サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

■【メルマガ】この本、お勧めシリーズ2~「いときょう先生のホツマツタヱ」


こんにちは、柴切です。
週末の午後、にんげんクラブから、
ぜひ読んでいただきたい本をご紹介させていただきます。

第2回は、いときょう先生です。
にんげんクラブセミナーで、ホツマツタヱのセミナー
第2クールが始まります。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。
いときょう先生『ヲシテ文献ホツマツタヱを学ぶ』第2クール第1回(9/25)
☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


毎回、復習用の教材として、収録DVDを差し上げます。
セミナー終了後、2週間をめどに、郵送いたします。

さらに、第2クールからご参加いただいた方にも
3大特典、すばらしい教材をご用意しています!!

1、特大A1サイズ『ホツマ系図』
2、A4サイズパウチシート『ヲシテ文字(縄文の文字)一覧』
3、エイヴリ・モロー先生著書
『THE SACRED SCIENCE OF ANCIENT JAPAN』
(上古日本の神聖なる知識)から、
『ホツマツタヱ』と『ヲシテ文字』の和訳 B5サイズ44ページ


『ホツマ系図』は、ミナカヌシ、クニトコタチから始まって、
ホツマツタヱに登場する人物がずらっと並んでいます。
アマテラス、サルタヒコ、コノハナサクヤヒメ...
知っている名前を探し当てると嬉しくなります。
ながめているだけで、壮大な世界に入り込んでしまいそうです。
モロー先生の和訳も、普通では手に入らない、貴重な資料です。
ぜひ、手にしてください。


では、いときょう先生の著書をご紹介します。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

『やさしいホツマツタヱ』
いときょう(著)
ホツマ出版株式会社 刊
定価2,000円+税

「ホツマツタヱ」は、縄文時代の文字「ヲシテ」で書かれた、
古事記、日本書紀の元になったといわれる歴史書です。
昭和41年に、現代用語の基礎知識の初代編集長であった
松本善之助氏が、偶然、神田の古書店で入手した冊子がきっかけで、
極めて重大と思われる古代文字文献が、各地から発見されました。
ヲシテ文献の全貌が明らかになるにつれ、
これまでの縄文時代のイメージが大きく変わってしまいました。
縄文という世界が、実は日本人の精神の極めて奥深い所に
関わっていたことが、わかってきたのです。

著者は、2005年、福井県にある若狭彦・若狭姫神社を訪れたとき、
神社のご祭神が「ホツマツタヱ」と深く結びついていることに感動し、
それ以来、日本各地を旅し、「ホツマツタヱ」に関する
研究と執筆、講演活動を続けています。

本著は、数ある著書の中でも、
初めて「ホツマツタヱ」に出会う方にも、
わかりやすく楽しんでいただけるように書かれた、
いわば「入門書」です。

何かとても難しいことが書いてあるのではと思っているかもしれませんが、
まずは朗読してみてください、と著者は言います。
ホツマを声にすると、なぜか遠い昔に帰ったかのような思いになる。
これこそがホツマなのだそうです。

なぜなら、「ヲシテ」は宇宙を構成する五元素で成り立っています。
目で見るということは、縄文を感じ、
宇宙の五元素を自分の中に取り込むこと。
そして声にすることは、宇宙に語りかけ、
宇宙と一体になることに通じているのです。

さらに、縄文の世界を体験するためには、
ホツマゆかりの地を旅すること。
感性と一致する神社、風景がきっと見つかります。
その神社を大切にしていくと、DNAに必ず何かを
語りかけてくれるそうです。
調和を目指した縄文の世界に、ぜひ、浸ってみてください。

  (会報誌2017年10月号 今月のおすすめBoooksより)


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


『日本のかほり古代史 ホツマツタヱの旅 第一巻』
いときょう(著)
ホツマ出版株式会社 刊
定価2,000円+税

紀元前4000年、クニトコタチは、
この島国で一族がどのようにして仲良く暮らしていけるかを
真剣に考えました。
「良い国になるに違いない」
最初の天皇(アマカミ)の意志で、この国は始まりました。
「民を豊かにすること。
民の安定した生活こそが国の平和と安全をもたらす。
そのために自分の身を惜しんではなりません」
歴代のアマカミはこの教えを引き継ぎ、
強い使命感を持って国の発展に尽くしました。

これが「ホツマツタヱ」に書かれている日本の歴史です。
これが本当だとしたら、なんと誇らしいことでしょう。
私は信じたいと思いました。

著者は、専門の古代史研究家でも、学者でもありません。
偶然「ホツマツタヱ」の本に出合った当初は、
あまりの難解さにかなりの間放置していたそうです。
ところが妻との旅にホツマツタヱゆかりの地を
選んだことがきっかけで、
この古代文献には何かがある、もっと知りたいと、
興味・研究を通り越して、求道(ぐどう)、
啓示を受けての行為ともいえるような、
情熱を傾けることとなってしまいました。

その旅の中で、著者が出合い、語りかけてくれたことなどから、
思いつくままに書き綴ってできたのが本著です。
新幹線で日帰りしたこと、
昼食で食べたおそばのこと、
地元の人との会話。
現代と、縄文の時代に生きてきた人々が交差して、
まるで映画を見ているようにイキイキと描かれていきます。

「『古事記』や『日本書紀』を
古代のおおらかな描写と語る方もいますが、
ホツマツタヱの五七調の美しさ、品格からは
大きな開きがあります。
神武天皇以前に存在した古代の日本の指導者における
民を思う心、指導者としての純粋な悩み。
これが認められていたら、
戦争は回避できたかもしれない」

旅を通して、こんな大胆なことまで言えるとは、
著者自身も思ってもいなかったそうです。
ぜひお読みください。

  (会報誌2月号 今月のおすすめBoooksより)


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
舩井フォーラム事務局からお知らせです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『舩井フォーラム ザ・ファイナル』
宇宙は、よろこびそのもの ~どんな人生にも光は当たる~

収録CD・DVD大好評発売中!!!
詳細・お申込みは、こちらから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


※このメルマガは、にんげんクラブセミナーなどにお申込いただいた方や
にんげんクラブストアなどをご利用いただいた方にもお届けしています。


☆このメルマガの登録を希望される方はこちらから↓
 https://www.ningenclub.jp/mailmag/

sub_bnr_mailmag.gif


============
■【にんげんクラブメルマガ】この本、お勧めシリーズ2~「いときょう先生のホツマツタヱ」
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-2-1
麹町サイトビル6F
TEL:03-3239-8271 FAX:03-3239-0033
E-mail: toiawase@ningenclub.com
HP: https://www.ningenclub.jp/
=============



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや