サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

■【にんげんクラブメルマガ】便り No.558 「しあわせになる足法 体験講座」

「しあわせになる足法 体験講座」

こんにちは。にんげんクラブのこだまゆうこです。
にんげんクラブのメールマガジンをお送りいたします。

少しずつ春めいてきましたね。

にんげんクラブでは、足法自然塾の丁泰丹先生の
「しあわせになる足法 体験講座」を開催いたします。

先日は、足法体験講座に先立って、
丁先生ににんげんクラブ会報誌の取材をさせていただきました。

その内容は驚きの連続で、
丁先生のプロフィールをもとに少しご紹介いたします。

丁先生は、広告全盛時代をコピーライターとして過ごされました。
25才から33才までに、
UFOの母船との遭遇、
光の体験による小悟、お母様の死の予言を受ける、
車の正面衝突をテレポーテーションで救われたなど、
数々の神秘体験をが重なった後、
33才から突如として自律神経の病に冒され、
命の危険に晒されながら、断食や、ある修験者の勧める修行に挑み、
奇跡的回復までの7年間にインナートリップを体験されます。

そこから生き方を大転換され、
40才を過ぎて天職と受けとめていたコピーライターを捨て、
整体の世界へ身を投じます。
そんな中、手技に加え足圧なるものに強く感じ入り、
師を求めて日々研鑽の道を歩まれ、
出会った方々からの強い要望に応えて
2000年1月に始めた教室を2001年9月より
「足法 自然塾」としてリスタートされました。


プロフィールを読んだだけでも、
びっくりがたくさんです。
記事の内容を皆さまに早くお伝えしたいとワクワクしております。

取材の中でとても印象的だったのは、
丁先生は、人生で二つのことを心がけていらっしゃるとのことで、
一つは、自分がされて嫌なことは人にしないこと。
もう一つは、何事も丁寧にすること。
とのことでした。

じつは取材の際は、事前に伝えたいことをまとめた
とても詳細な資料を作ってくださっていて、
もうそれだけで充分記事になるような丁寧な資料で、
そういった資料を作っていただいたのは、
十数年の取材経験の中で初めてのことでした。

本当に何事も丁寧に対応されていらっしゃるのだなと
びっくりしました。

「何事も丁寧にすること」とは、
シンプルだけど、とっても難しいことですよね。

丁先生のお人柄が垣間見えるとともに、
普段多くのことを雑にしている私にとっては、
とても耳の痛い言葉であり、
これから少しずつ心がけようと思えた言葉でした。

また、取材に先立って、
足法自然塾での講座を一度受けさせていただいたのですが、
そこでお聞きした講座の内容は、
足法についてのお話から、自然治癒力、歴史や政治、
世界情勢等、多岐にわたってとても興味深い内容でした。


足法は、手で行うマッサージに比べて、
する側はさほど疲れない上に、
される側はしっかりと圧をかけてもらえます。

何度か受講して基本をしっかり覚えれば、
手軽に家族に足法をしてあげることもできるようになり、
また極めようと思えばとても奥の深い世界です。

一家に一人足法を行える人がいれば、
家族みんな元気に過ごすことができると思います。

ご興味のある方は、ぜひ「しあわせになる足法 体験講座」
を受講されてみてくださいね。

2022年3月23日(水)
受付 13:00~13:30
講座と実技 13:30~16:30
会場 舩井本社 会議室

詳細、お申込みはコチラです。

【イベント・講演会】


●大阪より ハガキ道創始者:坂田道信先生のDVD観賞会&小原正年のお話(3/6)

▼こちらから、ご案内している各支部のイベント・講演会の情報をご覧頂けます。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


**にんげんクラブ主催セミナー** 

☆山田征さん お話会
 『なにひとつ私の愛さないものはない 私の創造の動機は 愛なのだから』
【会場開催】 (3/9)

☆藤牧経乘先生 仁子先生「神秘なる脳・脳幹」セミナー
【会場開催】 (3/12・6/13)

☆Kan.さん Kan. work program『浩然乃氣』~この深き縁(えにし)の世界~
【会場開催】 (3/20)

☆June先生 「誰でもアカシックレコードに繋がれる 奇跡の時間が始まる個人セッション」
【会場開催】 (3/22)

☆丁泰丹(てい たいたん)先生 『しあわせになる足法(あしほう)体験講座』
【会場開催】 (3/23・6/22・9/21)

☆いときょう先生&岡田禰宜 「新(真)・縄文を語り合う」
【会場&zoom開催】 (3/25)

☆井上和幸先生 「健康能楽」特別セミナー(東京)
【会場開催】 (3/26)

☆春原恵子さん ア・カペラ・コンサート〈響き合う いのち〉part.4 part.5 part.6
【会場開催】 (3/29・5/6・6/24)

☆高島康司先生  「未来予測セミナー」2022
【会場&zoom開催】 (4/23・7/30・10/29)

☆いときょう先生 いときょう先生と学ぶ  ホツマツタヱ講座2022
【会場開催】 (5/28・8/27・11/19)

☆鈴木南水子さんお話し会  『オランウータンに、いつまでも熱帯の森を。』Part 4
【会場開催】 (7/23)

☆秋山峰男先生  『初・《原画作品展》』
【会場開催】 (11/3・11/4・11/5・11/6)

お待ちしています!


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

EVガラパゴス

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

 ロシアがウクライナに軍事侵攻しました。
私は軍事侵攻撃をするとは思っていませんでしたので
衝撃でした。
これで、世界が確実に変わったのだなと思いました。

何か、昭和6(1931)年の
満州事件を見ているような気分になりました。
ネットを見ていると、
当時の日本がアメリカから包囲網を築かれて
戦争に走らざるを得ないようになったように、
いまのロシアも
現状を打開するためには
軍事力に訴えるしかなかったのだ
という解説を見せていただきました。

私には真意は分かりませんが、
大正デモクラシーが
昭和恐慌と満州事変によって
吹き飛ばされたように、
冷戦終結後の平和ムードが
コロナ禍と合わせて
一気になくなっていく
きっかけになるのかもしれません。


 不思議なもので
アメリカや日本の株価は
実質的な戦争が始まると
上げています。
株式相場というものは、
「噂で買って、ニュースで売る」
(今回の場合は噂で売って、ニュースで買う)
ものと言われているので
ネガティブな材料が出尽くした
ということなのかもしれません。

短期的には
「良かった」でいいのかもしれませんが、
今回の変化は構造的なものになる可能性が高く、
それこそ歴史に残る事件になるような気がします。

満州事変の際は、
戦費を賄うために
高橋是清大蔵大臣が高橋財政を出動することで
日本が世界でいち早く
世界恐慌を脱した状態になりました。
株価が上がったのは、
そんな連想で金融引き締め策が
ゆっくりしたペースになることが
期待されているのかもしれません。


 ウクライナの支援策としては、
電気自動車の最大手である
アメリカのテスラのCEOである
イーロン・マスク氏が
ウクライナの副首相の
ツイッターでの呼びかけに応えて、
マスク氏が運営している
宇宙開発のスペースX社が展開する
人工衛星を使った高速インターネット通信の端末を
提供することが話題になりました。

少なくとも、冷戦後は
大国が力による領土の変更をしてはいけないという
世界の暗黙の合意を
公然と破った意味は大きく、
決断力と行動が早い
マスク氏ならではの迅速な動きだと
歓迎されています。


 私は電気自動車(EV)に関しては
懐疑派で
いままでポジティブには
受け止めてこなかったのですが、
そんな思い込みを
見直さなければいけないかなと思った出来事があったので、
このマスク氏の快挙を思い出したのです。

その出来事とは、
ザ・フナイでもおなじみの
船瀬俊介先生と偶然にお会いして
1時間足らずの間、
ずっとお話を聞かせてもらったことでした。

先生は近著である
「EVガラパゴス
 周回遅れの日本自動車産業に明日はない」
(ビジネス社)
の話を熱く語っていらっしゃいました。

私はEVネガティブ派だとは
とても言えない雰囲気だったので、
ほとんどお話を
黙って聞かせてもらっていたのですが、
先生はこの本を書くために
2千本以上のユーチューブを見た
とおっしゃっていて、
かなり心が動かされました。


 実は、ビジネス社から
献本をいただいたので
早速読み始めました。
本当にEVに関して
トコトン調べていらっしゃって
さすがに船瀬先生だとびっくりしました。

私はどちらかというと
トヨタは自動車は世界一の会社で、
トヨタのやっている方向に
世界は動いていくのだろうと思っていたので、
そのトヨタが
EV化を邪魔する先頭に立っていて、
それは関連産業も含めれば
自動車業界で働く550万人の雇用を守るためだ
という船瀬先生のご意見には驚きましたが、
納得できるものでもありました。

そんなトヨタも昨年の12月に
一気にEV化を進めるということを
発表したということなので、
この流れは止まらないのだろうと思います。


 船瀬先生らしいと思ったのは、
第二次世界大戦後の世界を牛耳ってきた
ロックフェラー帝国の総帥であった
故・デーヴィッド・ロックフェラー氏が
2017年3月にお亡くなりになったのを機に、
それまで封印されていた
EV化の流れが一気に加速したという分析です。

ロックフェラー帝国は
石油利権の大半を握っていて、
それを使って金本位制ならぬ石油本位制で
アメリカドルが基軸通貨である体制を維持してきました。

イラクのサダム・フセイン大統領がやられたのは、
彼がこの体制に挑戦して
石油の取引通貨を
ユーロにしようとしたからだというのは、
ちょっと陰謀論を齧った人の常識です。


 そして、電気自動車の技術は
実は明治時代末期にはすでにできていて、
当時の皇太子であった大正天皇が
それを送られて所有していたこと等が書かれていて、
ちょっとびっくりしました。

電気自動車は
石油利権を守るために
排除されてきた
という背景にはうなずけるものがあります。

そう言えば、
まだ船井総合研究所が主宰していた頃の
船井オープンワールドの展示会に、
本書で詳しく書かれている
慶応大学教授であった
清水浩先生が開発された
IZA(もしくは後継車種)が
展示されていたことを覚えています。
多分、2000年前後のことだと記憶しているのですが、
父もかなり積極的に紹介していました。


 5年ぐらい前の
船井総研の経営戦略セミナーという
5千人規模の経営者の皆さまがご参加される
名物セミナーの展示会では、
たしかテスラが
何年か続けて出展されていたことを思い出しました。

私と違い、父や船井総研は
とっくにEVの明るい未来を
確信していたのかもしれません。

ぜひ、「EVガラパゴス」を
お読みいただければと思います。
陰謀論的なことに関心がある方にも、
近未来予測に関心がある方にも、
とても参考になると思います。

               舩井勝仁
      (ウィークリーレポートより)


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

舩井勝仁のウィークリーレポート
(毎週水曜日更新)は、コチラ


こだまゆうこのスマイルレポート
(随時更新)は、コチラ


畑アカラ先生『高松塚とキトラ古墳の真実』
(毎月18日更新)は、コチラ


鈴木晃先生、鈴木南水子さん『オランウータンに、いつまでも熱帯の森を。』
(隔週水曜日更新)は、コチラ


書画家 小林芙蓉先生『光の書』
(毎月第1金曜日更新)は、コチラ


テラ・ルネッサンス創設者 鬼丸昌也さん『元子ども兵から学んだ、『人・組織・世界』の変え方』
(隔月更新)は、コチラ


秋山桃子のローフードライフ
(毎月25日更新)は、コチラ


奥村暢欣の神々の住まう場所
(毎週水曜日更新)は、コチラ


おススメトピックス
エネルギー医療を実証する 青木クリニック院長 青木秀夫先生
は、コチラ


今、にんげんクラブに
ご入会いただくと
おトクな、
2大特典をもれなくプレゼント!
ぜひ、この機会にご入会をご検討くださいませ。

① 『Kan.さんに訊く。vol.1 』
  会報誌大人気連載シリーズを書籍化

② 舩井勝仁講演収録大好評DVD
『超弦理論で読み解くこれからの
時代~9次元を象徴するエヴァの時代がはじまる~

にんげんクラブの入会お申込みは、コチラ

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

舩井幸雄.com
にんげんクラブ


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

【舩井幸雄から 今週のひとこと】


☆.。.:*・°☆☆.。.:*

「成功への確信を持つには、
 命がけで取り組み、成功体験をたくさん作ることです。」

『13歳からのシンプルな生き方哲学』より
    
        .。.:*・°☆☆.。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


※このメルマガは、にんげんクラブセミナーや、にんげんクラブストアを
ご利用いただいた方へもお届けしています。


☆このメルマガの登録を希望される方はこちらから↓
 https://www.ningenclub.jp/mailmag/

sub_bnr_mailmag.gif

============
■【にんげんクラブメルマガ】便り558
「しあわせになる足法 体験講座」
〒108-0014 東京都港区芝 4-5-10
EDGE芝四丁目ビル 8階
TEL:03-5730-2713 FAX:03-5730-2715
E-mail:toiawase@ningenclub.com
HP:https://www.ningenclub.jp/
=============



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • zoom寄合
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや