や土井さんは
生活に根差した金融なので
わかりやすいのが特徴で、
金融混乱期のいま
どちらを選べばいいかは
おのずと明らかなのだと思います。

実は、私は
澤上先生とは違う意見を持っています。
今回のインフレに対する相場崩れが
しばらく続きそうだという意見は一緒ですが、
そもそも供給過剰の状態は
基本的には変わっていないので、
やがてインフレは収まって
デフレの状態に戻っていくだろうと思っています。

お金をじゃぶじゃぶに供給しているのだから
お金の価値が下がるインフレになるのは
当たり前だという意見には賛成なのですが、
それ以上に供給力が上がっていくと思っています。

余っているお金は
やがて私たちが自分のことだけではなく、
世のため人のためのことを
考えていくように進化して、
貧困や差別、それに環境などの
社会問題を解決する方向に向かっていき、
そのためには
いくらお金があっても足りないぐらいなので、
まだまだお金の供給を
増やさなければいけないぐらいに考えています。

だから、しばらくは
株式市場や債券市場の調整は続くと思いますし、
為替相場も不安定な状態は続くと思いますが、
来年半ばぐらいには
上昇基調に転じているのではないかと思っています。

もちろん、
「さわかみファンド」に投資されるのは
長期投資という視点では大賛成ですし、
私の机上の空論よりは
土井さんにアドバイスをしていただければと思います。
どちらにしても、
これだけ混迷が深まってきたので、
必要最小限の金融というか
お金のことは
学んでいただければいいなと思っています。

NEO人類創世記


NEO人類創世記

《地球人の皆さんに、
いままで隠されてきた本当の人類創世の謎と、
いま迎えた新しい人類形態の秘密を暴露します。
旧約聖書による偽りの創世記は終わりを告げます。》

『旧約聖書とは異なる、人類創世の真相。
それは、人類の進化・成長を伴う次元上昇のために、
高次元宇宙意識により創造された、
いままで地球の誰も知らなかった、
本当のリアル物語。』

かなり強い印象を受けました。

著者のプロフィールはこちらです。


<88次元 Fa-A ドクタードルフィン 松久 正>

鎌倉ドクタードルフィン診療所所長。
日本整形外科学会認定整形外科専門医、
日本医師会認定健康スポーツ医、
米国公認ドクター オブ カイロプラクティック。
慶応義塾大学医学部卒業、
米国パーマーカイロプラクティック大学卒業。
「地球社会の奇跡はドクタードルフィンの常識」の
"ミラクルプロデユーサー"。

神と宇宙存在を超越し、地球で最も次元の高い存在として、
神と高次元存在そして人類と地球の覚醒を狙い、
社会と医学を次元上昇させる。
超高次元エネルギーのサポートを受け、
人類をはじめとする地球生命の松果体を覚醒することにより、
人類と地球のDNAを書き換える。
超次元・超時空感松果体覚醒医学の対面診療には、
全国各地・海外からの新規患者予約が数年待ち。
世界初の遠隔医学診療を世に発信する。
セミナー・講演会・ツアー・スクール(学園、塾)開催、
ラジオ、ブログ、メルマガ、動画で活躍中。
ドクタードルフィン公式メールマガジン(無料)配信中、
プレミアム動画サロン ドクタードルフィン Diamond 倶楽部
(有料メンバー制)は随時入会受付中。


医師と88次元が、どう結びついたのか。
とても興味を覚えました。

ホームページなどを探ってみました。


<超次元・超時空間医学ができるまで>
私ドクタードルフィンのミッションは
地球社会と地球人を進化・成長させること


私は幼少の頃から、はるかな過去生、未来生、パラレル生にもとづいて、
もっと自由な世界があることを直感的に知っていましたので、
さまざまな制限があるこの地球に、とても窮屈さ、生きづらさを感じていました。

私は医師になるべきだと気づいたのは小学校の低学年の時でした。

なぜなら地球人には「肉体(身体)」があり、
この身体ゆえに窮屈さを強いられている。
だったら身体について、徹底的に熟知してやろう。
そして人々を窮屈さから解放しよう、と考えたのです。

私が本当に成し遂げたいことは、「魂の修正(解放と再誕)」です。
魂は形を持たないので本来エネルギーが高いのです。
しかし人間の身体は形を持っているがためにエネルギーは低い。
この、低いものを診ることなしに、魂を扱うことはできない、
とわかっていたのです。

私の出生時は、いわゆる仮死の状態でした。
両親や祖父母は、この子は生きないだろうと諦めたそうです。
でも奇跡的に生還しました。

どうせすぐに死んでしまうだろうからと、
「正」という最も簡単な名前をつけられました。
しかし、「松久 正」は「松果体を永久の力で正す」
というまさに天からいただいた名前だったのです。

この時、私は大宇宙の大いなる存在(自己のゼロポイント)と
約束をしたのだと思っています。
人間の魂を救う、地球社会を進化・成長させるという
ミッションとともに、命をいただいた、と信じています。

そういった体験による超潜在的な意識を、
小学校の低学年の時に感じとったのです。

そして故郷の三重県を出て、慶應義塾大学医学部に入学しました。

<ドクタードルフィン松久正
 超次元・超時空間松果体覚醒医学ができるまで>

勤務医時代の経験から現代地球医学の限界を知り、渡米。
当初は、現代地球医学の医師としての最高峰を目指しました。
卒業後、家族の事情があり三重に戻った私は、
整形外科医として大学病院などで10年の間、手術、外来、遺伝子の研究などに没頭しました。

そして次第に、現代医学には限界があり、
これでは地球社会と地球人を進化させるミッションからは遠いと判断したのです。

しかし、そのキャリアの中で、背骨の手術を数多く経験し、
人間の生きる力、言い換えれば「叡智エネルギー」の通り道は、
脳から背骨の中を通る脊髄しかない、と確信したのです。

この「背骨の中を通る目に見えない力」、
それが何かわからないけれども、とことん解明してやろう。
そんな気持ちで、周囲の反対を押し切り、渡米を決意しました。

日本で医師としての実績がありながら、
学生としてカリフォルニアのカイロプラクティック大学で、
英語で一から自然医学を勉強し直しました。
2年ほど経つと、そこにも自分の求めるものはないことに気づきました。

背骨の中の神経の流れを良くするのがカイロプラクティック。
日本と違い、アメリカでのドクター資格、大学で学ぶ自然医学です。
ちなみに日本でカイロプラクティックと呼ばれているものの大部分は、
本来のカイロプラクティックではありません。

アイオワ州ダベンポートにカイロプラクティック大学の元祖である
パーマーカイロプラクティック大学があり、
そこに転校してさらなる2年半で卒業し、
米国公認のカイロプラクティックドクターの免許を得ました。

しかし資格を持っただけでは意味がありません。
その後はアリゾナ州フェニックスの尊敬するドクターのもと、
4年間、米国の患者を診療し、実力を磨きました。

アメリカで臨床を行う中で、非常に悩みました。
現代医学とカイロプラクティックの間をつなぐものが見えてこない。
両者は分離したままです。

この苦悩の中で、訪れたセドナが私の運命の分岐点となったのです。


レッドロックの強烈なエネルギー。
行くだけで私の魂が躍るのがわかります。
そこには強力な地球の叡智(磁気エネルギー)であるボルテックスがあるので
宇宙の叡智とすぐに繋がることができる。
この世界きってのパワースポットには
世界中からヒーラーやチャネラーといった
目に見えないスピリチュアルなエネルギーを扱う人々が集まっています。
そういった人たちとの交流の中で、私は次第に目覚めていきました。

さらに量子力学を学んだことで、これらの全てが繋がり、
目に見えない、より繊細なエネルギーを融合させた、
独自の超次元・超時空間松果体覚醒医学「∞ IGAKU」の基礎が生み出されました。


小学校の低学年の時から、
著者はすべてを知っていたのです!!

これもまた、真実です。

人間本来の生き方、輝きを取り戻すための
きっかけになることでしょう。

neo.jpg

マチュピチュの発見


 先日、ある地方都市で
数時間の時間がぽっかりと空く機会がありました。
天気が良ければ観光をしてもよかったのですが、
あいにくの台風の影響で雨模様です。
その地方に詳しい友人に相談してみると、
「図書館がいいよ」
というアドバイスをもらい
久しぶりに図書館で
まとまった時間を過ごすことにしました。

本を読むのは大好きですが、
普段はほとんど図書館に行くことはありません。
駆け出しのコンサルタントだった頃は
資料を探しによく出かけたものですが、
最近はインターネットという便利なものがあるので、
オフィスや自宅で
いくらでも調べ物ができてしまうからです。


 その市立図書館では
いろいろな本を読んだのですが、
最後にまとまって読んだのが
マーク・アダムス著
「マチュピチュ探検記」
(青土社)
です。
さすがに読了はできませんでしたが、
久しぶりに
マチュピチュに行ったことを思い出しました。

マチュピチュには
不思議な思い出があります。
阪根大学の学長で
ペルー在住の阪根博さんと、
同大学事務局長で
ワイルドライフ・フォトグラファーの
野村哲也さんに
旅を作ってもらって参加したのですが、
なぜかマチュピチュにいる間は
涙が止まらなくなりました。
別に悲しいわけでも、
感動しているわけでもないのですが、
ただ涙が止まらないのです。


 最初は、目の中にゴミが入ったのかなと
思っていたのですが、
顔を洗っても涙が止まらないので
なんか変だなと思っていたのですが、
駅に向かうバスに乗るために
ゲートをくぐって敷地外に出ると
ぴたりと止まりました。
そんな話を帰りの電車の中で、
同行していた小川雅弘さんにしたら、
小川さんが
メシアメジャーたちから
メッセージを受け取ることができる
村中愛さんに理由を尋ねてくれました。
そうすると、
創造の神様であるビラコチャ神と私が
昔一緒に仕事をしていたことがあるからだ、
という返答が返ってきました。


 小川さんや私は
「へぇー」
というぐらいの反応だったのですが、
それを聞いて驚いたのが
阪根さんと野村さん。
アンデスの人にとってビラコチャが
どれだけすごい信仰の対象になっているのかを
知っているお二人にとっては、
多分ビラコチャの名前も知らない
普通の日本人の私たちから
その名前が出てくることが驚きだったようです。

そんなこともあって、
ビラコチャのことがとても気になりだして、
翌年に小川さんも参加する形で
今度はビラコチャの生まれ故郷と言われている
チチカカ湖に行く旅をお二人に作ってもらい
2年連続でペルーに行くことになりました。


 そもそも、マチュピチュのことは
20年ぐらい前にはじめて知りました。
当時、ある中国系アメリカ人と仲良くて、
よく飲みに行っていました。
彼は2件目に
女性がサービスしてくれる店に行くのが好きで、
彼に連れられて行ったお店のホステスの女の子から
マチュピチュのことを教えてもらいました。
マチュピチュに行く旅費を作るために
そこで働いていると話してくれました。

当時の私は、
きれいな女性がいるお店は苦手で
話もあまりしない
つまらないお客だったと思いますが、
豪華な店の雰囲気にまったく溶け込んでいない
野暮ったい(?)ホステスさんと
いきなり二人でスピリチュアル談義を始めたので、
そのアメリカ人がびっくりしたぐらいでした。


 そして、阪根さんのことは、
阪根大学副学長の
山元加津子さん(かっこちゃん)が主演の
映画「1/4の奇跡 ~本当のことだから」
観ていて知っていたので、
本当にいいご縁をいただけたと
大喜びしたことを思い出します。

また、いまは卒業させていただきましたが、
オンライン阪根大学の講師もさせていただいて、
いろいろなご縁が広がったことも
ありがたいことだと思っています。


 図書館で本を読んでいて、
マチュピチュが1911年7月24日に
西洋人として初めて
探検家でイェール大学の講師をしていた
ハイラム・ビンガム三世に
発見されたことを知りました。

1533年にインカ帝国の首都クスコが
スペイン人に奪われた時から
400年近くその存在が
発見されなかったことは驚きなのですが、
ビンガム自身が書いた
『マチュピチュの「発見」』
(まちごとパブリッシング)
という本が出版されており、
マチュピチュ等のことを調べている人は
みんな熟読しているということを知って、
購入して読んでみることにしました。


 正直に書くと、
私にとっては決して
おもしろい本ではなかったのですが、
なんとか飛ばしながらも
読み切ることができました。
もちろんこの原稿を書くためというのが
一番大きな動機ですが、
私にとってのマチュピチュが
新たなステージに進むためには
大切なことだと思ったのです。

アンデスの文明は文字を持たずに
その代わり結縄(けつじょう)の一種である
キープという手法で
租税管理をしていたことが知られています。
文字を持てなかったのではなく、
文字を持つほど
文明が遅れていなかったのかもしれない
とも言われているようです。


 ビラコチャ神と縁があると
言われたからではありませんが、
なぜかアンデスの山の中と日本は
似たような雰囲気があるように感じています。
コロナ禍が完全に終結するまで、
ペルーに出かけていくことはないと思いますが、
それでも私にとってのマチュピチュを
心の中で感じていきたいと思っています。


令和の三種の神器


 10月15日に大阪で開催する
お金のトラウマを取り除くための講演会を主宰してくれる
アーシャさんに誘っていただいて、
小さな聖書塾に参加させていただきました。
元々は、赤塚高仁先生
イスラエルツアーに参加した
友人たちで作った勉強会なのですが、
いまは有志が集まって
ちゃんと聖書を持ち寄って
勉強を続けていらっしゃいます。
アーシャさんもそのメンバーですし、
親しい友人も何人か参加しているので、
大阪に出張したついでの気軽な参加でした。


 赤塚先生は聖書漫談師を名乗っていて、
その宗教を離れた独自の聖書の読み方には
独特の驚くべきものがあります。
いまは、休止されているのですが、
一時は全国的に聖書塾が立ち上がっていて
新しい聖書の読み方を学んだ方が
大勢いらっしゃいました。

私も不肖の弟子のひとりですが、
正直聖書が血肉になっているわけではありません。
それでも、手元に聖書があり、
簡単なエッセンスは
少しずつ身についてきていることを時々感じます。

いまは、西洋文明の時代で、
私たちの生活の多くのことが
その中心である聖書から来ています。
1週間があって日曜日が休みなのも
聖書の創世記の記述が元になっています。


 若い頃、アメリカの大学に通っていて
クリスマス休暇を利用して
車で旅をしたことがありました。
アメリカは便利な国で、
無計画な車での旅行でも、
ガソリンスタンドを探すことも、
食事を摂るのも、宿を探すのも
何不自由なくできました。
いまのようにインターネットや
スマホがあるわけではないので、
地図を片手に直感に頼っての旅行でしたが、
それでも何不自由なく快適に過ごせました。

しかし、12月25日のクリスマス当日だけは、
すべてのお店が閉まって
食べるものを調達できなくて
困ったことがあります。
それこそ、マクドナルドでさえ
開いていなかったのです。
その時は、コンビニだけが開いていて
事なきを得ましたが、
私の前にレジにいたおばあさんが、
若いアルバイトの男の子に、
「クリスマスは働いてはダメよ」
とお説教をしているのが印象的でした。


 日本では、クリスマスには
ケーキを食べてフライドチキンを食べるぐらいで
厳粛に神様にお祈りをするという
習慣は根付いていません。
その代わり、私が子どもの時ぐらいまでは
お正月三が日は
全部のお店が閉まっていました。
だから、年末の間にお買い物をして、
おせち料理を作って
備えていたものです。
年末にテレビで
上野のアメ横の風景を中継するのは、
そんな文化の名残なのです。


そういえば、その頃の金融機関は
大晦日まで営業をしていました。
ある地銀の方に聞いたことがあるのですが、
東京支店でも夜遅くまで
大晦日の日に仕事をしている行員が
故郷でお正月を迎えられるために、
バスを待機させていて、
すべての勘定が合ったら
バスに乗って一緒に故郷を目指して
帰ったものだというお話でした。

便利になるのはすばらしいことですが、
そんなエピソードを思い出すと、
文化を継承することも
忘れないようにしたいものだと思います。


日本の祝日のほとんどは
神話や皇室に関する行事が元になっています。
シルバーウィークで長期休暇を
楽しんでいらっしゃる方もいると思いますが、
秋分の日は明治11年に
秋季皇霊祭として制定されたものですし、
ちょっと先になりますが
文化の日は
明治天皇誕生日であり、
勤労感謝の日は
新嘗祭です。

占領政策で
元の意味は隠されるようになりましたが、
そろそろ元来の神話を語り継ぐ
文化を取り戻す必要があるのかもしれません。


聖書塾で神話カタリストの
武田光司先生にお会いしました。
「神話で在り方を整える」
(建設経済新聞社)
という著書を出していらっしゃるのですが、
東京に帰ってから読ませていただいたのですが、
素晴らしい内容でした。
わかりやすい語り口になっていて、
神話の世界が
生き生きとよみがえってくるようです。

私も、戦後教育を受けてきたので
神話については
ほとんど知識がなかったのですが、
赤塚さんたちとのお付き合いが深まるにつれて、
書かれている内容の知識については
いつの間にか、
身についていることの確認にもなりました。

一番、印象に残ったのは
武田先生が
令和時代の三種の神器として
以下のことをあげられていたことです。


・穏やかな心持ちでいるための 霊性
・人を愛しむ 仁愛
・大切な人を守る 勇気


楽しく神話を学びながら、
困難な時代を生ききるための
知恵や叡智に変えていきたいものだと思います。

私は、ついつい理屈先行で
難しいことを伝えようとしてしまいますが、
優しいお人柄がにじみ出ているような
神話カタリストから、
多くの大事なことを学ばせていただいたことに
感謝したいと思います。

八ヶ岳の魔女メイさんと宇宙語で話そう

先日は、9月24日土曜日に、にんげんクラブ主催で、
八ヶ岳の魔女メイさんの、宇宙語で話そうの講座がありました。

私は普段、子守やら何やらで、
どなたかのセミナーに参加することはあまりなく、
たいていはセミナー後のDVDのチェックのみを担当しているのですが、
この講座では、たまたまキャンセルの方が出たそうで、
誘っていただいて、午前の部に参加させていただきました。

はじめてお会いするメイさんは、小柄でとても柔らかい雰囲気をお持ちの方でした。

じつは、メイさんのご主人のフレンチシェフのナツキさんとは、
十数年前にご縁があって熱海のオフィスで
フランス料理を作っていただいたことがあります。

ご縁が巡り巡って、今回メイさんとお会いできて、
嬉しい出会いでした。

メイさんの宇宙語で話そうの講座では、
月と太陽にチューニングした宇宙語と歌と、
参加者それぞれの宇宙語の歌のプレゼントがありました。

それからサプライズのプレゼントとして、
メイさんの描かれたエメラルドタブレット
の宇宙語も聞かせていただきました。

それぞれの参加者の方に、宇宙語を喋ってみてくださいとのことで、
私はトップバッターだったので、
めちゃくちゃに緊張して、
それから恥ずかしくて、
ア、ガ、グ、と
出てきそうな宇宙語を必死にひっこめる、、、、
という妙な宇宙語になってしまいました。

それから私の魂にチューニングした
宇宙語の歌をプレゼントしていただいたのですが、
その歌は、とても懐かしいような、優しい雰囲気の子守歌のような歌で、
聞いていて自然と涙が出てきました。

モンゴルのような、広い悠久の大地で、
歌っていただいているような気分になりました。


それまでなんだかすごく肩に力が入っていたのですが、
あれ?こんなに優しい歌を歌ってもらえるの??
と、抱きしめていただいたような気持ちです。

私の順番が終わり、
それぞれ参加者の方も、宇宙語での会話と、
宇宙語の歌を歌っていただき、
それぞれとても素敵な優しい歌でした。

今回の参加者の方々は、
人生の転機を迎えていらっしゃる方が多かったようで、
皆さんそれぞれ、歌のプレゼントに愛と元気をいただけたようで、
とても満足して帰られました。

ご一緒の参加者の方々と、不思議な連帯感が生まれ、
またいつか、魂の同窓会をしたくなるようなひとときでした。

メイさん、ご参加いただいた皆様、会を支えてくださったスタッフの皆様、
素敵な時間をありがとうございました。

カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • zoom寄合
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや