サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

あなたのお金はどこに消えた?


 5月に行く「遥かなるイスラエルへの旅」には本田健さんも同行くだ
さいます。1948年5月14日にイスラエルが独立宣言をしてから、今年は
70周年あたります。その翌年の1949年に中華人民共和国が建国されて
おり、第二次世界大戦から終戦後のこの時期に、世界の行く末を決める
大きな出来事が続けざまに起こっていたことがよく分かります。

 健さんも一緒にイスラエルに行くきっかけになったのは、旅の団長
を私と一緒に務めてくださる赤塚高仁さんが「本田健さんが、「私は
『ユダヤ人大富豪の教え』がベストセラーになって世の中に出たので
すが、まだイスラエルに行ったことがないので、赤塚さん一度連れて
いってください」と言っていたよ」と、教えてくれたことでした。
11日間もの時間を拘束するのは、売れっ子の健さんには難しいだろう
と思いつつも頼んでみると、あっさりとOKをいただきました。すごい
ですね。

 ついでというわけではありませんが、4月21日、22日の「舩井フォー
ラム ザ・ファイナル」の講演もお願いしてみると、こちらもあっさり
とOKをくださいました。よく伺ってみると2003年に出版された『ユダ
ヤ人大富豪の教え』がベストセラーになった一因として、2004年の
「船井幸雄オープンワールド」で講演したことがあるという思いがあり、
父に恩義を感じていただいているということでした。

 健さんといえば、メンターを持つことの大切さをいつも教えてくださ
るのですが、健さん自身も大勢のすばらしいメンターを持っておられる
ようです。舩井幸雄もその一人だし、健さんの専門の分野とも言えるお
金の面では、故・竹田和平さんをメンターにされていました。私が健さ
んと親しくなったのは、父のこともありますが、和平さんが亡くなった
後のイベントでご一緒する機会が多くあったことが大きな原因で、『ザ・
フナイ』ではちょうど今出ている5月号を含めて2回も対談に登場してく
ださっています。


 先日、そんな本田健さんから最新刊『大富豪からの手紙』(ダイヤモ
ンド社)
を送っていただきました。


大富豪のお孫さんが、亡くなったお祖父さんから不思議な手紙をもらう
ことからストーリーは始まります。お祖父さんは財産を孫に残すことな
く全額寄付してしまうのですが、その代わりに手紙をきちんと弁護士を
通じて渡されるのです。そして、その手紙を読むうちに、偶然(シンク
ロニシティ)と直感に従う旅が始まっていくという展開になっていくの
です。

 『ユダヤ人大富豪の教え』の現代バージョンとも言える本ですが、さ
すがに大幅にバージョンアップされています。この15年間に健さんが学
ばれた大切なことが見事に分かりやすく加えられているのです。本田健
さんを知らない若い人にももちろん楽しく読んでいただけると思います
が、『ユダヤ人大富豪の教え』に多大な影響を受けた私たちの世代とっ
ても、本質的なことが分かりやすくつかめるような工夫が随所になされ
ています。これを読んでいて、健さんを生き方の分野のメンターにして
いきたいと改めて思っています。


 本田健さんが父に似ているところがあるとすれば、本質的なことを分
かりやすく説明してくれるところだと思います。ただ、あまりにも分か
りやすいので、受け取る人によっていろいろな捉え方ができるのです。
それが、健さんの人気の秘密でもあり、真剣になって健さんの世界に
入っていくと、ドンドン世の中の本質に近づいていくことができる仕掛
けになっています。

 前述のザ・フナイの対談で私があまりにもお金のことを聞くので、
健さんが参考にしてくださいとくださったのが、2012年に出版された
『あなたのお金はどこに消えた?』(PHP新書)という本でした。

 昔、炭鉱で栄えたカネー村。
 村のゾウたちは、
 静かに幸せに暮らしていた。
 そこに降って湧いた投資話。
 最初は懐疑的だったゾウたちが
 次々に巻き込まれていく。
 ヘッジホントが引き起こす
 バブルの熱狂。
 子どもの一言がきっかとなって、
 平和だった村は大混乱に・・・。


 こんな本ですが、お金の本質を小学生でも分かるように、でもしっか
りと大事なことを伝えてくれています。解説で健さんは以下のように書
かれています。


(引用開始)

 今あなたが持っているお金をどう使うかで、あなたの人生は、まっ
たく違ったものになります。これからは、自分やまわりの幸せのため
にお金を使える人と、とにかくお金を使うのが怖くてひきこもる人の
2極化が進む気がします。

 現在、資産を持っている人の90%以上が高齢者です。収入源のない
老人が、いざというときのために、手元のお金を使わずにもっておこ
うと考えるのは当然です。そして、現役世代の若者は、給料が下がり
つづけているので、お金を使う意欲がありません。これでは経済がよ
くならないはずです。

 将来の不安のために、お金を貯めようとする気持ちはわかりますが、
これからは、貯金自体もどうなるかわかりません。それよりも、新し
い時代に持ち越すことができるようにお金を使ってみてはいかがでしょ
うか。

 たとえば、今の通貨システムは大きく変わってしまうかもしれません
が、今いる人間がみんないなくなるわけではありません。新しい時代に
なっても、今と同じようなお金の流れが発生するでしょうし、あなたの
友人や知人もそのままいるはずです。だから、なくなるかもしれない
お金を貯めるのではなく、ひとひねりして上手に使うのです。

 たとえば、今のうちに、あなたの友人や知人100人に、お昼ご飯をご
ちそうしてあげればいいのです。そして、新しい経済システムになって
から、その100人におごってもらえれば、あなたのお金は、うまく時代
を乗り越えたことになります。

 そうやって考えると、あなたの一番の資産は、あなたのことを大切に
考えてくれる友人や家族であることがわかります。彼らは感情的にも大
切でしょうが、経済的にもいざというときに頼りになる存在なのです。

 これから時代は大きく変わり、経済でも大変化が起きるでしょうが、
人生で大切なものは変わらないのでしょう。あなたにとって一番大事な
こと、大切な人を優先させていきてください。


(引用終了)


 舩井幸雄をメンターとして学んだことを、いったいどんな風に伝えて
くれるのか。本田健さんの「舩井フォーラム ザ・ファイナル」での
ご講演がますます楽しみになってきました。


2018forum_bnr_468-59.jpg




カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや