サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

■【メルマガ】この本、お勧めシリーズ17~ワンネスの扉


こんにちは、柴切です。
週末の午後、にんげんクラブから、
おすすめの本をご紹介させていただきます。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

ワンネスの扉 ― 心に魂のスペースを開くと、宇宙がやってくる
ジュリアン・シャムルワ 著
ナチュラルスピリット 刊
1,500円(税別)

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


フランスの少年がある日UFOと出逢ってから、
不思議な体験を繰り返し、成長し、
ワンネスの扉を開いていく、魂の旅が綴られています。

読み始めてすぐ、よくわからないけれど、
なんだかワクワクして、早く読み進めたくたまらなくなりました。
きっと、すべてを知っている魂が、本著に出会えて喜んでいるのでしょう。

著者は日本に来たことがありませんでしたが、
不思議なご縁で光田菜穂子さんと出会います。
何度もメールのやりとりをしているうちに、
友達と日本に遊びに来るということで、
光田菜穂子さんが少人数のお話し会を企画します。
20人も集まればと告知したところ、
ほんの数時間で80名もの申し込みという人気ぶり。
急遽、2回目のお話し会を開くことになりました。
まったく無名の、パリで知り合っただけの人のお話し会に、
なぜこんなに人が集まったのだろうと、
長年不思議に思っていたそうです。


後に著者の話によると、宇宙存在から何度も
「ナオコに東京に行くことをメールしなさい」
という指令があったのだそうです。
大学の試験勉強中で余裕のなかった著者は、
今はムリと無視していたにもかかわらず、
しつこく何度も命令され、無視しきれなくなったとのこと。
光田菜穂子さんが自分で企画したと思っていたお話し会も、
実は大いなる宇宙の計画が背後にあり、
その通りに動いていただけだったようです。

そのお話し会がきっかけで、本著が生まれました。

この魂の旅を紹介するのは、日本が最初だそうです。

しかも、本著は著者自身が独学で身につけた日本語で直接書かれています。
フランス語を日本語に翻訳したものではないのです。


宇宙人とやりとりしてきた中で、著者は
日本人は宇宙人たちと話が通じやすいと、ずっと感じていたそうです。

欧米では、個人としての強い意識があるので、
まずは個々人のパーソナリティを通らないとコンタクトできません。
その点、日本は集合型の意識が強いので、話が通じやすいのだそうです。


ワンネスは脳では体験できない。ハートで感じる。
無条件で無境界の愛の世界。
恐れや疑いは一切ない。
愛と宇宙と自分の区別がなくなり、「宇宙=愛=わたし」

愛は感動を生み出し、胸がいっぱいで涙を抑えられない。
これを言葉では表現できません。
とうてい人には伝えきれないもどかしさを、著者は感じています。


でも、ぜひ多くの人に、このワンネス体験をしてもらいたい。
特に、国の政治経済を担うトップの人が、
一瞬でも体験したなら、自然を破壊したり、動植物を痛めつけたり、
戦争を起こしたりはできなくなるでしょうから。

著者は、同時に、「今ここ」を生きるためにバランスが大切だと言っています。
一度通じたとしても、二度通じるとは限らない。
良いか悪いかの問題ではなく、本人の魂が行くべき道を決め、進む。
選択できるという以上の喜びはないのです。

見える世界と見えない世界の境界は、私たちの目が決めています。
「今ここ」で人間として生きているのは、生まれる前に魂が決めたこと。
物質的現実の次元で体験する日常のもろもろは魂にとって貴重で、
そこでの試練は魂を鍛える糧となっているのです。

「今ここ」で体験している人生の意味を見失わないように、
目の前にいる人、ふだんの日常生活を大切にすることが重要だといっています。

その上で、可能性の範囲を広げることを目的に、本著は書かれました。
頭だけではなく、心で、ハートで人生を味わうことの大切さ、
ハートは宇宙への扉なのです。

ぜひ、お読みください。
お勧めです。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


※このメルマガは、にんげんクラブセミナーなどにお申込いただいた方や
にんげんクラブストアなどをご利用いただいた方にもお届けしています。


☆このメルマガの登録を希望される方はこちらから↓
 https://www.ningenclub.jp/mailmag/

sub_bnr_mailmag.gif

============
■【にんげんクラブメルマガ】の本、お勧めシリーズ17~ワンネスの扉
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-2-1
麹町サイトビル6F
TEL:03-3239-8271 FAX:03-3239-0033
E-mail: toiawase@ningenclub.com
HP: https://www.ningenclub.jp/
=============



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • Kanさんに訊く Vol.1
  • Kan.ワークプログラム2017DVD
  • Kan.ワークプログラム2016DVD
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや