サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

■【メルマガ】新月たより205~赤塚高仁&舩井勝仁講演会始動!!


こんにちは、にんげんクラブの柴切です。
今日は新月です。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

●新月2019年2月5日(火)06:04
○満月2019年2月20日(水)00:54

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


今回は、水瓶座の新月。
水瓶座は自由でグローバルな視野を持った星座だそうです。
12星座イチの進歩的な新月。
自由に自分らしく解き放たれることを目指すといいそうです。

立春も過ぎ、いろいろ新しいことが動き始めそうですね!!


にんげんクラブも、
赤塚高仁先生の聖書塾を、新たに連続開催いたします。


『何のために、聖書を学ぶのか』

赤塚先生のメッセージをお届けします!!


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


昔から、夏休みの宿題も8月の終わりになってからやったものです。
自慢することではありませんが、
いきあたりバッチリ、
土壇場に強い、
アドリブが冴える、
そんな自分をこのごろ頼もしく思います。

準備もせず、資料も用意せず、
10人でも100人でも1000人でも
10分でも100分でも5時間でも
話が出来るようになったのも、
人から見たら余計なことや、
道草を食ってきたからでしょうか。

もちろん経験もありますが、
生まれてくるときに、神さまから授かった賜物だと思っています。

それは、人はみんなちがうから生まれてくるという
真理を聖書に学んだからです。


ユダヤ人は聖書の民です。

彼らは、人と同じであるということを最大の侮辱ととらえます。
私たちヤマト人は、人と違うことを恥とします。

どちらも素敵ですが、
どちらもいき過ぎると神の真理から外れてしまい、
神さまの願いを実現することが難しくなってしまいます。


12年前、イエスキリストが最後の弟子教育をした、
ピリポカイザリアという地で、
こんな風に祈りました。

「神さま、どうか私の願いではなく、
 あなたが私に願っておられることを歩ませてください」

祈りは聞き届けられ、
それ以来、「自己啓発」でなく「神さま啓発」の世界に入れられました。

それは、
自分が願うことではなく、
神さまが自分に願っておられることをこの世で開花させる世界です。

だから、
誰かと比べる必要が皆無になりました。

すると、
妬みや嫉妬、
それに劣等感から解放されました。

私はこの広い宇宙でたった一つのユニークな存在なんだ!
そして、
私は宇宙の最高傑作なんだ!
と、思えるようになったら、何だか楽しくなりました。


もちろん
落ち込むことも、つまづくこともあります。
でも、
つまづいたっていいじゃないか、にんげんだもの!
と、みつをのようにつぶやいて立ち上がります。

「正しきものは7たび倒れても、また起きあがる」(箴言24-16)
そうです、
「7転び8起き」も聖書の中でソロモン王が語った言葉です。


聖書はユダヤ人が、神との対話を通じて書き記したメッセージです。
4000年伝わる普遍の真理なのです。
宗教の経典にしてはいけないと、わが師、糸川英夫博士は
「人類最高のリーダーシップ論」「ビジネス書」として教えてくださいました。

「聖書は神が人間に下さった最高の贈り物。
 世界の救い主から来るすべてのよいものは、
 聖書を通じて私たちに伝えられる」と、
アブラハム・リンカーンは言っています。


全世界の人口の0.2%のユダヤ人が
大富豪の35%、
ノーベル賞の35%を占めているのは、
彼らが聖書の智慧を生きているからでしょう。


少し前に、「引き寄せの法則」が流行りましたね。
願えば現実になると、盛んにセミナーも行われていたようです。
でも、願っているのに引き寄せられない・・・
人はまた、新たな御利益を探しにいきます。

でも、
聖書を学べば、本当の引きよせとは何かを知るでしょう。
人間の願いはエゴから来ますが、
主なる神の願いは真理から来るから、実現します。
人の都合で神に働いてもらおうというのを、引き寄せと勘違いするようですね。


願望や欲が悪いと聖書には書いていません、
神の声を聞かないことを「罪」だと書かれています。
神に背を向ければ、真理から離れてゆく。
的外れな人生を送ることを「罪」と呼ぶのです。

創造主たる神が、自分に何を望まれるのか?
その神の願いと、自分の願望を一致させることが本当の引き寄せの法則なのです。


私は、教会に行ったこともないし、
カトリックとプロテスタントの違いも分からずに聖書をただ読んできました。
20回以上聖書の現場、イスラエルで足の裏で聖書を読み、
ユダヤ人と付き合ってきました。

そんな私に、
「キリストを伝えよ、そのままのお前で伝えよ」
と、17年前シリアのダマスカスのホテルで
心の中に声をかけたのがパウロという伝道師でした。

 聖書を学ぶのは、何のため?

キリスト教という宗教を知ったり、信仰するためでは全くありません。


私たちは、やまとのこころを持ち、
聖書の法則を使いこなさなければなりません。

明治の先輩たちは、
「和魂洋才」と言いました。
自分自身の健全なセルフイメージを取り戻し、
自分を真から愛することが出来た時、隣人を愛することができます。


私という現象は、
この地上世界を神の国に変えるための道具です。
いま、私たちが豊かな暮らしを享受できるのは、
1000年前、500年前、100年前・・・世界を良くしようと願い、
神の真理に生きてくださった先輩方のおかげです。

私たちも、
100年後、500年後、1000年後の世界を良くするため、
神の願いを実現するパートナーとして生かされたいと願います。


聖書講座は、自己啓発を超えた「神さま啓発」の学びの場です。
抵抗感溢れる「聖書」を世界で誰よりも面白く伝えたいと願ってきました。

神さまが応援してくれていると信じていますから、私はやらせていただきます。
神さまが味方なら、私は何を恐れる必要がありましょうか。


神さまが願っておられることに、人間が合わせれば、
想像を超えた恵みがやって来るでしょう。

人はそれを「奇跡」と呼びますが、
奇跡は自然には反していません、
ただ、人間の常識に反するだけです。


参加者みんなを大成功者にする
不思議な聖書塾になることでしょう。

   赤塚高仁


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

赤塚高仁先生 ヤマト人の『聖書塾』

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

お待ちしています!

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


そして、2018年を大盛況で締めくくった、
舩井勝仁の講演会、第2弾が決定しました!!!


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

第2弾「 舩井勝仁と、これからを考える 講演会」&「懇親会」

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


前回同様、気楽な講演会で
知っていることをできるだけ話してみようと思っています。

懇親会でも、楽しくご一緒に、語り合いましょう。
ぜひお集まりいただければ幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

 舩井勝仁


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


◆日程:2019年2月25日(月)
◆受付開始:18:15~
◆講演会:18:30~20:30

◆参加費:1,000円(当日受付にてお支払いください。)

◆場所:船井セミナールーム
     千代田区麹町6-2-1麹町サイトビル3F
  JR四ツ谷駅麹町方面出口徒歩5分ポプラ(コンビニ)のあるビル

 
【懇親会】

20:30~22:00 同会場(船井セミナールーム)で懇親会も開催します!!
懇親会の参加費は、2,500円です。
こちらも合わせてご参加ください。
申込フォームの備考欄に、「懇親会参加希望」と明記ください。
会費は当日受付でお支払をお願いします。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

※このメルマガは、にんげんクラブセミナーなどにお申込いただいた方や
にんげんクラブストアなどをご利用いただいた方にもお届けしています。


☆このメルマガの登録を希望される方はこちらから↓
 https://www.ningenclub.jp/mailmag/

sub_bnr_mailmag.gif


============
■【にんげんクラブメルマガ】新月たより205~赤塚高仁&舩井勝仁講演会始動!!
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-2-1
麹町サイトビル6F
TEL:03-3239-8271 FAX:03-3239-0033
E-mail: toiawase@ningenclub.com
HP: http://www.ningenclub.jp/
=============



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • Kanさんに訊く Vol.1
  • Kan.ワークプログラム2017DVD
  • Kan.ワークプログラム2016DVD
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや