サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

新企画!小林芙蓉先生&羽賀ヒカル先生「コラボレーション」(6/30)

新企画です!!
 
当日、小林芙蓉先生が、揮毫してくださいました!!
タイトル『夏越の祓い』  

羽賀芙蓉ちらし1.jpg   


2018年6月30日(土)

◆10:00~16:00
 小林芙蓉先生「書画展」 無料

◆17:00~18:00
小林芙蓉&羽賀ヒカル コラボレーション講演会
参加費:無料


◆18:10~19:30 羽賀ヒカル先生講演会
「天・宇宙と繋がる極意」
参加費:にんげんクラブ会員 6,000円
     一般の方      8,000円

会 場 : 船井本社セミナールーム 
千代田区麹町6-2-1 麹町サイトビル3F
(JR四ツ谷駅 麹町口より徒歩3分)


日本を代表する書画家である小林芙蓉先生と
2018年ベストセラー『神社ノート』の著者、
羽賀ヒカル先生のコラボレーション!!

その高い精神性から世界中にファンがいる小林芙蓉先生ですが、
書を揮毫される前は必ず天と繋がるためのセレモニーをされます。
人を感動し魅了する書を描くための極意はなんなのか? 
羽賀ヒカル先生がインタビューでその核心に迫ります。


◆小林芙蓉「天と繋がる極意」(インタビュアー:羽賀ヒカル)
・芙蓉先生が書をはじめることになったキッカケ
・「見えない世界」との向き合い方
・直感力の磨き方と活用法について
・愛されて応援される秘訣について
・人を愛すために大事なこと
・天とつながる書の真実を明かす


※参加無料です。お気軽に遊びにいらしてください。


 
18:10~19:30 羽賀ヒカル先生講演会
「天・宇宙と繋がる極意」

羽賀ヒカル先生は『神社ノート』で
「より功徳を受けるための神社参拝の極意」を書かれていますが、
今回の講演では本には書けなかった具体的な実践の秘訣を
お伝えしていただきます。

◆羽賀ヒカル「天と繋がるとは?」
・時代の変化。自力開運から他力開運の時代へ
・なぜ自力ではよくないのか?
・人は常に何かの影響を受けている
・他力の動かし方がわかれば全てはうまくいく
・悪いエネルギーと繋がらないようにする
・良いエネルギーと繋がるために
・天と繋がる極意と祈り方

>※18:10~19:30 羽賀ヒカル先生講演会「天・宇宙と繋がる極意」
 こちらの講演会にご参加の方は、お申込みをお願いいたします。


kobayasisensei600.jpg

小林芙蓉 プロフィール
書画家。1976年から活動を始め、アジアを中心にアメリカ、イスラエルなど
世界各地で書を通じて国際親善に尽力し、ローマ法王にも書を献上。
国内では伊勢神宮や高野山金剛峯寺など全国の神社仏閣で揮毫・奉納している。
また、京都・嵐山にて近衛文麿公の別邸を改築した豆腐懐石料理店「松籟庵」を経営。
故舩井幸雄氏とは、京都屈指の「イヤシロチ」として松籟庵を訪れたことをきっかけに
親交を深め、DVDや雑誌などで対談するなど晩年まで交流は続いた。
著書に『水のように生きる』あさ出版刊

水のように90.jpg


羽賀先生.jpg

羽賀ヒカル プロフィール
占術家。神道家。1983年、京都府生まれ。大阪府立大学卒業。
普通の高校生として過ごしていた15歳のある日
「北極老人(ほっきょくろうじん)」に出会い、占いの道に入る。
9つの流派を極め5万件以上の鑑定歴を持つ北極老人から「北極流」を受け継ぎ、
高校生ながら生年月日、手相、風水、方位、姓名判断などのさまざまな占いをマスター。
また同時に、日本各地の神社の秘密を口伝によって、のべ数千時間にわたって学ぶ。
神秘体験は数知れず。大学生時代から本格的に、人生相談に乗り、
大学卒業後は、北極老人の一門によって設立された
グレイトティーチャー株式会社の占い師として活動。
著書に『神社ノート』SBクリエイティブ刊
神社ノート90.jpg

<お問い合わせ>
 にんげんクラブ 03-3239-8271 toiawase@ningenclub.com



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや