サイトマップ

特別情報

半世紀


 残念ながら、
新型コロナウイルスの
感染拡大のペースは
収まりそうにもありません。

ちょっと期待していたのは、
冬のシーズンが終わって
温かくなって
紫外線が強くなってきたら
通常のインフルエンザウイルスは
活動が終息に向かうので、
今ごろは格段に
感染数が少なくなっているだろう
ということでした。
ただ、変異ウイルスの影響なのか、
緊急事態宣言が解除されて
しばらくしてから
感染者数が大幅に増加傾向になって
目論見が外れてしまいました。


 ちょうど1年前は、
ステイホームということで
会社にも行かずに
在宅勤務をしていました。
正直に言うと、
原稿を書くことは家でもできましたが、
それ以外の私の仕事の大半は
人と会う事なので、
家にいて余った時間を
どう過ごそうか困ったものです。

積読になっている本を
多少は読みましたが、
やっぱり仕事というのは
締め切りがあってこそやる気になるもので、
原稿を書くために
必要に迫られたときのような
読書量にはなりませんでした。
もったいなかったと思いますが、
本当は今も、
あのような自粛生活をしなければ
変異ウイルスの感染拡大は
防げないのかもしれません。


 ただ、変異ウイルスのために
1年前のような自粛をして乗り切っても、
ウイルスはまた変異していきます。
ワクチンを打つのがいいのかどうかは
各自が考えてもらわなければいけませんが、
何らかの形で
新型コロナウイルスに対する
集団免疫を獲得しない限り、
この騒動は収まらないのは
確かなように感じます。

医療が発達していなかった昔は、
逆説的に感染を拡大させて
自然淘汰の方法論で
集団免疫を獲得したという話しを
聞いたことがあります。
ただ、いまは
死ぬべき人が死んでいくのは
仕方がないというやり方は、
社会的に不可能だと思いますので、
やっぱりワクチンしか
方法論はないのかなと思います。


 プライベートな面で
大きく変わったのは、
コンサートに行かなくなったことです。
東京はお金も時間もある
団塊世代が多くいることから、
コロナ前は
世界一のクラシック音楽の
マーケットになっていたという話しを
よく耳にしました。
海外の超一流の
オーケストラやオペラの
来日公演を気軽に楽しめていたのですが、
いまは海外のオーケストラが来ることは
実質的に不可能になりました。

だから、日本人指揮者が
国内のオーケストラを指揮するコンサートが
感染防止策をきちんと取りながら
コンサートも開かれるように
なってきているようです。


 また、NHKなどでも
最近のコンサートの
コンテンツが不足しているので
往年の巨匠が指揮した名演奏の
アーカイブを放送してくれるようになりました。
私は家ではBGMとして聞くぐらいの愛好家なので
その良さはよく分かりませんが、
音楽大学出身の妻は
感動して聞いているようです。

先日、私が大好きな
マーラーという作曲家の曲を
レナード・バーンスタイン指揮
ウィーン・フィルハーモニーが演奏する
約50年前のアーカイブを
録画してくれたものを
じっくり見る機会がありました。


 いまではマーラーは一番人気の演目で
NHK交響楽団の演奏会などでも
マーラーをやると満席になると
いわれるぐらいですが、
1960年代にバーンスタインが
積極的に常任指揮者だった
ニューヨークフィルで
取り上げるようになるまでは
ほとんど陽の目を見ることがない作曲家だった
という話しをきいたことがあります。

私のクラシック好きは
高校生のころの受験勉強のBGMとして、
当時でも古かった
そんなレコードが
大阪の大きなレコード店で
格安な値段で売っていたのを見つけて
何度も聞くようになって、
それにはまったことが原因です。


 大学に入って東京に出てきて、
はじめてコンサートホールで
マーラーの演奏会に行き、
そのあまりにも壮大なスケールにびっくりして
本格的なファンになりました。
大編成のオーケストラで演奏するマーラーは
ステレオで聞いても
その迫力が楽しめないので、
生演奏に行くと
びっくりしてしまったのです。

一度、コンサートを体験すると
テレビやCDで聞いても、
生の感覚を思い出しながら聞けるので
いいのですが、
高校生の時は
何も分からずに聞いていたことになります。


 今回、歴史的な名演奏を見て感じたのは、
現代のオーケストラに比べて
当時の世界最高峰のウィーンフィルでも
演奏が格段に上手くないことでした。
マーラーは
管楽器が演奏の主役を務めることが多いのですが、
現代の演奏になれた耳には
とても聞いていられないぐらい
音を外しているのです。
それを見ていて、
バーンスタインは
オーケストラの技術を上げるために
マーラーを再評価して
取り上げるようになったのかな
ということを感じました。


 クラシックの世界は
ほとんど進歩していないように感じますが、
いまは日本の交響楽団の演奏会でも
こんな下手な管楽器は絶対に聞けません。
やっぱり半世紀の年月は
すごい隔たりがあることがよく分かりました。

こんなことも、
コロナ禍がはじめて気が付かせてくれたことで、
やっぱり必要必然ベストで
コロナの意味をしっかり感じながら
ウイズコロナの時代を
生き抜いていきたいものだと改めて思っています。

本当はこわくない 新型コロナウイルス

本当はこわくない新型コロナウイルス 最新科学情報から解明する「日本コロナ」の真実

本当はこわくない
新型コロナウイルス
井上正康 著
大堺市立大学名誉教授
(分子病態学)
方丈社 刊
(1,320円税込み)

本著では、最新の医学情報と
分子病態学的研究をもとに、
『日本コロナ』の本質、
AIやビックデータを駆使した
ゲノム科学による感染情報、
及び『次の波』に対する対処法を
わかりやすく述べられています。

井上正康先生は、日本ではウイルスの実害よりも
メディアが煽った恐怖心と
情報の暴走による"インフォデミック"が
政府や国民を過剰に反応させ、
"社会的同調圧"が国民を委縮させて
人災を深刻化させつつあることに危惧されています。

新型コロナウイルスは人類が初めて出会う新型の変異ウイルスだったため
どうゆう事態になるか誰にも正確には予測できませんでした。
しかし、感染が広まってから時間も経ち、
ウイルスの特色や、感染者の症状も明らかになってきました。
客観的事実に基づき、
過剰反応せずに少しずつ軌道修正をしながら
対応することが大切なのだそうです。
一方、固定観念にとらわれず、
フレキシブルに対応することとも大切なのだそうです。

緊急課題は、
「新型コロナを2種の指定感染症から
格下げまたは除外する」
ことだそうです。


さもないと、毎年リスクの少ない無症状者を
隔離して医療崩壊を招き、
自粛を強要して社会を混乱させる
元凶になり続けるとのことです。

新型コロナの実態を正しく理解し、
日本の進むべき方向を、
本著とともに考えていきましょう。

本著には「ステイ・クローズ」で日本を元気に!
というメッセージが込められています。
ポストコロナ時代にこそ、
「ステイ・クローズ」で
過剰反応で失われた人間関係をもう一度取り戻して
いつもの日常に戻りたいものです。

今一度、新型コロナを見つめなおして
真の情報を探り、
自分の進むべき方向はこれでよいのかと
自問自答していこうと思いました。

是非、お読みください!!!

              (江尻みゆき)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
本著は、にんげんクラブの会員様が
井上正康先生のセミナーにご参加されて、
感銘を受け、
是非、にんげんクラブでご紹介して欲しいと
お持ち下さったものです。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

逃げない


 最近、親子というのは似ているものだなと
感じるようになりました。
若い頃は、父の行動には
疑問を感じていることが多くありました。
例えば、私のことを
人前で結構平気で褒めました。
自分のことはよく分かりませんが、
自分の悪い部分というか、
できていないことを感じる事はあります。
例えば、心を割って人と交われないので
なかなか親友ができないことや、
高い目標を立て過ぎて
すぐに破綻してしまう事等、
反省することが多くあります。
父はそんなことは百も承知で
よく私のことを他人に褒めていました。


 もちろん、実は私に聞かせていて、
長所進展法をやってくれていたのだと思います。
逆に、怒られる時も
直接ではなく講演の中で怒られることがありました。
こんなに大勢の前で言わなくても
いいじゃないかと思ったものですが、
すぐに反論できない状況なので、
実は冷静に考えることができるという
メリットもあります。

講演の後で
お客様からコメントを求められるので
強制的にしっかりと
振り返らなければいけない事態に追い込まれて、
なかなか効果的な手法だなと
いま頃になって感心しています。


 要するに親バカなのですが、
絶対に自分はやらないだろうなと
思っていたのですが、
最近は愚息のことを
よく人前で褒めるようになりました。
もちろん、
彼の至らない点もたくさんあるのですが、
客観的に見れば
なかなかいい線をいっていることが分かります。

どうしても話したり書いたりする機会が多いので、
そうなるとネタ不足を補うために
身内ネタが増えるのですが、
やっぱり欠点を指摘するよりは
いいところを探す方が気持ちいいのです。


 人前で話したり書いたりする機会は
父の方が格段に多かったので、
親バカになるのは
必然だったのかもしれません。

ただ、同様の手法で
怒られたことも多かったという事は、
父から見て
育て方を間違ったと感じた点も
多かったという事になると思います。

言い訳ですが、
これだけ変化の激しい時代に生きていると
親子で価値観がかなり変わってきます。
昭和と令和の経営手法は
まったく別物と考えなければいけませんし、
生きている時代背景も異なります。
愚息と私の関係で考えると
変化はもっと加速度を増していますので、
彼の言動を理解できないのは
当然だとも思います。


 ただ、愚息
(息子は二人いるのですが、
この場合は長男です)の
教育を決定的に間違ったことがあります。
それは野球が好きになったのはいいのですが、
まさかのジャイアンツファンにしてしまったことです。

私は大阪生まれで、
野球のことが好きになった時代が
ON(王選手と長嶋選手)の全盛期で
巨人がメチャクチャ強かった時だったのですが、
判官びいきもあって
タイガースファンになりました。
特に、キャッチャーなのに
ホームランバッターだった
田淵選手の大ファンです。


 ただ、田淵選手の正直な印象を書くと
チャンスでよくゲッツーを打ってしまう事でした。
もちろん、あれだけのホームランバッターなので
逆転ホームランもたくさん打ったのだと思いますが、
ファン心理とは不思議なもので、
チャンスでの凡退の方が
鮮明に記憶に残ってしまいます。
特に、いまのように
巨人以外の試合が
テレビで見られる時代ではなかったので、
ラジオにかじりついて聞いていたのですが、
ゲッツーを打ってしまった時の
阪神びいきのアナウンサーの
悲惨な叫び声が未だに忘れられません。


 負け惜しみですが、
かなり低迷期が長かったので
GWの頃には大体
優勝は望めない感じが見えていたので、
あまり熱心にテレビを見なくてもいいと
強がっていたものでした。
そして、テレビで野球観戦するときも
ピンチになったり
チャンスが潰れそうになったら
すぐにテレビを消してしまう
癖がついてしまいました。
無駄な時間が減るので
合理的だと思っていたのですが、
よく考えたら
単に逃げているだけという事になります。


 ペナントレースはまだ始まったばかりですが、
幸いにもいまの所、
タイガースが強いこともあって
野球観戦の時はなるべく
区切りがいいところまでは
ピンチでもチャンスでも
途中で止めないでじっくりと見てしまうことを
意識するようになりました。
つまらないことではありますが、
逆にそんなことにこそ、
自分の生き方が象徴されているのも
真実だと思うので
今年はがんばってみようと思います。


 親バカで言うと、
息子はジャイアンツが負けると
本当に悔しそうにしています。
ちょっと前までは、
あそこまで野球で喜怒哀楽を出さなくてもいいのにと
感じていました。
自分と照らし合わせると
しっかりと逃げていないし、
逃げたくないから親の意思に逆らって(?)
強いジャイアンツファンになったのだと思います。
子どもから学べるようになるのは、
有り難い事だと思います。


 野球の話題で
興味のない方には申しわけなかったのですが、
実はさりげなく大事なことを書いたつもりです。
小バカにしながらで結構ですので、
実生活で何に逃げていたかを考えていただいて、
それを修正してみることに
挑戦してみていただければ幸いです。

天行健

こんにちは。

先日は、パシフィコ横浜でKan.さんのワークプログラム 『天行健』が開催されました。

ワークの冒頭から、「皆さん睡眠が足りていませんね」という話になり、
日頃から寝不足で睡眠の質も悪い私にとっては、とても頷ける話題でした。

日々、どんな仕事をするにおいても、
質の良い睡眠をとることは、本当に重要なのはわかっているはずなのに、
ついダラダラと、スマホを布団の中で読んで止まらなくなって夜更かししたり、
夕方以降にカフェインの入っている飲み物を飲んでしまったりして、
眠れなくなっています。

寝てからすぐの1時間28分がとても大事だというお話でしたが、
私は寝てすぐの時はたいていいびきをかいて熟睡できていないことが多いです。

ああ、耳の痛い話だなあと心底思いましたが、
会場にいらしている皆さんみんな、同様に耳の痛い話だったように思います。


質の良い睡眠をとるためには、日常をちゃんと生きる、ということが大前提です。
一日をちゃんと生きると、夜はちゃんと寝られます。
と、こんなことを書きながら、
既にこの原稿を書いているのは夜の2時前と既に夜更かしの時間で、
なんとも説得力のない文章となってしまっています。

今回のKan.さんのワークでは、
途中で胸がいっぱいになって、思わず涙ぐんでしまう時が何度かありました。

その涙は、話の内容から、このことに関して涙が出ているんだな、とわかる涙と、
なんで今涙が出るのだろう?とわからない時とがありました。
何か頭で考えるところとは違うところで、
胸がじーんとするような涙でした。

睡眠について考えることは、
ちゃんと生きることについて考えることだし、
生と死について考えることにもつながります。

一日、一日、ちゃんと生きて、ちゃんと死ぬ(かのように、寝る)ことは、
かなり難しいことのようにも思えますが、
意外とうちの3歳の息子にはできていることでもあります。

大人の聡明さを持ちつつも、子どものような心で、
一日、一日を一生のように大切に過ごしたいものだと思いました。

そして死ぬ時には、どんなことがあったとしても、
自分の人生は天行健であったと心から思えるように生きていたいと思いました。

とても素敵な一日を一緒に過ごさせていただきました、
Kan.さん、会場にいらした皆さま、スタッフの皆さまに心から感謝しております。


僕が地球にやっ て来たワケ 第32回


最近思うこと

立春が過ぎてもまだまだ寒い東京ですが、
冷気の中に、春の準備が始まった
気配を感じることがあり、
つかの間、癒されることがあります。
「自然が繰り返すリフレイン
"夜の次に朝が来て、
冬が去れば春になるという確かさ"の中には、
限りなくわたしたちを癒してくれる何かがあるのです」
生物学者レイチェル・カーソンの言葉ですが、
この言葉を目にするたび、
知らず知らずに活力が湧いてくるのを感じます。

始発に乗って出張に出るために、
未明から活動を始める日がままあるのですが、
まだ明けきらぬ空を見上げていると、
ほんの一瞬確かに空の色が空白になるような
心持ちがするひと時があります。

新しい1日に切り替わる直前の
「メンテナンス中」の「空」の時間。
このタイミングの時空は神秘的であり、
そして生きていることの何か本質を感じさせます。

世の中が本格的にコロナ禍に見舞われてから、
ちょうど1年。
アフターコロナを予測している本や発信物は
すでにたくさん出ていますが、
これからそれぞれがその世界に、
実際に自らの足で踏み出していかないといけないのです。

この未曾有の世界を見届けていくのは、
かなりのパワーがいることだと
皆が思っていることでしょう。
どんなに不安な夜を過ごしていても、
朝は必ずやって来る。
それは頭でわかっていても、
悶々としてしまうときに、
あの未明の「メンテナンス」の時空を
あえてイメージして、
自分で作り出してしまうことも悪くないな、
と考える最近です。

マンデラ・エフェクト

以前少しこちらにも書いた
「マンデラ・エフェクト」について、
よく読者の皆さんが話題にされるので、
もう一度取り上げたいと思います。

「マンデラ・エフェクト」、
私に教えてくださったのは
占い師の桃田光風さんですが、
簡単に説明すると、
事実と異なる記憶を
不特定多数の人が共有している現象を言います。

南アフリカの指導者ネルソン・マンデラさんは、
2013年にお亡くなりになりました。
しかし、
「あれ? 
1980年代の投獄中に亡くなったのではなかったか」
という記憶がある人が一定数いたというエピソードから
「マンデラ・エフェクト」とか、
「マンデラ効果」と言われているというお話です。

「マンデラ・エフェクト」でネットで検索して見ると、
同じように、
「小林亜星さんはご存命なのか、すでに亡くなっているのか」
「兵庫県知事の苗字は井戸さんか井戸田さんか」などなど、
古今東西大多数の人が
単なる「思い違い」「勘違い」と言えない事柄が、
これでもかと出てきます。

これは地球上の人々が、
皆同じものを見ているのではなく、
実はいくつかの別の次元で生きているから、
そこで見せられている現実はそれぞれ違う、
という仮説が立てられるのではないかと考えられています。


それぞれのタイムライン

例えば、「ノストラダムスの大予言」。
多くの重要な予言を当てたノストラダムスがなぜ、
1999年7月の月に地球が滅びる
という予言が当たらなかったのか。
それは、実は別の次元に生きている人には
その現象が起きていて、
我々はその次元に生きていないだけかもしれません。
マヤカレンダーの「2012 年終了説」も同じです。

同じように、コロナも2月の頭には
地球上で1億人の感染者と発表されていますが、
実はもしかしたらその10倍くらいの人が
コロナに罹患している世界もあるのかもしれません。

お芝居に例えると、
2つのお話が同時に進行していて、
登場人物、生きている時代設定、時系列は
ほぼ同じで物語が進んでいきます。
そしてまったく違う結末が用意されている、
といったところでしょう。

実際には2つではなく、
もっとたくさんのタイムラインはあると思います。
一生を通じて同じタイムラインにとどまることもなくて、
また途中で別のタイムラインに
移っていくということもあるでしょう。
今生きているタイムラインで出会う人も、
もしかして自分と違うタイムラインを
生きているのかもしれないのです。

ここで
「では、例えば自分がお腹を痛めて産んだ子どもは
同じタイムラインに生きることはないのですか?」
という問いをもらいました。
いい質問だと思います。

ガイア理論をご存じでしょうか。
地球という、表面に水、大気中に大量の酸素を蓄え、
多様な生物が生存することを特徴とする
この惑星に住んでいるものは、
人も動植物も1つの生命体とみなす考え方のことです。

この生命体には
確かにある共通の意識がそこに備わっていると思います。
しかし、それぞれの人間の細胞と臓器は
1つ1つやりたいことが違うので、
先ほどの回答でいうと、
子どもはたまたま親と同じ
タイムラインを過ごすかもしれないし、
途中でまた新たに自分のタイムラインを
生き始めると考えても
不自然ではなさそうです。

生命体の集合意識と
タイムラインの関係については、
よく分かりませんが考えを深めてみたいテーマです。

生命体と集合意識

父が亡くなる少し前から、
不動産の投資を始めています。
自分が手がけているいくつかの事業の中でも、
もっとも稼いでいる分野でしたが、
最近少し関心が薄れてきました。

私はこれまで扱う物件を決める際に、
必ずその建物の集合意識と自分の意識の
波長を合わせることをしてきました。
すると建物の方から
「買わない方がいい」
というささやきがあることがままあるのです。

キッパリと告げられるときは
もちろん手を引きますが、
面白いことに
「損するけれど勉強になるよ」
というようなささやきがもたらされることもあるのです。

この場合は、
安い買い物ではないので、少々迷いますが
「損するけれど勉強になる」
というワードは私にとってとても魅力的で、
そのまま進むこともありました。

この集合意識の本質についてよく考えます。
地球単位の生命体としての集合意識があるとするなら、
国としての集合意識もあるのではないでしょうか。
1つの国での運命共同体という流れもあるからです。

精神世界のパイオニアであるエドガー・ケイシーは、
やがて日本は沈没するとリーディングしたのは有名ですし、
小松左京先生の『日本沈没』という作品は
今読んでも単なるSFではない
予言書の要素を大きく帯びています。

しかし、実際に日本は沈没していません。
もしかしてすでにしているのかもしれませんが、
私と読者のみなさまの生きる世界ではそうではありません。

それは私たちが私たちのタイムラインをどこかで変えて、
それを選ばないという現実を
選択したのではないでしょうか。

アメリカはバイデン大統領という
トランプ氏より極めて普通の大統領を選びました。
この現実は、アメリカ国民の集合意識のどこを示し、
どこに流れていくのでしょうか。


未曾有のタイムライン

どんなタイムラインを選んだら、
もっとも幸せなのか。
選びなおせるとしたら、
どんどん自分にとって快適なタイムラインに乗り換えたい。

ここまで読んでくださった皆様の中には
そのように感じられる方は多いのではないでしょうか。
そのような気持ちはもっともです。
しかし、ここで忘れてはいけないのは
「人間の人生は平等ではない」
ということです。

ルソーの「基本的人権」が
間違っているとは言いませんが、
人は能力差、環境差があるからこそ
1つの人類集合体だと言えると思います。

ここで、
「幸せになる権利は皆平等ではないのか」
と考えるのは早計で、
私がお伝えするのは
「平等ではなく、それぞれの役割がある」
ということなのです。

未来はいつも明るく心地よく輝いていればいいのですが、
日本に暮らしている以上、
直下型地震がこの先いつ来るかは分かりませんが、
避けられない事実です。
今回のような疫病も
必ず歴史は繰り返すと示しています。
そう考えると、
この世に生を受けている以上、
決していつも楽しい未来ではないのです。
ただただ、たくましく生き残るための
知恵を冷静に身につける。
「なんでこうなるのだ」
と自分の不平等に嘆くのではなく、
共通意識がこうさせているのだということに
フォーカスしてみることが
良いのではないかと考えています。

明け方の空白の時間のように、
必ずメンテナンス、リセットのタイミングが
人生にはしばしば訪れます。
その機会が来たときに
どのような意識を持っているかが大事でしょう。

顕在意識では、
決して選択のアクションを起こすことのできない、
自分の次なる望ましいタイムラインに
うまくシフトできるよう、
現状をただ嘆くことではなく、
果敢に迎え撃つ意識をお互い持って、
この未曾有の時代を乗り切りましょう。


カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや