サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

春の散歩 〜ソーヌ川のほとりにて〜


ソーヌ川とローヌ川の合流する街、リヨン。

春は川沿いのお散歩がオススメ。

リサ190410-1.jpg
(ソーヌの川沿いで日向ぼっこ)


リサ190410-2.jpg
(お面通りがお気に入り)


リサ190410-3.jpg
(壁に生えた草とお面が絶妙にマッチ)

旧市街で聖ジョルジュのドラゴンカーニバルが開催された。

リサ190410-5.jpg
(ドラゴンのハリボテの背後にそびえるのはサン・ジョルジュ教会。
 聖ジョルジュはドラゴンを退治した聖人として知られる)

ドラゴンのハリボテに続き仮装した市民がラテンのリズムに乗せて行列する。
晴天のサン・ジョルジョ広場から眺めるソーヌ川の流れは素晴らしい。


リサ190410-6.jpg
(ドラゴンのハリボテの背後にそびえるのはサン・ジョルジュ教会。
 聖ジョルジュはドラゴンを退治した聖人として知られる)


リサ190410-7.jpg
(午後3時、バトゥカーダのリズムでカーニバル行進が始まった)


お祭りにはリヨン市長ジェラール・コロン氏もサプライズ登場。 

コロン氏は以前、2001年から2017年まで16年間リヨン市長を務めていた。

そして2017年5月、マクロン 政権の重鎮として国務及び内務大臣となる。

ところが2018年10月、突然の辞任表明。

マクロン 大統領就任式では感極まって涙したほどだったのだが、
あのときの傾倒ぶりは何処へ。
2017年5月20日のブログ「Occidentali's karma」参照

ともあれ現在はリヨン市長に返り咲きだ。

リサ190410-8.jpg
(リヨンといえばこの人。写真撮影に気軽に応じるコロン市長)


リヨンは比較的平和。

ジレジョーヌ(黄色いベスト運動)デモもあることにはあるのだが、
テレビ放映で見るパリの様子、至る所で店や公共物が破壊されているのとは
別の次元にいる。

ジレジョーヌのデモは毎週土曜日だが、リヨンでは3月30日の土曜日、
ジレジョーヌよりもブランケール敎育相の 教育改革案に疑問を呈する
小学校教員の静かなデモの方が注目されたように思う。

デモの案内は学校のプリントにもあったのだが、
教育改革のどの点に教員が反対しているのかを良く知っている親の数は
まだ少ない。

中学校の校長先生が小学校と幼稚園も管轄すること
(小学校校長というポストがなくなる)や、
まだ教員資格のない学生が代理教員をすることが可能となることで
教育の質の低下を招くのではないか、
幼稚園義務教育化に伴う私立学校への財政援助により
公立幼稚園の予算が減らされるのではないのか、
といった懸念のようである。

リサ190410-9.jpg
(ブランケール 教育改革案に反対する教員のデモ行進は、
 リヨン裁判所前からソーヌ川沿いに続いた)

先週、娘の小学校では一年生全員での牧場遠足があった。

バターを作ったり牧場で遊ぶ子供たちのウェブ写真が学校から届く。

教育システムも重要だが、毎日子供と接しているのは先生方。

子供たちの日々は、現場の先生の情熱と愛情で満たされている。


リサ190410-10.jpg
(バターづくりをしたあとは、パンに塗ってみんなで美味しく食べたそう。
 よほど印象深かったのか、娘はここ数日シェイクする仕草
(生クリームをプラスチックボトルに入れて振るとバターができるそう)
 ばかりやっている)

リサ190410-11.jpg


日本の新しい元号が発表された。

平成がもうすぐ終わるのは名残惜しいものの、
「令和」という新たな時代がもうすぐスタートすることに喜びと希望を感じる。

リサ



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • Kanさんに訊く Vol.1
  • Kan.ワークプログラム2017DVD
  • Kan.ワークプログラム2016DVD
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや