サイトマップ

尾崎友俐のコラム「自分の価値を高める考え方」

BLOG新着トップ

◆ある有名人。

話し掛けられなかった。

出張で移動の為、
駅ホームにある待合室に入ろうとした。
朝の美しい光に包まれたホームにあるガラス張りの待合室。

少し混み合っているように見えたけど、入口に一歩近付いた。

一番手前の人が席を立った。

あれ。
○○さんだ。

と、気付いたのは一瞬あと。
すでにすれ違っていた。

私はその方が座っていた座席に座った。
そこは当然まだ名残があり、温かかった。
私は話し掛けようかどうしようか悩んでいた。
ガラス越しにその方の後ろ姿を見つめながら。

その人は、待合室を出てすぐに立ち止まった。
私に気付いたのか?

いえいえ、もう6年以上お話していないからとっくに忘れていらっしゃるはず。

私はその方の後ろ姿を見つめながらも結局話掛けられなかった。
そんな思いも有った他、キラキラの輝きの中であまりにも白く見えて、
この世、この次元から少し別の所に行ってしまっているように見えたから。

気が付いたら、待合室中の人がその方を見つめていた。


(写真はこちら)

焼肉桜坂。
極上のお肉をお値頃価格で提供中。裏桜坂にひっそりと佇む隠れ家焼肉です。


『s-info』。

スピリチュアル観光案内所です。沖縄にはパワースポットがいっぱい!!各種占い・キャンドル販売も!


第六十八代横綱朝青龍広報活動

お陰様で大盛況でした。ありがとうございます。

ローズクオーツ水晶ブレスレット。
新月に、神秘の浜辺で浄化します。あなたのお名前の札をつけて、ひとつひとつ丁寧に浄化します。


メルマガ登録 

お世話になっている経営者との対談や、おもしろい!発見!などを不定期にお知らせしています。
以前は定期的でした。。(笑) いずれは定期的に戻すよう頑張ります。。(笑)

◆泣けてくる。

感動して泣けてきちゃう。
皆さん、ありがとうございます。
たくさんの皆さんに支えていただいています。
感動して泣けてきちゃう。

今夜も・・・
マネーの虎の、なんでんかんでんの河原社長が、
ツイッタードラマの中のコーナーにおいて、
朝青龍の”そっくりさん”を出演して下さり、PRをして下さるのだそうです。
http://tweeple2.server-cowboy.net/

電話でさっきこの企画を聞いた時、
本当に泣けた。

本当は朝青龍本人に出てもらいたかったけど、あいにく出張中なので、
せっかくのツイッタードラマのチャンスを逃してしまった…と思っていたのに。

凄い!!河原社長!!!
そっくりさんを起用だなんて!!!
どこからそんな発想が???
ありがとうございます。
ほんとうにありがたいです。
みなさんに支えられて、私がいます。立っていられます。
ありがとうございます。
みなさんのご恩は、一生忘れません。
他にも、Blogに書いてくださったり、メルマガに書いてくださったり。
ありがとうーーーー。みなさんーーーー。

泣いても笑ってもあと1週間しかない!!!
感動の嵐で、満席にしたいんです!!
最後に、良い思い出を作って欲しいんです。
朝青龍には、日本を嫌いにならないでほしいのです。


ぜひ、今夜。見てね☆
今夜19時〜21時。
世界初!ツイッタードラマ。
http://tweeple2.server-cowboy.net/
河原社長のWeb
http://nandenkanden.com/


報道資料 
『相撲がつなぐ。モンゴルと日本の子供たちの夢。友情。未来。』
第68代横綱朝青龍『断髪式』にて、
『横綱からのプレゼント!子ども達を抽選で最大600人ご招待!!』
『子供たちへの座席提供サポート企業募集開始』のお知らせ。
第68代横綱・朝青龍引退相撲『断髪式』を、来る10月3日(於:東京都墨田区両国国技館)
執り行われます。横綱朝青龍は、多数の成績を残しました。
通算成績:669勝 連勝:35連勝などです。『本人が努力すれば、運命も努力する。』
という諺がモンゴルにはあります。
 
子供の頃から他の力士に比べて体も大きくなく、それでも自分の夢に向かい、
そして外国人力士という壁を乗り越え、横綱の座を勝ち取るという偉業を成し遂げました。
これらの偉業は世界中の子供たちに勇気を与えました。
 
この日、横綱朝青龍は、断髪を行います。30歳の誕生日を迎えたばかりの
若き横綱のひとつのステージに幕を閉じます。
また新たな人生へと向かう日であり、志半ばで引退を決意した波乱万丈に満ち溢れた
相撲人生での、過去と未来との節目の日です。
 
 
 
テーマは『自業自得』
横綱朝青龍の生き様や、彼の夢を『未来へ羽ばたく子供たちに直接感じてもらいたい!』
『モンゴルと日本の友情を相撲で繋ぎたい!』
そんな願いを子ども達の未来に託し、横綱朝青龍より、最大600人分の子ども達を
式典会場へご招待することとなりました。
 
当日は各国首脳陣のご来場や、文化交流などもございます。
より多くの子ども達が、この素晴らしき式典に参加できるよう、また、モンゴルと日本の友好を
より一層深められるよう、『子供たちへの座席提供サポート企業募集』も同時に開始いたします。

◆平成22年10月3日(日)両国国技館 11時30分開始16時閉会
応募資格:小学生・中学生・高校生・20歳以下の大学生限定
応募方法:asa@oriental-japan.co.jp に、下記の要綱を明記の上ご応募ください。
 記入事項:お名前・年齢・ご住所・電話番号・保護者及び本人のメールアドレス

◆このプログラムにご理解をくださるサポートご希望の企業様には、様々なスポンサーメリットを
  ご用意いたしております。お気軽にご相談ください。
______________________________________

俺はあと2年、大好きな相撲を続けたかった。
10月3日午前11時。
この日が相撲人生最後の日。運命の日。断髪の日。
ほんとうは、あと2年。相撲をやりたかった。
子供の頃からの憧れだった横綱。
体も大きくないのに、一生懸命やったんだ。
俺はやってきたんだ。
でも。
わがままをやりすぎたかな。
まだまだやりたい夢があったのに。
後悔先に立たずって言葉が骨身にしみる。
日本のみなさん。
今まで騒がせてばかりでごめんなさい。
だから、もう、これが最後の日。
ぜひ、見守ってください。
ありがとう。
日本のみなさん。ありがとう。

___________________________________
◆本件に関する問合せ先  第68代横綱朝青龍引退相撲『断髪式』公式広報担当 
株式会社オリエンタル 代表取締役 尾崎友俐 社長Blog http://yuriozaki.ti-da.net/
Tel03-3770-2844 Fax050−3588−6182  info@oriental-japan.co.jp
http://www.oriental-japan.co.jp  スポンサーシップ担当者 小高 080-4116-2844
私達オリエンタルは、戦略的広報に関する業務委託契約を締結し、女性スタッフ中心の
プロジェクトにて横綱朝青龍の最後の花道を女性の感性とやさしさいっぱいのハートで
サポートいたしております。
 
 
現在、チケットは、
1)椅子席3000円
2)椅子席4000円
3)升席36000円(4名様用おひとり様あたり9000円)
4)升席40000円(4名様用おひとり様あたり10000円)
5)お土産 6000円(お土産のみは購入できません)
6)記念パーティー券20000円(イベント盛り沢山企画中!有名芸能人多数出演!)

両国国技館では、各国VIPもご列席で、格式高い式典が執り行われる予定です。
モンゴルの首脳陣を始め、文化交流なども行われます。
横綱も、日々、企画内容に頭を巡らせている様子ですョ。
パーティーは場所が変わり、都内のホテルにて、豪華ゲスト大勢で、かなり華やかに行う予定です。

前代未聞のこの豪華式典にぜひお越しください!!
チケット購入はこちらよりお願いします。
http://asashoryu.net/

お振り込みご希望の方は私共の事務局宛てにお気軽にご連絡ください。
kodaka@oriental-japan.co.jp
 
 
 
俺はあと2年、大好きな相撲を続けたかった。
10月3日午前11時。
この日が相撲人生最後の日。運命の日。断髪の日。
ほんとうは、あと2年。相撲をやりたかった。
子供の頃からの憧れだった横綱。
体も大きくないのに、一生懸命やったんだ。
俺はやってきたんだ。
でも。
わがままをやりすぎたかな。
まだまだやりたい夢があったのに。
後悔先に立たずって言葉が骨身にしみる。
日本のみなさん。
今まで騒がせてばかりでごめんなさい。
だから、もう、これが最後の日。
ぜひ、見守ってください。
ありがとう。
日本のみなさん。ありがとう。
  
_____________________________________


Webサイト http://asashoryu.net/
PDF資料 http://oriental-japan.co.jp/cms/archives/pdf/pr100917asa.pdf
 
 
 
 
『10月3日の断髪式@両国国技館。』
10月3日は国技館へ行こう☆
関係者用の枠を追加しましたので、座席にゆとりができました☆
たっくさんの方々に横綱・朝青龍の最後の姿を見届けてもらいたいです。
告知、ご協力お願いします!!
Blog,その他Webサイト、ご家族に口コミなどなど、、、ご協力よろしくお願いします!!

http://asashoryu.net/
◆PDF資料 http://oriental-japan.co.jp/cms/archives/pdf/pr100917asa.pdf
運命の、10月3日まであとわずか。
みなさまは、資料配布も、していただけると、本当にうれしいです!!
よろしくお願いいたします。

お問合せ先担当者 小高(こだか)080-4116-2844

朝青龍 よく似た顔の異邦人 木村理子先生著(東大モンゴル語非常勤講師)
9月29日発売。
現在、アマゾンで予約販売中。

◆『自業自得』俺は、あと2年、相撲を続けたかった。

◆『自業自得』俺は、あと2年、相撲を続けたかった。
横綱・朝青龍 『断髪式』引退相撲事務局との業務提携に関するお知らせ。
 
朝青龍断髪式


この横綱朝青龍からのメッセージは、
私が横綱朝青龍と先日都内のBARで飲んだ時に、
ぽつり、ぽつり、、と、彼が私に語った事です。
 
その時、私は胸が締め付けられるような思いで聞いていました。
そして、広報をやらせてほしい。と、申し出ました。
 
お相撲は、男性の世界なので、正直、私に出来るかどうかとっても不安でしたが、
スタッフみんなと力を合わせて、彼の日本での最後の思い出を、より良い思い出となるよう、
頑張ります☆


俺はあと2年、大好きな相撲を続けたかった。
10月3日午前11時。
この日が相撲人生最後の日。運命の日。断髪の日。
ほんとうは、あと2年。相撲をやりたかった。
子供の頃からの憧れだった横綱。
体も大きくないのに、一生懸命やったんだ。
俺はやってきたんだ。
でも。
わがままをやりすぎたかな。
まだまだやりたい夢があったのに。
後悔先に立たずって言葉が骨身にしみる。
日本のみなさん。
今まで騒がせてばかりでごめんなさい。
だから、もう、これが最後の日。
ぜひ、見守ってください。
ありがとう。
日本のみなさん。ありがとう。


____________________________________
第68代横綱・朝青龍引退相撲(10月3日)『断髪式』にて、
インターネットマーケティング及びインターネットプロモーションを活用した、
戦略的広報に関する業務委託契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。
平成22年10月3日午前11時。両国国技館(東京都墨田区)において、
第68代横綱朝青龍の断髪式式典及び記念催物が開催されます。
株式会社オリエンタルは、戦略的広報の一環として、
アフィリエイター向けサイトにて年間連続トップランキング1位を獲得している
トップアフィリエイターと連携をし、インターネットマーケティングを活用しております。
 
この度、両国国技館での式典及び式典後の記念パーティー等に関する
戦略的広報業務を開始いたしました。
 
また、株式会社オリエンタルは、代表取締役尾崎友俐をはじめ、
女性スタッフにてプロジェクトチームを発足し、女性ならではの感性と優しさで、
横綱・朝青龍の引退相撲『断髪式』を全力でサポートいたします。
本日より、インターネット及びそれに付随した告知活動を開始いたします。
http://asashoryu.net/

_________________________________
◆本件に関する問合せ先   
株式会社オリエンタル 
代表取締役 尾崎友俐 社長Blog http://yuriozaki.ti-da.net/
Tel 03-3770-2844 Fax 050-3588-6182 info@oriental-japan.co.jp
http://www.oriental-japan.co.jp  
お問合せ先担当者 小高(こだか)080-4116-2844

◆待つ。

那覇は雨です。


あの時、スイカを一緒に食べたあの人は、今、何を想っているのだろう。

今日は台風の為、(台風なのかな?たぶん台風。)18時頃から、ずっと自宅にいます。
じっと、ずっと家にいるだなんて、私にしては、珍しい事。
『善徳女王』という韓国ドラマにはまっているので、それをずっと観ています。

ある案件がまだコミットされていない。
契約書にサインが戻ってきていない。
サインが到着次第、動き出す体制は整っているのに。
この、待ちの時間が、本当に嫌だけど。
でも、焦っても仕方がない。
こんな時は心静かに待つだけがいい。

先日のBlogにも書いたけど、私はTVを観る習慣が無い。
新聞を読む習慣もない。
ビジネス書にも興味が無い。
 
 
それはなぜか。
今回も沢山の方に、意外だと言われた。
そんなに意外かなあ。
私はただ、世の中に振り回されたくないだけ。
振り回す方の立場でありたいから。
いろいろな仕掛けをする立場であるから、世の中の仕掛けられている物事がよーーく見える。
手に取るようにわかる。
 
だから、本質だけを知りたいから、溢れる情報や消費を煽る活動に耳を貸さないだけです。
必要な情報は、本人から直接聞けばいい。
聞ける立場になり続ける努力を怠らずにいればいいから。
 
世の中の多くの人が、決断力やコミットする勇気に欠ける理由のひとつとして、
情報に振り回されているからだと思っている。
情報を知りすぎて、勝手に不安を煽り、勇気を失い、前進できない人がどれだけ多い事か。
常識もまた同じ。
常識に足並み揃えて何になるというのだ?
 
 
法律もそう。
たしかに、法律違反は悪い事。
でも、私の中の道徳は、私の良心が決める。
法律違反であっても、私の中の道徳が悪のジャッジを下さない限り、それは『悪』ではない事。
だから私は友人が罰せられても友をやめないし、
友を励ましに会いにもゆく。
今日、古いクライアントにトラブルが発生したみたい。
周囲はきっと彼を責めるでしょう。
でも、私は彼の味方でいてあげたい。
今までも何度も迷惑かけられても、それでも、離れた事はない。
学習しないおバカな奴だから、私が見放したら可哀想だものね。

話は戻って。
とにかく大事な案件が待っている。
待ちの体制です。
はやく、コミットして頂戴。(笑)
待っているのはつらいです。
でも。この時間が、彼の中の何かを育ててくれるのならば、
待つのも少しは良いのかも知れませんね。

(写真はこちら)




ローズクオーツ水晶ブレスレット。
 神秘の浜辺で浄化します。女性誌・各誌でも取り上げていただいております。
 
メルマガ登録
 お世話になっている経営者との対談や、おもしろい!発見!などを不定期にお知らせしています。
 以前は定期的でした。。(笑) いずれは定期的に戻すよう頑張ります。。(笑)
 
『オリエンタルサロン』
 人生楽しく行こう! 遊び!仕事!!恋愛!!!”楽しい”がベースの尾崎友俐主宰の会です。
 メンバーは全国の経営者・アーティスト・芸能関係・OL・医師・クリエイター・官僚など、さまざまです。
 活動拠点は主に東京と大阪と沖縄です。
 
『セレブ結婚仲介』プレミアムクラブ。一般的な結婚仲介サービスとは真逆で極秘の手法です。

◆地球は凄い。

TVのNewsでもやっていたみたいですね。

すごい。

久高島。

この写真見た時、鳥肌通り越して、心臓が高鳴った。

やっぱり、あそこは小宇宙だ。いえいえ大宇宙です。

あの珊瑚からも異様なエネルギーが発せられていたし。

やっぱりすごい。

さて。

次回の新月は、9月8日19時28分。

テーマは『仕事』です。


仕事(能力を最大限に発揮できる自分へ)
仕事上の人間関係
プロジェクトの成功
洞察力を高める
冷静な判断力
良心・サービス精神の喜び
整理整頓・順応性を高める
環境を整える・混沌から秩序を生む・細部を見て大局を知る
健康管理・食生活の改善・大腸・腸の健康
時間管理・効率性と計画性
過度な完璧主義に陥らない・心配性や取り越し苦労をしない・誰かのせいにしない

久高島や、星や宇宙のお話や、グッズ販売、ギャラリー、

パワースポットなどをめぐるツアーの受付カウンターなどなど…

面白い事満載のスピリチュアル観光案内所『S・info』

まさに、今、工事中です。(まだやってるのかいっ!)

焼肉屋などを先に開店させてしまったので、

とにかく、今、追い込み作業中です。


星の動き関連は、
ジャンスピラーさんの『新月のソウルメイキング』
石井ゆかりさんの『筋トレ』
加藤まやさんの『まやブログ』
を、参考にしています。
水星逆行やグランドトライン、カーディナルクライマックスなど、詳しく掲載されています。
ご参考にしてみてくださいね。

またTyphoonがやってきているみたいだけど、

渡れますように。新月の久高島。。。

(写真はこちら)





ローズクオーツ水晶ブレスレット。
神秘の浜辺で浄化します。女性誌・各誌でも取り上げていただいております。
メルマガ登録
お世話になっている経営者との対談や、おもしろい!発見!などを不定期にお知らせしています。
以前は定期的でした。。(笑) いずれは定期的に戻すよう頑張ります。。(笑)

『オリエンタルサロン』
人生楽しく行こう! 遊び!仕事!!恋愛!!!”楽しい”がベースの尾崎友俐主宰の会です。
メンバーは全国の経営者・アーティスト・芸能関係・OL・医師・クリエイター・官僚など、さまざまです。
活動拠点は主に東京と大阪と沖縄です。

『セレブ結婚仲介』プレミアムクラブ。一般的な結婚仲介サービスとは真逆で極秘の手法です。

しあわせコンベンション。

五日市剛さんをはじめ、著名なみなさんとの夢の共演です。
うれしいなー。

『しあわせコンベンション』というセミナーイベントが5月15日に開催されます。
主催は、『健康まなび屋』さんです。
 
こちらのイベントって、いつもすごい。
ありえないお顔触れが揃いも揃って、しかも激安。
どうやったらこのお値段でこんなに充実させられるのでしょうか…?
感謝感謝です。
 
朝10時〜18時までたっぷりで、講師は5人!
しかも、今なら 早期割引期間なので、5000円!
しかも、内容はスピリチュアル、健康、マネー、心理学、などなど。
ありえーーん。
 
最初、5000円って聞いた時は、ひとつのコーナーが5000円かと思っていました。
1日中で5000円ですよ☆びっくり。

講師陣は、
泣く子も黙る、知る人ぞ知るあのミリオンセラー作家五日市剛先生。イスラエルのお
ばあさんの本『ツキを呼ぶ魔法の言葉』はあまりにも有名です。
口コミだけで120万部の本ですからね。

そのほか、ダライラマ14世から表彰された、松井や原監督などのアスリートの天才治
療家・佐藤清先生や、
日本3大霊能者としてこれまた著名な・久遠紋先生
動物占いの生みの親・住福豊臣先生
そして、わたくし。この5名です。
わたしは、『金運と幸せの不思議』関連の話題にてお話したいと思います。

5月15日(土)
9時50分開場 10時20分開演
大田区民プラザ 大ホール
お申込み・お問い合わせ 03-3248-3920

http://www.shiawasenotobira.com/


ちなみに、18時終了後、蒲田駅近辺の居酒屋さんかどこかでそのまま
オリエンタルサロンメンバー限定で
飲み会にしたいと思っています。(笑)
 
詳細きまりましたら、サロンメルマガにてお知らせします。
学びの多い1日にしましょう〜☆
 
 
 
 
 
ローズクオーツ水晶ブレスレット。
神秘の浜辺で浄化します。女性誌・各誌でも取り上げていただいております。

フランスロールのロマンドーロール。
マネーの虎で出資したクレープ屋さんです。

有線大賞『奨励賞』
受賞しました!佑多田三斗 サブプライム哀歌

メルマガ登録
お世話になっている経営者との対談や、おもしろい!発見!などを不定期にお知らせしています。
以前は定期的でした。。(笑) いずれは定期的に戻すよう頑張ります。。(笑)

『オリエンタルサロン』
 人生楽しく行こう! 遊び!仕事!!恋愛!!!”楽しい”がベースの尾崎友俐主宰の会です。
 メンバーは全国の経営者・アーティスト・芸能関係・OL・医師・クリエイター・
 官僚など、さまざまです。活動拠点は主に東京と大阪と沖縄です。

『セレブ結婚仲介』
 プレミアムクラブ。一般的な結婚仲介サービスとは真逆で極秘の手法です。

友情を通じて東京を見てみると、、

最近の私は沖縄に住んでいます。
 
沖縄に生まれ育った人々や大自然に囲まれ、
 
産業や金融にしばられる大都会を離れ、本来の人間らしい、
 
宇宙や自然のサイクルとリズムを合わせるような
 
生き方ができているような気がしています。
 
 
ちょっと前まで東京に対しては、
 
あきらめというか、このような清々しい気持ちで過ごせるのは
 
沖縄ならではなのではないかしら・・・と思っていたのですが、
 
最近、昔から見知っているベンチャー起業家仲間の友情を楽しんでいます。

起業家というと、周囲との調和を心がけるというよりは、
 
お恥ずかしいですが自分も含め、競争社会だった気がします。
 
ですが、まあ、起業家といっても中堅どころに多少は成長しているせいか、
 
調和や友情といった言葉があてはまるような動きが感じられるのです。
 
 
数ヶ月前から、友情でみんながある歌手を応援しています。
 
『佑多田三斗』(うたださんと)という歌手でして、経営者仲間が
 
いきなり歌手デビューしたのですが、有線にリクエストしたり、
 
Amazonでの購入キャンペーンを仕掛けたり、プレスリリースをだしたり、、、
 
と、とにかくあらゆる応援をしましたところ、
 
なんとなんと!
 
栄えある『有線大賞奨励賞受賞』したのです。
 
これにはびっくりです。
 
なにより、友情でみんなで動いて成功に導いたのも驚きです。
 
それに、関われば関わるほどみんなピュアな純粋な友情なのです。
 
大都会も捨てたもんじゃないな〜と、感じ始めているこの頃です。
 

=========================================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

見習うところ

沖縄が、世界を変えられるかもしれないと、本気で思っている私ですが、

物や財力や武力で変えられるものではなく、心によって変えられると思うからです。

沖縄がどこよりもすぐれているのは、まさに『ゆいまーるの精神。』だと思う。

助けあいは、尊重し合っているからできるものだと思う。


沖縄でくだらない争いがあったとしても、大体ナイチャー(本土の人)が中心となっている。(笑)

周囲を見渡して、不協和音があるところを見てみると、見事にナイチャーが仕掛けている。(笑)

または、ちょっと内地にかぶれてしまった嘆かわしいうちなんちゅ。(沖縄人)(笑)


けれど、無理もないなあ。とも思う。

育った環境があまりにも違うから。

内地の人は、競争社会、足の引っ張り合い、互助精神など皆無、、という環境の人が多いから。


ゆいまーるの精神というのは、誰かが困っていたら、周囲が助けるのがあたりまえな精神。

これは、精神性がとても高いと事だと思う。

相手を信用していなかったらできないし、尊重し合っている仲だからこそできること。

相手を信用し続けるって大変な事です。

よからぬ噂や、挑発的に波紋を投げかけられても、それでもなお、相手を信用し続けらることは、

なかなかの強い意志のある精神ですもの。

これを貫けるってすごいことです。


だから無駄な争いがない。

無駄に相手を傷つけることもない。

相互協力、互助の精神。

この、精神のつながりって、実は何よりも強いものだと思う。


沖縄からは学ぶことが本当に多いです。

=========================================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

◆あたりまえの家族構成。

実は沖縄に住んでいる私です。

もちろん、東京と往復してはいますが、すっかり沖縄をベースにしています。
たくさんの人々に『どうして沖縄なの?』『どうして沖縄に住んでいるの?』と聞かれます。

そうですよね。。

どうしても沖縄でなくてはならない!という理由は何もないのですから。

相変わらずメインの仕事は東京なのに。
住居だけ沖縄。
かなり不思議な生活スタイルです。


なぜ沖縄に魅了されているのか、、いくつも理由はありますけれども、
まっ先に思い浮かぶのが『沖縄の家族構成。』

『核家族』を多く見かける東京では考えられない位、核家族が存在しないのです。
圧倒的に『大家族』なのです。

ひいおじい、ひいおばあ、おじい、おばあ、おとう、おかあに子供たち、、
それに近所の子供たちも一緒くた!(笑)
どこから親戚でどこから近所なのか見分けもつかなく仲良くしている。


だから、知らない子供達の事もきちんと叱る。
公園でも、お店の中でも、モノレールの中でも。
本来の『コミュニティーのあるべき姿。』だと思いました。
あまりの東京都のギャップに驚いてしまったんです。

だから人間本来のあるべき姿を体験できるので、とっても勉強になるのです。

東京の中央的な物流や金融の流れにどっぷり浸かってしまった私にはとっても新鮮だし、
今はどんどんこの考え方を取り入れている私がいるのです。

自分でもびっくりです。

ちなみに私は独身です。(笑)

===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

ローマの休日のような天からの贈り物。

なんとそのご提案とは、『明日、青森をご案内しましょう。』とのとっても素敵なご提案!
 
翌日、ホテルの正面玄関までお迎えに来てくださることになりました。
 
青森市内の美術館を巡ったり、スキー場に連れていって下さった時には、

滑るハイヒールの私をかばって手を差し出してくださいました・・・まるでデートみたい!(笑)
 
 
日頃戦いばかりだった日々の私にとって、

本当にキラキラ輝く休日をいきなり手にしてしまったのです。
 
人生って不思議ですね。
 
ホテルのお部屋に戻ってすぐに寝込んでしまう選択肢もあったはずなのに。
 
あんなにどんよりズシーーンと落ち込んでいたのに。
 
 
急に不意にタクシーに乗り込んで一歩違う道を選択しただけで、

こんなに180度違う未来が開けたのです。
 
ホテルのお部屋にまっすぐに帰っていたらこんな展開はあるはずもないかと思うと、

今でも感動でいっぱいになります。
 
 
こんな素敵な奇跡に巡り合えた事に感謝すると同時に

『違う選択』をした自分を褒めてあげたくなるのです。

自分自身の選択に自信が持てるきっかけとなった素敵な天からの贈り物の思い出です。
 
 
 
=========================================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

天からの贈り物はきっとある。 番外青森編。

タクシーの運転手さんが私に話しかけました。

『お泊りですか〜?』

『お食事は済みましたか〜?』
と。


わき目も振らずにさっさとホテルの部屋に帰ろうとしていた私でしたが、ふと、足を止めました。

なんとなく『そうよね。このまま部屋に帰っても何にも解決しない。』と、思ったのです。

お風呂にゆっくりと浸かるのもいいけれど、その前に気分転換に繰り出してみよう!街を見てみよう!
と、考えなおしたのです。

そして、タクシーに乗り込み、
開口一番『この町で一番高くておいしいお寿司屋さんに連れて行って下さい!』 と、お願いしました。

運転手さんのお勧めするお店があるそうなので、すぐに向かってもらいました。


着いたお店はそれはそれは素敵なお店。

外は大雪です。

清潔そうな磨かれたカウンターの奥には大将がにこやかに出迎えてくれました。

大将の背には大きな窓ガラス。

窓の外は雪景色で、まるで絵巻物のような幻想的な絵でした。

そこでゆっくりまずは日本酒を頂きました。

続いて地元のお魚のお刺身などなどに下鼓。


すでにこの時点で『う〜ん。最高!やっぱり繰り出してきてよかった♪』と、大満足。

カウンターの私の席の横には初老のおじ様とその息子さんらしき2名の上品なお客さんが。

いつしか、お話もさせていただけるようになり、だんだんと盛り上げって来ました。

すると、そこで先方からご提案を頂いたのです。


次回に続きます!

=========================================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

天からの贈り物はきっとある。ホテルの外へ、、、編。

さて。パキスタンにて1泊した時のお話の続きです。

外に出てはいけないと、言われてはいましたが、

塀の外からは楽しそうな音楽やいい匂いがなんとなくどこからともなく漂ってきていて、超魅惑的♪

誘惑に負け、とうとう外に出た私たちを待っていたものは、、、


タクシーの窓から見上げた豪華絢爛?ド派手?な装飾を施し、

人々が鈴なりにぶら下がっているバスの数!数!!数!!!


排気ガス、、クラクションの音、、笑い声やざわめき、陽気でエキゾチックな音楽!

屋台からはいい〜匂いが漂ってきていますから、

タクシーの運転手さんに屋台にも寄ってもらって美味しいサモサのようなものをパクリ!

ローマの休日のような束の間の楽しい街めぐりでした。。


ところで。


ローマの休日のような経験を日本でもしたことがあります。

青森にてです。

その日は春だと言うのに吹雪でした。

私は講演に呼んで頂き、数百人の皆様の前でお話をしました。

当時はマネーの虎(日本テレビ)という番組に出演中の時代でしたので、講演のテーマは【お金】。

当然、お金にご縁のある方がお聴きにいらしていました。


講演が終わり、残りの1時間で、【個別相談】をひとり5分でやってください。と、依頼されました。

すぐにお引受けしました。長い長い長蛇の列ができました。

おひとりづつ地域の方と接触できるなんて、とってもラッキー!と、ワクワクしました。


けれども、楽しみにしていた私とは裏腹に。ご相談の内容は大変深刻なものでした。

一家全員が順番に自己破産をした。そうせざるを得ない状況だった、、などなど、

約1時間以上にわたり、ほぼ全ての方がそのような深刻な状況のご相談でした。


当時の私はきっと精神鍛錬が甘かったのでしょう。。

そのせいか、ぐったりと心の底から疲れ果ててしまいました。


すべての用事を終え、食事をする元気もなく、

隣接しているホテルに戻ろうと雪の道路を渡ったのでした。


あまりに疲れていたので、お弁当も買っていません。

お腹は減っているけれど、お湯を張って、ゆっくり湯船に浸かって泣いてしまいたい、、

そんな気持ちでした。


けれども道路を渡ってホテルの敷地に着くと、車寄せにタクシーが停まっていました。


タクシーの運転手さんが私に話しかけました。 続きは次回に。。。

===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

◆ 天からの贈り物はきっとある。

今回のお話はパキスタン。

パキスタンエアラインで成田からエジプトに向かった時のことです。

格安中の格安チケットでしたので、『各駅停車』のように何度も何度も途中停まる飛行機でした。

でもそのお陰で北京をはじめパキスタン航空が発着するほぼ全ての国・都市に寄ることができました。

時間がたっぷりあって、お金が全くなかった頃の私にとっては嬉しい路線でもありました。

そして、パキスタン。

イスラマバードだったかな?

幾つか都市に寄りましたが、1か所、ホテルで1泊する路線でした。

面白いですよね。。エアライン指定のホテルに航空代金だけで泊まることができる仕組みなのです。

私にとってこの時初めてのパキスタンでした。

航空会社からは『安全のためにホテルからは一歩も外へ出ないでください。』ときつく言われていました。


ホテル内のレストランで指定の夕食を済ませた後部屋に戻ると、

『コツ』『コツ』という、窓に小石が当たる音や、『ヒューヒュー』と、口笛を吹く音が!

何だろう?と思って窓の外を見ると、黒山の人だかりで、タクシー運転手さんがいっぱい!!

外に連れ出したくて誘っているのです。


外に出てはいけないと、言われてはいましたが、

塀の外からは楽しそうな音楽やいい匂いがなんとなくどこからともなく漂ってきていて、超魅惑的♪

誘惑に負け、私たちはとうとう抜け出る計画をしてみました。


次号に続く。(笑)

===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

ジャイプル駅前で大喧嘩です。

今思うと、何故あんなに大喧嘩になったのか、自分でも不思議ですし、

大人気ない想い出でお恥ずかしいのですが、ジャイプル駅前で大喧嘩をしてしまいました。


別名ピンクシティとも呼ばれる、街中がピンク色一色のジャイプル。

風の宮殿などの見所もあって、インド有数の観光地です。

列車が到着し、数多くのリキシャーの中から、1台を選びました。

そしてまずは交渉です。


そのリキシャードライバーはいくら価格を聞いても『気持ちだけでいい。』の一点張りです。

とても誠実そうな素振りを見せていました。


価格が決まっていないのに乗り込むのは抵抗がありましたが、

ここで断るのも彼の好意を踏みにじってしまうような感覚もあり、

そのリキシャーに乗って風の宮殿まで連れて行ってもらい、その後駅まで帰ってきてもらう事にしました。


宮殿はとても素晴らしく、風も心地よく吹いてくれて、

さすが山の頂上に建てた宮殿だけあって、エアコンなど無い当時の人々にとっては

究極の贅沢な場所だったのだなあと感心したり、満足でした。


観光客っぽく象の背中にも乗せてもらい私はゴキゲンでした。

駅までの帰り道に、売店によってコーラを買いました。

リキシャドライバーの分ももちろん買って、ストローでチュウチュウ吸いながら、

呑気に平和に観光を楽しんでいました。


さて。

駅に着きました。


『気持ちでよい』と言っていたドライバーですが、気持ちだけではなく、

距離や時間で換算した、『相場』の料金を彼に渡し、駅構内に戻ろうと思ったら、

いきなり腕をつかまれました。


そして、怒鳴るのです。『少なすぎる!』と言っています。

私は『え?相場じゃないかしら?』と言い返しました。

彼はそのお金はポケットにしまいこみました。でも文句は続きます。


言い合っているとだんだんこちらも腹が立ってきて、(暑さのせいもありますが。)

『そんなに文句を言うのなら、そのお金を返してください。』と言ったり、

ああ言えばこう言うの口論となってしまいました。


気付けば周りは黒山の人だかりです。

15分位経った頃でしょうか。街の長老格のようなご老人が現れて仲裁に入ってくれました。

双方の意見を聞いています。


結局、私たちが正しいということで、騒ぎは終わりましたが、暑さと言うのは怖いですね。

普段私はそんなに怒ったりしないのに、体力が消耗すると、イライラし、

そんなに怒らなくても良いことで激情したりしてしまいました。


駅の中のリタイアリングルームを借り、その後はぐったりと寝込んでしまいました。

相当なネガティブなエネルギーを使ったのだと思います。

熱い国に行く場合は1にも2にも体力がとても大事です。

つくづく思いました。


そして、この日を境にしばらくの間、インドが嫌いになってしまったのでした。。つづく。


===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

飲んだら、パリンッ!

インドでは列車での移動が主な旅の手段でした。

窓の外の眺めは行けども行けども終わりが無いかのような同じ景色。

ずぅっと畑です。


畑と列車の線路の間には溝が掘られてあって、牛の死骸や車のスクラップなどが目に入りました。

死骸なんて見たことは無かったのですが、これもまた行けども行けどもずっと続きます。

この牛の死骸たちは電車に跳ねられてしまったのでしょうか?

それとも溝に葬られているのでしょうか?結局意味は不明のままでした。

そんなことをボーっと考えながらの列車の旅。


ゴトゴト・・・ゴトゴト・・・と、ゆったり走る列車の旅ですから、なんといっても楽しみは“停車”です。

窓越しに色々な物を売りに来てくれます。

カレー・サモサ・チップス・ミネラルウォーター・ジュース・・・おいしそう!

私の楽しみは、『チャイ』。お茶です。

お値段は幾らだったかは忘れてしまいましたが、本当に安かったと思います。


このチャイですが、素焼きの可愛らしいカップに入れてくれます。

ちょっと小ぶりのカップです。

手作りで素焼きなので、『かわいい!』と喜んでいました。


そして、飲み終えたカップをお茶屋の少年にお返しすると、

なんと少年は地面に叩きつけて割ってしまいました。ええッ?カップを叩きつけて割るなんて!


けれども少年は驚く私の事などお構い無しです。

見ると、どなたのカップもそうしています。


素焼きですから、わざと割って細かく砕き、土に還りやすくするのだそうです。素晴らしい!

ちょっと乱暴な気がして驚きましたが、すぐにその考え方に賛同できました。

最近はプラスティックのカップが主流になりつつあるそうですが、やはり素焼き派も多いのだそうです。


プラスティックは提供する側にとっては品質が安定してよいかもしれませんが、

やはり手作りの素焼きのカップは温かみが有って味も格別です。


1杯飲んだらパリンッ!と割ってしまう切なさもまた良いのかも知れませんね。

===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

面白い人達が沢山のインド。

インドに到着しました。

デリの空港からどこかの町へ移動です。確か飛行機だったと思います。

ところで、お腹はまだ治っていません。それどころか、どんどん衰弱していきました。

ベッドでうずくまる私を心配して、旅の連れである私の生涯の友・UNAちゃんが

薬を探しに出かけてくれました。

数時間後、衰弱する私の目の前に薬が!!

UNAちゃんは、宿の人に薬屋を聞き、その通りに歩いていたら、4kmくらいは歩いたのだそう。


ところで、途中面白いインド人男性に会ったようです。

出くわしたという表現の方があっているかも知れません。

UNAちゃんが灼熱の太陽のインドの道を薬屋を探して歩いていると、

1人のインド人男性が、ネパール語で話しかけてきたそうなのです。

付きまとわれている感じがして無視していると、インドネシア語で話しかけて来たそうです。


無視していると、韓国語で話しかけて来たそうです。

更に英語で、そしてアラビア語で、、でも、ずっと無視していたら、

その男性が、『一体何語だったら通じるんだよーー』と、英語で叫んだそう。

そこでUNAちゃんは、『ニホンゴ!』と、日本語で叫び返したそうなのです。

きっと、日本語なんてわからないと思ったから。

ここで、この灼熱の太陽の下のうざったいやりとりから逃れられると思ったから。

でも、なんと、『なーんだ。日本語かあ。』と、流暢な日本語で返って来たそう!


これにはビックリで、その後意気投合して薬局にも一緒に行き、

その男性の家にも行って、家族にもてなされ、お茶を一杯ご馳走になって帰ってきたというのです。

これには、まーあ!弱っていた私もビックリです。

インドとはなんと不思議な国なのでしょう。。

活力が湧いてきました。宿のベッドの中で弱っていてもはじまらない。ここはインド!

さあ出かけなくっちゃ!面白い人達が沢山いそうだ!!

===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

忠告は守りましょうね。

タイからインドに飛びました。

タイを出る一日前、誘惑が私の目の前に来たもの、、

それは、『アイスティー。』


蒸し暑いバンコク。

ストローを回すとカラカラと音を立てて、美しく輝く氷と、

薄くカットされたレモンが回っているのを隣の席で見ていました。

バンコクの町の中でもとてもお洒落なお店です。


お洒落をした地元の綺麗な女の子達が楽しそうにおしゃべりしながら飲んでいて、

お腹をこわすかもしれないと、心配が頭をよぎりつつも

『いえ。大丈夫。お洒落なお店だし。。』と、注文しました。

そのアイスティーの美味しかったこと美味しかったこと。

そして次の日。インドに出発の朝。

案の定、お腹を壊しました。(笑)


あれだけ注意されていたのに。。

冷たい飲み物は飲んではいけない。氷もいけない。。と。

今までに味わった事の無いようなとんでもないお腹の下し様でした。

ですが、飛行機は直前の変更は出来ません。

這うようにして空港に行き、空港のベンチでうずくまっていました。

なんとか飛行機には乗れたものの、ずっとトイレの中です。

シートベルト着用サイン?そんなの関係ありません!離陸時もずっとトイレの中です。(笑)

ビジネスクラスでしたから、美味しそうなお食事や果物、チーズ、シャンパンが用意されていました。

でも、ずっとおあずけです。

お湯にお砂糖を溶かして、飲んでいました。


『忠告は守る事。』この時以来、どんな忠告も守るように心がけています。(笑)

===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

愛国心という場面を目の当たりにした。

タイにチュラロンコーン大学という学校があります。

大学の周囲には公園が広がっています。

大学の雰囲気を楽しんでから、お散歩がてら公園を散策していました。

公園内にはお散歩を楽しむ人、キャッチボールをする人、寝っ転がっている人、

何か食べている人、おしゃべりしている人、、と様々で、色々なスタイルで楽しんでいる様子でした。

夕方でしたので、帰宅を急ぐ人や何か御用事が有りそうな人など、足早に歩く人も沢山いました。

しばらく歩いていると、「音楽」が鳴り響きました。


なんだか格好良い「音楽」だったのですが、

…目の前の光景に驚きました…


これまでに寝っ転がっていた人、何か食べていた人、おしゃべりしていた人、

足早に歩いていた人達、、みんながみんな、全員立ち止まり、胸に手をあて、

目を瞑り、頭を垂れたのです。


何事かと思いました。

が、それはその「音楽」に対して行っている行為なのだな?とようやく気付きました。

戦争時代を知らない私は本当に驚きました。

音楽は国歌だったのです。


夕方の音楽といえば、「カラスが鳴いたら帰りましょ〜」だったり、

「夕焼け小焼け」の音楽などが流れる私の町・国。


国歌が流れ、国民がみんな敬意を表する姿に感動しました。


観光客だからといって、1人歩いているのもなんだか目立つし、

非難の目を向けられそうで、思わず私も立ち止まりみなさんと同じように頭を垂れました。

目は開けて様子は見ていました。。(笑)


愛国心っていいなー。と思いましたし、ちょっと羨ましい気持ちでした。

===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

もの凄い販売力。

今回は、水上マーケットでのお話です。

水の都タイでの水上マーケット!

テレビの中で見るその様子はアジアならではのエキゾチックさが漂う、絶対に訪れてみたい場所でした。

ところが行ってみてどっこい。

まあ、当たり前なのかもしれませんが、観光地化していて、

船の値段は吹っ掛けてくるし、態度は悪いしで、交渉が大変でした。


そんな中でも比較的良心的な舟漕ぎのおじさんと交渉が出来て、

納得のお値段で小船をチャーター!

犇めき合う小船たち。

その中を掛け声を掛けながら私たちの小船は進みます。

お花を売る船、、鶏を沢山積んでいる船、、ビニールに入った飲み物を売る船、、焼鳥を売る船。

そう焼鳥は、小船に炭火を積んで、おばちゃんが焼いているのです。

この小船のおばちゃん達は凄いです。何が凄いかと言うと、感度と眼力です。(笑)


『わ〜。あの船には鶏が沢山だね〜。』とか、『傘の帽子ちょっと欲しい気がする〜。』

など、独り言に近いようなつぶやきも聞き逃しません!

あっと言う間に小船に取り囲まれます。


殺気すら感じられる営業力なので、怖いから逃げますが、

『あ。でも、焼鳥は食べたいかも。。』とまたつぶやくと、

焼鳥の小船のおばちゃんは、なんとなんと!追いかけてきてくれました。それも、、、

まずは他の船たちを手で遠くへ押しやり、自艇が進む道を作ります。

それから、

右手に船のオール、、

左手では焼鳥を焼き、、

笑顔でこちらを見、、小船の雑踏に紛れてしまわないよう、

必死の形相ででも笑顔で漕いでくるのです。

時折、ちゃんと焼鳥の火加減、焼き加減も見ています。

おっかしくて笑っちゃいましたが、商売の真髄を見た!と思いました。(笑)

===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

インドの老夫婦に学んだ宗教観。

そういえば、チェックアウトする前にオリエンタルホテル主催のオリエンタル号という船による、

遺跡めぐりツアーに行きました。


チャオプラヤ河をオリエンタルホテルから各遺跡までを往復し、ガイドしてくれる観光船でのツアーです。

当時の私は船乗りでしたので大はしゃぎ。

ゆったりと流れる河を船で行くなんてとっても素敵。

しかも、ランチブッフェ付です。実はこのランチが一番の楽しみだったりもして。(笑)

観光も中盤となり、お楽しみのランチの時間となりました。


私たちのテーブルは4人掛けで、
お向かいにはインドのバンガロールという都市からいらしていた老夫婦でした。

サリーを着こなしたおばあ様と一緒にテーブルを共にするのは初めてです。

飲み物をそれぞれに注文して、お食事を好きなだけ好きなお料理をテーブルに自分で運びました。

折角なので、色々なお話を伺いたいと思い、勇気を出してつたない英語で話しかけてみました。

すると、先方も私たちに話しかけるチャンスを窺っていたらしく、

思いのほか楽しく会話を楽しむ事が出来ました。

でも、ふと、会話の途中で思い出してしまったのです。

インドのヒンドゥー教は確か、牛を敬っていて食さないのでは・・・?


そうだ。。

そうだった。。牛は絶対に食べないんだった。。

目の前に座った若者が何食わぬ顔をして牛を食していて嫌な顔ひとつしないご夫婦。。

牛を目の前で食してしまった事には特に触れずにいました。

牛だと気付かない方がいいかもしれない。と思ったからです。

タイの後にインドに行く予定でしたので、とても良い戒めの経験ができたと思いました。

個人の食事は個人の自由だとしても、
せめて同じテーブルに着いたのだったら相手の宗教観や習慣を
おもいやる気持ちを持ちたいと学んだひと時でした。

そのご夫婦には一度だけお手紙を出し、お返事もいただきました。

またお手紙を出してみようかな。

===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

オリエンタルホテルからサイアムオリエンタルホテルへ。

オリエンタルホテルの支配人が主宰するパーティーに招かれたり、

翌朝はチャオプラヤー河を見下ろす川沿いのテラスで素敵な朝食をとり、

十分にオリエンタルホテルを満喫し、チェックアウト。さあ出発です。

前夜は目一杯お洒落したけれど翌日は軽装。だって初めてのタイですもの。

それに次に目指すのは『カオサン通り』という、世界中の貧乏バックパツカーが集まる町!

オリエンタルホテルの左手にある船着場からカオサン方面までは船で行きました。

またこの船がすごい。運賃は当時で約1円?2円?位だったように感じます。安い!

代金を徴収する男の子は乗船者の顔を全て覚えているらしく、

ちゃーんと新規乗船客からだけ徴収していたのが印象的でした。


船に乗って河から眺める寺院や町もまたエキゾチックな風景でしたし、

川沿いに暮らす人々の様子や、河に飛び込む子供達を見ていたら

あっと言う間にカオサン近くに到着です。

今夜の宿はなんと決まっていません。(笑)


バックパッカー御用達のガイドブックには

『カオサン通りには安宿がいっぱい!予約せず、現地で交渉しましょう。』とありました。

ですが、正直時ドキドキです。

通りに入るとそこは、『自由な旅行者のたまり場』のような雰囲気が漂ってました。

ほとんどの建物は1FがCaféで、その奥又は2階以上がホテルになっていました。

『遠慮せずに部屋の様子を必ず確認すること。』と、

ガイドブックにアドバイスが書かれてありましたので、

どのホテルにするのかひとつひとつ見ていくことにしました。

何軒か見て回った後に決めたのが『サイアムオリエンタル』です。

他のホテルより多少は割高でしたが、きれいで新しく、清潔感があり、

何より窓が有ったのが決め手でした。

割高といっても、1泊1000円ですのでオリエンタルホテルに比べて何十分の一です。(笑)


ただし、この通りは泥棒が多いという治安ですので、窓が無い方が泥棒に入られにくい。

という意見も多いようです。

ですので、窓やドアには持参していったカンヌキなどを使用して防犯しました。(笑)

なぜカオサン通りに来たかと言うと、これから世界一周する私にとって情報を仕入れたかったのと、

アジア圏内でバックパッカーの旅に慣れておきたかったからです。

===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

オリエンタルホテルでのパーティー

パーティーに招待されるなんて!

近所の友達の誕生日パーティーに招かれる、、などをのぞいては、生まれて初めての招待です!

貧乏旅行をしようと思っていた私には当然パーティー用のお洋服などあるはずがありません。

こういったパーティーで何を着るのが相応しいかも良くわかりませんでしたが、

とりあえず町に繰り出すことにしました。


初めてのタイ・バンコク。

どこに行けば町なのかしら・・・?と思いつつ散策を始めると、

ホテルから少し行ったところに仕立て屋さんがずらりと並ぶ町並みを発見!

この通りは面白かったですョ。

決して綺麗な通りではありません。ちょっと勇気が要る通りでした。


アラブ人街?インド人街?なのか、頭にターバンを巻き、

Yシャツにネクタイをした男性が店主のお店が軒を連ねていました。


自分で洋服を仕立てることなど無かった私は『ちゃんと出来上がるのかしら?』

『夜までに間に合うのかしら?』など不安に感じながらも思い切って作ってもらうことにしました。

シンプルな、とってもシンプルなベージュのワンピースです。


驚いたのは、採寸する人、お茶を持ってきてくれる人、

話しかける人などなど働く人の多いこと多いこと。(笑)


採寸と生地選びも終わり、支払いを済ませました。

レシートを頂いたものの、お金を支払いましたので、

『ほんとうにちゃんと届けてくれるのかな〜?』と不安でしたが、

ちゃーんとホテルのフロントに約束の時間通りに届けてくれたのです!

初めてのバンコク。初めての招待状。初めての仕立て。

とても嬉しかった。

===================================
尾崎友俐 (おざきゆり)


株式会社オリエンタル

女性総合研究所(女性支援・起業塾)

タイで感じた格差

タイで感じた格差

世界一周旅行の経験からすでに13年も経ってしまっているけれど、

沢山の想い出が詰まった旅行たちなので、折角だからこのBlogに書き綴っていこうと思います。

世界中の人々と接したし、悪い人から良い人まで会ってきたから、
もうほんと、毎日がドラマチックだった。

今に活かされる貴重な経験も沢山しましたし、面白い情報も日々満載だった。

当時は円高!79円!!世界一周旅行のチケットがエコノミーで15万円くらいという格安さ。

ビジネスクラスでの世界一周旅行も30万円くらいだったと思います。

こんなチャンスは二度とないと思い、ちょっと背伸びしていや、
大分背伸びしてビジネスクラスのチケットを選んだ。

NW航空とKLMオランダ航空の合同企画で、世界中の発着地を自分でアレンジできると言う、
素晴らしい内容だった。

ルールもいくつかあって、北半球・南半球含めてちゃんと一周するプログラムに組さえすれば、
発着空港もどんどん変更しても良いと言う、自由旅行者には大変ありがたい企画だった。

初めて乗るビジネスクラス。

成田から乗り込みましたが、シャンパンがガラスのグラスに出てきた時は驚きましたね。。

まず飛んだのはタイ。

これまた奮発して最初の一泊目だけは、世界一と名高い『オリエンタルホテル』に泊まった。

貧乏旅行をこれから時間をかけて回ろうとする私には大変な出費でしたが、
どうしても世界一を知りたかった。明日からは安宿に泊まればいいのだし。と思って。

正面玄関に降り立ち、ドアを開けてもらうと、スーーーっと軽く冷ややかで、
でも、ゆったりと大きく流れる風を感じました。

これだけで私はビックリ。この、絶妙な極上な空調は凄い!と、若輩者の私も驚きの体験でした。

ロビーの中央には何百本もある蓮の花のつぼみの生花が、大きく大きく生けてありました。

ここからほのかに香る香りとが相まって絶妙な空調が出来ていたのかもしれません。


さて、チャオプラヤー河を見下ろす事の出来るお部屋に到着しました。

そこで驚いたのは、マネージャーからのパーティーの招待状。

予約時に、世界一周の第一泊目になるとお話していたからなのか、何故か選ばれていたのです。
これがまたラッキーでした。

私のような若い者がそのような上質なパーティーを体験する初めての経験を得られた夜だったからです。

だんだん薄れてしまう記憶の中に残る、キラキラと輝く希望に満ちた旅行の物語たち。

ぼんやりとしつつある残影から鮮明に呼び戻す作業が出来て、この機会に感謝します。

次回は、このパーティーや飛行機での出来事などなどを書こうと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

尾崎友俐 (おざきゆり)

All about http://profile.allabout.co.jp/pf/oriental-yuriozaki/
Blog  http://blog.livedoor.jp/yuriozaki/  

◇株式会社オリエンタルhttp://www.oriental-japan.co.jp

女の人生駆込みアカデミー『女性総合研究所』の運営 http://www.jyoseisouken.com
セレブ合コン・異業種交流会『オリエンタルサロン』の運営
http://www.orientalsalon.jp
セレブ結婚仲介『プレミアムクラブ』の運営 http://www.oriental-japan.co.jp/premium/
プロモーション・コンテンツプロデュース
飲食店プロデュース・コンサルティング
MediaMixCafeの企画運営

〒150-8512
東京都渋谷区桜ヶ丘26−1セルリアンタワー15F
Tel 03−3770−2844  Fax 050-3588−6182

父の表彰式

今年64歳になる父が、表彰されました。

どこから表彰されたかというと、役員として勤めている会社ではなく、

40年に渡って取引先としてお世話になっている会社からでした。


これには、私も驚いてしまいました。

取引先と言っても父にとっては得意先。お客様。

お客様から表彰されるって、とても凄いことだと思うのです。


仕入先から表彰されたり、社内で表彰っていうのは聞いたことがありますが、

得意先からの表彰ってことは、その得意先に対して、とても良い仕事をし続けた証だと思うのです。

仕事をしている身としては、父と共に喜びましたが、何より、先方の会社の

取引の姿勢に感動しました。


賞状の受け取り方ってご存知ですか?

私自身中学校?位の時に頂いて依頼、表彰なんてされていないものですから、

『左からうけとるのか?』『いやいや右手で受け取って、左手を添えるのでは?』などなど、

家族中でちょっとした事件でした。(笑)


結局、『表彰されなれていない家族に聞いても埒あかないので、賞状を渡しなれている”係りの方”に教

えていただいた方がいいね。』

と、なりました。(笑)


父は当日、明るめのネクタイを締めて出掛け、みんなで玄関で見送りました。

我が家にとってはとっても楽しくて喜ばしい事件でした。


ありがとうございます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

尾崎友俐 (おざきゆり)

All about http://profile.allabout.co.jp/pf/oriental-yuriozaki/
Blog  http://blog.livedoor.jp/yuriozaki/  

◇株式会社オリエンタルhttp://www.oriental-japan.co.jp

女の人生駆込みアカデミー『女性総合研究所』の運営 http://www.jyoseisouken.com
セレブ合コン・異業種交流会『オリエンタルサロン』の運営
http://www.orientalsalon.jp
セレブ結婚仲介『プレミアムクラブ』の運営 http://www.oriental-japan.co.jp/premium/
プロモーション・コンテンツプロデュース
飲食店プロデュース・コンサルティング
MediaMixCafeの企画運営

〒150-8512
東京都渋谷区桜ヶ丘26−1セルリアンタワー15F
Tel 03−3770−2844  Fax 050-3588−6182

自分で自分の価値を高められる考え方

『私なんか、、、』って謙遜している人。謙虚なお考えもあるかとは思いますが、

もうちょっと自分で自分の価値を認めてみてはいかがでしょうか?


謙遜が美徳のような言葉を遣うのも日本の伝統なのかもしれませんが、

ここはちょっと現代風にせめてご自身の心の中だけでも自分の価値を高めてはいかがでしょうか。


お陰様で私は日々楽しい仲間に囲まれて楽しく過ごしておりますが、

自分なりに自分を分析してみた事があります。


自分と他の人との考え方の違いはなんだろう。。と考えてみたのです。

様々なことがわかってきましたが、まずは『自分大好き』なところです。(笑)


いつ何をしても、

『私ってすごーーい!』とか

『私ってさすが!』

と、この調子です。


レストランにお食事に行って美味しいお料理を頂いても、

『さすが私!私が選んだお店はやっぱり違うな〜。』

『こんなに美味しいお料理が食べられて、私のメニューのチョイスって最高!』と、

とにかく自分自身で自分を誉めまくる。(笑)


楽しいひと時を友人と過ごしても、

『私の友達って凄い!魅力的!!さすが私の友達!』

という具合です。(笑)


さらにこれは困った事に、自分の心に留めて置くだけではなく、人前で言います。

しかも連発します。(笑)

恥ずかしいですか?でも、いいのですョ。


自分で自分を誉めまくる。

自分が大好きになってきます。


まずは誰よりも先に自分自身が自分の価値を認めてあげるところから楽しい日々は

始まるという考え方もあると思っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

尾崎友俐 (おざきゆり)

All about http://profile.allabout.co.jp/pf/oriental-yuriozaki/
Blog  http://blog.livedoor.jp/yuriozaki/  

◇株式会社オリエンタルhttp://www.oriental-japan.co.jp

女の人生駆込みアカデミー『女性総合研究所』の運営 http://www.jyoseisouken.com
セレブ合コン・異業種交流会『オリエンタルサロン』の運営
http://www.orientalsalon.jp
セレブ結婚仲介『プレミアムクラブ』の運営 http://www.oriental-japan.co.jp/premium/
プロモーション・コンテンツプロデュース
飲食店プロデュース・コンサルティング
MediaMixCafeの企画運営

〒150-8512
東京都渋谷区桜ヶ丘26−1セルリアンタワー15F
Tel 03−3770−2844  Fax 050-3588−6182

カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや