サイトマップ

  • むらつ歯科クリニック
  • 江一圭「生きる」東京図書出版
  • 大いなる自己との対話 コズミックアカデミー
  • バナー広告掲載について
応援リンク

最新トピックス

■【にんげんクラブメルマガ】便り465

■【にんげんクラブメルマガ】便り465


[メルマガご登録者 現在7314名]

こんにちは。
全国の支部からの情報をお届けします。


=================================
1.大阪より 新しい扉が開く時!!川田薫博士監修「使命を全うする会」 4/18日(土)
=================================

大阪支部の小原正年です。

新しい扉が開く時!!川田薫博士監修「使命を全うする会」が始まりました。
【紫音典子(にんげんクラブ会員)さんからのメッセージ】

氣づきの会にご縁を頂きましたみなさまに、関西氣づきの会がスタートし、まる6年になりました。
沢山の方に応援して頂き、今日まで来ることが出来ました。
本当にありがとうございました。感謝申し上げます。
そして、7年目に突入し、今までのように継続しようと想っていたのですが。。。
宇宙の流れが変わり、プランを白紙に戻すことになりました。いよいよステージが変わりました。
今までの進み方ではない方向に会をシフトすることになりました。

ご自身の役割に氣づき、いよいよ活動する時にきました。
役割はそれぞれです。前を向いて進みましょう!
詳細は4月。予定の日程(4月18日)にお話させて頂きます。
どうぞよろしくお願い申し上げます! 愛と感謝と共に
◆日時 2020年4月18日(土) 13:00~16:00  開場12:45
◆場所 癒しの空間 ヒーリングサロン 紫音
西宮市江上町5-15 アリコ・ヴエール601
(インターフォンで601呼出をお願い致します)
阪神西宮駅徒歩7分、JR西宮駅・さくら夙川駅徒歩15分
◆参加費 一般 5,500円 にんげんクラブ会員 5,000円
(当日受付にて参加費をお支払いください。) 
◆定員30名様限定
★「使命を全うする会」のお申込は、★

http://www.rakuenlife.com/simei.html
お問合せ先 小原(おはら) 携帯090-8385-3147

=================================
2.関東より: 資本主義の終焉
=================================

こんにちは。
関東支部代表世話人・フロンティアショプのSeiです。

先週は「ウィルス問題の先、またその先にやってくるもっとずっと悲惨な状況」って
いう原稿を書いてたんですけど、なぜか送られてなかったんですねー。ちょっと突っ
込んで書きすぎたんでしょうね(~_~;

要は、今回のコロナ問題は資本主義の終焉の現れのようだってことで、詳しくは3月
のゴールド会員通信で配信して、15日の海底村本物情報会でその説明をしたんですけ
ど、事態が事態なので通信のその部分だけ緊急公開することにしました。
ブログかメルマガでそのURLを出そうかと思ってます。

で、今月の予定は次の通りですけど、この状勢ですから、ごく少数に限って場所も再
考して、インターネットでの会にするとかを考えています。
なので、参加ご検討(インターネットの会を含めて)の方は、まずはご連絡ください。
個別の対応になりますので。

4/ 9(木) 月例・海底村本物情報会~Sei
4/12(日) スーパー微生物農法の会~フロンティアショップ
4/17(金) 志士の会@船井本社
4/19(日) 波動測定と心身改善会~小林卓
4/29(水祭) ネッシン療法講座とアロマ活用術 Vol.02~横山卓

各イベントの詳細、お休み日は
↓講演・セミナー・イベントカレンダー↓
http://gop55.shop-pro.jp/?tid=2&mode=f9
をご参照ください。

いつもありがとうございます
Sei(~-~)

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

各地のセミナー・よりあい情報をご紹介します。
お近くの方やご興味のあるイベントは、クリックしてみてください。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


【イベント・講演会】

●大阪より 川田薫博士監修:高野山「光のツアー」2泊3日(4/4~6)
●大阪より 川田薫博士監修「使命を全うする会」(4/18)
●大阪より むちゃ凄い潜在意識を開くトレーニング(4/19)
●大阪より 夢実現 イメージトレーニング(5/31)
●大阪より 七田眞先生の長編ドキュメンタリー『魂の教育』上映会(8/2)

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


**にんげんクラブ主催セミナー** 

☆赤塚高仁先生 ヤマト人の『聖書塾』第3シリーズ(4/18・5/24・6/28・7/25・8/22・9/19)
☆秋山佳胤先生&秋山桃子先生「ロータス・カフェ ~アフタヌーン~」(5/30・7/11・9/12・11/28)
☆いときょう先生『ヲシテ文献ホツマツタヱを学ぶ』第5クール(5/14・6/11・7/9・8/6)
☆「カリカセラピ」SAIDO-PS501  商品説明会(4/15)
☆舩井勝仁『超弦理論で読み解くこれからの時代』9次元を象徴するエヴァの時代がはじまる(4/16・6/18)
☆健康能楽 科目別体験セミナー (4/22・7/22・11/15)
☆『ベビー手話講座』幸せプログラムを幼児から学ぶ教室(5/8)
☆高島康司先生 「未来予測セミナー」(6/6・10/3)
☆はじめての楽読(らくどく)初級講座 2020(7/8)


お待ちしています!

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

舩井勝仁のウィークリーレポート
(毎週水曜日更新)

畑アカラ先生『大嘗祭と伊勢神宮・稲の祭』
(隔週火曜日更新)

鈴木晃先生、鈴木南水子さん『オランウータンに、いつまでも熱帯の森を。』
(隔週水曜日更新)


にんげんクラブの入会お申込みは、コチラ

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

『にんげんクラブ』とは、


「世の中の構造」と「にんげんの正しいありかた」を
40年以上研究し続けてきた舩井幸雄が、2006年4月に発足した
「世のため人類のためのよい近未来」をつくろうとする勉強団体です。

35年以上会社のトップに立ち、
そして経営コンサルタントとして多くの企業と接してきた結果、
舩井幸雄に見えてきたのが、『人』。

人が会社も、世の中も動かしている。
一人の人の生き方、考え方で
自分の人生も周りの人の人生も大きく左右される。

多くの企業経営者や最先端の研究者から寄せられる真実の情報とともに、
どう生きるべきか、何をしてはいけないのか、といった
「正しい生き方」のコツを紹介していきます。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


舩井勝仁(ふない かつひと)

1964年大阪府生まれ。
1988年(株)船井総合研究所入社
1998年同社常務取締役
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という
父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。
「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」
を中心に活動を続けている。

近著に『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』
(竹田和平・小川雅弘共著)、『日月神示的な生き方大調和の「ミロクの世」
を創る』(中矢伸一共著)、『聖なる約束3黙示を観る旅』(赤塚高仁共著)、
『NEW MONEYTHEORY お金は5次元の生き物です!まったく新しい
付き合い方を始めよう』(はせくらみゆき共著)、
『舩井幸雄の魂が今語りかけてきたこと』(矢山利彦・佐野浩一共著)がある。


「有意の人になりましょう」

有意の人というのは、世の中の構造がわかっていて
人としての正しいやり方がわかっているひとのこと。
有意の人の集合意識でないと世の中は変わらない。
最晩年、父が言い続けたこと。

無意識が多分世の中を作っている

皆で有意の人になったら、いい思いを集めて
あるべき世界を自分たちが想造していく。
この『想造』、父と生体エネルギー研究所の佐藤政二先生の造語だが、
人間の持っている1番よい能力としての想造力、直感力をフルに生かして
有意の人たち集合意識を生かして、あるべきユートピアを創造しましょう。
それが、晩年の父が最も言いたかったことだと思う。

天変地異、コロナ、また昨年の消費税増税導入の影響で経済の冷え込みなど
今も、そしてこれからもどんどん大変なことに直面していくが、
私たちがきちんと意識をバランスよく保ち、こんな世の中を作りたいと
想いをちゃんと持ち続け、その想いを集めていく。
そこで1つの方向性が生まれ、いろんなことが起きても乗り越えられる。
そして乗り越えていった先の世界はとてもいい世界が必ず待っている。

父が言いたかったのは 神様はよい世の中を創っているはず、
でも当事者である人間の私たちは大変なことだらけ、
私たちの集合意識を合わせて行けば、
大難を小難に、そして小難を無難にしていくことができるはず。
50年経ったら人間が何をしようともユートピアになっているはずだが、
それまでにもひどい思いをしなくて済むよう、なるべく集合意識と
無意識を整える。無意識をしっかりと感じられる人になる。
集合意識にアクセスするだけではなく、もう一歩先に進んで
私たちの集合意識を手に取るように俯瞰できるようになることが
大事だと父は今生きていたら言うと思う。

まさに「有意の人」だからこそ到達できること。
そのレベルに行ける人が1人でも2人でも出てくることが大事だと。

では、有意の人になるためにはどうしたらいいのか。

父は世の中での大事な人間のあり方はシンプルに2つだと
繰り返し言っていた。
1つは、世の中のすべてのものは生成発展していくこと。
もう1つは世の中の大自然など秩序はこわしすぎず、守る。
秩序に沿った言動、行動のバランスを心がけることが
大事なのだと思います。

舩井幸雄.com
にんげんクラブ

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


【舩井幸雄から 今週のひとこと】

funai-goroku-20200402.jpg

☆.。.:*・°☆☆.。.:*

「人も自然も
   社会もすべて、
      生成発展中」
    
        .。.:*・°☆☆.。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


※このメルマガは、にんげんクラブセミナーなどにお申込いただいた方や
にんげんクラブストアなどをご利用いただいた方にもお届けしています。


☆このメルマガの登録を希望される方はこちらから↓
 https://www.ningenclub.jp/mailmag/

sub_bnr_mailmag.gif


============
■【にんげんクラブメルマガ】便り465
〒108-0014 東京都港区芝 4-5-10
ユニゾ芝四丁目ビル 8階
TEL:03-5730-2713 FAX:03-5730-2715
E-mail:toiawase@ningenclub.com
HP:https://www.ningenclub.jp/
=============

健康的な生活


 いよいよコロナウイルスの感染が日本でも本格的に広がってきました。
こうなってくると一番大事なのは「他人さまにご迷惑をかけないこと」。
これができるのは日本人の美徳ですが、一番控えなければならないのは、
自分の恐怖を社会の空気に置き換えて犯人捜しをするような行動だと
思います。

 規則正しい生活をして、しっかりと運動をして(大半の人にとっては
ラジオ体操程度で十分ですし、思い出したのは父が推奨していた両手振り
体操
です)、身体に良いものを食べ、しっかりと睡眠をとって風邪など
ひかずに健康に過ごすことを心がけることが大切ですね。

 そしてもうひとつ、とても大事なのがストレスを溜めないこと。
テレビのニュースを見て怖くなり、インターネットでフィルターバブル
(クリックされやすいように好みの情報ばかりが入ってくること。
油断しているといつの間にかフェイクニュースばかり入ってきてしまう
こともあるようです)がかかった偏った情報を見て怖くなり......、
という状況に陥りがちですが、そんな状態だと自覚したらたまには情報を
遮断してください。そして、気持ちを落ち着かせるために花などを眺めて
みればいかがでしょうか。

 かくいう私もそのような状態に陥っていたからか、あるスピリチュア
リストから花を買ってきて眺めることを勧められました。近所のお花屋
さんに行って久しぶりに花を買ったのですが、スーパーと違ってまったく
混んでいないので安全だと思います。

 本田健さんのYouTubeを見ていると、スーパーに殺到しないようにと
いう注意喚起をされていました。ストレスにもなりますし、何よりも一番
感染が起きやすい状況になっているのは間違いないと思うので、食料品
などは何とかなると考えていまは静観するときかもしれません。自分の
ことばかりを考えるのではなく、よりマクロな善で自分の行動を考える
ことが大事です。

 週末は外出しないように自粛要請が出ていたのですが、土曜日は船井
総研ホールディングスの株主総会が大阪であり、なるべく迷惑をかけない
ように考えながら日帰りで行ってきました。羽田空港までは自家用車で
行き、大阪では空港バスに乗せていただいたのですが、梅田行きのバスは
いつもなら満席になることもあるのに、行きも帰りも数人しか乗って
いませんでした。株主総会も厳戒態勢でマスクをすることが会場に入る
ための条件になっていました。異様な感じもしますが、こういう対応も
いまは必要なのだと思います。

 もちろん、飛行機も空席が目立つと言うよりはガラガラで、混んで
いない方がいいと思って後方の席を取っていたこともあり、ある意味
とても快適な旅を楽しみました。飲み物のサービスはなく機内誌なども
念のために置いてありませんでしたが、こんな状態でもしっかりと
サービスを心がけてくださる客室乗務員の皆さまには感謝の気持ちが
湧いてきます。欠航になっている便も多く、また飛んでも空いていて
搭乗も早く終わるので、飛行機の出発や到着が予定の時間よりも早く
なりました。羽田発着の便でこんなことは珍しいので影響が出ている
ことが実感として感じられています。

 日曜日は、新・舩井メールクラブの原稿を書かなければいけない
こともあり、一日中家に籠もっていました。通常の週末は何らかの予定が
入っていることが多いのですが、自粛のおかげで家にいていつもより
恵まれた環境でじっくり原稿に向き合えたのは有り難いことだと感謝
しています。メールクラブの原稿は分量も多い(大体1万字ぐらい、
原稿用紙で25枚以上の感じです)ので、朝早く起きていろいろ調べ物を
しながら原稿を書いていきました。おかげさまで、20時の大河ドラマが
始まる前には、ラフな原稿は書き終わっていました。

 嬉しかったのは、久しぶりに家で家内の作る料理を3食きちんと
いただけたこと。会食も出張も減って家でご飯を食べる機会が増えた
ので、いつも食べている命仁という生体エネルギー技術を使って栽培
されているお米の追加注文をしました。私にとっては家でこんなに
ご飯を食べるのは珍しいのですが、やはり外食よりも身体に良いものを
いただけるので、有難い機会だなと思います。

 何が起こるか分からない時代です。地方に住んでいる方は自分で
農業をすることも含めて、食に対する意識を上げておかれることが
大切です。東京や大阪などの大都会に住んでいる方は、顔見知りの
農家の人を作っておくことが大切かもしれませんね。皆さまがこれを
読む頃にはもしかしたら緊急事態宣言が出ているかもしれませんが、
とりあえず物流は動くのだと思います。せっかくの機会なので、
安くて便利なものだけではなく、心を込めて作ってくださっている
生産者の方から身体にいいお米やお野菜を直接買う機会を作って
みられたらいいと思います。

 日本は食料自給率が40%以下という状況です。私たちの意識が
変わることが自給率を上げていく一番確かな方法だと思います。
コロナウイルスのおかげで、こんな当たり前のことに気が付かせて
もらえるいい機会をいただいたことに感謝しています。
皆さまも、日本のためにできることをぜひ探してみてください。

はじめての楽読(らくどく)初級講座 2020(7/8)


楽読200708.jpg

<PDFファイルはこちらから>




お申し込みはこちら


<開催日> 2020年 7月8日(水)
(1) 14:00~15:30
(2) 16:00~17:30
(3) 18:00~19:30

<参加費> 1回 4,500円
※何回受講していただいても大丈夫です。
少人数ですので個々の状態に合わせて進んでいきます。

※各回 限定6名様!
参加ご希望の時間帯をお知らせください。

<会場> 船井本社 大会議室 

東京都港区芝 4-5-10ユニゾ芝四丁目ビル8階 
◆JR田町駅 三田口より徒歩6分
◆都営三田線 三田駅A9出口より徒歩3分
◆都営浅草線 三田駅A7出口より徒歩4分
新住所地図(ユニゾ四丁目ビル).jpg
 ※クリックすると拡大図になります。

楽読マーク.png

たくさんの本を思うままにどんどんと読めたら、
資格習得や受験勉強の内容がスイスイ頭に入ってきたら
いつまでも若々しく様々な情報や知識を吸収できたら
そんな願いは決して遠い夢ではありません。


平井ナナエさん開発の『楽読』は飛ばし読み、
斜め読みではありません。
理解度は落とさず、読む速度を上げる速読術です。

続けている受講生の多くは現在の読書ペースの
2倍~7倍の速さで読めるようになるそうですが、
1回の受講でも効果が実感できるカリキュラムになっています。
また、右脳を生き生きとさせる
効果的な呼吸法やヨガも取り入れるプログラムなので、
アンチエイジングから、認知症予防まで
嬉しい付加効果がついています。

他にも、一度に脳全体を使うトレーニングを行うことにより、
相手にどう見られるか考える=心にブレーキがかかるのを防ぐ
という、究極のコミュニケーション術を学べるため、
多くの企業研修にも採用されています。


主宰者の平井ナナエさんは
「楽読は自分の思考を外してコミュニケーションを取る場所。
『人が本来あるべき姿へ還る環境提供』なのです。」
とおっしゃいます。
にんげんクラブの講座では20代~80代までの
幅広い年齢層の方がアットホームに学んでいます。
肩の力を抜いて楽しみながら、
自分の得たい結果を引き寄せる学びの講座
『楽読』講座、2020年、
心新たにトライされてみてはいかがでしょうか。

平井ナナエさん1.jpg
楽読トレーニング創業者
(RTHグループ CEO)
平井ナナエ氏

私は速読と出逢う数年前まで本を読むことが出来ませんでした。笑
本を読もうとするとすぐに眠たくなってしまうのです。笑
そんな私でも本をスラスラ読めるようになった
速読へはとても感謝しています。
しかし、そんな素晴らしい結果が出た速読トレーニングは
暗くて楽しいものではなかったのです。
私はできるだけ多くの方に楽しんで速読を習ってほしいと思い
「楽読」を創りました。
「楽読」は楽しみながら人と磨き合いながら、
あなたの能力を引き出すものです。
私は本気で「楽読」を通じて世界人類がニコニコ笑顔で
生きる社会になることを心から強く願っています。
HP https://rth.co.jp/

上山さん.jpg
インストラクター 上山紗也加氏

成果は努力して出すものと思っていませんか?
楽しいのに通うたびに効果が出る!それが楽読です。
楽読の効果は速読だけではなく、
私自身も以下の変化を実感しております。

・判断力、理解力アップで仕事の効率が上がった。
・コミュニケーション能力が上がって人間関係が良くなった。
・自分に自信がついた。
・やりたいことがみつかった!等々

なぜ楽読でこんな変化が起こるのか?
気になる方はぜひ一度体験してみてください(^^)

楽読マーク.png




お申し込みはこちら


<お問い合わせ>
 にんげんクラブ 
 03-5730-2713 
 toiawase@ningenclub.com


■【にんげんクラブメルマガ】便り464

■【にんげんクラブメルマガ】便り464


[メルマガご登録者 現在7314名]


にんげんクラブメルマガを
お届けします。

新型コロナウイルスの感染拡大の
影響で、にんげんクラブ主催セミナーは、
一部、中止や延期をさせていただいております。
お申し込みいただいたみなさまには、その旨、直接お知らせさせて
いただいておりますが、直前での連絡など、ご迷惑をおかけしております。
心よりお詫び申し上げます。

引き続き、にんげんクラブメルマガ情報を
どうぞよろしくお願い致します。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.


にんげんクラブストアから
宝物の大人気セミナーシリーズ
講演収録DVDをご紹介します。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.


清水義久先生 講演収録DVD


『舩井幸雄先生から学んだことと高次元気功』vol.1・2

『包み込みの法則を活用した コーチング』全10回


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.

舩井幸雄の「直感力研究」から多くを学び、
高次元気功を開発したという清水義久先生。

船井本社のセミナールームには
舩井幸雄の笑顔の写真が飾ってあります。

その舩井幸雄に見守られた場での講演を
清水先生はとても大切にしてくださいました。

大人気で、前のセミナーから
駆けつけてくださったこともありましたが、
必ず、舩井幸雄に敬意を、
そして、部屋の中にあるものすべてに、
気を入れて、清めてくださいました。


飾らない、自然体で優しい清水先生。

でも、これで大丈夫だと確信してしまう、絶大な存在感。

毎回、清水先生の言葉に、まなざしに、波動に、
大きな存在に包まれたような、感動を覚え、

清水先生の絶大な人気のわけが、よくわかりました。


そのすべてが収録されている、待望のDVD。

ぜひぜひ、感動を共有してください。
一緒に、学んでいきましょう。
もう大丈夫です!!


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.

清水義久(しみずよしひさ)

1962年生まれ。気功家。
少年の頃、中国の歴史に興味を持ち、気功の存在を知る。
矢山利彦氏の気功をはじめ、中国気功、レイキ、古神道などを学び、
実践と知識から「気」を追求すること30年。
さらに真言密教、陰陽道、仙道、道教、九星気学、
断易、周易、ユダヤ秘教、西洋占星術、タロット、
宿曜占星術、バッチ・レメディの他、
心理学、哲学など、幅広い分野に精通している。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.

**にんげんクラブ主催セミナー** 

☆赤塚高仁先生 ヤマト人の『聖書塾』第3シリーズ
(4/18・5/24・6/28・7/25・8/22・9/19)
☆秋山佳胤先生&秋山桃子先生「ロータス・カフェ ~アフタヌーン~」
(3/28・5/30・7/11・9/12・11/28)
☆いときょう先生『ヲシテ文献ホツマツタヱを学ぶ』第5クール
(4/9・5/14・6/11・7/9・8/6)
☆「カリカセラピ」SAIDO-PS501  商品説明会(4/15)
☆舩井勝仁『超弦理論で読み解くこれからの時代』9次元を象徴するエヴァの時代がはじまる
(4/16・6/18)
☆健康能楽 科目別体験セミナー
(4/22・7/22・11/15)
☆『ベビー手話講座』幸せプログラムを幼児から学ぶ教室(5/8)
☆高島康司先生 「未来予測セミナー」
(6/6・10/3)


お待ちしています!

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

舩井勝仁のウィークリーレポート
(毎週水曜日更新)

畑アカラ先生『大嘗祭と伊勢神宮・稲の祭』
(隔週火曜日更新)

鈴木晃先生、鈴木南水子さん『オランウータンに、いつまでも熱帯の森を。』
(隔週水曜日更新)



にんげんクラブの入会お申込みは、コチラ

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。

『にんげんクラブ』とは、


「世の中の構造」と「にんげんの正しいありかた」を
40年以上研究し続けてきた舩井幸雄が、2006年4月に発足した
「世のため人類のためのよい近未来」をつくろうとする勉強団体です。

35年以上会社のトップに立ち、
そして経営コンサルタントとして多くの企業と接してきた結果、
舩井幸雄に見えてきたのが、『人』。

人が会社も、世の中も動かしている。
一人の人の生き方、考え方で
自分の人生も周りの人の人生も大きく左右される。

多くの企業経営者や最先端の研究者から寄せられる真実の情報とともに、
どう生きるべきか、何をしてはいけないのか、といった
「正しい生き方」のコツを紹介していきます。


☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


舩井勝仁(ふない かつひと)

1964年大阪府生まれ。
1988年(株)船井総合研究所入社
1998年同社常務取締役
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という
父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。
「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」
を中心に活動を続けている。

近著に『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』
(竹田和平・小川雅弘共著)、『日月神示的な生き方大調和の「ミロクの世」
を創る』(中矢伸一共著)、『聖なる約束3黙示を観る旅』(赤塚高仁共著)、
『NEW MONEYTHEORY お金は5次元の生き物です!まったく新しい
付き合い方を始めよう』(はせくらみゆき共著)、
『舩井幸雄の魂が今語りかけてきたこと』(矢山利彦・佐野浩一共著)がある。


「有意の人になりましょう」

有意の人というのは、世の中の構造がわかっていて
人としての正しいやり方がわかっているひとのこと。
有意の人の集合意識でないと世の中は変わらない。
最晩年、父が言い続けたこと。

無意識が多分世の中を作っている

皆で有意の人になったら、いい思いを集めて
あるべき世界を自分たちが想造していく。
この『想造』、父と生体エネルギー研究所の佐藤政二先生の造語だが、
人間の持っている1番よい能力としての想造力、直感力をフルに生かして
有意の人たち集合意識を生かして、あるべきユートピアを創造しましょう。
それが、晩年の父が最も言いたかったことだと思う。

天変地異、コロナ、また昨年の消費税増税導入の影響で経済の冷え込みなど
今も、そしてこれからもどんどん大変なことに直面していくが、
私たちがきちんと意識をバランスよく保ち、こんな世の中を作りたいと
想いをちゃんと持ち続け、その想いを集めていく。
そこで1つの方向性が生まれ、いろんなことが起きても乗り越えられる。
そして乗り越えていった先の世界はとてもいい世界が必ず待っている。

父が言いたかったのは 神様はよい世の中を創っているはず、
でも当事者である人間の私たちは大変なことだらけ、
私たちの集合意識を合わせて行けば、
大難を小難に、そして小難を無難にしていくことができるはず。
50年経ったら人間が何をしようともユートピアになっているはずだが、
それまでにもひどい思いをしなくて済むよう、なるべく集合意識と
無意識を整える。無意識をしっかりと感じられる人になる。
集合意識にアクセスするだけではなく、もう一歩先に進んで
私たちの集合意識を手に取るように俯瞰できるようになることが
大事だと父は今生きていたら言うと思う。

まさに「有意の人」だからこそ到達できること。
そのレベルに行ける人が1人でも2人でも出てくることが大事だと。

では、有意の人になるためにはどうしたらいいのか。

父は世の中での大事な人間のあり方はシンプルに2つだと
繰り返し言っていた。
1つは、世の中のすべてのものは生成発展していくこと。
もう1つは世の中の大自然など秩序はこわしすぎず、守る。
秩序に沿った言動、行動のバランスを心がけることが
大事なのだと思います。

舩井幸雄.com
にんげんクラブ

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


【舩井幸雄から 今週のひとこと】

長所を見つけ.jpg

☆.。.:*・°☆☆.。.:*

「長所を見つけ、作り、
   伸ばしましょう。
    これが上手に生きるコツ」
    
        .。.:*・°☆☆.。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

☆.。.:*・°☆☆.。.:*・°☆☆.。


※このメルマガは、にんげんクラブセミナーなどにお申込いただいた方や
にんげんクラブストアなどをご利用いただいた方にもお届けしています。


☆このメルマガの登録を希望される方はこちらから↓
 https://www.ningenclub.jp/mailmag/

sub_bnr_mailmag.gif


============
■【にんげんクラブメルマガ】便り461
〒108-0014 東京都港区芝 4-5-10
ユニゾ芝四丁目ビル 8階
TEL:03-5730-2713 FAX:03-5730-2715
E-mail:toiawase@ningenclub.com
HP:https://www.ningenclub.jp/
=============

外出自粛で考えること

桜の花も満開でいよいよ春本番ですが、世界はコロナウィルスで
大変なことになってしまっています。ヒトにとって怖いものはない
とばかりに、地球上を凌駕しているような人類ですがこうなって
みると改めてヒトの力の限界を感じます。


コロナウィルス対策としては、各国の大都市が封鎖するしかない状態
になっていますが、このことは現在のグローバル化の動きの中で、
とても皮肉なことです。いま私たちができることは「出歩かないこと」。
方策として「外出自粛」とはなんとも基本的。ついこの間までは、
どこもかしこも「観光、観光」で大騒ぎをしていたのに、
一気にそのツケがまわってきた感じです。


ヒトは原始の時代から、遠くへ、未知の世界へと出ていくことで
未来を切り開いてきた種といえます。今や地球上でヒトがいない
場所はなく、果ては月まで行こうという有様。東京はもちろん、
観光客も世界中に散らばっています。そんな時代だからこそ、
ここまで短期間に世界中にウィルスが広がってしまったのでしょう。


さて、その「観光、観光」騒ぎやウィルスのことですが、
実はオランウータンとも深い関係がある話なので、
今日はこのことを書きたいと思います。


ヒトにとって、未知のものを見たいという欲求はとても
強いものらしく、希少動物を現地まで見に行こうという人が
たくさんいます。こうした人たちを相手にした「エコツーリズム」は、
なんだか良いもののように受けとめられるのでしょうか、
あちらこちらで自然を相手にした旅行がブームとなっています。


旅行をすることで、自然や環境のことを知り、同時にそれが地域の
経済を支え、人を育てて保全のために役立っていく。
確かに言葉の上ではとても理想的で、こうしたことが実際に良い効果を
発揮している例もあるとは思います。
しかし、現実はそう簡単ではない、見えない問題をたくさん抱えている
場合も多いのです。


オランウータンはヒトに最も近い生き物、類人猿ですが、
この類人猿を見ようというツアーは大変人気があります。
とくにアフリカのゴリラやチンパンジーを見に行くというツアーは、
アフリカの大自然の観光ということで世界中からのニーズが
あるのでしょう。ルワンダのゴリラツーリズムなどは国をあげての
一大事業として発展しているそうです。


こうした成功例に続けと、様々なところで「エコツーリズム」の話が
でるわけですが、とくにこの「ヒトに最も近い生き物」に
人が近づくということは、実は大きな危険性があるのです。
ヒトに近いということはインフルエンザや肺炎といったヒトの病気も
容易に伝染するということです。未知の病原菌の伝播という意味では
その反対もありえます。当然こうした指摘に対しては、様々なルールや、
制限を設けて対処していると説明はするでしょう。
でもどうでしょう?

こうした説明がほとんど説明でしかないことを私たち現場は
よく知っています。そして非常に心配しているのです。
ヒトが野生に近づくことは保護の上では決して良いことではないのです。
マスクをすればうつらないのでしょうか?実際にチンパンジーなどが
感染症で死亡した例もあるのですが、そうしたことの因果関係を追求し、
問題化するのは非常に大変なことで、相変わらず観光は盛況です。


私たちのオランウータンの研究地は赤道直下、インドネシアの
熱帯雨林にあります。研究をはじめた当初は、道もなく、
川をボートでさかのぼること何時間という場所でした。
しかし、こうした場所も時代とともに、「新首都」になろうとしている現代。
オランウータンを見てみようかという人の動きを止めることは
非常に難しいことです。


自然や野生動物との垣根がなくなり、「観光、観光」のノリで、
望めば手軽に気楽に世界中をヒトが歩きまわれる時代。
でも、ちょっと待ってください。オランウータンは熱帯雨林の中で
ひっそりと暮らしてきた生き物です。彼らには彼らの暮らしがあり、
ヒトはむやみに近づくべきではないのです。彼らをずっと研究してきた
私たちが言うのでは矛盾するように感じるかもしれませんが、
私はほかの生き物に対してもこのように考えています。
ヒトは遠くからそっと見ているだけ、と思っているかもしれません。
でも実はそれが・・・ということもありえるのです。


ヒトはすべてを知っているわけではない。
未知のウィルスと闘っている今、改めてそう思います。
「外出自粛」でわかるように、ヒトが動くということはすごいことなのです。
歴史上も数々の病と闘ってきたヒトですから、これからもなんとか
困難を克服していくと信じています。しかし、やはりこれを機会に
物事の一面だけではなく、例えば「観光」ひとつとっても
グローバル化の今こそ、さまざまな面から深慮していく必要があると思います。
どうか事態が改善していきますように。


                     (次回へつづく)


オランウータン(0).jpg


プロフィール

鈴木晃(すずきあきら)
京都大学大学院理学研究科修了。理学博士。
京都大学霊長類研究所を経て、
現在「日本・インドネシア・オランウータン保護調査委員会」代表。
(一社)オランウータンと熱帯雨林の会(MOF)理事長。
1983年よりインドネシア、カリマンタン島にて野生のオランウータン
の研究を続ける。

鈴木南水子(すずきなみこ)
生後6か月よりウガンダに渡り、チンパンジーの研究をする父のかたわら、
アフリカの大自然の中で育つ。自然によって生かされているヒトの生き方
を求めて、オランウータンと熱帯雨林の保護の問題とその普及啓発活動に
取り組む。


(社)オランウータンと熱帯雨林の会(MOF)
(事務局)
〒162-0065
東京都新宿区吉町8-23 富井ビル2F
TEL 03-5363-0170
FAX 03-3353-8521

ホームページ http://moforangutan.web.fc2.com/
メールアドレス mof.orangutan@gmail.com

外出自粛で考えること

桜の花も満開でいよいよ春本番ですが、世界はコロナウィルスで
大変なことになってしまっています。ヒトにとって怖いものはない
とばかりに、地球上を凌駕しているような人類ですがこうなって
みると改めてヒトの力の限界を感じます。


コロナウィルス対策としては、各国の大都市が封鎖するしかない状態
になっていますが、このことは現在のグローバル化の動きの中で、
とても皮肉なことです。いま私たちができることは「出歩かないこと」。
方策として「外出自粛」とはなんとも基本的。ついこの間までは、
どこもかしこも「観光、観光」で大騒ぎをしていたのに、
一気にそのツケがまわってきた感じです。


ヒトは原始の時代から、遠くへ、未知の世界へと出ていくことで
未来を切り開いてきた種といえます。今や地球上でヒトがいない
場所はなく、果ては月まで行こうという有様。東京はもちろん、
観光客も世界中に散らばっています。そんな時代だからこそ、
ここまで短期間に世界中にウィルスが広がってしまったのでしょう。


さて、その「観光、観光」騒ぎやウィルスのことですが、
実はオランウータンとも深い関係がある話なので、
今日はこのことを書きたいと思います。


ヒトにとって、未知のものを見たいという欲求はとても強いものらしく、
希少動物を現地まで見に行こうという人がたくさんいます。
こうした人たちを相手にした「エコツーリズム」は、
なんだか良いもののように受けとめられるのでしょうか、
あちらこちらで自然を相手にした旅行がブームとなっています。


旅行をすることで、自然や環境のことを知り、同時にそれが地域の
経済を支え、人を育てて保全のために役立っていく。
確かに言葉の上ではとても理想的で、こうしたことが実際に良い効果を
発揮している例もあるとは思います。
しかし、現実はそう簡単ではない、見えない問題をたくさん抱えている
場合も多いのです。


オランウータンはヒトに最も近い生き物、類人猿ですが、
この類人猿を見ようというツアーは大変人気があります。
とくにアフリカのゴリラやチンパンジーを見に行くというツアーは、
アフリカの大自然の観光ということで世界中からのニーズが
あるのでしょう。ルワンダのゴリラツーリズムなどは国をあげての
一大事業として発展しているそうです。


こうした成功例に続けと、様々なところで「エコツーリズム」の話が
でるわけですが、とくにこの「ヒトに最も近い生き物」に
人が近づくということは、実は大きな危険性があるのです。
ヒトに近いということはインフルエンザや肺炎といったヒトの病気も
容易に伝染するということです。未知の病原菌の伝播という意味では
その反対もありえます。当然こうした指摘に対しては、様々なルールや、
制限を設けて対処していると説明はするでしょう。
でもどうでしょう?

こうした説明がほとんど説明でしかないことを私たち現場は
よく知っています。そして非常に心配しているのです。
ヒトが野生に近づくことは保護の上では決して良いことではないのです。
マスクをすればうつらないのでしょうか?実際にチンパンジーなどが
感染症で死亡した例もあるのですが、そうしたことの因果関係を追求し、
問題化するのは非常に大変なことで、相変わらず観光は盛況です。


私たちのオランウータンの研究地は赤道直下、インドネシアの
熱帯雨林にあります。研究をはじめた当初は、道もなく、
川をボートでさかのぼること何時間という場所でした。
しかし、こうした場所も時代とともに、「新首都」になろうとしている現代。
オランウータンを見てみようかという人の動きを止めることは
非常に難しいことです。


自然や野生動物との垣根がなくなり、「観光、観光」のノリで、
望めば手軽に気楽に世界中をヒトが歩きまわれる時代。
でも、ちょっと待ってください。オランウータンは熱帯雨林の中で
ひっそりと暮らしてきた生き物です。彼らには彼らの暮らしがあり、
ヒトはむやみに近づくべきではないのです。彼らをずっと研究してきた
私たちが言うのでは矛盾するように感じるかもしれませんが、
私はほかの生き物に対してもこのように考えています。
ヒトは遠くからそっと見ているだけ、と思っているかもしれません。
でも実はそれが・・・ということもありえるのです。


ヒトはすべてを知っているわけではない。
未知のウィルスと闘っている今、改めてそう思います。
「外出自粛」でわかるように、ヒトが動くということはすごいことなのです。
歴史上も数々の病と闘ってきたヒトですから、これからもなんとか
困難を克服していくと信じています。しかし、やはりこれを機会に
物事の一面だけではなく、例えば「観光」ひとつとっても
グローバル化の今こそ、さまざまな面から深慮していく必要があると思います。
どうか事態が改善していきますように。


                     (次回へつづく)


オランウータン(0).jpg


プロフィール

鈴木晃(すずきあきら)
京都大学大学院理学研究科修了。理学博士。
京都大学霊長類研究所を経て、
現在「日本・インドネシア・オランウータン保護調査委員会」代表。
(一社)オランウータンと熱帯雨林の会(MOF)理事長。
1983年よりインドネシア、カリマンタン島にて野生のオランウータン
の研究を続ける。

鈴木南水子(すずきなみこ)
生後6か月よりウガンダに渡り、チンパンジーの研究をする父のかたわら、
アフリカの大自然の中で育つ。自然によって生かされているヒトの生き方
を求めて、オランウータンと熱帯雨林の保護の問題とその普及啓発活動に
取り組む。


(社)オランウータンと熱帯雨林の会(MOF)
(事務局)
〒162-0065
東京都新宿区吉町8-23 富井ビル2F
TEL 03-5363-0170
FAX 03-3353-8521

ホームページ http://moforangutan.web.fc2.com/
メールアドレス mof.orangutan@gmail.com

2020年4月号おすすめ書籍(会報誌より)

にほんごってすごい! はじめてのカタカムナ: 超古代文字が教えてくれるサヌキ【男】アワ【女】しあわせの智恵
 板垣昭子(著)


本書の著者の板垣さんは、淡路島ご在住で、三人のお嬢さんのお母さんで、
フワっとした優しい雰囲気を持ちながら、同時にとても自然体でしっかり
とした頼もしい雰囲気も感じられる素敵な女性です。
二十年以上カタカムナを勉強され、お子さんの成長とともに子育てが
ひと段落された頃から、少しずつカタカムナのお話会をされ今では日本
全国で、一万人を超える方々にお話をされたそうです。

板垣さんがカタカムナを習い始めた頃、カタカムナはくれぐれも
「表に出してはいけない」と教わっていて、教わろうにも先生もなかなか
おらず、内容も非常に難しいものと感じていらしたそうです。

しかしカタカムナを習うことによってその内容が結婚にも育児にも実用的で
非常に役に立ったことから、カタカムナのことや、サヌキ・アワと呼ばれる
男性性・女性性のことを、少しずつお話会で話されるようになりました。
さらにはカタカムナは小さな子どもたちのほうが、感覚でつかみやすいのでは、
との思いから、カタカムナのカードかるたや、お風呂にも持って入ることが
できるクリアファイルも作成されています。

本書には、板垣さんがお話会でお話しされる内容の中でも、「ひとつめ」
と言われる初級編の内容が、まとめられています。

私は以前に板垣さんのお話会の「ひとつめ」に参加したことがあり、
そこでも日本語についてとても感動しましたが、本書を改めて読むことに
よって、子育て中に知りたかった内容を再度確認することができました。
子育てや家事は、成果を数値化できるものではなく、なかなか自信が
持てずにおりましたが、「アワ」を養っているんだとの思いを持つことが
できました。

特に子育て中のお母さんにとてもお勧めの本ですが、幅広い世代の方にも
読んでいただきたい本だと思います。

  (編集室   兒玉裕子)

カタカムナの時代が到来しました 真心だけが現象化する世界!
 吉野信子(著)


世界と日本の架け橋になりたくて国際線の乗務員になった著者は、
世界を駆け巡ることで、日本の際立った素晴らしさに気づきます。
日本とは何か、歴史を調べているうちにカタカムナに出会いました。
 
何度熟読しても理解できませんでしたが、やればやるほどカタカムナに
惹かれていきます。今までの概念を捨て去り、あくまでも分の中から
出てくる答えにこだわって、とうとう日本語 48 音が持つ思念を読み解き
ました。その思念が正しいかどうか、読み解いていけばいくほど納得し、
新たな発見に次ぐ発見で、毎日ワクワクが止まらなくなりました。

にんげんクラブでも、著者にカタカムナの連続セミナーを開催して
いただきました。思念で読み解いた真実、自分や周りの人々の人生が
変わっていく様子を伝えてくださるときの著者の瞳の輝き、溢れ出る
オーラの美しさに、毎回あこがれを感じていました。

本著のタイトルを見たとき、セミナーのときに熱く語ってくださった
著者の姿を思い出すとともに、やはり「令和」はカタカムナの時代だった
のかと、しっくりと腑に落ちてうれしくなりました。そして本著を読み
進めていくうちに、そのうれしい確信はさらに強くなっていきました。

第1章 カタカムナとは何か
第2章 カタカムナで「令和」を読 み解く
第3章 天皇という奇跡の真心
第4章 イスラエルへの旅
第5章 真心しか通じない時代
第6章 カタカムナと聖書
第7章 カタカムナが語る宇宙法則 カタカムナウタヒから読み解く

言霊(ことだま)の力と宇宙原理を知ると、これから私たちが進むべき道、
生き方が鮮明に見えてきます。
真心という波動しか通じない「令和」に、本当の自分の生き方を実践して
いきましょう。ぜひお読みください。

(編集室   柴切純子)

笑顔を呼ぶ神セラピー グイグイグー2点ツボ押し~氣の流れを整えて健康長寿~
 金三雄(著)


「一人では世界を変えられない。仲間がいるから変えることができる!」
それが金三雄氏の「縁rac」を広める上でのモットーです。
脳神経外科が専門だった金氏に1枚のFAⅩが届きました。そこには
「『瞬間消痛』あなたも遠絡(えんらく) を学びませんか」、また、
「創業者の柯尚志氏、次世代のアジアを引っ張る100人のリーダーに
ノミネート」と書いてあり、たまたま知人もノミネートされていたので、
柯尚志氏とはどんな人だろうと強く興味を惹かれ、その会に参加し、
遠絡療法の凄さを目の当たりにしました。西洋医学の象徴的分野である
脳外科医である金氏はまさに、「これこそ奇跡の療法だ!」と感じたのです。

遠絡療法では手と足にあるポイントを押し棒やレザーを当てますが、
このポイントは「氣 き 」という東洋医学の考え方に基づいています。
体の中を流れている生体の流れ(ライフフロー)を整えて病気や痛みを改善し、
そのときだけつらい症状や痛みを取るのではなく、症状を原因から治すために
自己治癒力を高めるものなのだそうです。遠絡療法を続けていくうちに、
この療法を誰でもできるようにしたらどうだろうと考えている最中、
「アハ体験」(=ひらめきや氣づきがあったとき、脳が活性化する瞬間)があり、
誰もができる、人と人がつながる「縁rac」が誕生したのです。

抗加齢医学や予防医学に対する意識が高まっている中、病気になってから
試行錯誤するのではなく、病気にならない体づくりをし、規則正しく生活し、
バランスの取れた食生活、心穏やかに過ごす、「縁rac」を毎日行えば
いつまでも健康な身体を維持できると確信し、世界に広げることが
ミッションなのだそうです。

「縁rac」を学んで心身を健やかに過ごしませんか。
『安心』2020年 1 月号にも金氏の記事が掲載中です。
ぜひ、お読みください。

(編集室   江尻みゆき)

恐怖の壁


 仕方がないとは思いますが、世の中コロナウイルスの話題しか目に
つかないようになっています。私も、ほとんどの原稿でコロナのことを
書いています。読まれる方も飽きてきたかもしれませんが、いま他の
ことを書くのも不自然なので我慢して読んでいただければと思います。

 最初に断っておきますが、私に特別な情報があるわけではありません。
2月の中旬ぐらいの時点で、インテリジェンス分野に詳しい知人と会食
した時に、中国の習近平主席の来日と東京オリンピックは延期になると
聞かせてもらっていたので、それは確かにマスコミ情報よりもかなり
早い時期に知らされていたことになります。でも、分析力に優れて
いれば、その時点で得られるマスコミ情報だけでも分かる範囲のこと
だとも言えるでしょう。

 そうは言っても、日本はまだずいぶんのんびりしている方だと思い
ます。週末に夜更かしして(唯一絶対に正しいのは免疫力を高めな
ければいけないということなので、夜更かし、ましてや深酒などは
避けるべきです。この点については個人的には反省しかありません......)
夜中にCNNでトランプ大統領の記者会見を見ていました。この原稿を
書いている時点(3月23日(月)の午後1時)でアメリカの感染者数が
3万人を超えたという発表があったようですが、その時点ではまだ
おそらく1万人程度の感染者数だったものの、完全に非常事態である
ということが伝わってくる記者会見でした。

 アメリカはユニークな国で、普段は何事においても対立をしている
国です。ちょっとしたことでご近所の方を訴えたりするのは日常茶飯事
ですし、ジェンダーの議論があれだけ原理主義のようになるのも、
もともと人種差別や性差別がかなり激しかったからという理由があげ
られると思います。

 極端から極端にぶれる国ですが、大統領の記者会見を見て、2001年の
9・11の同時多発テロの時と同じ雰囲気を感じました。国が危機に陥った
とき(もしくはオリンピックで国の代表として戦っている選手を応援
するとき)は本当にひとつにまとまることができる国なのです。

 トランプ大統領とCNNは天敵のような関係でしたが、トランプ
大統領が指名した最初の質問者はCNNの女性記者で、彼女に対して
トランプ大統領はファーストネームで親しげに呼びかけていました。
また、非常事態宣言を出したニューヨーク州のアンドリュー・クオモ
知事は民主党の知事です。少し前まで、民主党の予備選挙で何があっても
トランプ大統領を再選させてはならないと叫んでいた民主党の知事のこと
を、とてもよくやっていると褒めていました。この団結力がアメリカの
良さだと思います。

 一方で、これは日本の民放のニュースでしたが、ニューヨークの
お金持ちはマンハッタンなどの中心部から別荘に逃げ出しているという
話も耳にします。自我の確立ができていて自己主張が強く、エリートと
庶民の間に明確な分断があるのもアメリカの特徴で、そのエリートたちが
自分たちのことばかり考えていることがアメリカの弱点なのかもしれま
せん。私たち日本人には階級がないので、それを強みにして、みんなが
一緒になってこの危機を乗り切るという気持ちがもっと強くなって
いけばと思います。

 物理学者の周藤丞治さんが著わした『いざ高次元世界へ』(きれい・
ねっと)
を基にして次元論で世の中の進歩というか進化をどのように
進めていけばいいのかという研究を、周藤さんにも入ってもらって
進めています。

 そこで分かってきたのは、昭和の時代は厳しい時代だったのですが、
そこから豊かな時代になるためには自我の確立が大事だったという
ことです。日本人は、助け合いは得意ですが、自我の確立=自己主張が
ちゃんとできるようになることは苦手でした。だから、平成の30年間は
競争に敗れてばかりの辛い時代だったのです。

 自我の確立をするためには、恐怖の壁を乗り越えて行かなければ
なりません。日本も安倍政権ができた頃から、なんとか世界の潮流に
ついて行って自我の確立ができたのですが、今度のコロナウイルスで
新たな恐怖の壁が立ちふさがってきているように感じました。
アメリカは一致団結で乗り越えようとしていますが、日本は助け合いや
絆というキーワードで乗り越えていくのかもしれないと感じています。

そして、大事なのは自我の確立のさらに向こうに、本当は私たちは
人類社会や大自然としてひとつの生命体であり、個々の人間はその
細胞のようなものである。だから、全部で一つであるということを
分かりながら、自分の役割をしっかりと認識して行動することができる
ようになると、今度は日本人の得意な助け合いの世界が広がっていき、
豊かで強い令和の日本ができていくのではないかと感じています。

 その境地にいくために大切なのは偽善の壁を超えることです。
中国の古典では、いいことをやるときは「陰徳を積む」ことが大切だ
とされています。聖書の有名な山上の垂訓には、右手がいいことをする
ときは左手にも知られないようにしなければならないと書かれています。

 今回のコロナ騒ぎに当てはめると、日本人は特別なんだ・優れている
のだという優越意識というか選民意識を持たないことが大切なのでは
ないかと感じています。世界がひとつになってこの危機を乗り越える
ことができればと願っています。

胎内記憶が教えてくれた この世に生まれてきた大切な理由

胎内記憶が教えてくれた この世に生まれてきた大切な理由

胎内記憶が教えてくれた
この世に生まれてきた大切な理由
    医学博士 池川明 著
        青春出版 刊
価格:1,100円+税

「私たちは何のために生まれてきたのでしょう。」
「生まれた意味を知りたい。」

苦しい時や、挫折感を感じた時、
ふと立ち止まってしまう時、
そんな時に疑問が浮かぶかもしれません。

この時にヒントになるのが
「生まれる前の記憶」です。

今では唯一の胎内記憶研究者である
池川明氏はひよんなことから退行催眠に関する本を読み、
胎内記憶のことを知ったそうです。

池川先生.jpg

当時、産科医である池川氏が学んだ医学の教科書には
胎児に自意識や、記憶力があるとは書かれていなかったので
本当にびっくりされたそうです。

その後、調査を初めた結果、
3人に1人のお子さんに胎内記憶、
5人に1人のお子さんに誕生記憶がありました。

生まれる前の記憶を持つ子どもたちに
「何のために生まれてくるの?」と聞くと
ほとんどの子が
「人の役に立つため」と答えるのだそうです。
自分で、両親や、試練、体の特徴等、
人生のシナリオを決めて生まれてくる!?とも言われています。
これは「夢」や「想像」だと思いますか?

赤ちゃんとお母さん.jpg

肉体を持って生きるのは仮の姿で、
魂は様々な経験をすることを望んでいるのです。
「自分で選んで生まれてきた」という感覚が
試練や、困難の状況を豊かな体験に変えることができるのです。

どんな人生にも「使命=ミッション」があり、
そして何度でも生まれ変わることができるのです。

「生まれ変わり」を繰り返しながら魂の成長を繰り返していくのです。
そう考えると今まで、
緊張していたこころや、体がふっと和らぎませんか。

家族との関係、夫との絆、友達との関係、
全部のシナリオを自分で選んでいるのですから、

「ゴール=魂の成長」へたどり着くどのルートを選んでも正解なのだそうです。
成長を続けていく限り、人生には失敗はなく、素晴らしい人生で
後悔は必要ないのです。

人生観が変わる一冊です。
「生まれる前の記憶」には心がラクになるヒント、
豊かな人生を送るための「生きるヒント」がたくさん詰まっています。

是非、お読みください!!!
                    (江尻みゆき)

 ※にんげんクラブでは土橋優子先生の
 『ベビー手話講座』幸せプログラムを幼児から学ぶ教室を開催予定です。
 是非、この機会に胎内記憶へのアプローチを踏まえた育児法のお話を
 聞きに来てください!

 

僕が地球にやって来たワケ 第20回

最近思うこと


日本を代表する劇作家、故・井上ひさしさんの『むずかしいことをやさしく、
やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく』という言葉があります。
聞いたことがある方もおられるのではないでしょうか。
この後『おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、
そしてゆかいなことはあくまでゆかいに』と続いていくのですが、
表現は違えども、父・舩井幸雄が生涯をかけてとても大事にしていた
ことのように思うのです。

父は、自分の関心のあるテーマを外部に発信するときは、誰が読んでも、
平易にというのが信条でした。本業のコンサルタントにおける戦略に
ついても、同じくシンプルに伝わりやすく落とし込んでいたように思います。
私も、父のこの姿勢に大きく影響を受けています。

加えて、私は『小学 5 年生に分かるように説明する』ということも
大切にしています。
こちらもある方から教えていただいたのですが、小5の子どもが理解できる
レベルの構成と表現に統一できれば、大人の目・耳・心にも内容がすっと
入り込んで、無理なく認識してもらえるそうです。

春の講演会

今、私は大きな挑戦をしています。こちらでも何度も書かせていただいた
超弦(ちょうげん)理論を皆さんにわかりやすく解説し、そして人生を
変えるヒントにしていただきたいと思ってきました。読者の方から、
「舩井さんのおっしゃる高次元のお話、とてつもない可能性を感じて
ワクワクするのですが、3 次元の視点で世界を考えることに慣れている
自分にとってはハードルが高いです」というメールをもらってより
発奮しました。この号にもお知らせが載っていると思うのですが、
春からの2回の単独講演です。

私に超弦理論をさまざまな角度から教えてくれる若き物理学者の
周藤丞治(すとうじょうじ)さんとの往復書簡もすでにここ 3 年で
数百通になりました。最初は高校生が習う素粒子の疑問を一つ一つ
教えてもらうところから始めましたが、最近はかなり意見交換レベルに
なってきたと思います。より深めて広めて、パワーアップしてお話し
できると思います。ご参加くださる方は、事前でも当日でもどんどん
ご質問は大歓迎です。私の本気、ぜひ聴きに来ていただけたらと
思っております。

クラインの壺

先月号に載せたそれぞれの次元の関連する表に加えて、クラインの壺が
高次元を表すにもっとも適した図形だということも勉強しました。
こちらも講演ではシェアしたいと思っています。

クラインの壺とは、 簡単に説明すると、三次元のチューブをひねって
作った立体で、表をたどっていくといつしか裏になっている形をしています。
形としては円筒で、一方の末端を自身の内部に通して他方の末端につなげた、
内部と外部の区別がつかない壺です。メビウスの輪の立体バージョンとでも
いいましょうか。

メビウスの輪も、クラインの壺もトポロジー(位相幾何学)といいます。
カチッと固まっている三角形や四角形などの硬い図形と対比して、
どんな連続的な変形も受け入れるトポロジーは「やわらかい幾何学」だと
言われます。トポロジーでは三次元が一番難しく、次に難しいのが四次元、
実は五次元以上になると(直観的にはよく分からなくなるが)トポロジーの
観点からは、逆に物事が簡単になってしまうようなのです。
にんげんクラブの皆様に好評なフラワーオブライフも、ジャンルとしては
こちらに近い神聖幾何学の図形です。

宇宙の根源を体感的に表してしまう図形の深さをできるだけ面白く
お話ししたいと思っています。

世界を征服するお宝

もう一つは十種(とくさ)の神宝(かんだから)から見る次元論です。
十種の神宝との出会いは、私が、出口光さんの『メキキの会』に定期的に
顔を出していた頃のお話です。『メキキの会』とは、大本教(おおもときょう)
教祖・出口王仁三郎さんを曾祖父に持つ出口光さんが平成 8年 8 月 8 日に
立ち上げられた団体です。

ある日、その会で、相手の本質を知るために、 15 センチほどの近さで
相手と目を見つめ合うというワークをしていたとき、私は目の前の女性の
前世がアグリッパだと分かってしまったのです。アグリッパとは中世
ヨーロッパの錬金術師パラケルススと並ぶ二大魔術師で、ルネサンス期の
オカルト論者の代表とも言われています。

そのころ、私はなぜか前世が視える時期でしたので、確信を持ち、
そして「あ、この人には分かってしまったことを言ってもいいな」という
自信がありました。そのことを告げるとその女性はにこりと笑って、
「よく分かったわね。今度私に会いにきて。大事なことを教えてあげる」と
言いました。特に色っぽい話でもなく、2度ほどその女性に会い、
さまざまな世の中の不思議なことを教えてもらいました。

そのときに彼女が言った「十種の神宝とカバラを使いこなすと世界を
征服できる」という話が印象的でした。カバラとはヘブライ語で
「受け入れ」という意味で、古代ユダヤの神秘思想です。
数秘術としてのカバラは、ユダヤ人が世界の金融勢力を支配するための
ツールとして長く用いられてきました。こちらはまた私にとって
その後のイスラエルの出会いなどにつながるシンクロニシティな
流れなのですが、カバラのことはまたいつか機会があればお話を
することにして、もう一つの十種の神宝にも、シンクロがやってきました。

その後すぐに、友人に十種の神宝を話題に出したら、「十種の神宝を
祀っている京都の神社に長年縁があるから連れて行くよ」と即答され、
2日後には友人の案内で伏見稲荷大社のある「稲荷山」に鎮座する
伏見神寶(かんだから)神社にお参りしていました。邇邇芸(ににぎ)の
命(みこと) (弟)が持っていた三種の神器と同じく、十種の神宝は
天孫の証となる宝物で饒速日(にぎはやひ)の命(みこと) (兄)が
地上に降りた際に持っていたと言われています。この十種の神宝と
超弦理論の関係、どうぞお楽しみにされてください。

腸でものを考える

春の講演会の話はこのくらいにして、最近面白いことを聞きました。
『人間は腸でものを考える』というのです。
私は、5〜 6 年前から痛風に悩まされていました。お酒の飲み過ぎという
ことも分かっていたのですが、今よりもっと激務な時期、お付き合いも
多く、改善も望めないまま、心のどこかで痛風と一生付き合って行くしか
ないなぁと思っていました。
とはいえ、足の指は普通の革靴がはけないほど腫れ上がり、生活に支障を
きたすほどでした。

ちょうどその頃、ある地方で特別な力を持つ人のセッションを受けることに
なり、このことを話したら「思いがけないきっかけで近々治りますよ」
と言われ、「それは助かりますね」と答えつつも、内心、ほんまかいなと
思っていました。その思いがけないことは、ドイツのザルツブルクで
起こりました。

現地でクラシック演奏会に妻と出席した私は、その日も悪化した足を
持て余していました。
白人の方には、体質的なものなのでしょう、痛風という概念があまり
ないそうで、私の痛がる姿に現地のガイドさんはとても驚かれました。
「大丈夫です。いつものことですから」と言ったにもかかわらず、
「苦しむ姿を見ていられません。これ飲んだら治るでしょう」と
強く勧めてくれたロキソニン(一般的な鎮痛剤)を断りきれずに服用したら、
一発で痛みが治まり、なんとそれから今に至るまで痛風は出ていません。
そんなこんなで久々に前述の特別な方に、最近久しぶりにお会いしたら、
「舩井さんは前頭葉しか使えていないですね」とのお言葉を頂きました。
後頭葉でも物事を考えるようにすると、釈然とおなかに落ちていくそうです。
これは、超弦理論を勉強しても、なかなか応用に行き着かないと悩んでいた
ときでしたので、タイムリーな学びでした。

また、小腸は脳より長いので頭でものを考えるより、おなかで考えると、
人間の能力はどんどん伸びるというのがその方の主張でした。
「虫の知らせ」を英語でg u t f e e l i n g と言い、 g u t は腸を表しますから、
これはつまり「おなかが感じている」と言えるでしょうし、脳内の神経伝達
物質「セロトニン」は実は脳にはたったの 1 割しかなく、 9 割が腸にある
こともそうです。
「舩井さん、腸から全身で考えるようになり、行き着くところ、筋肉で
考えるようになれば最強なんですよ」とおっしゃるので、
「最近足のこむら返りがひどいんです」とお話ししたら、
「筋肉がつるのは、脳が疲れている証拠ですね。勉強のし過ぎではないですか」
とのこと。
その方曰 (いわ)く、こむら返りはストレッチなどせず、自然に痛みが
引くまで放置する方が、体にも脳にも良いそうです。あの痛みに耐えるのは、
なかなかハードルが高いと感じますが、覚悟を決めて挑戦したいと思って
います。
皆さんも、勉強のし過ぎにはくれぐれもお気を付けください。

カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブストア
  • Kanさんに訊く
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや