サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

【ロークレンズで提唱している食べないお稽古について】

【ロークレンズで提唱している食べないお稽古について】

皆さま、こんにちは。

秋分を過ぎて、秋の深まりも感じ始めていますが、最近はいかがお過ごしだったでしょうか。

私のこの時期、とても大好きな果物は、無花果(いちじく)ですね。

20231003_rawfoodlife_pic1.jpg
(たくさんの大好きな無花果)


今期のロークレンズ本科お稽古も無事に終わり、湯河原での半年に一回のリトリートも
無事に終わり、今期も充実感に満たされた月末をお迎えすることが出来ました。

20231003_rawfoodlife_pic2.jpg
(湯河原でのリトリート)

季節の変わり目には、生徒さまの皆さまからも心と身体のデトックス症状を、多く伺って
おります。

最近あるのが、私も先月は4年振りに高熱を出しましたが、まわりの皆さまでも高熱を出さ
れた方が多くいらっしゃいましたが、そのお熱を乗り越えて、すっきりされている方が多い
です。

熱は身体の細胞を元気にしてくれる浄化作用ですので、解熱剤を飲むということはとても
もったいないことなので、出し切れるだけ出し切って、お身体キレイを熱が下がった後は、
お感じ頂けますように。

さて、今回ですが、常よりリクエスト頂いていたロークレンズ食べないお稽古ついて、少し
綴りたいと思います。

~はじめに~
2009年に、ナチュラルハイジーンと酵素栄養学に出逢い、2011年より本格的のHigh Raw Vegan
Life(ほぼローフード生活)を愛でるようになってから、私の心も身体もどんどん変化して
ゆきました。

20231003_rawfoodlife_pic3.jpg
(光っていると言われたお写真)

お肌の透明感も増して、活力にあふれ、見た目年齢も若返っていったように感じています。
(昔を知っているお知り合いに久しぶりにお会いすると驚かれていましたね。)

そして自分の想いも現実になるようになっていました。
それは、ローフードをメインに食してゆくことで、自分の本能に、欲求に正直になれる感覚に
出逢ってゆけるからです。

20231003_rawfoodlife_pic4.jpg
(ローフード実習お教室にて)

こちらでは何度もお伝えしていると思いますが、自然界の動物は火の入った食べ物を食する
ことはありません。

結果、自身の本能で生きているのですね。
"本能のままに生きる"という言葉がございますが、本当のままに生きると自分という本質が
分かってくるように感じています。

火の入った食べ物を多く食べていると、思考優位になるのですね。
これがなぜそうなるのかは、私もエビデンスは知りませんが、本当に思考優位になります。

自分の望むことを思考している分は、自身の想いを現実にすることはできるのですが、思考の
多くは、人間界で学んだことや、過去の失敗やうまくいったことの産物を目安に思考している
ことが多いです。

なので、今、自分が本当は何をしたいかということに、あまり意識を向けられなくなって
しまいます。

思考した選択を日々重ねてゆくと、なかなか自分が本当に叶えたい現実に出逢うことが少なく
なります。

もっと言うならば、「こんなはずじゃなかったのに。」という未来になってしまうのですね。

万が一を思考して、安心できる、保証を考えてしまう選択を時に私たちはしてしまいがちです
が、自分の本当の想いを叶えたい未来に出逢うには、程遠くなってしまうことが多々あります。

生の食べ物を食すことで、思考優位から、感覚優位になってゆきます。
そして、その感覚というものも、とても感度が良くなるので、自分の想いを現実に引き寄せる
結果を選択してゆきやすいのです。

これは私の実体験ですね。
以前にもお伝えしていたかと思いますが、今回のタイミングで記させて頂きますね。

~ロークレンズ食べないお稽古について~
ロークレンズのお稽古は、私のライフスタイルそのものです。

20231003_rawfoodlife_pic5.jpg
(ロークレンズ緑の食べないお稽古ジュース)

ロークレンズ本科お稽古と本当に一体生活なので、ロークレンズで提唱している食べるお稽古期
と食べないお稽古期が、一ヶ月の中で混在しています。

そのうちの今回は、食べないお稽古について触れさせて頂きますね。

ロークレンズR食べないお稽古は、それぞれの皆さま自身のお月さまのリズムで、毎月、少ない
人は1日のみ、多い方で最大6日くらいの日数をお稽古して頂いております。

私自身は、長くて7日間ほど、短くて5日ほどでしょうか。

生徒さまにも私もですが、ロークレンズ食べないお稽古は、連続で5日とか7日とかしなくても
大丈夫なお稽古となっておりますので、一番大切なのは、ご自身が心地よいというお稽古を
して頂くことなのです。

20231003_rawfoodlife_pic6.jpg
(ロークレンズ赤の食べないお稽古ジュース)

生理がある生徒さまは、ご自身の生理周期に沿って、そして閉経後の生徒さまは、天体のお月
さまのリズムでお稽古愛でて頂いております。

食べないお稽古の時に一番大切なのは、"忍耐・根性・我慢"にならないこと、上記のような
意識になってしまっては、本末転倒で、いわゆる"リバウンド"と言われている現象が起きて
しまうのですね。

そうならないように、ロークレンズのお稽古では皆さまそれぞれのペースとお気持ちを大切に
サポートさせて頂いておりますので、私も驚くほどに結果を出して下さいます。

ロークレンズで一番大切にしていることが、"プラーナの享受について"です。

20231003_rawfoodlife_pic7.jpg

忍耐・根性・我慢の意識では、良質なプラーナは皆さまのお心やお身体に入るスペースがなく
なってしまいますので、良質なプラーナが入り込むスペース作りのお稽古のサポートをさせて
頂いております。

ここでお読み頂いている皆さまに言葉でお伝えできることは、五感が喜ぶことをご自身で選択
して頂くように過ごすことです。

五感のうちのひとつに味覚がございますね、その味覚をいつものように満たしにくい代わりに、
その他の感覚をいつも以上にたっぷり満たしてあげること、食べないお稽古を愛でて頂いている
時ほど、自分のやりたいこと、感じたいことに正直にお過ごし頂くということです。
"自身の好きな選択をしてゆく"ここがとても大切なのですね。

はじめに綴らせて頂いたように、私たちは自分の感覚に正直な選択をしてゆくことで、自身の
想いを現実に叶えてゆくことができるのです。

まずは、今この瞬間、自分の力で感じられる自分の想いを叶えてあげられないならば、その先に
ある夢や想いを現実にしてゆくことはできるのでしょうか。

自分の感覚を心地よい選択で満たしてゆくことで、想いが現実になってゆく、ということは、
そういうことです。

好きな音楽を聴きますか?
感動する景色に触れますか?
良い香りに触れますか?
心地よいと感じるものに触りましょう。

上記が五感のうちの4つですね。

あとの一つ、ロークレンズ食べないお稽古の時の、味覚の部分ですが、自分が今、味わいたい
味覚を素直に味わうということなのです。

"食べないお稽古"ですので、理想は、食物繊維を含むものも頂きません。
固形物も頂きませんね。

でも、味覚に素直に、甘いもの、酸っぱいもの、しょっぱいもの、といった、味覚には正直に
液体ベースの食べ物を頂いて欲しいのがロークレンズ食べないお稽古の基本です。

私たちの身体が欲する基本は、三大栄養素をベースに、ビタミン・ミネラルなのですね。

三大栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質です。

炭水化物は糖質なので、絞ったジュースなどで補えますし、今は市販の手軽ではあるけれど、
良質な糖質でできているドリンクも多々ございますので、その時のご自身が頂きたいと思った
糖質を含むジュースなどを頂かれたら大丈夫です。
糖質が満足してくると、タンパク質が欲しくなったりします。
それは、豆乳だったり、大豆以外のたんぱく源も多々ございます。

私たちの感覚は正直なので、身体が欲しているものをちゃんと身体に取り入れたいと感じるよう
に出来ているのです。
中には、自分が何を欲しているか分からなくなっています、という方もいらっしゃるのですが、
そんな方には、その方に合ったものをカウンセリングでお導きして、結果、自分の本当に欲する
ものを選択できるようになられています。

お話それましたが、脂質であれば、良質なオイル関係を頂かれると満足します。

スープにフレンチお料理感覚で、垂らして頂くなどしたら、とても満足致します。

20231003_rawfoodlife_pic8.jpg
(ロークレンズ食べないお稽古スープ)

と、いっても、食べないお稽古に慣れるまでは、皆さまそれぞれなので、無理をしないように
サポートさせて頂いています。


~さいごに~
昔からある伝統的なファスティングや断食の方法は、今日多く語り継がれています。

その多くは、その人自身の欲するものを、大いに無視したもののように感じています。

私自身が今まで試してきて体感していることです。

外側のエビデンスや立派に感じるセオリーで、自身が本当に欲しているものを無視してひとつの
流れを体験し、それで本当の自分の心の声も身体の声も分からなくなってしまっている人たちが
たくさんいらっしゃいます。
その人たちは、悲鳴を上げながら自分の不甲斐なさを責めていらっしゃいます。
私はセオリー通りに出来なかったと。
本来はそうではないのですよね、私たちそれぞれは、オンリーワンで、どこでどう過ごして、
何を考えて感じて、どんな境遇で、男性なのか、女性なのか、年齢はいくつで、どんなものが
すきなのかなど、みんな違って当たり前なのに、外軸で決められたセオリー通りに心と身体が
完全にフィットするわけではないのですね。
昔から語り継がれている立派な教えやメソッドはたくさんありますが、今この時代、地球の
波動が軽くなったと言われている風の時代だからこそ、外軸の教えではなく、自分の心身が
欲するものを大切に生きる選択をすることが、本来の生きる豊かさへ繋がってゆくのではない
でしょうか。

そんなことを、ロークレンズの食べないお稽古ではお伝えしています。

個々人になると、もっと深いところまでは言ってゆきますが、ここでは皆さまへこの辺で・・・

今回もお読み頂いて、ありがとうございます。

皆さまの日々も、ご自身のお心とお身体が求めるものに正直に、お過ごし頂けることで、
皆さまの想いも現実になってゆかれることを確信しております。

皆さまの想いを現実にしてゆくお稽古が、ロークレンズ食べないお稽古であり、自然界の
動物さんと同じ、ローフードを食してゆく機会を持ってゆくことです。

そしてローフードを食してゆくことで、生のままの食べ物から生きたままのプラーナ(栄養学
では酵素ですね)をふんだんに私ったいの身体にも心にも享受することができますからね。

私の実体験から想いが現実になること、確信しています。

皆さまにもこの私の想いが叶う現実世界を、ご体感して頂けますように。

今の私には、とても豊かで幸せな世界が日々広がっています。

20231003_rawfoodlife_pic9.jpg

今回もお読み頂いて
ありがとうございます。

お読み下さる皆さまへ

たくさん

たくさん

愛を 込めて。

秋山桃子.jpg

プロフィール

秋山桃子<あきやま ももこ>
福岡女学院大学大学院 人文科学研究科 比較文化専攻課程修了
日本ロークレンズ(R)アカデミー 学長
ロークレンズ(R)浄化療法 創始者
ローフード・ヨガ 指導家
ローフードシェフ、パティシエ

JLBAローヴィーガングローバル認定 東京千鳥ヶ淵校
ローヴィーガングローバル認定講師
http://www.rawfood-kentei.com/school/school_000323.html

Momoco Japan デザイナー
https://momocojapan.theshop.jp/

Lastra Healing ローチョコレートプロデュース
https://shop.lastramu.com/?pid=151414990

森林保護・海洋保護・動物愛護 推進家

モデル、ラジオパーソナリティーを経て、
ヨガ(2007年~)、ローフード(2009年~)指導家の道に入る。
2015年、奥アマゾン熱帯雨林保護事業に出逢い、自身の"森に還りたい"という魂の
記憶と向き合い、先住民インディオの伝承文化を次世代へ継承する意志のもと、その後
南米ウルグアイに移住。
現地では、奥アマゾンのシャーマンの能力により成立している神聖儀式で目に見えない
世界の事象を体験する稽古を重ねるなかで魂の法則を享受する。
"ローフード・ヨガ・祈祷"を三位一体として日常に取り入れてゆくお稽古により、
プラーナの自己浄化と心身のスリムを同時に叶え、意識改革を促す自身の自己浄化の
法則(食べて、祈って、ヨガをして)を、『ロークレンズ(R)浄化療法』として確立し、
日本ロークレンズ(R)アカデミーを設立。
ロークレンズ(R)お稽古の指導、ロークレンズ(R)浄化療法士やローフード指導者の育成
に努めており、ローフードとロークレンズ(R)の普及、貢献活動に力を注ぐ日々を
過ごしている。
近年は夫佳胤とともにロークレンズ(R)と神事を愛で、魂の伴侶についても体感している
ことから多岐に渡る相談依頼も受け、オンラインはもちろん、各地でも講演会を開催
している。

~皆さまへメッセージ~
私のライフスタイルはヨガとローフードに出逢い、ロークレンズ(R)を愛でることで
自愛と慈愛に包まれる日々となりました。
ローフードとロークレンズ(R) を皆さまにお伝えしてゆくことは、宇宙の法則からみた
社会貢献、地球貢献へと繋がっているとこれまでの体感を通して確信しており、
ローフードとロークレンズ(R) の普及、貢献活動を私の今世生涯のつとめだと感じています。
にんげんクラブさまでは、夫、秋山佳胤のロータスカフェ内にてロースイーツや
ロースムージーなどで皆さまをおもてなしさせて頂き、日常でお役立て頂けますような
心地良いローフードのお取り入れ方、ひいてはロークレンズ(R) のお稽古プランなどを
お伝えさせて頂いております。
直接皆さまとお逢いできます愛しいご縁をとても楽しみにしております。
日々の活動、ライフスタイルに関しては、 以下のSNSを観て頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

Blog: https://ameblo.jp/rawcleans/
Facebook:https://www.facebook.com/momoko.aso/
Instagram:https://www.instagram.com/momoco_japan/



カテゴリー

月別アーカイブ



  • メルマガ登録(無料)
  • zoom寄合
  • にんげんクラブストア
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや