サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方


 
寺田 啓佐 (著)
2007年8月刊
出版社: スタジオK
  
 
本書は、2011年4月号会報誌の輝く仕事人にご登場いただいた寺田啓佐社長の書かれた著書です。

「本物」とは、つきあうものを害さず、つきあうものを良くする働きがあり、
使えば使うほど、体も心も健康になるものです。
寺田本家で造られるお酒はもちろん本物ですが、私はこの本も「本物」だと思います。
読めば読むほどに、健康について考えさせられ、人間の正しい生き方や、考え方など、
たくさんのことを教えてもらいました。
 
読んでいる傍から、ワクワクと気持ちが高まり、自然の中で暮らしたい!
体に良いものを食べたい!など体からの欲求が聞こえてきます。
払は本書と出会えたことを、とても嬉しく思います。
 
本書の中で特に参考になったのは、寺田杜長の微生物から学んだ気づきがギュッと
濃縮された教え「神酒(みき)ひびき」についてです。
うれしき、楽しき、ありがたき、の三つの「き」にまとめられた、様々な学びを
紹介しているのですが、その内容はとても多くのことを教えてくれます。
一度読んだだけではその内容の深さを味わいきれず、何度も何度もそこを読み返しました。
 
寺田社長のすごいところは、自己責任を徹底しているところだと思います。
病気や経営で苦労した経験から、今ではどんなことがあっても人のせいにせず、
すべては自分が引き寄せていることだと、自分で責任を引き受け対処されます。
辛いこと、苦しいことがあっても、それを工夫して、嬉しいこと、楽しいこと、
ありがたいことに、変えてしまいます。
どんな時でも、「ありがとう」と感謝して、「何があっても笑っちゃう」生き方を実践しておられるのです。
 
自分以上の酒は作れない、と日々人間性の向上を実践される寺田杜長のもとでは、
みんながイキイキ、ワクワクと楽しく酒造りをされています。
 
今回の輝く仕事人の文章には盛り込めませんでしたが、インタビューの中で、
寺田本家で働く若い従楽員の方に、「酒造りの什事は楽しいですか?」と
たまたま聞いた場面がありました。
 
するとその方は、「発酵する生き方、を寺田杜長のもとで学びたいと思っています。
おいしいお酒を造る道には、良い人生を作るエッセンスがすべて詰まっているように思います。」
とイキイキと語っておられました。
 
その言葉は、寺田本家での普段の酒造りの風景を物語っているように思いました。
本書は、何度も読み返したい素敵な本です。ぜひお読みください。
                                 (にんげんクラブ会報誌2011年4月号より)
 
 



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや