サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

ヤマカガシ

こんにちは。暑い日が続いていますね。
熱中症は家の中でもなるそうですから、暑いときは無理をせずにお気をつけください。

こちら熱海も本格的な夏がやってきました。

ビーチでは人が連日溢れており、渋滞に巻き込まれないよう、
なるべく市街地には行かないようにしています。

ああ、これぞ熱海の夏だなぁと毎年思います。

今日はニュースで毒蛇、ヤマカガシに噛まれて一時意識不明になっていた男の子の報道をしていました。
カバンの中にヤマカガシをいれていたとは、今どき珍しいやんちゃな男の子ですね。
命に別状はなかったようで一安心です。

政治や経済のニュースよりも、こういう自然を相手にしたニュースのほうが、
なぜかすごく興味があります。

山の中腹に住んでいる私としては、ヤマカガシに噛まれたことが、
こんなにも全国ニュースになることのほうがビックリでしたが、
確かに山に住む前はヤマカガシが毒蛇であることを知らなかったなぁと思い出しました。

犬の散歩ではヘビにもしょっちゅう出会うので、
どのヘビに毒があって、どのヘビにないのか、
またどの植物には毒があって危険なのか。

山に暮らす以上は知っておく必要があると思って、
一時期かなりの時間を費やして、
ネットでヘビの記事を読んだり、危険生物や植物の勉強をしたのでした。

いろいろ写真を見比べてみてわかったことは、
素人の私には見ただけでは毒蛇かどうかなんてわからないので、
とにかく生きているヘビには近づかない、
というルールを作っております。

まぁそもそも、ヘビをつかまえるなんてワイルドなことは、
こわくてできないしやろうとも思ったことはありませんが(笑)。

今回の小学生が意識不明になってしまったことは、大変なことで、
ご家族にとってはとても心配なことだったとは思いますが、
命に別状はなかったし、全国の人たちが、
毒ヘビについて勉強をする良い機会になったのではないかと思います。

危険であるということをきちんと知ることによって、
ひっそりと暮らしているヘビ君を、
無理につかまえたり意地悪をしようとするわんぱくな子どもも少なくなることでしょう。

小学生くらいの男の子って、
ヘビとかトカゲとか、爬虫類をつかまえていじめたり殺してしまったりする特性がありますが、
これもわんぱくな男子は誰もが通る道なのでしょうか?

私には爬虫類を殺してしまう男子の気持ちはさっぱりわかりませんが、
幼稚園くらいの小さい頃に、私もアリとか虫とかをわざと殺してしまった経験があります。
あれと同じようなものでしょうか。

指でつぶそうとしたアリから反撃されて、すごく痛くて大泣きしましたが、
その経験から、アリだって必死だとアリの気持ちを感じて、
わざと虫を殺すことはなくなりました。
今でもおぼえているくらいですから、必要な経験だったのかもしれません。

経験からしか学べないこともあるかもしれませんが、
いずれにせよ、なるべく早めに命の尊さを知ってほしいものですね。

夏休みはまだまだありますから、
自然と接する機会は多いでしょうが、
ヤマカガシのような毒蛇とか、山でのルールとか、
危険は危険ときちんと知って対応することが大事なことだなと改めて思ったニュースでした。

今日は本当は別の話題を書く予定でしたが、
思いのほか前置きのヤマカガシの話が長くなってしまったので、
今日のところはひとまずここでブログを終えます。

拙い文章を読んでいただいてありがとうございます。



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや