サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

第3章 九州での御神事・前編−19


浜辺での早朝ご神事を終えた我々7人は、
宿泊先へ戻って朝ご飯。

そして、迫り来るフェリーの乗船時間に
追われるようにしてチェックアウト。

今回のご神事も、本当に慌ただしい・・・(笑)。


対馬・厳原港から福岡行きのフェリーへ乗船します。

船首を下げて、いざ、福岡へ!!

P6290130.JPG

P6290131.JPG


「なんだか、対馬がとても喜んでくれてるみたい」

誰かのひと言に、メンバー全員が頷きます。


「島全体から、とてもやさしい氣が出ている感じ」

「すごく明るくなったよね!」


対馬でのご神事も、無事完了したようです。

P6290137.JPG

乗船から約2時間、経由地の壱岐がみえてきました。

船上から、壱岐に向けて祈りを捧げます。


ビジョンにみえてきたのは、
島を取り囲むようにして建つ、何本もの白くて大きな鳥居。

かなり強力な結界に護られていることがわかります。


P6290143.JPG


今朝の浜辺でおこなったご神事と同じく、
過去にあらわれた様々なマークが、壱岐に吸い込まれていきます。

こうしておこなわれるエネルギー交流は、
雄花と雌花を行き来しながらミツバチがおこなう「受粉」にも似ています。

これも、新しい時代という「実」が結ばれていくために必要な
「ひな形」づくりの一環なのかもしれませんね。


P6290145.JPG


祈りを終えて船中に戻った面々。

もう、「お昼ご飯は何にしようか」と盛り上がってます(笑)。
(「長浜ラーメン」に決まったようです)


連日のハードスケジュールを感じさせない元氣いっぱいの魂友たち。

今世での貴重なひと時を、こうして素敵な仲間と共に彩っていける幸せに
あらためて感謝です。

追記

フェリー乗り場で、3人の女性メンバーへのヒーリング。

目的は、鵜戸神宮での「預かりもの」を渡すためです。

第3章 九州での御神事・前編−8


「・・・3人の女性に、渡してください・・・」

と、預けられた「玉」のような形のエネルギー。

それを預かったときに受けた
「これは、ヒーリングを通して受け渡すもの」
という直感にしたがって、エネルギーを送ります。


「米」の字のように、八方向へ伸びる線(八芒星)と、
それぞれの線の間に玉が入っているビジョンがうかんできました。
玉は全部で8つのようです。

「白い玉がたくさん入った、緑色の箱がみえた」(レイちゃん)

「からだがスゴく熱くなった。
 まるで子宮の中にいるみたいに心地よかった」(てびっちゃん)

「からだが熱い・・・。そして、眠い・・・zzz」(洋子さん)


洋子さんは、リラックスし過ぎですが(笑)、受け渡しも無事完了。

このエネルギーは、どうやら
これから向かう宗像大社で必要となるようです。



月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや