サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

■【メルマガ】臨時号~世界の神話と歴史から見た『ホツマツタヱ』

にんげんクラブの柴切です。
すごいコラボが実現しました!
四ツ谷のセミナールームで、どんな化学反応が起きるのか、
いまから楽しみです!!


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

エイヴリ・モロー先生 世界の神話と歴史から見た『ホツマツタヱ』
司会進行:いときょう先生 ゲスト:宮﨑貞行先生

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


Avery Morrow  エイヴリ・モロー先生 

アメリカのマサチューセッツ州東部サフォーク郡ボストン出身。
日本の文化に興味を惹かれ、
2005年には福岡県久留米市で1か月間の
ホームステイを経験する。
アメリカの大学在籍時に京都の龍谷大学に留学。
その後、佐賀県に3年間滞在。
東京大学大学院宗教科にて古史古伝を中心に研究。
 
著書に『THE SACRED SCIENCE OF ANCIENT JAPAN』
(上古日本の神聖なる知識)


この著書が、すばらしいのです!!
もちろん英語で書かれているのですが、
日本のどの書物よりも、より具体的に、より大きな視野で、
古代の日本が現わされているのです。

イギリス・アイランド系の父と
ユダヤ人の母のもとに生まれたモローさん。
「ポケモン」がきっかけで、
子どもの頃から日本文化や社会に魅力を感じ、
どうやって作ってきたのかを知りたいと熱望。

「カールトン大学宗教学部」を卒業後、日本に再来日。
佐賀県の中学校で英語教師になり、彼の関心事である神社を歴訪し、
神道の世界にのめりこみます。

数年勤めた後、研究を続けるため東大に入学。
自らの日本古史研究をふまえて
「ホツマツタヱ」や「カタカムナ」、「旧事本紀大成経」などの
評価と西欧中世の古代の物語や神話について研究されています。

ホツマツタヱと似た文字を子どもの頃、自分で考えて書いていたことを
「玉響」の対談で語り、中矢伸一を驚かせたとか。

自他ともに認める、日本人が知らない、
「本当の日本人」なのです。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

いときょう先生との出会いから、
コラボの話が生まれ、
『THE SACRED SCIENCE OF ANCIENT JAPAN』
(上古日本の神聖なる知識)

この中のホツマツタヱの部分を和訳していただきました。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

『THE SACRED SCIENCE OF ANCIENT JAPAN』
(上古日本の神聖なる知識) エイヴリ・モロー著より

Finnegan's Waka (フィネガンのワカ/和歌)

◆「ホツマツタヱ」とヲシテ文字
◆失われた秘蔵の叙事詩
・現存するヲシテ完本の起源
・文献の再発見
・象徴性の言語、ヲシテ
◆超古代日本の天なる指導者
・アマテルの教育
・スサノヲと岩戸
◆アマテルはいかに日本を救ったか
・奥儀伝授
・いせのみち
・日と月を合わせる暦
◆アマテラスの錬金術的食事法

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


この内容をもとに、
いときょう先生の司会進行で、
エイヴリ・モロー先生にお話ししていただきます。

アワ歌でおなじみの、宮﨑貞行先生もゲストで登場されます。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

エイヴリ・モロー先生 世界の神話と歴史から見た『ホツマツタヱ』
司会進行:いときょう先生 ゲスト:宮﨑貞行先生


2018年9月8日(土)
受付:14:45~15:00 講演:15:00~18:45

 ■15:00~16:00 講演① エイヴリ・モロー先生 
世界の神話と歴史からみた『ホツマツタヱ』の最新の考察

■16:15~17:45 講演② エイヴリ・モロー先生 
著書『THE SACRED SCIENCE OF ANCIENT JAPAN』
(上古日本の神聖なる知識)から、『ホツマツタヱ』と『ヲシテ文字』
の解説と新たな考察
              
■18:00~18:45 鼎談 エイヴリ・モロー先生&
いときょう先生&宮﨑貞行先生  


参加費:にんげんクラブ会員 10,000円
     一般の方 12,000円

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


・なぜ、アワ歌を歌うと、「声が澄み、言葉が整い、濁った言語が自ずと
 正されていく」のか。 

・なぜ、『ホツマツタヱ』には、いにしえの時代を感じさせる、
 美しい旋律が奏でられているのか。

・なぜ、ヲシロワケ天皇は、朝廷書記官であるヲゝタタネコに、
 完全な史録の編纂を命じたのか。

・なぜ、アマテラスに、女性説と男性説があるのか。

・なぜ、イザナギとイザナミは、柱の周りを左回り、右回りに歩いたのか。

・なぜ、熊野三山を巡礼地の中心的な存在としているのか。

・なぜ、天皇家の紋章は、ヲシテのヲを表す、正方形を中心で重ね、
 16区分した菊の花のような紋章なのか。

・なぜ、ヲシテの五つの母音は五元素
 (空・ア、風・イ、火・ウ、水・エ、埴 鉱石・オ)に、呼応しているのか。

・なぜ、アマテラスは、食するに最悪なのは、獣と鳥であり、死んだ魂が、
 体を穢し、弱く病気がちにすると伝えたか。

・なぜ、アマテルはハタレ(不満分子)を一網打尽で捕えることを
 しなかったのか。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


ご一緒にひもといてまいりましょう!!


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

ホツマツタヱをじっくり学ぶ、いときょう先生の連続セミナー、
第2クールが決定しました。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

いときょう先生『ヲシテ文献ホツマツタヱを学ぶ』第2クール

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

◆第1回 2018年 9月25日(火)
ホツマツタヱと古事記・日本書紀の三書比較
◆第2回 2018年10月29日(月)
ホツマツタヱからわかる古代の様子
(薬草・政治機構・機織り・乗馬など)
◆第3回 2018年11月26日(月)
ホツマツタヱに見る人間模様
(イサナギ・イサナミ・アマテル・ソサノヲ・セオリツヒメ他)
◆第4回 2018年12月25日(火)
ホツマツタヱから何を学んだら良いのか?

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

第2クール終了後も、
いときょう先生と行く!「古代史ホツマツタヱの旅Ⅱ」
企画しています。ご期待ください。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


毎回、教材として、収録DVDを差し上げていますので、
ご自宅で繰り返しご覧いただけます。
途中からのご参加も大歓迎です!

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

※このメルマガは、にんげんクラブセミナーなどにお申込いただいた方や
にんげんクラブストアなどをご利用いただいた方にもお届けしています。


☆このメルマガの登録を希望される方はこちらから↓
 https://ningenclub.net/p/r/Xsn2DOXG

sub_bnr_mailmag.gif

============
■【にんげんクラブメルマガ】臨時号~世界の神話と歴史から見た『ホツマツタヱ』
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-2-1
麹町サイトビル6F
TEL:03-3239-8271 FAX:03-3239-0033
E-mail: toiawase@ningenclub.com
HP: http://www.ningenclub.jp/
=============



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや