サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

出演講師シリーズ1 鹿児島UFOさん

いよいよ、注目の、出演講師の方々を
ご紹介させていただきます。

にんげんクラブ会報誌に

新連載[宇宙からの黙示]セミナー
出演講師シリーズ

として掲載されました情報を、
ホームページでも、お伝えして参ります。


まず、お一人目は、鹿児島UFOさん。

ufo.JPG
(ブログ鹿児島UFO・地球維新・天声会議より)


『宇宙からの黙示』ならではの、ご経歴からご紹介します。

 
幼少期よりUFO大型母船や、アダムスキー型円盤などに遭遇、
学生時代は、臨床心理学を学びながら、真言密教、ヨガ、瞑想などの
修行に没頭する。
愛原心理研究所主任研究員、富士通系ソフトウェア会社のシステムエンジニアを経て、
現在、技術系高校教師のかたわら、新時代を創生する「地球維新」の志士として、
ブログ運営・講演・著述活動を行なっている。

・著書
地球維新 解体珍書』白峰・鹿児島UFO 共著
 
明窓出版
地球維新 天声会議』中今の悠天 監修
鹿児島UFOほか 著  明窓出版
 
・ブログ
鹿児島UFO・地球維新・天声会議」を開設
2008年3月以来、 延べアクセス約400万件、
日本ブログ村 精神世界 全国人気ランキン1位
( O U T 順、2013年5月現在)
投稿の頻度によりランキングは、日々上下しております。

にんげんクラブ会員 ・日本心理臨床学会正会員(ユング派) ・
日本ペトログラフ協会会員・修験道、行満権正大先達 ・
真言密教(四度加行受法、護摩法まで)・チベット密教(二派より灌頂)

  


温故知新、改めて総括する
次代への大変革とアセンション


 皆さま、現在の大手書店の様子をご存知でしょうか? 
今年になって「精神世界」のコーナーが縮小されている傾向にあります。
いわゆる一連の「2012年」終末論ブームが過ぎ去ってしまった感があり、
テレビや映画などで興味本位に騒がれた割には、何も起こらなかったではないか! 
という世間一般の風潮の影響であろうと思われます。

 テレビの言うように「信じるか信じないかは、あなたがた次第」なのですが(笑)
日月神示=岡本天明も注目すべき部分もありますし、
1999 年=ノストラダムス予言は、巨大隕石が落ちて、地球人口が大幅に減る
シナリオでした。
2012 年=マヤ暦終了の日は、年月も諸説あり、暗闇の3日間が来て、
ポールシフトが起こるシナリオでしたが、
ウイングメーカーの対策で太陽系ごと座標軸がズラされ回避されました。
(この事実は、世界で数人しか分かっていないようです!)

2016 年=水瓶座の時代のスタートとエジプト予言(世界大洪水)、
聖マラキの預言=最後の教皇(キリスト教の最後)、
2020年=聖徳太子の予言(ミロクの世)、
フリーメイソン本部の数字=20XX年(終末論)、
2060 年=ニュートンの終末予言など、
今までも、これからも、コアなイベント予測が続いて行きますが、
私たちはお互い、より上位レベルに進化して、
よりハッピーなシナリオに変えて行きましょう!


 そして、これから本格化していく「分離の時代」から「統合の時代」への大変革は、
100年ごとに騒がれる世紀末の不安現象や1000年ごとのミレニアム現象ではなく、
決して墓ではない「天空の大ピラミッド時計」や
太古からの「地政学的風水理論=ガイアの法則」から得られる叡智。
つまり「13000 年・26000年・52000年」という大きな転換期のサイクルを表しています。

 この大きな時間軸の見地からすれば、わずか数年のズレで「何も起こらなかった」と
捨て置くことは、大きな間違いであったといずれ気づくことになるでしょう。

「ガイアの法則」と「大ピラミッド時計」大きな時間軸の大義は、紙面の都合もあり、
拙著『地球維新 天声会議』明窓出版の第1章を、是非ご覧下さいませ。


 さて、現代は、パソコンはもちろんのこと、タブレットやスマートフォンの普及で、
年齢に関係なくネット社会に気軽に参入できる時代となりました。
そのような環境の中で、大きな社会洗脳を結果的に生んでいる新聞やテレビなど
マスコミ情報を主な情報源としている=「いわゆる洗脳されたB 層」と、
日本トップジャーナリスト立花隆氏の言う
「政治家やマスコミよりも裏の真実を知る先進のインターネット族=A 層」と言う
2極化があります。

もちろん、にんげんクラブの皆さまは、
社会洗脳から目覚めたネット族の典型=A 層であり、
更にスピリチュアルの本当の重要性も理解されたU 層
(有意の人・ユニティ=統合時代の人)とも言えるでしょう!


 ホームページやブログなどの社会的影響力も増しています。
新時代を創生する、大切な「アセンション」の定義についても、
ネット上で反対派が、ランキング上位に来ると言う異常事態も起こりました。
(アセンションは、闇の5次元に捕らわれるから反対という珍説?)

言論の自由の時代ですから、本来は捨て置くべき事象ですが、
集合意識への悪影響も考慮して、
先月は、ブログ上で少しだけ反論を展開いたしました。


 「アセンション」周辺の論議(次元上昇・シューマン共振・アセンションなど)について、
一時期のブームが去ったかのような風化現象と、
あまりにも間違った認識が広がりつつある事態を是正するためにも、
今回投稿させていただきました。


 「次元上昇」については、今後地球の振動数が更に上がり
上位次元の地球に生まれ変わるので、
人間自体も振動数を上げて(進化して)、それについていくと言う考え方と、
もう一つは、地球自体は変わらないのだが、今後人間の感覚意識が拡大して、
より多次元を認識できるようになるという考え方があります。

私は、表と裏、物の見方、表現の違いであり、両方が真実だと思っています。
(スピリチュアル思想・サイキック能力が、世間の常識という時代が来ます)

 地球の振動数である「シューマン共振」の上昇現象については、マヤ暦の言う
コルマンインデックス的な時間軸のピラミッド構造、
つまり宇宙創生以来、20分の1ずつ私たちの時間感覚が縮まり加速してきた
と言うことと、符合しています。

 いよいよ時代は、せわしなく、環境や命よりも経済を優先している限り、
倒れる直前のコマのような状態ですが、
早晩、天変地異や経済崩壊などにより、一旦ご破算の時期がやってきて、
新たな理想社会「ミロクの世」を創る時が来ると、予測している方も多いと思います。

この辺は、ゲリー・ボーネル氏の言われる
「人類の集合意識が罰を受けることによって贖罪ができる」という思い込みを
脱皮しないと、大量人口減のシナリオを変更できないということになりそうです。

 そして、一番肝要な「アセンション」は、
先に触れた「闇の5次元への転生」とかいう恐れや疑いを根底に内包した珍説でもなく、
いわゆる「2012 年問題」のようなニューエイジの語る流行のたぐいでも、
決してありません!

 私の定義する、真実本来のアセンションとは
「温故知新」、
釈迦のニルヴァーナ(完全解脱)、
キリストのアセンション(昇天)、
弘法大師空海の大毘盧遮那現証(だいびるしゃなげんしょう)などを言います! 

本質の仏教においては、タンハー(渇愛)を滅し、輪廻転生の繰り返しを脱出して、
上位生命体(輪廻転生しない、阿羅漢・ブッダ)に引き上がることを、
ニルヴァーナ(完全解脱)といい、アセンションと同義と捉えています。

 上位生命体に上がることとは、
私たちの魂が、神と同等の完全な魂意識(観察意識)と、
地球に生まれて輪廻転生を体験しながら進化してきた身体意識魂(体験意識)
という二重(ペア)構造であることを知り、
身体意識が、葛藤・タンハー・渇愛を昇華して、
(既にアセンションしている)魂意識と同等レベルに引き上がり
魂意識側として完全性を確立するということです。

 3次元の生活を大切にするべきだと言う、いわゆる現実論者には、
上位生命体に上がる道があるという、本来の仏教・キリスト教というものは、
危険思想なのかもしれません。

しかし、これは崇高な叡智なのです。
ノーベル賞候補、アメリカの理論物理学者リサ・ランドールさんも、
この3次元世界は、とても限られた特殊な世界であり、
多次元世界の方が、よりポピュラーな世界であると言っています。

日常の生活も大切にした上で、
視野を広く持ち精神世界の叡智を理解し実践することも、
非常に大切だと思っています。


 それから、役小角(えんのおづぬ)・久米仙人・空海・釈迦・キリストの
共通点があります!

それは、空中浮揚やクンダリーニ覚醒の逸話が残っていることです。

 釈迦も、キリストも、現証(真実であるという証明現象を見せる)の
逸話を残しております。
2人とも、上半身は「火」下半身は「水・透明」になって空中浮揚をしたと......

これらは、歴代の聖人が、クンダリーニヨガの奥義も極めていたことを表しています。


 「アセンション」は、単なる流行では無く、
「温故知新」、歴代の聖人たちが説き、人類に指し示してきた道であり、
これから、変革の時代は、いよいよ本格化します。

 分離から統合の時代へ、以下のような変化が起こります。
時間認識の変化・空間認識の変化・うお座から水瓶座の時代へ・魂の覚醒・
DNA身体変化・輪廻転生の卒業・地球地図の変化・世界中で太古超技術の発見・
一気に集合意識が転換する時が来る・言語社会からテレパシー社会へ・
寿命の大幅延長・暗記の教育から叡智の教育へ・宗教と科学の統合・
宇宙地底との公式コンタクトが起こって行きます。

 最後に、昨年「週刊文春」にも掲載して頂いた、坂本龍馬の船中八策ならぬ、
鹿児島UFO「宇宙船中八策」を提唱させて頂きます。

1.社会洗脳解除 
2.年号大権徳政令発布 
3.フリーエネルギー解禁 
4.医療、食品、水資源を全て安全に 
5.資本主義からミロクの世へ 
6.叡智教育 
7.科学と宗教の統合 
8.宇宙と地底への開国


 にんげんクラブの皆さまは、本当に大きい使命を担っておられます。
ミロクの世に向けて、
B 層(被社会洗脳)→ A 層(社会洗脳脱出)→
U 層(スピリチュアルの重要性認知・有意・ユニティ・統合)へ
進化を促進して参りましょう。


12月予定の東京講演もよろしくお願いします。




カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや