サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

スタディツアー『江川英龍(坦庵公)の多彩な才能に触れる』(9/24)


江川ツアー500.jpg

江川ツアー2-500.jpg

<PDFファイルはこちらから>

令和3年9月24日(金)

集合 08:20 JR三島駅 北口 ロータリー 
解散 18:00 JR熱海駅 
         
 
<訪問先> 
世界遺産・国指定史跡 
韮山反射炉(明治日本の産業革命遺産)

重要文化財 江川邸
史跡 韮山役所跡
白濱神社 2400年の歴史を持つ伊豆最古の宮
舩井幸雄記念館 桐の家 
  

 
参加費  にんげんクラブ会員 20,000円
         一般の方   22,000円
 

※昼食付き
※バス利用 伊豆箱根バス株式会社


スケジュール (予定)

8:20 〈集合〉JR三島駅 北口 ロータリー

8:30 〈出発〉伊豆箱根バス利用

9:05~〈見学〉世界遺産・韮山反射炉
   
9:45~〈見学〉重要文化財 江川邸
   
12:30~〈昼食〉網元料理徳造丸・下田店

13:40~〈見学〉白濱神社
 
16:30~〈見学〉舩井幸雄記念館 桐の家

18:00 〈解散〉JR 熱海駅


お申し込みはこちら

英龍200.jpg

江川 英龍(えがわ ひでたつ)

幕末の万能人・文化人・開明思想家・
革新的技術者
享和元年~安政二年(1801~1855)

江川家代々の当主の中で、最も著名な人物は、三十六代の『英龍』です。
父・英毅(ひでたけ)、母・久の次男として韮山に生まれ、兄・英虎が病死したため嫡子となり、江川太郎左衛門を継ぎました。
幼名・芳次郎の邦次郎、号は「坦庵(たんなん)」。"但庵公"の呼び名で親しまれています
英龍は、その五十五年という決して長くはない生涯で、江戸幕府の旗本・代官を務めながら、工学、医学、文学、芸術など、さまざまな分野で多彩な才能を見せました。かのレオナルド・ダ・ヴィンチがその多才さから「万能人(uomo universale)」の異名で知られているように、英龍もまた、江戸末期の日本が生んだ「万能人」といえる業績を残しています。
英龍は、学問を佐藤一斎、書を市川米庵(三亥)、漢詩を大窪詩仏、絵画を大国士豊や谷文晁、剣術を神道無念流の岡田吉利(初代岡田十松)に学ぶなど、当代随一といえる教育を受けています。
さらに刀剣製作を大慶直胤、蘭学を幡崎鼎や渡辺崋山から学び、彫金、彫刻、作陶までこなすなど、英龍が身につけた知識・技術は千態万状です。
英龍の花押は、父・英毅から与えられたもので、「興」の文字です。この花押が物語るかのように、英龍は、多種多様な分野に挑戦し、そのどの分野でも並外れた才能を示したことが、古文書・資料から伺えます。
江川英龍の研究は、まだ始まったばかりです。彼が行ったこと、行いたかったことを知ることは、私たちが自らの一歩を踏み出すための糧になるに違いありません。

神社200.jpg  神社1-200.jpg

白濱神社
2400年の歴史を持つ伊豆最古の宮。御祭神は三嶋大明神の最愛の尼神で、縁結び・子授け・子育ての神様である伊古奈比咩命(いこなひめのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)と言われ、恵比寿さまと呼ばれる海上安全、商売繁昌の神様である三嶋大明神(みしまだいみょうじん)、三嶋大明神の随神である見目(みめ)、若宮(わかみや)、剣の御子(つるぎのみこ)の5柱の神様です。
境内には樹齢2000年の巨木がそびえ、中には薬師如来が祭られています。神社裏には白砂の海岸で有名な白浜海岸があります。

舩井幸雄は白濱神社が大好きで、時々お参りに行きました。海を背景に氣がすごくいいのです。ここには1300年前に枯れたまま、神々しい姿を見せている白竜の御神木があり、この御神木になぜか特に惹かれたようです。


江川200.jpg

江川 洋(えがわ ひろし)

公益財団法人 江川文庫代表理事 
江川家四十二代当主
1970年3月17日生
一級建築士として建築の設計に従事
江川英龍公を広める会
HP:https://izugaku.jp/egawahidetatsu/
HP:www.egawabunko.or.jp

いときょう先生200.jpg

いときょう
ホツマ出版株式会社取締役社長
1949年東京に生まれる。
2005年に訪れた若狭彦・若狭姫神社(福井県小浜市)がホツマツタヱの記述と一致することに感銘を受けて以来、独自の研究を重ね、ホツマツタヱ全アヤを解読後、後継者のために教科書としてまとめる。
主な著書に『やさしいホツマツタヱ』
『古代史ホツマツタヱの旅』全五巻
『フトマニと北欧の女神ゲフィオンから読み解く
古代人の宇宙観と文字生成の原理』
『ホツマツタヱとカタカムナで語り尽くす』吉野信子共著 他。


勝仁.jpg

舩井勝仁(ふない かつひと)
1964年大阪府生まれ。1988年㈱船井総合研究所入社 1998年同社常務取締役 
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、㈱船井本社の社長に就任。
「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。



・お客様のお名前・ご住所などの情報は、船井本社グループの営業活動に限って使用させていただきます。

・お申込み後、1週間以内のお振込をお願いいたします。ご入金確認をもって、受付完了となります。

・ご入金前のキャンセルはお早目にご連絡ください。

 受付完了後の返金は一切できませんので何卒ご了承ください。

<お問い合わせ>
 にんげんクラブ 
 03-5730-2713 
 toiawase@ningenclub.com



月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや