サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

おばあさんの祈りの手

にんげんクラブの皆様こんにちは。

川沿いの菜の花が美しく咲く季節ですね。

我が家の家庭菜園で作っていたダイコンやブロッコリーからも、
食べきれず成長し過ぎで黄色い花が咲いています。

我が家の家庭菜園は、いっせいに植えるので、
食べるものがない時は全然無いけれど、
食べられる時期は同時に来るので、夫婦二人では余らしてしまいます。
(近所の方々もたいてい同じ時期に野菜がたくさんになるので、
 田舎はおすそ分けもなかなか難しいです。)

次こそは、時期をずらして植え付けをしたいものだと思っております。

========================


半月前くらいはいろいろと予定が入ってすごく忙しかったのに、
予定がない時は全然なくて、
この2週間ほど夫以外の人と会っていません。

夫は昼間は当然仕事に行っているためいませんから、
2週間犬以外は誰とも会話らしい会話をしていないことになります。

一人でいるのはそんなに苦痛ではありませんが、一週間を過ぎたあたりから、
やっぱりだんだんと寂しくなって、犬の散歩でたまーに出会う知らない人に、
やたらと笑顔で挨拶をしたり、「いいお天気ですねー」などとちょっと話をしたりしてしまいます。

今日は、あまりにも誰とも喋らなさ過ぎて寂しくなったので、
久しぶりに一人でランチを食べに行きました。

そこのお店は、山小屋風のお気に入りのお店で、2~3ヶ月に一度くらい行っています。
お料理も美味しいだけでなく、お店の方も気さくにお話してくださるので、
居心地が良いのです。


小さなお店なのですが、なぜだかお店の真横にお堂のようなところがあって、
じつはその中には観音様がいらっしゃいます。

オーナーの方のお父様(元オーナー様)が、じつはご住職でもあるそうです。

普段はその観音様がいらっしゃるところは、
閉まっているので今まで私は入ったこともきちんと見たこともありませんでした。
(障子のスキマからチラっと見えたことはありましたが)

今日は、午後2時くらいの遅い時間に行ったので、
お客様は誰もおらず、ゆっくりランチを食べ終えた頃、
高齢のご夫婦がそのお店にいらっしゃいました。

歩行器を使って歩くのもやっと、という感じのおばあさんは、
オーナーの方々のお知り合いらしくて、
1年以上ぶりにそのお店にいらしたそうです。

「ずっと来たくてたまらなかったのだけれど、なかなか来れなくて・・・・
 観音様にお参りをさせてください」

と、不自由な足を気遣いながら、お堂のほうに移動していきます。

どうぞどうぞ、とオーナーの方はおばあさんを気遣いつつ、
お堂へと続く障子を開けて、
足が寒いだろうから、と毛布をかけてあげたりしていました。

ランチもデザートも早々と食べ終わっていた私は、
そろそろお会計を・・・・と思った頃に、
そのご夫婦はいらっしゃったワケですが、
オーナーの方がおばあさんの荷物を持ってあげたり、移動するのを手伝ったりしていらしたので、
じゃあちょっと待っていよう、と待っていました。


別にその後に用事があったわけでもなかったので、
動くだけでもしんどそうに、ゆっくりゆっくりと動くおばあさんの動きを、
がんばれがんばれとこちらも何気なくゆっくり眺めていました。

そうして観音様の前に来て、
熱心に手をあわせてお参りするおばあさんを見ていたら、
なんだかすごく、胸を打たれたような気持ちになりました。

「やっと来れた」

と何度もいいながら、泣きそうなほどに来れたことを嬉しがって、
すごく熱心にお参りされていて、
手をあわせながら目をつぶって何かぶつぶつと対話されているお姿が、
なんとも感動的なのです。

その姿には、本当の思いがいっぱいつまっているように見えて、
今あるご縁に、あくまでも謙虚に、
生かしていただいている感謝の気持ちで手を合わせているような・・・・・。
観音様へのありがとうございますが、言葉を超えて伝わってきたような気がしました。


もう、正直に言うと、
やられたーーーというか、負けたーーーーというか、
祈るってこういうことなんだなぁ、
この祈りの手には、逆立ちてしても勝てないなぁ、と、

勝つとか負けるとか、この場合はどう考えても全然関係ない話ですが、
なぜか、完敗したような気持ちになりました。


なんだかいてもたってもいられなくなって、
そのままお会計をして帰ろうとしていた私ですが、

「いつも美味しいご飯を食べさせていただいているので、
 私にもお参りさせてください」

と言って、おばあさんの横でちょっとお参りをして、
そそくさと店を出ました。

ちょっと気晴らしでランチに出かけたつもりが、
すごく大切なことを教えていただいたようなひとときでした。

いつか私も、あんなふうに謙虚にお祈りできるようになりたいと思いました。




月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら