サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

第47回 さまよえるウラナミシジミ 霊長類学者としての私の原点   

===================================
第1回 森の人 オランウータン
第2回 野生オランウータンの研究
第3回 ちょっと待って!エコな話はいい話?
第4回 外出自粛で考えること
第5回 緊急事態宣言
第6回 インドネシアとオランウータンと日本人
第7回 オランウータンの棲みかと石炭の露天掘り
第8回 エネルギーのはなし
第9回 ご存知ですか、自然エネルギーのホントのこと
第10回 霊長類学、霊長類研究とオランウータン
第11回 社会を考える -日本の霊長類学―
第12回 温泉に入るサル ~サルの文化的行動~
第13回 世界に知られたスノーモンキー
第14回 オランウータンいのちの学校
第15回 野生のオランウータンのくらし その1
第16回 野生のオランウータンのくらし その2 ~枝わたり~
第17回 野生のオランウータンのくらし その3 ~母子の橋渡し~
第18回 熱帯雨林とバランス ~森林火災~
第19回 森林火災のあとの熱帯雨林
第20回 2021年の年頭に思うこと  ~GOTOの先~
第21回 科学の力
第22回 自然のバランスとスピード
第23回 オランウータンは何頭いますか?
第24回 オランウータンは何頭いますか? その2
第25回 インドネシアの大雨と大洪水
第26回 緊急事態宣言 再び
第27回 「自然」について考える
第28回 見守ることの大切さ ~キャンプ・カカップの取り組み~
第29回 オランウータンの長い子育て
第30回 森を残そう ~鎮守の森の意味 熱海伊豆山の土石流~
第31回 オリンピックの陰で
第32回 野生オランウータンの観察 その1 -年齢ってどのようにわかるの?-
第33回 野生オランウータンの観察 その2 長期間の観察の重要性
第34回 野生オランウータンの観察 その3 バユールの誕生
第35回 野生オランウータンの観察 その4 長期の追跡
第36回 京大、霊長類研究所を事実上「解体」
第37回 京大、霊長類研究所を事実上「解体」 その2
第38回 お話し会「オランウータンにいつまでも熱帯の森を」
第39回 「シンプルで幸せな生活」は壊れやすい
第40回 <響き合ういのち> ヒルデガルト聖歌コンサート
第41回 2022年 年頭に考える 100年前の日本のこと、これからの日本のこと
第42回 熱帯雨林の現実 ~インドネシア、新首都建設へ~
第43回 熱帯雨林の現実 その2
第44回 春に考える
第45回 オランウータンの「考える」
第46回 霊長類研究を考える
===================================

第47回 さまよえるウラナミシジミ 霊長類学者としての私の原点

こんにちは。鈴木晃です。

先般、霊長類研究所が解体、消滅となりました。
かかる事態に、科学とは何か、学問とは何か、霊長類学が抱える問題とは、申し上げたいこと
は多々ありますが、久しぶりにこの紙面を借りてしばらく書きたいと思います。
(詳しくは ああ 京大 霊長類研究所
https://orangutansuzuki.blog.fc2.com/をご一読ください。)

旬のそら豆が出回るこの季節になると、私は私の霊長類学の歩みの原点ともなったウラナミ
シジミとの出会いを思い起こします。
ウラナミシジミが飛び交う一面のそら豆畑は霊長類学者の私にとっての原風景でもあります。

ウラナミシジミとは、マメ科植物を食草とする翅(はね)の裏側が茶色と白の細かい波上の紋
でおおわれている、後翅に小さな突起紋があるのが特徴の小型の蝶(シジミチョウ)です。
飛んでいると薄青色のごく小さな蝶です。
英語ではLong tailed blue(ロングテールドブルー)といいます。
英語でブルーというと、その語だけでシジミチョウの意を表すのですが、実に特徴をとらえた
名前です。

私がウラナミシジミを知ったのは高校2年生の最後の3月のことでした。
「さまよえるウラナミシジミ」の名文を磐瀬太郎先生が雑誌「新昆虫」の、その年の3月号に
書かれたのを購読したのが最初のきっかけでした。
この論文に大変感銘を受けた私は、すぐに先生に手紙を書き、野外での生態調査をスタート
したのです。

1906年生まれの故磐瀬太郎先生は、現在でも蝶の愛好家の間では大変有名な方です。
東大経済学部を銀時計(首席)で卒業後、銀行家となった先生ですが、同時に日本の蝶学の
指導者でもあり、私にとっては「科学」の心を育ててくださった恩師でもあります。

「さまよえるウラナミシジミ」 今でもこの論文を読んだ時の衝撃は忘れません。
病身の磐瀬先生は自由に動けないご自身に代わって、この論文で全国の読者に向けウラナミ
シジミの生態を皆で調べようと呼びかけたのです。

当時日本の蝶240種余りはこのウラナミシジミを除いては、全種類の越冬スタイルがわかって
おり、冬の姿がわかっていない蝶はウラナミシジミだけでした。
この蝶の冬の姿がわかったら大変なことだということが磐瀬先生の生き生きとした筆で書かれ
ていました。
この論文を読んですぐ、私は「これは私がやるべきこと」と思ったわけです。
そしてそれ以来、私はこの磐瀬先生の使った「さまよえる」という言葉が大好きになったの
です。

こうして高校3年生に入り私はすぐに研究をスタートしました。
私の暮らす房総半島は温暖な気候で、ウラナミシジミが唯一冬でも生き残ることのできる冬の
発生地だったのです。
ウラナミシジミが観察できたのは千葉県の南端、白浜町砂取というところでした。
この地で冬の間もウラナミシジミは越冬のソラマメの花を食べて暮らしていたのです。

通常ソラマメの花は春に咲きはじめますが、無霜地帯である暖かいこの地では露地栽培で早く
からソラマメの花が咲きます。
ウラナミシジミが舞っていたのは白浜町のとくに山間の暖かい場所でした。
このソラマメの促成栽培を行っている地域は濃厚に卵、幼虫、成虫が観察でき、私は一帯を
自転車で訪ね回わり観察を続けました。
すぐに磐瀬先生に報告の手紙を書くと同時に、先生のご指導のもと次々と調査の手を広げて
いきました。

季節の移り変わりとともにウラナミシジミの食草はソラマメからエンドウマメに移り、産卵
活動もそれにつれて拡大。
6月になるとエンドウからインゲンマメへと移っていきます。
私の活動範囲も白浜地区から館山地区へ、さらには千葉県内を一気に木更津を越して北上して
いきました。

その年に北海道の読者が北海道まで渡ったことを観察。
これは北海道での初記録となりました。
これらの情報はすべて手紙のやり取りで磐瀬先生のもとに寄せられ、生きた情報となって全国
の読者に共有されたのです。
ウラナミシジミの動きは活発で目まぐるしかったのですが、磐瀬先生からの手紙もそれ以上に
活発に私のもとに寄せられました。
青森の竜飛岬からの情報もありました。

この年私の始めた研究は、季節を追ってウラナミシジミの食性、分布を調べたものとして
まとめ、翌年の「新昆虫」誌に詳しく発表しました。
この記事はこの年の読者優秀特別賞なるものをもらい、同誌にも掲載されました。

日本における蝶の研究を進めようと、とくに私のような高校生を含めたアマチュアに広く呼び
かけ、指導した磐瀬先生。
その後も磐瀬先生との思い出は尽きませんが、これはまた後述するとして、私のノマディック
研究の始まりとなったのが、このウラナミシジミの研究でした。

ノマディック研究とは私が勝手に名づけたものですが、日本語では「遊動」とでもいうので
しょうか。
生き物が広く動き回る習性と自然界の仕組みを解き明かすことは私の生涯の研究テーマでも
あります。
ウラナミシジミからはじまり、ニホンザル、チンパンジー、オランウータンと私の研究対象は
移っていきましたが、このテーマは共通のものです。

そしてさまよいめぐるこの姿は私たちヒトの姿そのものでもあります。
アフリカで誕生したヒトの祖先はいまや地球上あらゆる場所に拡散しています。
このヒトの習性はどこからきて、どこへいくものなのか。
霊長類学の奥はまだまだ深いのですが、そのきっかけとなった出会いがウラナミシジミとの
出会いだったのです。

(次回へつづく)

オランウータン(0).jpg


プロフィール

鈴木晃(すずきあきら)
京都大学大学院理学研究科修了。理学博士。
京都大学霊長類研究所を経て、
現在「日本・インドネシア・オランウータン保護調査委員会」代表。
(一社)オランウータンと熱帯雨林の会(MOF)理事長。
1983年よりインドネシア、カリマンタン島にて野生のオランウータン
の研究を続ける。

鈴木南水子(すずきなみこ)
生後6か月よりウガンダに渡り、チンパンジーの研究をする父のかたわら、
アフリカの大自然の中で育つ。自然によって生かされているヒトの生き方
を求めて、オランウータンと熱帯雨林の保護の問題とその普及啓発活動に
取り組む。


【DVD】鈴木南水子さん お話し会 『オランウータンに、 いつまでも熱帯の森を。』
【DVD】鈴木南水子さん お話し会 『オランウータンに、 いつまでも熱帯の森を。』


【DVD】鈴木南水子さん お話し会 『オランウータンに、 いつまでも熱帯の森を。』Part 2
【DVD】鈴木南水子さん お話し会 『オランウータンに、 いつまでも熱帯の森を。』Part 2


(社)オランウータンと熱帯雨林の会(MOF)

ホームページ http://moforangutan.web.fc2.com/
メールアドレス mof.orangutan@gmail.com



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • zoom寄合
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや