サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

食糧危機?―よみがえる「え次元言霊」と自然農


 
大下 伸悦 (著)
2009年3月刊
出版社: 新日本文芸協会
 
 
今回ご紹介する本は、幸塾グリーンオーナープロジェクト主宰の
大下伸悦さんの書籍「食料危機?」です。
 
この本は、船井幸雄ドットコム内の船井のコラムや、にんげんクラブホームページでも
紹介されておりますので、すでにご存知の方も多いかもしれません。
 
本書は、農業や食料のこと、言霊や神様のこと、これからの生き方提案など、
一見違うジャンルのことを、大下さん独特の語り口で綴られたとても面白い本です。
 
大下さんは、小滝流水さんというペンネームで詩も書かれていらっしゃるのですが、
さすがは詩人と思える文体。文章から一定のリズムが伝わってきて、読んでいる時は
まるで歌を奏でているような気分になりました。
 
食料危機について書かれた多くの本は、いたずらに恐怖心をあおるものが多いと感じるのですが、
同じことを語っているにもかかわらず、この本からはほのぼのとした暖かさを感じることができます。
 
個人的には、「よみがえる『え次元』の言霊世界と農」の章にとても興味を惹かれました。
頭の中でモヤモヤと考え、感じていたことのヒントを、パチリと教えてもらえた気がしました。
なんとなくですが、自分の今世の使命までも、気付きが得られたように思います。
そのようなことを気付かせてくれた本書と大下さんには、とても感謝しています。
 
農業についての記述は、たくさんの事例を述べられていて、とても真実味がありました。
大下さんの全国各地での人脈の広さには驚きますが、現場の実態を知っている人ほど、
実行力や説得力があるのだな、と感じました。
 
今は100年に一度の大恐慌だとも言われています。
実績を上げることや売上げを伸ばすことから一度目をそらし、ふと農業に目を向ければ、より
多くの人が豊かに共生して生きていく道があるのではないか、そんなことに気付くことができます。
 
家賃のいらない空き家や、人手を必要としている農家はたくさんあるそうです。
まわりの人との心あるふれあいや、物々交換でまかなえる自給自足の生活、
先祖から託されてきた美しい日本の田園風景、日本には大切にすべきものがたくさんあります。
 
現在都心に住んでいる自分には、農業はやはり遠い世界。
まわりの人とのコミュニティづくりや、ベランダでの家庭菜園、無農薬農家への支援など、
今の自分にできることから、はじめていきたいと思います。ぜひお読みください。
 
                                 (にんげんクラブ会報誌2009年5月号より)



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや