サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

実話 病父を尋ねて三百里―豊後国の二孝女物語


 
橋本 留美 (著)
2010年10月刊
出版社: 新日本文芸協会
 
 
本書は、今から二百年前の江戸時代後期に豊後国(現大分県)に実際に存在した
2人の親孝行な姉妹の実話をもとにしたノンフィクション小説です。
この物語は、二孝女研究会の方達が調査・研究した資料を著者である橋本さんが
現代版として、口語体に書き下ろしており、とても読みやすく分りやすい内容にまとめられています。
 
文末には、本書の要約内容が英訳で記されていることで、国際的にも通用する
オシャレな構成となっています。
著者の橋本さんは、にんげんクラブ会員の他にも、新日本文芸協会の理事や
出版・編集・多言語翻訳のリュウメイズ企画等幅広い活動をされており、
その経験が本書にも活かされていると思います。
 
さて、本書のあらすじですが、親孝行な姉妹が、親鸞ゆかりの地の巡礼の途上で病に倒れた
父親を連れ戻すために、豊後国臼杵藩(現大分県臼杵市)から常陸国水戸藩
(現茨城県常陸太田市)の青蓮寺まで様々な困難を乗り越えながら旅をする話となっています。
 
便利になった現代でさえ、大分県から茨城県というと飛行機を使っても長時間かかる
遠い距離です。車も電車も飛行機もなく、道も舗装されていない江戸時代に、
若い女性二人きりで歩いて病気の父親を迎えに行ったという話しには、本当に驚き感動しました。
ましてやこの姉妹はお金持ちでもなく、旅の途中では物乞いをしなければ
食べられないほどだったのです。今の恵まれ過ぎている世の中からは、
きっと考えられない程大変なことだったのだろうと思います。
 
旅では、船酔いをしたり、物取りや暴漢に襲われそうになったり...と様々な困難が
姉妹を襲いますが、あわやの所で助け船が入って大事には至りません。
文中では、それもこの姉妹の信心深さによる仏様のご加護のお蔭だと言っていますが、
それだけでなく、他人を大事に思う心、常に感謝の姿勢であることも大きな要因に
なっていると思います。
 
そんな姉妹は旅程を進めるにつれ、様々な人々と出会い、
姉妹の行動に感動したたくさんの協力や応援を得て、無事病気の父親の元へ辿り着きます。 
約7年ぶりの親子の再会シーンを読んだ時は、その情景が目に浮かび、
読み手にも熟いものが伝わりました。
 
現在、人と人との絆や人情といったものが薄くなってきているような気がする中、
本書は人として大切なものを思い出させてくれる貴重な1冊だと思います。
読み手に人との繋がり、勇気と希望、夢を叶えてくれる力も分けてくれるのではないでしょうか。
オススメの一冊です。どうぞお読みください。
                                 (にんげんクラブ会報誌2011年2月号より)
 
 



月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや