サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

夜と霧 新版


 
ヴィクトール・E・フランクル (著), 池田 香代子 (翻訳)
2002年11月 刊
出版社 みすず書房
 
第二次世界大戦中、悪名高きアウシュビッツでの体験を
ユダヤ人精神分析学者が客観的に人間の心理を書き出した本。

日本では、1956年に初版が出版され名著として読み継がれている傑作。
極限の状態の中で、人間はどのような行動をとるのか、どんな感情に
なるのかが冷静な視点から書かれた本書のほうが、より人間の感情の現実味を増す。

ガス室を作る存在、そしてまた、ガス室に入れられても、祈りの言葉を
口にする存在、どちらも同じ「人間」の行動です。

この本は非常時ほど、その人間の本質が明るみに出るときはないことを、教えてくれます。
そして、どんな状況にあっても、希望を捨てず、プラス発想を心がけることが
大切だということも教えてくれます。
 
                              (にんげんクラブ会報誌2007年1月号より)



月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや