サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

見上げれば、必ずどこかに青空が

見上げれば、必ずどこかに青空が


樋野 興夫 著
ビジネス社 刊
定価 1,100円+税

本著は、月刊『がんサポート』の好評連載「がん哲学外来」が
書籍になったものだそうです。

患者とその家族、友人から寄せられた質問に
「がん哲学外来」の創始者が答える
大いなる「気づき」が得られる言葉の処方箋

~病気に疲れたとき
   大切な人が悲運に襲われたとき
      一本の杖となる心の対話集~

slide_hino2.jpg 


「がん哲学外来」ってなんでしょう。

著者は、順天堂大学医学部病理・腫瘍学の教授です。
多くのがん患者さんと医療の現場で向き合ってきました。
そして、がん患者さんが生きる指針を見失い、
現実のがん治療に心のサポートが欠落していることを痛感します。

そこで、樋野教授は2008年、「がん哲学外来」と命名された患者支援をスタートさせました。

言葉の力によって、患者さんに新たな価値観と生きがいを発見させる取り組みです。
従来のカウンセリングに比べると、より深く患者に向かい合い、気づきを促すことを目指すものです。
この試みは患者さんたちの間で圧倒的な共感を呼び、現在では、全国約80ヵ所の病院など、
さまざまな場所で、「がん哲学カフェ」が運営されているそうです。


slide_hino1.jpg


たしかに、がん患者さんとの対話でうまれた気付き、杖となることばたちですが、

すべての人にとって、大切な気づきと希望を与えてくれるものだと、
読んでみて、強く感じました。

がんの宣告は、死を見つめることにつながります。
同時に、自分の生き方を、根本的に考え治さなくてはいけない、
絶対的なきっかけになります。

どんな時も、どんな状況にあっても、
見上げれば、必ずどこかに青空が見えるのです。


病気だけではなく、人生のあらゆる転機に、
そばに置いておきたい一冊です。

ぜひ、お読みください。



カテゴリー

月別アーカイブ

  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら