サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

2万人の人生を変えた23通の手紙

 本日は、舩井幸雄と交流をお持ちだった
立花大敬氏の著書をご紹介したいと思います。
立花大敬氏は来る「舩井フォーラム2015」10月17日(土)・18日(日)
ご登壇いただくことが決定しております。

2万人の人生を変えた23通の手紙 夢をかなえる「いちばん簡単な考え方」

                 立花大敬 著
                 イースト・プレス刊
                    (1.400円+税)

立花氏は大学に入学しまもなく19歳で京都の安泰寺で
内山興正老師の元で禅の修行を始めたそうです。
大学卒業後、教師になりやがて退職、
出家し安泰寺に入りましたが、寺を飛び出し何物でもなくなりました。
禅の修行を続けながら塾経営をしましたが道場は崩壊。
道なき道を手探りで、自分の足でどのような組織にも依存せず
「私が私であること」にフォーカスし
命の根底から新しい世界観を築こうとされたのだそうです。

40歳を過ぎて突然世界の風通しがよくなったとのことでした。
現在の学校に就職したのが45歳の時だったそうです。
面接の時、物理のテストをすると言われたにもかかわらず
テストを受けずに帰ってきてしまったそうです。
しかしながら採用通知が来たそうです。
その後3年が経ち「しあわせ通信」を始めたそうです。
はじめはご友人に送り、コピーフリーとし
コピーからコピーへと
全国に広がっていったそうです。

23通の手紙.jpg

一般の書店には卸さない、
宣伝はぜず、口コミだけでご縁のある方にだけ本が届くようにする。
という条件でベストセラー作家である池田光氏によって出版されたそうです。
これは永遠性と普遍性を帯びた作品なので、立花氏という個人性を超えたもので
個人に権利はないので、著作件を主張しないし、印税もいらないとのことだそうです。

 池田光氏は次世代を拓くビジョンと癒しが得られる
この知る人ぞ知る「しあわせ通信」を
アンソロジーとしてみんなにお知らせする時が来たと考えるようになったそうです。
立花氏の快諾を得て、
19年前から発信し続けてこられた手紙の中から23通選ばれたこのアンソロジーは
「宛名のない手紙」だそうです。
どなたの胸にもズーンと響くそんな手紙に多くの思いが込められているそんな一冊です。
是非ご一読、いいえ何度も読み返してみてください。

そして、「舩井フォーラム2015」に足を運んでみてください。
立花大敬氏の「しあわせを育てる」お話が聞けます。

心よりお待ちしています。

「舩井フォーラム2015」お申し込みはこちらから⇒http://evavision.jp/forum/




月別アーカイブ

  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら