サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

龍馬暗殺に隠された恐るべき日本史―われわれの歴史から伏せられた謎と物証


 
小林 久三 (著)
1999年10月 刊
出版社 青春出版社
 
教科書には載っていない歴史の暗部に関する本は
たくさん出ていますが、本書もその内の一冊です。
歴史の未知の部分が納得のいく形で解読された本だと思いました。

この本は、幕末という動乱に数多く残る謎の中で、
坂本龍馬暗殺を中心として描かれています。

龍馬暗殺と西郷隆盛の西南戦争、勝海舟の異例の昇進など、
幕末の混乱の中、一見無関係でバラバラに起こったかに見える出来事は、
実は全て関連し、繋がっているというのです。

その他にも、決して写真を撮らせなかった
西郷隆盛の二つの顔の秘密、幕末に生まれた「幻の皇帝」など、
幕末の中で語られなかった陰の部分が浮き彫りにされています。

幕末好きの方はもちろんのこと、幕末好きでない方にもオススメしたい一冊です。

激動と混乱の時代を駆け抜けた志士たちに隠された数多くの謎
――それを紐解き、解読することは、現代に生きる私たちへと
繋がる何かを知るきっかけになるのかもしれません。

歴史を知ることは、日本を知ること。
国際化した社会の中で、自国が歩んできた道をきちんと知っておくことは、
日本人の私にとって必要なことなのではないのかと思えました。
ぜひお読みください。

                                  (にんげんクラブ会報誌2007年7月号より抜粋)



月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや