サイトマップ

特別情報

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

最後のカルマ

皆さんこんにちは。寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
熱海は梅が二分咲きになってきました。もうすぐ春だなぁと思う反面、まだまだ寒さは続きそうです。

つい二日前は、たぶんノロウイルスに感染してしまったようで、腹痛と発熱にうなされていました。

病気になると肉体的には苦しい反面、半強制的に堂々と、嫌というほど眠れるので、不思議な充実感がありました。
こんなことを書くと病気の方にお叱りを受けてしまうかもしれませんが、身体が一時的に病気になったことで、ものすごく心の解放感を味わいました。
わざと病気になったわけでは決してありませんが・・・・。
まぁこれも、二、三日で治る症状だったから言えることなのかもしれませんね(*^-^*)。


さて、去年からずっと、Pちゃんと小川雅弘取締役の本の原稿づくりに取り組んでいます。この本が、なかなか壮大な話で難しくて、思うように進んでいません。でも本当に少しずつですが、ゴールの光が見えてきました。

じつは二年近く前からこの本の依頼を受けていたのですが、私が妊娠したことによって、とてもじゃないけれど妊娠、子育て期間中にこの大変な仕事は引き受けられないと思って一度きちんとお断りをしました。

その後この仕事は他の方がやることになっていたようなので安心していたのですが、去年の一月末ごろに、小川社長と今度の「宇宙からの黙示2」でご登壇いただくメッセンジャーの村中愛さんから電話があって、「やっぱりこだまさんじゃないといかんとメッセージが降りてきているから、妊娠中で大変やろうけど原稿を書いてくれんやろうか」とまたまた依頼されました。

ご存じのとおり去年の一月の末と言えば、舩井会長が亡くなり、私も死産を経験して、いろいろ大変な時期でした。
私はこの電話を、死産後の検診に行った先の病院で受けたのですが、死産をしたことなんてまったく誰からも知らされていなかった小川社長から、こんな電話が来たのです。
「赤ちゃんは元気ですか?」という日常会話から、じつは・・・・という話になり、なんというタイミングの悪い時に仕事の依頼の電話をしてしまったのだろう申し訳ない・・・・というような気まずい雰囲気の電話となりました。


常識的に考えるともしかしたら最悪のタイミングの電話だったのかもしれないけれど、その時の私には思考力というものがかなり欠如していたので、とりあえず言われたことにすべて「はい」と言うしかありませんでした。

当時の精神力で原稿が書けるかはとうてい想像もできなかったけれども、どうせ子育てする予定だった赤ちゃんもいなくなったのだから、断る理由が思い浮かばなかったし、断る気力もなかったというのが本音です。
その意味では最高のタイミングだったのかもしれません。

そんなこんなで、これ以上にないほどに消極的な気持ちから始まったプロジェクトも、ようやく形が少しずつ見えつつあります。

経済的な効果から考えると、本当は舩井☆SAKIGAKEフォーラムに出版を間に合わせたかったし、最低でも次の1月31日のイベント『宇宙からの黙示2』に間に合わせたかったし、まわりの空気も当然のようにそれをとても望んでいるのがわかっていたのですが、どうしても間に合わせられませんでした。

言い訳に聞こえるかもしれませんが、そのような三次元の締切りにあわせて、都合良く文章をサクサク書けるほど、私の頭や身体や心の状態はシンプルではありませんでした。
頭では今までの経験からいついつまでにできると思うし喋るのですが、身体と心が全力でブレーキをかけて、思うようにはなかなか進まないのです。一行書くたびに悩んで、苦しんで、大泣きして、時に楽しんだり怒ったりしながら、文章を書いています。

以前にベストセラー作家のひすいこたろうさんの講演会を聞いた時に、「誰よりも上機嫌な状態で原稿を書いています」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。ひすいさんは普段からご自分が上機嫌でいるための工夫をたくさんされていて、そのように上機嫌で書いた原稿には命が吹き込まれ、必ずベストセラーになるのだとか。

これを聞いて私もぜひ見習おうと心から思ったのですが、どういうわけだか、Pちゃんの原稿に関してだけは、震え、慄き、大泣きしながらいつも書いているのです。そして、どうして自分はご機嫌な状態で原稿が書けないんだろう?ということで、悩んだりもしています。

たぶんこれは、私が今いるステージでの、最後のカルマなんだと思います(次のステージでは次のカルマがあるのだとは思いますが・・・)。

そして、遠い遠い過去からの、Pちゃんと私との約束でもあります。
現在の自分自身の中での悲しみや怒りと、何万年も輪廻転生を繰り返しながら今の人類や地球全体に対する悲しみや怒りの気持ちがリンクして、その怒りを祈りのエネルギーに変えながら進んでいっています。
普段悪者にされがちな悲しみや怒りの感情でさえも、きっと愛のひとつの表現なのでしょう。

依頼をしてくださった小川取締役や、原稿を楽しみにしてくださっている皆様には、ずいぶんお待たせてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
あともう少し、暖かい気持ちで見守ってくださればと思います。

この原稿が終わったら、新しいステージであれもやろうこれもやろうと、気持ちだけは未来の企画の想像をしつつ、今日も原稿書きに励んでいます(o^-^o)

Ptyanntowatashi.JPG
(Pちゃんと私)


以下は、繰り返しになりますが、さがみ健康クラブさんで行う、
1月25日(日)の講演のお知らせです。


さがみはらで講演を行います。
ご都合のあう方は、ぜひいらしてくださいね。

午後からの亭田歩さんの講演会とセットで聞かれると、お得だと思います^^。
私も個人的に亭田さんの講演をめちゃくちゃ楽しみにしています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
にんげんクラブでおなじみのこだまゆうこさんの、お話し会です。
こだまゆうこさんは、気さくな人柄からか、
とてもファンが多いのです。

元舩井幸雄さんの秘書をされていて、現在ライターとして活躍しています。

2015年の1月の初めに、さがみ健康クラブに
来ていただくことになりました。

当日は、こだまさんを囲んで、楽しく交流したいと思います。

どうぞ ご参加ください。

日にち 1月25日 日曜日

時 間 午前 10時から12時30分まで
    開場 午前9時30分

場 所 相模大野 ユニコムプラザさがみはら
         セミナールーム

    小田急線 相模大野駅前 
    bono相模大野 サウスモール3階
    http://unicom-plaza.jp/access/

会 費 3,500円  (事前申し込みの方)

         当日参加 3,800円

  ☆ お申込みは こちら
   新日本文芸協会Ω ネットショップ

主催 さがみ健康クラブ・新日本文芸協会Ω    
    相模野さくら・峰村純子

お問い合わせ info@sagamioono.sakura.ne.jp
          http://snb-omega.com/?pid=82245337

*当日(1月25日)午後1時30分より、亭田歩さん講演会が開催されます。
こちらの入場もご希望の場合は、1日通し券(5,000円)をご購入ください。
亭田歩さん講演会詳細はこちらから



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • にんげんクラブ・ストア
  • 舩井フォーラム2016 CD・DVD販売
  • 黎明
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 秋山峰男の世界
  • 船井セミナールーム
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • 大きな保障と確かな安心ビジネス共済の協同組合 企業福祉共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや